> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
> コメント欄               2012.4.24.
★長谷邦夫さん
f0151647_18411358.jpg

「線が顔になるとき―バンドデシネとグラフィックアート」
(ティエリ・グルンステン/古永真一 訳)で紹介されている
白木卓さんのマンガのページですが、フランスやアメリカの
マンガは全身の描写、背景も省略せずに描いているのが
普通のように思えるのですが、それに比べて、この省略ぶり!
それが衝撃を与えて、この本に取り上げられたのかと
思ってみたりしたのですが、どうなんでしょう?

フランスのヌーヴェル・ヴァーグに影響を与えたという
中平康監督の「狂った果実」のラストのモーターボートの
場面の省略ぶりを連想してみたりもしました。

その場面、ユーチューブにないかと思いましたが、
予告編しかありませんでした。
せっかくなので、貼り付けさせていただきます。





赤塚不二夫さんが、「MAD」編集部を訪問して
帰国されたあと、「週刊少年サンデー」に連載開始された
「レッツラゴン」に、「MAD」の執筆者のバジル・ウォルヴァートンさん
による、次のハイエナ・レナの絵のような描写、2分の1ページの
サイズで、よく登場していたように思います。

「線が顔になるとき」の執筆者のティエリ・グルンステンさんには、
「天才バカボン」の顔のアップの続く、実物大の回を
見ていただきたいなぁ~と思ってみたりもしました。
f0151647_18415364.jpg

晶文社から出ていた都筑道夫さんの
「黄色い部屋はいかに改装されたか?」は、直筆サイン入りの
本を所有しています。

古本屋ではなく、新刊の書店で購入したように記憶しています。

新刊の書店でも、たまに直筆サイン入りの本が置かれている
ことがありますね。

澁澤龍彦さんや中井英夫さんの本も、新刊書店の棚に直筆サイン
入りで置かれていて購入したことがありました。

「黄色い部屋はいかに改装されたか?」は、取り上げられている
作品が未読のものが多く、先にネタバレになるのもなぁ~と、
ところどころしか読んでいないような気がします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フリースタイルから刊行された都筑道夫さんの全2巻の分厚い
「推理作家の出来るまで」は、大阪市立中央図書館で借りて
読了しました。

フリースタイルから刊行されている都筑道夫さんの
「都筑道夫 ポケミス全解説」も、その図書館にあって、
借りようかと思いましたが、返却期間に追われて読むよりも、
チビチビと楽しみながら読むべき本だと思い借りないことに
しました。
でも、なかなか、購入できそうにはないのですが~(汗)。

「週刊漫画アクション」の都筑道夫さんの連載コラム
「先週のツヅキです」は、毎週、楽しみに拝読していて、
新潮文庫で「昨日のツヅキです」と改題されて刊行された
際にも読みました。

都筑道夫さんは、マンガの原作もされていて、絵コンテまで
担当していたことがあり、自分が、2ページの見開きを
初めて使ったと述べておられたような記憶があるのですが、
どうなのでしょう?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「忍法十番勝負」のような複数のマンガ家によるリレー漫画で、
幻の拳銃の流転を描いたリレー漫画の全体の構成を担当した
けれど、ひとりのマンガ家が、勝手に内容を変更してしまった
とかで、それ以降、マンガの原作をされなくなったとか
書かれていたような記憶もあるのですが。

そのマンガ家が誰なのか興味があります。
そのリレー漫画、何回か分、読んだような気もするのですが、
記憶が、はっきりしていません。

テレビドラマ「スパイキャッチャーJ3」は、雑誌では、
堀江卓さんがマンガを描かれていたように思いますが、
都筑道夫さんの「暗殺教程」が原作ですね(ノベライズ?)。

「やぶにらみの時計」とか「誘拐作戦」「猫の舌に釘を打て」
とか「三重露出」など、都筑道夫さんのミステリー小説は、
それぞれ、再読しているほど、気に入っています。

高信太郎さんが、マンガ家の高寺彰彦さんが、「黄色い部屋は
いかに改装されたか?」の熱烈なファンだということを何かで
書かれているのを読んだような記憶もあります。

長谷邦夫さんが解説を書かれている集英社文庫の都筑道夫さんの
「犯罪見本市」も所有しています。

「都筑道夫のミステリイ指南」や「目と耳と舌の冒険」、
「都筑道夫ひとり雑誌」なども好きな本です。

こうして書いていると、いっそ、フリースタイルから
「都筑道夫全集」を刊行していただきたいという気持ちに
なってきますね。

買えないように思いますが(汗)。
by hitcity | 2012-04-24 18:43 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル