> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
「七人の侍」創作ノート ..
by 神戸鶴亀本舗 at 23:28
「黒澤監督 世界の若者と..
by 神戸鶴亀本舗 at 23:03
★desire_sanさ..
by hitcity at 20:37
★鶴亀さん 「マグ..
by hitcity at 20:15
こんにちは、 私も映画..
by desire_san at 09:17
「49回漫画展」にお越し..
by 鶴亀 at 00:27
> メモ帳
「EYEMASK」の前号と次号
3月25日の土曜日の休日。

1コマ漫画専門誌「EYEMASK」の次号用の原稿の制作に着手していました。

3月末日が締め切りですが、翌月の上旬までなら待ちますという旨の記された恒例のハガキが、発行元の蒼天社から、この日、ちょうど届きました。

そのハガキとは関係なしに、やっと、この日、取りかかることができるようになったのでした。

3月19日の日曜日、「第13回・日本橋ストリートフェスタ」で、コスプレイヤーを観てまわったあと、その地域にあるマンガ専門店「わんだ~らんど書店・なんば店」の斜め向かいの中古パソコン店で、中古のWindowsXPのノートパソコンを購入しました。

マンガを描くために使用しているソフトのイラストレータとフォトショップ、自分が所有しているものがXP対応なのですが、中古店でXPは見かけなくなりましたが、この店には、同機種で同価格の中古品が3台置かれていました。

中古で購入したノートパソコンでマンガを制作していましたが、3年ほど前になるのでしょうか、それが故障してしまい、以後、手描きでマンガを描くようになりました。
まぁ、元に戻ったというわけですが。

「EYEMASK」の第43号(2011年12月発行)で、私の特集をしてくださった際、長年、趣味で撮ってきたステレオ写真(立体写真)を載せてもらいました。

f0151647_17381763.jpg


「EYEMASK」の執筆者で、私が子供の頃から、海外のマンガを紹介されている文章を愛読させていただいていた小野耕世さんが、そのステレオ写真を気に入ってくださったそうで、「EYEMASK」編集発行人の野谷真治さんに、私の住所の問い合わせが、小野耕世さんからあったとのことで、その後、ステレオ写真が気に入られたことを書かれた年賀状が小野耕世さんから届き、感激したものでした。

それで、その次の号から、私の撮ったステレオ写真(立体写真)と私の描いたステレオ漫画(立体漫画)で構成した「ステ漫」の連載を始めることにしました。

f0151647_17415416.jpg


年2回発行の「EYEMASK」で連載を4回目まで続けたところで、パソコンが故障し、パソコンがなければ制作できない企画で、以後、手描きの1コマ漫画を「EYEMASK」に発表するようになりました。
「ステ漫」以前は、そうしていたわけですが。

その後、野谷さんから、小野耕世さんに私のファックスの番号を訊かれたと、電話で連絡がありましたが、ファックスは故障していて、応じることはできませんでしたが、多分、「ステ漫」のステレオ写真を期待しているというようなことなのだろうと思い、気にはなっていました。

勤務していた広告会社が廃業し、その頃から比べると年収が3分の1ほどになり、生活苦から、クレジットカードでのキャッシングの返済に追われるようになり、中古でもパソコンの購入は難しく、「ステ漫」を再開することはできませんでした。

「EYEMASK」に手描きの1コマ漫画で参加する際には、1号につき、3点から4点(3ページから4ページ)必要なのですが、只今発売中の昨年の秋の締め切りの号(53号)用には、ひとつもアイデアが浮かばず、休ませてもらうことにしました。

それで、3月末締め切りの次号用の分なのですが、やっと、1点、アイデアが思いつきました。

ところが、他には何も思いつきません。

「ステ漫」なら、ステレオ写真(立体写真)を中心にして、その中に混ぜる感じなら、ステレオ漫画(立体漫画)は1点で済む。

なんとか、ギリギリ、中古パソコンは買えそうだ、よしっ、「ステ漫」復活でいこう!と、決意したわけです。

経済状況が厳しく、月のうち何日かは所持金なしという生活があり、古書店に本を売ってもいましたが、手放すには惜しいというものは、野谷さんはネットで古書店もされているので、野谷さんに買っていただこうと連絡をすると、本は手放さずに手元に置いておくほうがいいですよと、高額なお金を2度、送ってくださったことがありました。

野谷さんに本を送りはしませんでしたが、野谷さんの本を預かっているつもりではいます。

それを思い出すと、もっと早く、「ステ漫」のために中古パソコンを購入すべきだったようにも思うのですが、なかなか、そこまでの余裕は生じませんでした。

川勝徳重さんが編集発行される予定の「怪奇劇画短編誌・蝸牛(かぎゅう)」の第2号用に、時代劇マンガ「虫侍」を描いていた1昨年も経済状況は厳しく、タイトルの文字を描くための太い筆が高くて買えないというようなことを、ツイッターでぼやいていたら、筆が何十本も買える高額なお金を川勝さんが送ってくださったこともありました。

川勝さんは私が学生の頃に聴いていた日本のフォークソングなどに興味がおありな様子なので、手元にある、そうした古いLPレコードも、川勝さんのを預かっている気持ちでいます。

そういえば、3月26日の日曜日の今夜11時から、BSプレミアムで放送される、「出張ゼミナール~ザ・フォークソング番外編」、ゲストが、遠藤賢司さんと高石ともやさんとのことで、楽しみです。

f0151647_17444617.jpg


自分が描いたマンガなどが載っているものは、このブログで扱っていて、「EYEMASK」も欠かさず紹介させてもらっているのですが、昨年8月発行の第52号については触れないままになっていました。

この号には、4ページで5点、発表していました。
1ページに2点という、今までにないやる気を見せていましたが、思いつきさえあれば、なんとか描けはするんですね。

f0151647_17474160.jpg


この号には、お会いしたことのある、イシマル・ヒデさんの作品が掲載されていました。

この号の小野耕世さんのレポートに、ちばてつやさんの作品名として、「ほたるみな子」が登場していて、私は、その「蛍三七子」というマンガが好きで、手元にすぐに出てくるところに単行本を置いていて(文庫本も持っています)、「蛍三七子」と「ほたるみな子」って、同一人物の気がしないですね、というようなことを書いてみたくなり、「蛍三七子」の本の写真を、このブログに載せたくなったのですが、本が見あたらない、それで出てこないうちに、月日がたち、「EYEMASK」の52号を紹介する機会を失ってしまいました。

f0151647_17500879.jpg


「あしたのジョーに憧れて」(川三番地)の第2巻と、3月23日の木曜日に放送された「漫勉」の、ながやす巧さんの回に、「蛍三七子」は登場していました。

f0151647_17530361.jpg


「あしたのジョーに憧れて」は、ちばてつやさんのもとでのアシスタント生活を描いたマンガですが、マンガの技法書としても最高のものじゃないかと思います。

f0151647_17554083.jpg


「漫勉」の、ながやす巧さんの回は、このシリーズの最高のものだと思います。
感動をおぼえました。

3月26日の日曜日の今夜1時10分から、Eテレで再放送をされるようなので、間に合うようでしたら、ぜひ御覧いただきたいものです。

# by hitcity | 2017-03-26 17:56 | Comments(1)
BSプレミアムシネマで黒澤明作品!
テレビ番組の録画の予約をしようとしていて、明日、3月22日の通常の午後1時からの放送で「リベンジ・マッチ」があり、続いて黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」があることを知り、驚いた。

●BSプレミアム「これからの放送」
https://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/calendar.html

を見たら、来週、黒澤明監督作品の「七人の侍」「生きる」「椿三十郎」「赤ひげ」が放送されるらしい。
映画館で何度も観ているけれど、楽しみです。

f0151647_20351183.jpg


ふたつ前のワクの「第13回・日本橋ストリートフェスタ」の手塚治虫さんのコスプレ写真、娘の手塚るみ子さんが御覧になるとどう思われるだろうと、手塚るみ子さんのツイッターを見てみたら、すでに御覧になられていました。

そこから手塚治虫さんのコスプレをされていた御本人のツイッターを見ることもできました。

ツイッターで、当日、コスプレで参加されていたかたの写真をあれこれ拝見するのも楽しいです。

私が撮らせてもらった峰不二子さんが、ルパン三世と揃って映っている写真もありました。

手塚治虫さんとリボンの騎士やメルモちゃんやブラック・ジャックと揃って映っているものありました。
その場面に遭遇したかったなぁ。

何丁目にもわたる長い商店街での大規模なコスプレ祭で、何に遭遇するかは運まかせのところがありますね。

人混みの中、頭上に、火の鳥が移動しているのに気がつき、手塚治虫さんと遭遇できたので、いいアイデアだなと思いました。

f0151647_20513550.jpg


f0151647_20545460.jpg


f0151647_04472241.jpg


f0151647_21010797.jpg


f0151647_21052559.jpg


f0151647_21110010.jpg


f0151647_21422072.jpg


f0151647_21150755.jpg


f0151647_21175356.jpg


# by hitcity | 2017-03-22 20:22 | Comments(0)
第13回・日本橋ストリートフェスタ2017
f0151647_03515318.jpg


3月19日の日曜日。

午前3時から正午までのところ、仕事量の関係で、午前2時半からの勤務、そのかわり、早く、午前10時に勤務が終了する。

自転車での帰宅途中、すき家で牛丼を食べる。

帰宅後、すぐに家を出て、最寄り駅、午前11時27分の路面電車(阪堺電車)に乗り、終点の、えびす町駅まで。約20分で到着。

えびす町駅は、通天閣のそばにある駅で、ここから南海電車や地下鉄のナンバ駅までの間にある日本橋筋の商店街の道路が歩行者天国となり、コスプレイヤーのパレードなどがある「日本橋ストリートフェスタ」が開催されます。

いつもは正午まで勤務をしていて、それから行くと、終了間際に少し覗くという感じですが、今日は正午に到着し、正午から午後3時までの開催なので、ちょうど開始される時だったようです。

大勢の人間が集まっていたので、すでに開始されてから何時間か経っているような、そんな勘違いをしてしまうような盛り上がった雰囲気がありました。

そういえば、特設ステージで、開会の挨拶をされている音声が聴こえていました。

ゲームや最近のアニメには無縁なので、知らないキャラクターのコスプレばかりでしたが、そんな中、向こうのほうに見覚えのある、火の鳥の姿が!

f0151647_18344456.jpg


それを追いましたが、人が多くて、なかなかたどり着かない。

やっとたどり着き、写真を撮らせてほしいと頼みました。

f0151647_18391209.jpg


そばに峰不二子さんがいて、胸元を見て、ググッ!ときたので、写真を撮らせてほしいと頼みました。

f0151647_04220909.jpg


f0151647_04241403.jpg


f0151647_04275151.jpg


f0151647_04310212.jpg


以上の4人のかたには、声をかけて、こちらを見てもらって、スマートフォンで写真を撮らせてもらいました。

↓ひとつ前のワクに、横から便乗して撮らせてもらった写真を載せていますので、どうぞ。

# by hitcity | 2017-03-19 19:35 | Comments(1)
日本橋ストリートフェスタ2017での写真
f0151647_19014672.jpg


f0151647_19061543.jpg


f0151647_19093303.jpg


f0151647_19134269.jpg


f0151647_19241393.jpg


f0151647_19203140.jpg


f0151647_19293655.jpg


f0151647_19344653.jpg


f0151647_04435596.jpg


f0151647_04523427.jpg


f0151647_19173449.jpg


# by hitcity | 2017-03-19 16:00 | Comments(0)
明日、日本橋ストリートフェスタ2017
f0151647_15464912.jpg


f0151647_15471533.jpg


f0151647_15475243.jpg


明日の3月19日の日曜日は、「第13回・日本橋ストリートフェスタ」ですね。

日曜日が勤務になってから、あまり行くことはなくなりました。

写真週刊誌で紹介されていたツナマヨさんという美人コスプレイヤーが来られるというので、ナマを見たいと、勤務を終え、帰宅後、向かったことがありましたが、まだ開催はされていましたが、終了間際で、見つけることができなかったことはありました。

開催されて間がないころは、日曜日は休みの職場だったので、毎年、観に行っていました。

上の写真は、2007年に開催された時に撮った写真です。

コスプレ専門やマンガ同人誌の即売会など限定された場所ではなくて、一般庶民と関わってのコスプレイベントで面白いと思っています。

「日本橋ストリートフェスタ」のホームページを見ていて、「原田ちあきフォトコンテスト」というイベントがあることを知りました。

●第13回・日本橋ストリートフェスタ2017
【イベント紹介】
http://nippombashi.jp/festa/2017/event2.html

【日本にある"kawaii"を集めたセレクトショップ「Fickle Wish」とよいこのための悪口メーカー「原田ちあき」さんとのコラボ企画!

「原田ちあき」さんが描いたパネルを展示設置した撮影スペースが日本橋商店会に 登場!SNSと連動したプレゼント企画も!!

詳細はFickle Wish公式ページにて!
http://ficklewish.jp/】

とのことです。

原田ちあきさんは、川勝徳重さんが編集発行された「漫画雑誌 架空」(第14号)にマンガを発表されていたかたです。

町あかりさんが出演されるので、「シカク歌謡祭」というのを観に行ったら、原田ちあきさんが会場におられて、トークをされていました。

可愛かったので、原田ちあきさんのツイッターをフォローするようになりましたが、最近、そこで得た情報としては、3月16日に取材を受けて、それが、4月6日の朝のNHKテレビの「あさイチ」で放送されるようです。

日本橋のメイドカフェと原田ちあきさんはコラボをされているとのことです。

「漫画雑誌 架空」で、またマンガを拝見することができるといいなと思っています。
# by hitcity | 2017-03-18 16:08 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル