> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
2012年 04月 07日 ( 2 )
大江健三郎賞受賞作と山田風太郎賞受賞作を読了。 2012.4.7.
f0151647_21351949.jpg

きょうの朝日新聞の朝刊で、綿谷りささんの小説
「かわいそうだね?」が、大江健三郎賞を受賞されたことを
知りました。

この本のサイン会に行った際、綿谷りささんに、
「吉本新喜劇みたいで面白かったです。」と言おうかと
思いましたが、その感想、すでに誰かに言われているような
気もして、りさちゃんに、この人、ありふれた人ね~
なんて思われたくはないので、それは却下し、映画化の話は
ないのですか?と、素直な質問をさせてもらいました。

心底、訊きたいことだったので、これは、ありふれたとか
どうとか関係ないと思いました。

というか、ほかの人が、りさちゃんに質問している内容に
聞き耳を立てていると、けっこう、文学的なことが多くて、
自分は、そういうのじゃなくて、ミーハーなファンだという
ことを示したくて。

功を奏したのでしょうか、「ぜ~んぜ~ん!」と、ためぐちで
応えてくれて、うれしかったです。

そのときの模様は、この前も紹介してしまいましたが、
次のブログに書いていました。

●11/13=2★綿矢りささんサイン会、大橋裕之さんサイン買い。11.19.
http://hitcity.exblog.jp/16844145/
f0151647_21354793.jpg

●「かわいそうだね?」(綿矢りさ)読了      2011.11.5.
http://hitcity.exblog.jp/16784075/

に感想を書いていますが、吉本新喜劇のことに触れていますね。

要するに、吉本新喜劇の未知やすえさんのギャグを連想させる
ところがあるということなんです。





大江健三郎賞は賞として、「受賞作品の英語(あるいは
フランス語、ドイツ語)への翻訳、および世界での刊行。」
が与えられるとのことですが、関西弁のみの小説、たとえば、
「細雪」(谷崎潤一郎)や「エロ事師たち」(野坂昭如)の
場合、全部、日本語として、そのまま英訳してもいいでしょうが、
この小説の場合、標準語と関西弁との切り替えがいるので、
その際、どのような工夫をされるのか、興味がありますね。

大江健三郎さんの小説は、長編の「ビンチランナー調書」と
短編集を1冊しか読んでいなくて、読みづらくて、読む気が
おこらないのですが、筒井康隆さんと井上ひさしさんとの
鼎談集や、「筒井康隆全集」の解説文は好んでいます。

阪急ファイブのオレンジルームでの、大江健三郎さんの
講演会に行ったことがありますが、ノーベル賞受賞以前
でしたが、超満員の人気で、ここでの月例の小説家の講演会
には、よく行っていましたが、通路に体育座りするところまで、
人を入れていたのは、大江健三郎さんのときだけだったように
思います。

既読の小説が、のちに何かの賞を受賞されるのは、殊更に
うれしいことですね。
f0151647_213742.jpg

きょう、山田風太郎賞を受賞された「ジェノサイド」
(高野和明)を読了しましたが、この小説も、刊行時に
購入して読みたかったのですが、経済事情もあって、
図書館で借りるか古本で購入するかと思っていて、人から
商品券をもらって、それで購入したときには、すでに
山田風太郎賞を受賞していて、遅れを取ったのは残念でした。

それのみか、「このミステリーがすごい」とか「週刊文春」
「本の雑誌(上半期)」「日経おとなのOFF」などで、
軒並み、ベストワンを獲得したあととなってしまいました。

200ページで第1部が終了するまでは、あまり面白みを
感じなかったのですが、残りの400ページは、一気呵成に
読ませる面白さがありました。

高野和明さんの小説は、江戸川乱歩賞を受賞された
「13階段」が、抜群に面白くて、その作家の新刊が
評判がいいということで、この「ジェノサイド」を
読みたくなったのですが、正直いって、「13階段」ほどの
緊迫感は得ないまま読了したような気がします。

それは、私が、傭兵ものの小説は、傭兵になること自体、
好きでやっていることのように思え、そこで、我が身に
危機が迫ってきても、それは仕方がないのではないか~という
思いがあるからなのかな?と思ってみたりもするのですが。

「13階段」は、井上ひさしさんが激賞し、宮部みゆきさんが
対談相手に作者を指名するということからも伺える面白い
小説でした。

最近、文庫本の新刊コーナーで見かけましたので、お勧めします。

映画化作品を観に行きましたが、それは、つまらなかったです。

この「ジェノサイド」も映画化されても、そんなに面白いものには
ならないかも?
by hitcity | 2012-04-07 21:39 | Comments(0)
コメント欄              2012.4.7.
f0151647_11323935.jpg

★又六さん

志賀直哉さんの小説で、いま手元にあるのは、「昭和文学全集」の
第7巻(志賀直哉・武者小路実篤・里見とん・宇野浩二)だけで、
「剃刀」は収録されていません。

収録されていたアンソロジーを何か所有していたような気もするの
ですが(?)、剃刀でグビッ!という場面があれば、読むのがイヤだなぁ~
と思って、読まないでいたような気がします。

私は太宰治さんのファンだったので、志賀直哉さんを敵視していたような
ところがあり、私は、志賀直哉さんの小説は、長編の「暗夜行路」と
短編集を1冊、読んだだけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

村上春樹さんの「海辺のカフカ」が刊行されたとき、読みたかったの
ですが、何かで、この小説に猫を殺す場面があると知り、
「ねじまき鳥クロニクル」に、人間を殺す残虐な場面がありましたが、
あのような描写だったらイヤだなぁ~と、読まないことにしました。

村上春樹さんの「1Q84」が、文庫本で刊行が開始されましたが、
この小説にも、猫に対する残酷な場面があるとか、何かで目にした
記憶があり(そのような気がするのですが?)、読もうかどうか思案して
いるところです。

昨日、押入れの前のフスマ紙の張替え作業をしたのですが、押入れの
中に、何冊かの本がありました。

そのうちの1冊は、1993年2月10日発行の文春文庫の
「奇妙な話(アンソロジー・人間の情景・6)」(文藝春秋編)というもので、
つげ義春さんの「猫町紀行」が、イラスト入りで収録されていました。

検索してみて、全8巻の収録作品一覧を見ました。

●アンソロジー人間の情景
http://kdai-toshokan.web.infoseek.co.jp/ningennojokei.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こういうアンソロジーには珍しく、志賀直哉さんの作品は収録されて
いませんね。

菊池寛さんの作品が多いのは、文藝春秋編だからでしょうね。

私がファンである谷崎潤一郎さんは、つげ義春さんと同じ、この第6巻に
「人面疽」が収録されています。

ちょっと変わったアンソロジーですね。
by hitcity | 2012-04-07 11:35 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル