> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
> 「文学界」(新年号)購入         2011.12.7.
亀田興毅さんが、ノックアウト勝ち。
テレビを観ていて、一番、ハラハラしたのは、
ミソノさんの国歌独唱のときでした。

続いて、亀田大穀さんのボクシング中継がはじまる。
新しい大阪府知事と大阪市長が、リングの上で、歌手みたいに
国歌斉唱をしていたので驚く。

ラウンドガールは、はるな愛さんでした。
f0151647_19463524.jpg

今日も午前4時から正午まで仕事。

仕事帰りに寄った本屋で、「文学界」の新しい号(新年号)を見かける。

表紙に、「特別対談・金原ひとみ×綿矢りさ」とある。

先月、サイン会で、お目にかかった、りさちゃんじゃないですか!

購入する。
f0151647_19465982.jpg

おふたりの芥川受賞作が掲載された「文藝春秋」を購入しましたが、
金谷ひとみさんの「蛇にビアス」は、読みはじめた途端、
「わぁ!痛そう!」と読むのをやめてしまいました。

対談場所は、岡山になっていて、どうしてかな?と思いましたが、
金谷ひとみさんは、東日本大震災のときは臨月で、原発事故が
起こってから、東京から岡山に避難されて、現在は、そこで暮らして
おられる様子。
夫は編集者とのことですが、夫ごと、引っ越されたのかな?

金谷さんが、りさちゃんの新刊の小説のことを、
「読む人をいやーな気持ちにさせて、ぞわぞわさせといて
いきなりぐさっと矢を射るみたいなところで、綿矢さん
健在だと思った(笑)」と語っておられますが、さすが、
小説家、うまいこと言うなぁ~と思いました。

サイン会のときのブログで、私も、同じことを言っては
いるのですが(?)、描写力がなくて、すいません(汗)。

金谷さんが、「今日ちょっと痩せてたから、大丈夫かなって
一瞬思ったんだけど」と言っていて、それに対して、りさちやんは、
「取材とかですごく久しぶりに人前に出るから、見る人が
ギョッとしたら悪いかなと思って(笑)。」ダイエットを
されたそうです。

年末年始の年賀状仕分けのアルバイトにも申し込まれたそうです。

りさちゃんは、頑張り屋さんで、いいですね~。

現在、京都在住とのことで、この対談、関西弁をそのまま
書き起こされていますが、川崎ゆきおさんのマンガの関西弁
みたいで、リアルで、いいですね。
f0151647_19473940.jpg

松子夫人が伯母にあたるという谷崎昭男さんによる
「発屈・『細雪』のもう一組の四人姉妹」も、興味深く拝読。

谷崎潤一郎さんの小説「細雪」のモデルの姉妹は、松子夫人の
姉妹だと言われていますが、谷崎さんと交友のあった画家の
小磯良平さんのモデルの女性に、時岡通子さんというかたが
おられて、その四姉妹のことも、谷崎さんの着想のもとに
なっているのではないかということが書かれています。

「細雪」の主人公は、「蒔岡」姓ですが、その姉妹は、
「時岡」姓とのことです。

その四姉妹の写真が掲載されていますが、美女揃い!

小磯良平さんが、その次女をモデルにして描かれた雑誌の
表紙も紹介されています。

ちなみに、私と水木しげるさんは、小磯良平さんの門下生です。
f0151647_1948884.jpg

「文学界」(新年号)の「新年特別随筆」。

丸谷才一さんの馴染みの書店紹介、車谷長吉さんの中学生の時の
女性の教師の思い出などを、楽しく拝読。

車谷さんが、
【世の中には四種類の頭脳がある。
頭のいい人。頭の悪い人。頭の強い人。頭の弱い人。
この中で絶対に小説家になれないのは「頭のいい人」である。
頭のいい人は、人間の偽・悪・醜について考えていると、
頭が痛くなってしまうのである。
その痛みから解放されるのには、眠ってしまうほかに途はない。
和辻哲郎がそう書いている。
小説を書くのに一番向いているのは「頭の強い人」である。
その典型が漱石、永井荷風、太宰治などである。】
と書いておられるのですが、「頭の強い人」とは、どういうこと
なのでしょうか?
興味があります。

北杜夫さんの追悼で、三浦朱門さんが、人が「ウツ」とか「ソウ」
とか、日常で使うようになったのは、北杜夫さんが切っかけだろう
というようなことを書いておられますが、そういえば、そうでしたね。
思い出しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【参考資料】

●【mixi日記・再録】 「小磯良平さんと私の合作」
http://hitcity.exblog.jp/14383898/

●11/13=2★綿矢りささんサイン会、大橋裕之さんサイン買い。11.19.
http://hitcity.exblog.jp/16844145/
by hitcity | 2011-12-07 19:48 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル