> カテゴリ
> 以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
よかったのう!!
by オサム at 15:30
そんなことはありえん! ..
by ゆきお at 15:26
★又六さん 「マッ..
by hitcity at 15:30
シンゴジラ、僕も寝てしま..
by 又六 at 13:35
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 15:55
★又六さん 蜘蛛や..
by hitcity at 15:50
コメントを、ありがとうご..
by hitcity at 15:45
高木さんの家は、セロひき..
by 又六 at 22:40
「つげコレクション」のコ..
by 神戸鶴亀本舗 at 01:07
「海辺の叙景」が1位とは..
by 又六 at 16:46
> メモ帳
ザ・ドキュメンタリー「水木しげる」【前編】
昨日、11月10日(木曜日)。

ツイッターで、BS朝日で、水木しげるさんを題材にしたドキュメンタリーが放送されると知る。

午後9時ぐらいからのつもりでいたが、午後7時すぎに念のためにチャンネルを合わせてみたら、ちょうど始まったところ。

即、録画を開始する。

途中から、水木しげるさんが描いた紙芝居を探していくエピソードになっていく。
f0151647_15170552.jpg

堺市の大阪府立大型児童館ビッグバンが映る。

橋下徹大阪府知事と松本零士館長が面談して、橋下府知事が、外観がなぜUFOのかたちでないとダメなのかと松本館長に詰めよっているようなニュース映像を観たことがありました。

私は前は通ったことはありますが、入ったことはありません。
f0151647_15174186.jpg

昭和レトロの町並みのセットの中で、紙芝居の実演をされているらしい。
f0151647_15182220.jpg

実演をされていた女性が、大阪市西成区の塩崎おとぎ紙芝居博物館に向かっています。

2年前の9月に、東京から来られた川勝徳重さんと一緒に行ったことがありました。

●9月13日(土)・川勝徳重さんと紙芝居博物館【1】
http://hitcity.exblog.jp/22930421/

から【4】まで、紙芝居博物館のことを書いています。
f0151647_15185984.jpg
f0151647_15193558.jpg

松の木の絵が描かれた襖がありましたが、そこを開けておられました。

「泣くな!奇太郎」と「泣くな虫太郎」という紙芝居がその中に入っていて、水木しげるさんの鬼太郎と何か関係がありそうな気がしてみたが、水木しげるさんの作品ではないだろうという結論となる。
f0151647_15323092.jpg
f0151647_15325632.jpg
f0151647_15332861.jpg
f0151647_15335269.jpg
f0151647_15341496.jpg
f0151647_15343674.jpg
f0151647_15345841.jpg

吹田市にあった大阪府立国際児童文学館を橋下府知事が閉館させましたが、蔵書などは、東大阪市にある大阪府立図書館に移動させたようです(詳しいことは知りませんが)。

そこに「猫車」という紙芝居が保管されていて、その着色を水木しげるさんがされていたらしいということでした(断定はされていませんでしたが)。
f0151647_15353031.jpg
f0151647_15360122.jpg
f0151647_15362365.jpg
f0151647_15364681.jpg

着色する前の失敗分の紙芝居しか水木しげるさん宅には残っていなくて、もし水木しげるさんが描いた紙芝居が見つかれば1千万円の価値があると番組では言っていましたが、結局、見つかりませんでした。

写真が多くなったので、【後編】に続きます。↓
# by hitcity | 2016-11-11 14:59 | Comments(0)
ザ・ドキュメンタリー「水木しげる」【後編】
f0151647_15561142.jpg
11月10日(木曜日)のBS朝日の「ザ・ドキュメンタリー」の水木しげるさんの回。

案内役は佐野史郎さん。

テレビ番組「徹子の部屋」の水木しげるさんがゲストの回の、水木しげるさんと黒柳徹子さんとのやりとりが、ところどころにはさまる。

ゲゲゲの女房と長女と次女がインタビューに応える。

ラララの娘の手塚るみ子さんも、父親が水木しげるさんをライバル視していたことについて語る。

ちばてつやさんも水木しげるさんについて語る。

古川益三さんが、水木しげるさんのアシスタント時代について語る。
水木しげるプロには変なやつばかりがいた、つげ義春さんは別ですけどと言っておられました。

水木しげるさんについてのノンフィクションを書いておられる(読みましたが、なんという題名だったかな)足立倫行さんも登場していました。

そして、昔の映像として、白土三平さんが登場。
f0151647_15573839.jpg

と、ここで、突然、録画が終了してしまい、別のチャンネルに変わってしまう。

昨年の秋にブルーレイHDレコーダーを購入(今月、分割払いが終了しました)、同時に2番組が録画でき、この水木しげるさんのドキュメンタリーとNHKテレビの斎藤由貴さんの「ファミリーヒストリー」を録画していて、このレコーダー、勝手に連続テレビドラマを録画する設定になっているらしく、予約もしていないのに勝手に録画を始めることがあります。

午後8時に何かのテレビドラマの録画を始めました。
すると、そちらが優先になるのでしょうか、録画していた水木しげるさんのドキュメンタリーのほうの録画をやめてしまったようです。

それで、白土三平さんが登場したところまで目撃したものの、画面が別番組になり、白土三平さんが何か語られたのか、そのあとのことはわからないことになってしまいました。

残念!

気をとりなおして勝手に録画を始めたドラマのほうの録画を止め、再度、水木しげるさんのドキュメンタリーの録画を始める。

午後7時からの2時間番組で、ちょうど1時間たったところに白土三平さんが登場されたわけです。

再放送をしてほしいなぁ~。
f0151647_16083376.jpg
f0151647_16094885.jpg

遊園地の宝塚ファミリーランドで、夏に、ゲゲゲの鬼太郎のおばけ屋敷イベントが長年にわたって開催されていたものでした。

私は行ったことはありませんでしたが、梅田などでポスターを見たりしていました。

このドキュメンタリーでは、水木しげるさんが撮影された宝塚ファミリーランドを御家族のかたが訪れている8ミリフィルムの映像が紹介されていました。

水木しげるさんが手塚治虫さんに会うと、まだやっているのですかと手塚さんが怒っていたと、足立倫行さんが水木さんから聴いたことがあるそうです。

宝塚は手塚治虫さんが育った場所で、自分の地元でライバル視しているマンガ家がイベントをするのは気にくわないということだったようです。

様々な手塚治虫伝説がありますが、これは、いくらなんでもぉ~な気がするのですが、どうなんでしょう。

そういえばと思い出しました。

手塚治虫さんの虫プロ商事が発行していた月刊誌「COM」に載っていた水木しげるさんの読み切りマンガ、宝塚ファミリーランドのイベント会場でサイン会をしている水木しげるさんを、同じ軍隊にいた男が訪れるという導入部だったように思います。

水木しげるさんも対抗して嫌がらせをしているようで面白いですね。
# by hitcity | 2016-11-11 14:30 | Comments(0)
先月のムーンライダーズのコンサート
f0151647_18050263.jpg

先月10月13日の木曜日に、心斎橋ジャニスへ、ムーンライダーズのコンサートに行ってきましたが、スマートフォンのインターネットの月の契約の容量の加減があって、月の初めは、ブログに写真を載せるのに、写真1枚を一瞬にして送信できるのですが、10日あたりをすぎると、1枚の送信に3分近くかかってしまい、いずれまたということになっていました。

このところ、このブログに写真が多いのは、一瞬で送ることができるからで、今のうちに、先月のムーンライダーズのコンサートの写真を載せておこうと思います。

ムーンライダーズの大阪でのコンサートは、この30数年、欠かさず行っていますと、ムーンライダーズについて書く際には、必ず触れることになっていますが、「ムーンライダーズ・クロニクル」というサイトを見つけ、それで調べてみたところ、1980年7月12日の寺田町のスタジオあひるでのコンサート以来ということになります。

それを見たら、大阪では、前日の11日にはOBCホールで、翌日の13日にはバーボン・ハウスでもコンサートがあり、そのバーボン・ハウスには行っていないので、スタジオあひる以来欠かさずとは厳密には言えないことになりました。

まぁ、なんとか、まけておいてください。

●「ムーンライダーズ・クロニクル」1980年
http://www.moonriders.com/contents/chronicle/ch_1980.html

前年の夏に発売されたLPレコード「モダーン・ミュージック」を、発売後しばらくしてから購入、すっかり、その虜になってしまいましたが、まだ入門したばかりで、試しにコンサートに行ってみたという感じでした。

のちに、心斎橋クラブクアトロで2日連続のムーンライダーズのコンサートがあれば、当然のように両日とも行きました。

神戸のチキン・ジョージでも2日連続のムーンライダーズのコンサートがあり、両日とも行ったという記憶もあります。

鈴木慶一さんと高橋幸宏さんによるビートニクスのコンサートが、つかしんホール(伊丹の川崎ゆきおさん宅の近く)で、2日連続であった際にも、2日とも行きました。

ムーンライダーズの前身の、はちみつぱいは、高校時代、天王寺野外音楽堂の「春一番コンサート」で観た、はっきりとした記憶があります。

あがた森魚監督の映画「僕は天使ぢゃないよ」が、1977年に大阪三越劇場で上映された際に、コンサートもあって(新幹線でフィルムが運ばれていて、それが遅れているので、予定とは逆に、映画の上映があとになりました)、「あがた森魚&ムーンライダース」とチケットには書かれていましたが、あれは、はちみつぱいではなかったのかと、長年、気になっていましたが、その時の大阪三越劇場での録音テープがCD化されるというサイトも発見しました。
発売中止となったようではありますが。

そのサイトで曲目が紹介されていますが、あがた森魚さんのバックバンドという存在ですね。

●「僕は天使ぢゃないよ」上映会コンサート
http://merurido.jp/item.php?ky=FJSP210

「モダーン・ミュージック」のLPレコードを買ってみようと思ったのは、あがた森魚さんの2枚組LPレコードの「日本少年/ヂパングボーイ」の参加バンドとして、ムーンライダーズの存在を知り、興味を持ったからだと思います。

あがた森魚さんの「日本少年」の録音風景を細野晴臣さんのインタビューなどをまじえて、NHK教育テレビで放送されたのを観ていた記憶もあります。

ムーンライダーズのファンクラブに、長い期間、入っていて、ファンクラブ優先販売でコンサートのチケットをいつも購入していて、席のある会場では、たいてい、前から2列目の席あたりに座っていました。

心斎橋クラブクアトロの立ち見席の場合は、はじめのほうで入場できて、最前列の手を伸ばせばメンバーに触れることができるような場所にいました。

定期的に会報が送られてきましたが、いつのまにか、インターネット上でのファンクラブに変更となり、疎遠になっていきました。

ムーンライダーズは活動を休止していましたが、再始動されることとなり、それに合わせて期間限定でファンクラブも活動をされることになり、期間限定でファンクラブの会員募集がありましたが、特典としてネット配信があるとのことでしたが、そういうことには馴染みがなくて、第一、今の私には、1万円をファンクラブ活動に支払えることはできず、入会しませんでした。

心斎橋ジャニスで、午後7時開場、午後7時半開演ということで、7時前から入り口にいて、ファンクラブ会員の人たちが先に入っていくのを眺めていました。

コンサートのチケット自体、購入代金の都合をつけるのに手間取り、整理券番号つきのチケットを、発売からかなり経ってからの購入となりました。

入場は、最後のほうになってしまいました。

椅子席はなく、全員、立っての鑑賞です。

ステージの前から後ろまで、30人近く立っている感じです。

私は、左端のほうの、その最後列に立っていました。

ムーンライダーズのコンサートを、こんなに後ろのほうで観るのは初めてのことでした。

しかし、後ろのほうから観ていると、ステージ全体が見渡せるし、なにより、音が聴きやすいと思いました。

そう実感した私は、お金がなくなったおかげで、自分はおとなになれたのかもしれないなと、ふと思ってみたりもしました。

鈴木慶一さんが、「写真を撮ってもいいよ」と言い、写真タイムとなりました。

遠くから撮ったこの写真をブログに載せると、ファンクラブに入っていないことがばれるかなと、ふと思ってみたりもしました。

久しぶりのムーンライダーズのコンサート、やはり良かったです。

f0151647_18071991.jpg
f0151647_18091761.jpg
f0151647_18102784.jpg
f0151647_18113463.jpg
f0151647_18125638.jpg
f0151647_18151368.jpg
f0151647_18273756.jpg
f0151647_18180726.jpg
f0151647_18204717.jpg
f0151647_18315876.jpg

# by hitcity | 2016-11-10 16:49 | Comments(0)
すみ博「住吉っさんの夕べ」
ふたつ前の枠で、私が体験講座を受けさせてもらったチャンバラ武塾の皆さんがなさった、住吉大社の太鼓橋前での殺陣の模範演技を紹介させてらいましたが、「すみ博」の中の「住吉っさんの夕べ」というイベントでした。

住吉大社のことを人々は「すみよっさん」と呼んでいます。

11月6日(日曜日)。

午後4時から20分間、南京玉すだれ(住吉御気楽家)がありました。
f0151647_15460230.jpg

住吉大社・武道館でチャンバラ武塾の隣の道場でのファミリーなぎなたの練習風景も覗かせてもらいましたが、そのかたがたも登場されました。
f0151647_15472902.jpg
f0151647_15522152.jpg

ふたつ前の枠で何枚か写真を載せていますが、チャンバラ武塾の模範演技がありました。
f0151647_15574213.jpg


午後4時50分から住吉区長による菜種油による石灯籠への献納式。

f0151647_16002685.jpg

午後5時からハワイアン(ハラウ オ リリノエ)。
f0151647_16031273.jpg
f0151647_16040285.jpg
f0151647_16214194.jpg
f0151647_16062872.jpg
f0151647_16072020.jpg
f0151647_16080632.jpg
f0151647_16084812.jpg

午後5時20分から、ストリートダンス。

午後6時から、能「高砂」。

午後6時半から、J‐POP。

午後7時半から、JAZZ。
ザ・ぼんち おさむちゃんバンド。

という予定になっているようでしたが、ハワイアンの終わりかけ、南国気分にひたってはいるのですが、肌寒くなってきたので、帰ることにしました。

住吉大社の中で、スマートフォンのradikoプレミアムで、ニッポン放送の「笑福亭鶴瓶の日曜日のそれ」の終わりかけを聴きました。
毎週聴いていて、クセのようになっているので。
f0151647_16184448.jpg

# by hitcity | 2016-11-09 15:33 | Comments(0)
明日のBSプレミアムシネマ
cafe・galleryタロイモの「第4回・マンガ描きさん交流会」で、店主の男性と参加者の女性との3人で雑談をしている中で、面白かった映画を1本という質問が出て、この質問の答えは、その時のメンバーや気分によって違っていたりするのですが、その時、私は、「サマータイムマシン・ブルース」と答えました。

明日9日(水曜日)の午後1時からBSプレミアムシネマで放送されるようです。

茶屋町のタワーレコードでのヨーロッパ企画のメンバーによるラジオ番組の公開録音とサイン会つきのDVD発売記念イベントの際に購入しましたが、録画するつもりです。

今日はヒッチコック監督の「めまい」が放送されていて、 それも録画しました。

1コマ漫画専門誌「EYEMASK」の好きな映画10本のアンケートに「めまい」も「サマータイムマシン・ブルース」も入れていました。

今月のBSプレミアムシネマ、毎日、録画しないといけないようなプログラムです。

●BSプレミアムシネマ(11月)
https://www.nhk.or.jp/bs/sp/t_cinema/calendar.html

午前3時から正午までの勤務から帰り、午後1時からの放送を観ることができますが、録画だけして、午後1時5分からは「スタジオパークからこんにちは」、午後2時から6時までは「ちちんぷいぷい」を、たいてい、いつも観ています。

「ちちんぷいぷい」が、現在の私の主な情報源となっています。

現在は、山本浩之さんというフリーアナウンサー(テレビの放送中にカツラを脱いでハゲ告白をして後にトリビアネタになった元・関西テレビのアナウンサーで映画「ジョゼと虎と魚たち」に麻雀店の客としても出演)が司会を担当されていますが、前任は、西靖さんという毎日放送のアナウンサーでした。

京都国際マンガミュージアムに、養老孟司さんと内田樹さんの対談を観に行った際に近くの客席におられました。

西くんと呼ばれて視聴者からは親しまれていた人です。

現在は午後6時半頃のニュース番組を担当、「ちちんぷいぷい」には、その番組告知で少し出演されています。

現在、火曜日の午後10時からの略称「逃げ恥」というテレビドラマが人気があるそうですが、今日は、その原作マンガに西くんが関わっていたという話の紹介がありました。

原作のマンガを描かれたかたは、毎日放送ラジオの西くんの番組や毎日放送テレビの「ちちんぷいぷい」のファンだとかで、マンガの連載開始前に、当時は独身が売りであった西くんを取材していて、その原作マンガに、それは活かされているとかいうことでした。

関西ローカルでのマンガネタなので、全国的に、その原作マンガがお好きなかたがおられるかもと、ここで紹介しておこうと思います。

11月8日(火曜日)の今日の放送からです。

画面右下の窓枠の中の女性はスタジオにいる奥山佳恵さんで作者のかたではないので、念のため。
f0151647_20132127.jpg

f0151647_20134279.jpg

西くんが桜井一枝さんというかたと一緒に土曜日の午後にラジオの生放送番組をされていた何年か前、番組中にファックスの応募によるプレゼントコーナーがあり、当選者の名前が、マンガ家の森元暢之さんだったので、ビックリしたこともありました。
ゴンチチのコンサートのチケットのプレゼントでした。
# by hitcity | 2016-11-08 17:58 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル