> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
> 「マルサの女」に猟奇娘がっ!           2007.12.24.
自慢めいたこととなると、すぐに書き込み、更新してしまう
ブログです〜(汗)。

今週は、BS2で、伊丹十三監督映画作品の放送があり、
明日の25日の夜は、「マルサの女」ですが、そこに出演されていた
女優さんの大型バイクの後部座席に、私は乗せてもらったことが
あるんですよ〜!

って、自慢になるのか?
やっぱり、なりますね〜。

渡辺まちこさんと言って、川崎ゆきおさんのマンガの
「猟奇娘」が舞台化されたり映画化された際、その役を
されていた女優さんでした。

自費出版された写真集を持っています。
f0151647_23504758.jpg

テレビでは、「11PM」の大阪版(藤本義一さん司会)
に出演されているのと、教育テレビで、大型バイク免許
取得講座(?)の生徒役をされていたのを見た記憶が
あります。

その大型バイクで、野宿などしながら、日本一周をしながらの
レポートを「月刊モーターサイクリスト」という雑誌に
連載されていました。

川崎ゆきおさんと一緒にバイクでやってこられて、我が家に宿泊
されたこともありました(渡辺さんは別室でした。念のため)。

翌日、肥後橋のフェスティバルホールのRCサクセションの
コンサートのリハーサルを見学させてもらうことになっている
とのことだったので、RCファンでもある私は、前日に
会社に休暇届けを提出し、同行させてもらうことになりました。

渡辺さんは、RCサクセションのメンバーやスタッフと懇意に
されているようで、また、忌野清志郎さんが、川崎ゆきおさんの
マンガのファンでもあるということで、実現の運びとなり、
川崎さんと馴染みのある私は、便乗させてもらうことにしたの
でした。

渡辺さんの写真集には、忌野清志郎さんからのコメントが
掲載されていました。
f0151647_2351338.jpg

川崎さんが先にバイクで出発し、私は、渡辺さんのバイクの
後部座席に乗って、玉出から肥後橋まで、昼下がりの
国道26号線となにわ筋を、ぶっとばしてもらったわけです。

フェスティバルホールの地下通路で、ぱったり、
参加ミュージシャンであるドクトル梅津さんと出くわし、
渡辺さんが挨拶をされている様子を伺うと、ずいぶんと
親しそうなので、安心したりもしました。

そのあと、誰もいないフェスティバルホールの客席で、
渡辺さんと川崎さんと私の3人だけで、リハーサルを見学
させてもらいました。

「よぉ〜こそ〜」だとか、会話部分もリハーサルに
含まれているのが、意外に思ったりしました。

川崎さんは、当時、絵本学校のマンガコースの講師を
されていて、この日は授業があるというので、途中で
退席しました。

私と渡辺さんがノートに書いたRCサクセションの歌の
詩を絵にする課題にするとか言って去っていかれました。

残った渡辺さんと私は、リハーサル終了後もロビーに
とどまり、名残惜しくて、そのままホールに入り、
本番のコンサートも鑑賞しました。

オールスタンディング状態なので、座席のない私たちも
席からはみ出した感じでいて、とがめられることはなく
(スタッフから、通路に出過ぎないようにという注意は
受けましたが〜)、ぶじ、終了まで拝見することができました。

こんなこと、書いていいのかどうか、わかりませんが、
書かないことには、自慢できませんしね〜(汗)。

渡辺さんは、翌日、おみやげを持って、只見をした
お詫びをする〜と言っていましたので、たぶん、この件に
つきましては、解決していると思うのですが〜?

ずいぶん昔のことで、時効にはなっていると思いますが、
もし許されないというのでしたら、忌野清志郎さんが
大阪でコンサートをされる時、楽屋に行って、直接、
清志郎さんに料金を届けに行きたいと思いますので、
関係者のかたは、御連絡ください。

また、自慢できる〜(汗)。
f0151647_14254764.jpg

その日の我が家訪問は、「月刊モーターサイクリスト」の連載
でも触れられていて、近畿地方が描かれたイラストマップの中に
「高木ひとし宅」と書かれていました。

いま、手元にはありませんが、関西ローカルのテレビ番組を
楽しんだというようなコメントが添えられていたと思います。

兵庫県明石の幻堂出版(当時は、まだ存在していなかったように
思いますが?)の幻堂さんが8ミリ映写機に触れている姿の
写真が、その連載リポートのページの中にあったように思います。

幻活映画で、渡辺さんは、猟奇娘を演じられていて、私は、
そのVHSテープも所有しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その後、渡辺さんとは交流がなくなりましたが、映画
「マルサの女」を観に行ったら、冒頭に登場されていたので、
びっくりしてしまいました。

伊丹十三監督の「『マルサの女』日記」という本では、
オーディションで、渡辺さんが、忍者の子孫だと自称されている
ところを面白がっておられました。

のちに、手塚治虫さんのお別れ会に、青山斎場まで行き、
長い行列に並んでいると、列から離れたところに、渡辺さんが
立っていたので、声をかけて、ひとことふたこと、喋りました。

黒沢清監督の映画に出ることになると、その時に言っておられ
ましたが、その映画は「スィートホーム」で、主演級の役でした。

それからは、渡辺さんの情報に接することがなくなりましたが、
神戸の書店の中のホール(倉庫?)で、幻堂出版主催の
主にマンガ家のかたが出演される紙芝居イベントがあり、
渡辺さんも出演されるというので見に行きました。

渡辺さんは、山伏の修業をされたそうで、紙芝居の内容も
そのようなものでした。

山伏装束の渡辺さんには、私は、ちょっと気軽に声をかけられない
雰囲気を感じてしまい、怖じけ付いて、挨拶もせずに
退出してしまいました(汗)。

そんなわけで、渡辺さんは、現在、山伏になられたらしいという
ことしか、私は知らないでいます。

映画「マルサの女」は、兄からもらった招待券で観に行きました。
兄の勤務先(国税庁)で撮影が行なわれ、招待券をたくさん貰えた
そうです。

この兄は、東大法学部卒で、これも、自慢〜!となりそうに
思われるかもしれませんが、兄弟に優秀な人間がいて、自分が
そうではない場合は、むしろ、逆効果で、トホホ感のほうが
強いですね〜。

……………………………………………………………………………………

【追伸】

まどのさんのコメントに対しての返事で、画像を入れたく
なりましたので、ここを使わせてもらいます。
f0151647_22173990.jpg

ひさうちさんのこのマンガは、川崎ゆきおさんの画業30周年記念
「少年少女世界猟奇名作選・2001年猟奇への旅」(幻堂出版)に
収録されています。

私の「風聞・猟奇王の最後」というマンガも載っています。
川崎さんの初期の絵(ヨレヨレのペンタッチの)に似せて描こうと
したのですが、たいへん、むつかしかったです。

逆柱いみりさんが、初期の猟奇王の絵で描いておられましたが、
これは、うまかったです。

川崎ゆきおトリビュート作品集という感じで、蛭子能収さんや
根本敬さんの猟奇王などが楽しめますが、私は、福満しげゆき
さんの猟奇王マンガが特に気に入っています。

京都の三月書房では、入手可能なようなので、よろしければ、
御覧になってくださいね。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sangatu/manga/maborosidou.htm#幻堂出版の本
by hitcity | 2007-12-24 23:54 | Comments(6)
Commented by まどの at 2007-12-25 09:35 x
かっこいい人なので、漫画に使おうと思います。
Commented by hitcity at 2007-12-26 22:21
★まどのさん

渡辺まちこさんの写真集には、ひさうちみちおさんによる
渡辺さんの猟奇娘のマンガが掲載されていますので、
紹介してみたくなり、日記欄に、追加の画像として
入れることにしました。
御覧になってくださいね。
Commented by 渡辺まちこ at 2009-05-30 14:05 x
こんにちは。渡辺まちこです。
偶然このページを見つけ、なつかしく思いコメントさせて頂きます。
本当に久しぶりですね。
私自身忘れてしまったことまで覚えていて下さって書いて頂き、ありがとうございます。

世界を二周くらいして、私は地元名古屋に住んでいます。
たまに東京などで映画の上映会をしています。
関西にもよく行きますので、いつかまた地球のどこかでお目にかかれたら嬉しいです。

近況などはmixiに日記を書いています。
「忍者まちこ」という名前です。
よかったらマイミクになって下さい。
mixiやっていなければ、招待状を送ります。
メアドは、
ohsumama@i.softbank.jp です。

この日記を書いて下さってありがとう。
嬉しかったです。

Commented by 渡辺まちこ(忍者まちこ) at 2009-05-30 14:20 x
「マルサの女」の他にもう1本出演している映画があります。
伊丹十三総指揮の「スウィートホーム」というホラー映画で、間宮夫人というお化け(モンスター)役で出ています。
オトナの事情でDVDにはなっていませんが、VHSで本編と「スウィートホームへ連れてって」というメイキングビデオが出ています。

YouTube/8ミリ駄菓子映画「実録猟奇娘・走れロマンよ!」ダイジェスト版(2分)
http://jp.youtube.com/watch?v=6XlB84o8zFo
忍者まちこ演じる猟奇娘と、ロリコン怪人足男との爆笑対決をぜひご覧あれ!
今世紀最高の駄菓子映画です。
検索ワードは、「猟奇娘」で見つかります。(1件だけ)

YouTube/「Crazy Dools」ダイジェスト版(2分)
http://jp.youtube.com/watch?v=jDTWHws-jEc
元ブランキージェットシティの中村達也君と渡辺まちこは、ロボトミーを受けたパンクスの役を演じています。
YouTubeで「Crazy Dolls」と検索すると、世界中から何千もの動画がアップされていてなかなか探し出せません。
カタカナで、「クレージード—ルス」と検索すると見つかります。
クレージード—ル「ズ」と検索すると見つかりません。
よかったら見て下さい。

Commented by hitcity at 2009-05-31 11:54
★渡辺まちこさん(前編)

http://hitcity.exblog.jp/7129996/
にいただきましたコメントに対しても、ここで
させてもらいますが、世界を二周ぐらいされたは、
凄いですね〜!

私なんか、淀川と大和川(やまとがわ)の間しか、
うろうろしていない生活を長年、やっています〜。

ミクシィは、2006年4月から、「わら」という
名前で、やっています。
どこかで、遭遇していても、よかったようなもの
ですね〜?

ミクシィのリニューアルに私の古いパソコンが対応しなく
なり、日記更新ができなくなり、閲覧もしづらくなり、
2007年9月に終了。

それを引き継いだのが、この「ヒトシーランド写真帳」
です。

せっかく書いたのに〜!と、ときどき、こちらに、
ミクシィの日記の再録をして、移し替え作業をしたりも
しています。
Commented by hitcity at 2009-05-31 11:55
★渡辺まちこさん(後編)

2007年6月に「西の空の男女の集い」という長期連載
ものをやっていますが、その文章は、まとめて、
「漫画雑誌 架空」(第2号)という雑誌に載ったので、
再録はありませんが、雑誌ではモノクロ写真でしたが、
日記ではカラー写真なので、「漫画雑誌 架空」の
コミュニティのかたがたにも、覗いていただければ
と思います(渡辺さんへの返事から外れてしまい、
すいません)。

携帯電話の新機種購入を切っ掛けに、主に閲覧目的に
「わらわら」という名前で、昨年の8月頃から、新たに
ミクシィに参加(「わら」も残したままで)、
こちらでは、毎日、ミクシィにつないでいますので、
「わらわら」のほうで、マイミク申請を送らせて
もらいましたので、よろしくお願い致します。

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル