> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
2012年 09月 04日 ( 3 )
点滴が外れる
と言っても、点滴が必要ではなくなったということではなくて、点滴のチューブが外れてしまったということです。

看護婦さんが抗生剤の点滴をセットしたあと、ベッドから身体を起こし、ベッドに腰かけ、胆汁の袋を眺めてみたら、朝から、ちっとも増えていない。

袋の手前の透明のチューブの中に、いつもは、いくらかは胆汁が入っているのに、それもない。

身体から胆汁を出すために絶食し点滴だけで過ごしているのに、体内のチューブ自体に問題があるとするならば、月曜日の朝に見に来た医師が、このところ出ていませんねと言っていたけれど、この何日間かを無駄に過ごしていたことになるのかぁ〜なんて考えていて、ふと座っているシーツを見たら、赤い血が広がっている。

腰かけた際、何かの拍子で、点滴のチューブが外れたようで、点滴を入れる腕に装填した注射針から血が逆流していました。

まぁ、そんなことは、ありがちなことかもしれない(?)。

胆汁の出がよくなるチューブに早く替えてくれないと、時間と入院費が無駄になってしまうのが気になる。

今日の総回診で初めて対面した年輩の医師が、チューブの検査をしたほうが言いと言わなければ、このまま、延々と絶食と点滴の生活が続くことになっていたかもしれないと思うと恐ろしいことだ。
by hitcity | 2012-09-04 21:47 | Comments(0)
検査
午後5時前に検査に呼ばれる。

3階の造影室というところへ。

はじめのうち、鼻から伸びたチューブから出る胆汁が袋に、よく溜まっていたけれど、5日ほど前から溜まりにくくなり、チューブが詰まっているのでないかと看護婦さんや医師に言っていて、洗浄作業をしてもらったりしていました。

そのチューブの検査でした。

長すぎたのかもしれないので短いのに入れ替えをすることになるかもしれないとのことでした。
by hitcity | 2012-09-04 18:25 | Comments(0)
野谷さんに電話
テレビの「徹子の部屋」、ゲストは中村玉緒さん。

大阪新歌舞伎座での勝新太郎さんとの共演の舞台「夫婦善哉」について話していて、母親と一緒に観に行ったなぁ〜なんて懐かしく思っていると、レントゲン撮影に呼ばれる。

7階から3階まで下りてレントゲンを受け、ついでに1階のコンビニで、「週刊ポスト」「TVぴあ」「日刊スポーツ」、ペットボトルの水とお茶を購入。

7階に戻り、談話室に設置された自販機で、千円でテレビカードを購入。

野谷さんが、このブログにコメントをくださっていて、もっと早く、こちらから連絡をしなければいけなかったなと、携帯電話をかける。

今まで連絡をしなかったのは、退院の予定など、ある程度、わかってからという気持ちになっていたからでもあります。

入院時の予定では、現時点での予想では2週間の入院とのことでしたが、もっと長くかかりそうです。

同室の人達も検査をしていった結果、予想より重病で、予定より長い入院となっているようです。

部屋に戻ると、これから総回診がありますということで、大勢の医師がやってきました。

担当医ではない年輩の医師に、ちょっとした診察を受け、その医師が、何々の検査をするほうがいいかもしれんなと言い、今日の夕方、何か検査を受けることになりました。

野谷さんとの電話では、今月末に締め切りの1コママンガ専門誌「EYEMASK」の原稿は提出できない旨を伝えました。

前号から新連載ということになっている「ステ漫」は、ステレオ写真(立体写真)とステレオ漫画(立体漫画)で構成されていて、第2回用の写真も用意し、マンガのアイデアも4点分あり、9月は、その作業に集中するつもりでいました。

時間はタップリあるので、ノートパソコンを持ってきて何か作業をしたいなぁ〜という気持ちになったりもしていますが、看護婦さんに止められるでしょうね。

もっとも、クロッキー帳を持ってきていて、そこに描いてある新作マンガの絵コンテに手を加えていこうかと、入院当初、試みましたが、空腹のため、何も考えることができませんでした。
by hitcity | 2012-09-04 15:26 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル