> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
> 「アポロの歌」(手塚治虫)再読          2012.5.26.
f0151647_1953188.jpg

きょうは仕事が休みで、テレビを観て過ごしたあと、
午後1時から5時半まで、毎日放送ラジオの
「ソフトバンク×阪神」戦の中継(解説は遠山奨志さん)などを
聴きながら、部屋かたづけをしました。

このまえの木曜日の休日は、午前中に4時間半、午後から1時間半、
部屋かたづけをしました。

その際、虫プロ商事発行のB5サイズの「アポロの歌」(手塚治虫)
の上下巻が出てきたので、何十年ぶり?という感じで、読んで
みたりもしていました。

村上春樹さんの小説「1Q84」を読んでいて、なぜか、この
マンガのことを思い出したりしていたのですが、特に似たところもなく、
どうしてかな?と思いました。

三池崇史監督の「IZO」を観た際には、主人公が時空を超えて、
あちこちの世界に移動していく展開に、「アポロの歌」みたいだなぁ~
と思ったこともありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「アポロの歌」が「週刊少年キング」に連載されていた1970年の
手塚治虫さんの年譜によりますと、この年には、手塚治虫さんは、
「ザ・クレーター」、「赤の他人」、「がちゃぼい一代記」、
「ドオベルマン」、「空気の底」、「きりひと讃歌」、
「やけっぱちのマリア」、「時計仕掛けのりんご」、
「ときわ荘物語」、「ボンバ!」、「火の鳥」(復活編)
と、私が特に好きな作品を描かれています。

手塚治虫さんが、1973年に「ブラックジャック」を執筆するまでは
低迷期にあったとか、よく文章で眼にしますし、手塚治虫さんの年譜に、
1970年からの3年間だけが空白になっているのも見たことがありますが、
どこが、低迷期なのでしょう? ふしぎな気持ちになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ペンタッチは荒々しく、背景なども、あっさりと描かれていて、
貸本マンガの雰囲気もあります。
佐藤まさあきさんの世界に近いものを感じました。

最近のことですが、何かで、この「アポロの歌」がアメリカで好評
とかいう文章を眼にしました。

それで、検索してみたら、オランダ語訳の「きりひと讃歌」と
「アポロの歌」が、書店で並んでいる写真がありました。

手塚治虫さんの絵の印象から、陽気なものを感じますが、実際に
読んでみると、アトムもレオもリボンの騎士も、哀しいお話です。

明るい内容のマンガは、手塚作品にはないのでは? という気に
なったりもしていますが、「きりひと讃歌」と「アポロの歌」は、
そんな中でも、特に暗い印象のある作品だと思います。

オランダの読者にとっては、手塚治虫さんのイメージは、日本とは、
かなり違ったものになっているのかな?と思ってみたりもしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●オランダのマンガ事情
http://www.eurojapancomic.com/europe/hollande/hollande.shtml

手塚治虫「きりひと讃歌」と「アポロの歌」豪華製本で、オランダ語
バージョン。
ユトレヒトの普通の大型書店の海外文学コーナーで見かけた。

●米国のコミックス業界の関係者が選考するアイズナー賞
http://animeanime.jp/article/2008/04/15/3032.html

ベスト企画賞(Best Archival Collection/Project—Comic Books)
ノミネートに、手塚治虫さんの『アポロの歌』

が、検索して見つけたサイトです。
f0151647_1954532.jpg

オランダでは、日本とは逆の、左綴じの右開きの本になっていて、
左右逆版で刊行されているのかな?

表紙は、次のページから使用されているようです。
f0151647_19542947.jpg

「あしたのジョー」の矢吹丈のイメージで描かれているのでは?
と、今まで、そんなことは感じたことはなかったのですが、
今回、何十年ぶりかで再読して、主人公が登場したあたりを
読んで、そう思ったりもしました。

こんなやりとりがありました。
f0151647_19545721.jpg
f0151647_1955935.jpg

子供のころ、家族で、和歌山県の白浜温泉に行ったことがあり
ましたが(臨海学校とかでも行ったかな?)、最近、テレビを
観ていると、「南紀白浜温泉」とよく言っていて、いつから
そうなったのかな?と気になったりもしていました。

このマンガでは、「白浜温泉」として名前が出ていました。
f0151647_19554287.jpg

「アポロの歌」は、「サンダーマスク」同様、
「手塚先生、本気でやっているの?」という気持ちになる
ところもある、面白いマンガでした。
by hitcity | 2012-05-26 19:55 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル