> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
「カラマーゾフの妹」(高野史緒)読了
f0151647_1134314.jpg

今日、午後2時過ぎの予定で、体内のチューブの交換があり、飲料も午前6時以降はとってはいけないとのこと。

絶食を紛らわすための熱いお茶を、その前に談話室の給湯器まで入れに行き飲む。

体重計、79.15キロ。

戻り、午前6時から毎朝の新刊の読書。

午前8時ちょうどに読了する。

今日は、「最後の事件、そして最後の解答」
「エピローグ」、それに、江戸川乱歩賞の選評(石田衣良・京極夏彦・桐野夏生・今野敏・東野圭吾)を読む。

5作の最終候補作について述べられているが、受賞作が群を抜いているようだ。

ドストエフスキーの前作を未読なのは、東野圭吾さんだけで、受賞に否定的なのは作者自身のオリジナルのキャラクターと構成を望むという今野敏さんだけでした。

石田衣良さんの選評には次のように書かれていて、ほかのかたも、この手法は今回限りにしてほしいと書いていたりもしていました。

【『カラマーゾフの兄妹』タイトルよし。そして問題作が残った。アリョーシャがテロリストになるという設定を生かして、文豪が果たせなかった続編を書く。しかも作者はSF界では定評のある書き手だ。おもしろさ、文章の確かさ、意表をつく設定では最初から群を抜いていた。問題はこうした二次創作的な作品を、乱歩賞としてどう評価したらいいのかに絞られた。ミステリーとして読んでも、カラマーゾフ家をめぐるメタフィクションとして読んでも、見事におもしろい奇跡的な一作。高野史緒さん、おめでとう。でも、この手はよほどの腕がある人しか実現不能なので、応募者は安易に真似をしてはいけません。】

応募時のタイトルは「カラマーゾフの兄妹」 らしいのですが、「カラマーゾフの妹」のほうがいいですね。

私は光文社古典新訳文庫の亀山郁夫訳で、この小説を読みましたが、引用文は、それからとのことです。

亀山邦夫さんの「『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する」(光文社新書)も読みましたが、かなり参考にされているように思いました。

私は、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」も「罪と罰」も、ミステリー小説として読んでいました。

そして、「魔界転生」(山田風太郎)の手に汗にぎる大迫力のある小説に出会ったのは、「嵐ケ丘」と「カラマーゾフの兄弟」ぐらいしか思いつかないというぐらいに楽しめました。

「罪と罰」は、「刑事コロンボ」の面白さがありましたね。

新潮選書の「謎解き『罪と罰』」(江川卓)も読みましたが、ドストエフスキー作品には、不可解な点が、けっこうあるようでした。

「カラマーゾフの兄弟」にも、なんで急に?という場面がありますが、「カラマーゾフの妹」では、作者が出てきて、その場面に違和感を抱いたでしょうがと述べ、その真相か明らかにされていきます。

その司馬遼太郎作品的なところも面白く、ちょうど半分ほどしたところに出てくる文章、昨日、携帯電話の文字入力の練習がてら打ちましたので、次の枠から紹介させていただきます。

ドストエフスキーの前作のすべての出来事が伏線となっている驚くべき小説です。

同じく未完の小説「明暗」(夏目漱石)の続編の「続明暗」(水村美苗)を読んだ時は、このような展開は予定されていなかったように思いました。

この「続カラマーゾフの兄弟」に至っては、コンピューターが出てきたり、宇宙ロケットが出てきたり、ドストエフスキーの想像外の展開をみせますが、こうであってほしい!という気持ちになりました。

翻訳して世界で刊行してほしいと思います。話題になるでしょう。
年末のミステリー小説ベストテン発表などでも話題になると思います。

未読の人に対して、「カラマーゾフの兄弟」の概要の章も用意されていますが、光文社古典新訳文庫の「カラマーゾフの兄弟」を読んでおくほうがいいと思います。

むしろ、ドストエフスキーの出題編と高野史緒さんの解答編を続けて、ひとつの作品として読了する機会を持てる人を羨ましくも思います。

ミス・リーディングの手法に、見事に引っ掛かりました。

筒井康隆さんが、若い頃には、1食ぬいてでも、そのお金で買えない本を買って読んだと述べておられるのを目にした記憶があります。

1食どころか、何食ぬいているのでしょう?
絶食しながら読了した初めての本になりました。
by hitcity | 2012-09-11 11:34 | Comments(3)
Commented by 又六 at 2012-09-11 21:10 x
「カラマーゾフの兄弟」は、何度も読みました。途中まで。いつも挫折。ところで、アリョーシャやフョードルなどの登場人物が、どうしても手塚治虫さんの「罪と罰」の絵柄のイメージになりますね。「罪と罰」のマンガは、付録本が家にあって、何度も読んだからなあ。
Commented by 長谷邦夫 at 2012-09-12 10:45 x
原典、読んでいませんが~、こちらの本、アマゾンで買います。
Commented by 又六 at 2012-09-12 12:39 x
友人が読売書法展に篆刻を出品、名古屋駅前のウインク愛知ビル。上手いのか下手なのか判らぬが、見学。帰りに近くのジュンク堂で「カラマーゾフの妹」購入、1575円。「まんがで読破カラマーゾフの兄弟」920円。も、衝動買い。

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル