> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
2012年 04月 30日 ( 1 )
コメント欄                2012.4.30.
★長谷邦夫さん

コメントありがとうございます。

さきほど気づきましたが、画像の準備をしなくてはいけないので、
明日、コメント欄を書かせていただきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★黒川じょんさん

コメントありがとうございます。

8ミリフィルムや16ミリフィルムでの自主上映には、若いころ、
よく行っていて、映画の学校の学生の作品の上映なども観たことが
ありました。

短編の自主上映のアニメの上映会も、けっこう、よくあったように
思います。

ビデオの時代となって、それで自主制作はされているのでしょうが、
インターネットを通して発表されているのでしょうか、そうした
作品の上映会というのは、滅多にお目にかかれなくなりましたね。

会場で、一緒になって、笑いあって観ている、あの雰囲気が、
なつかしいですね~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仲間うちだけでしか通じないような作品もけっこうありましたが
(それはそれで面白かったです)、本格的に製作された8ミリや
16ミリフィルムの作品にも面白いものが、けっこうありました。

大森一樹監督の「暗くなるまで待てない!」
「ロンググッドバイ 夏子と、長いお別れ」、
長嶺高文監督の「喜談 南海變化玉」「歌姫魔界をゆく」、
梅崎雄三監督の「楓牙」などが、いま、面白かった映画として
バッと頭に浮かんできました。

大森一樹さんの、その2作には、マンガ評論家の村上知彦さんが
主演クラスで出演されていました。

「喜談 南海變化玉」は、川崎ゆきおさんのマンガ「猟奇王」の
影響を受けているのでは?と当時、観ていた記憶があります。

のちに、主演が大竹まことさんだったということに気がつき、
驚いたことがありました。
長髪で、印象が違っていましたので。

あと、どなたの作品か不明なのですが、映画「ターミネーター2」の
メイキングの映像に、勝手に日本語の吹き替えをつけた作品が、
とても面白かったです。

監督や出演俳優がインタビューで語る場面が続いて紹介される
構成なのですが、グニャグニャの金属に変化していく敵役の
男がいましたが、それはSFXではなくて、本人に、もともと
備わっている身体的特徴だという設定にされていて、
監督が「彼を見つけたときに、この映画は成功だと思いましたよ」
とか言い、鉄格子の中をグニャグニャになって通過する場面で、
手にしていた拳銃が鉄格子を通ることができずに引っかかるという
場面がありましたが、その俳優が「つい、うっいかりして」
「でも、監督が面白いと言って、その場面を使ってくれました」
とか、とぼけたことを語っていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

黒澤明監督作品は、長い間、ビデオ化はされませんでしたね~。

日本では発売されていなかった頃、友人が、レンタルビデオ店で
アメリカから輸入されてきたビデオを見つけてダビングしてきて
くれました。

彼は日本で公開されなかった緒形拳さんの「MISHIMA」も
ダビングしてくれました。

「七人の侍」は、私は長い期間、その英語字幕入りのビデオで
観ていました。

DVDで鑑賞できるようになったのはありがたいことですが、
オールナイト5本立てで黒澤明作品を見たり、自主上映を
されるのを観に行ったりした、そのつきの客席の熱気のような
ものを懐かしく思ったりもしています。

「隠し砦の三悪人」の16ミリフィルムでの上映を観に行った際、
行ってみたら、貸し出し禁止になっていて上映できなくなりました
ということなどもありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私も黒川じょんさんにならって、好きな黒澤明監督作品を
5本だけあげさせてもらおうとしますと、「七人の侍」「生きる」
「素晴らしき日曜日」の3本は不変なのですが、あとの2本は、
そのときの気分で変わってしまいます。
きょうのは、「用心棒」「隠し砦の三悪人」でしょうか。

このごろ、どうしたわけだか、妙に、「赤ひげ」の、あの場面、
この場面が、思い浮かんでくることがあるのですが。

NHKのBS2だったか教育テレビだったかで、イギリスの
映画の学校で、「七人の侍」の映像を見ながら、学生たちに
教授が講義をする番組を観たことがありますが、人物の
座り位置や向きなど細かいことにも言及されていて、たいへん
面白かったです。

再放送された記憶もなく、録画したビデオテープも行方不明で
残念ですが、また観たいなぁ~と思っています。
by hitcity | 2012-04-30 21:47 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル