> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
2012年 09月 25日 ( 4 )
退院しました。
今日の午後2時20分頃、迎えにきてくれたおばさん(母の妹)とともに病院を出て、自転車に乗って家に帰りました。

1ヶ月ぶりの外出で、おばさんに追いつくことができず、いつもの2倍近くの20分かかって家にたどりつく。

黒猫と1ヶ月ぶりの対面。

入院中は、食事の世話は、おばさんに頼んでいました。

この猫は、私の父と母がいなくなったことを経験しているので、今回も不安だったことだろう。

帰ってきて、テレビの前の座椅子にもたれかかり寝ていると、自分のお腹に乗ってくる。

トイレに行ったりして、一旦、降りてもらうが、午後4時から7時半、近所の人に退院の挨拶に行くまで、ずっと、お腹の中に乗っていた(戻ってきてからも、いま、乗っています)。

ずっと、ゴロゴロ(実際には違う音なのだが、文字にするのは難しい)とノドを鳴らしていた。

元気な様子なので安心しました。

さて、病室とは違い、やろうと思えば、やることはいくらでもあります。

まず、乱雑に本や雑誌を置いてある寝室を、病室のように、きれいにしたい。

このブログ、病室からの書き込みのように、頻繁に更新するということはなくなると思いますが、ご了承、よろしくお願い致します。
by hitcity | 2012-09-25 19:56 | Comments(3)
コメント欄
★又六さん

「あなたへ」は観たい気もしますが、同じ料金と時間を使うのなら、例えば、「のぼうの城」のような、パァ〜!と賑やかそうな映画を観に行きたくなってしまいます。

むしろ、家で、ひっそりと、テレビ放送の時に味わうほうが楽しめるのではかいかなと思ってみたりもしています。

山田太一さん脚本の、高倉健さんと大原麗子さんが夫婦役のテレビドラマ「チロルの挽歌」も、家の中で楽しめましたし。

以前、このブログで、高倉健さんが、映画「乱」の出演依頼を断ったのは、海外ロケの映画出演のためスケジュールが合わなかったと、以前、入手した情報で紹介させてもらいましたが、映画「居酒屋兆治」出演のためだったと最近のニュースで知りました。

http://news.a-arl.jp/article.php?id=40197&mode=full&guid=on

「居酒屋兆治」は映画館に観に行き、山藤章二さんのイラストだけのポスターも、映画ポスター専門店で購入したことがありました。

「居酒屋兆治」に出演されていた大衆演劇の美里英二さんが、上岡龍太郎さんと共演された舞台を観に行ったことがありました。
by hitcity | 2012-09-25 19:21 | Comments(0)
夕食
f0151647_1132030.jpg

午後6時すぎ、夕食が運ばれてきた。

いつものように、食べる前に、携帯電話のカメラで写真撮影をするつもりが、気がついたら、「うめびしお」を粥にかけていた。

最後の夕食になって、ミスをしてしまうなんて!

最後の夕食で、「うめびしお」を粥にかけた状態を記録に残しておけてよかったか?

全粥食(全粥330)。
あんかけ豆腐、
ゆかり和え、
果物、
梅びしお。

食後すぐに、小説の続きを読む。

NHKテレビの午後8時からの「鶴瓶の家族に乾杯!」、ゲストは何度目かの前川清さんで、前に観たとき面白かったので観る気でいたが、気がついた時には、放送開始から10分たっていた。

しばらく見ていたが、知らない間に眠ってしまっていた。

午後11時すぎに目が醒めたので、テレビをつけようとするが、つかない。

テレビカードが切れていた。

あと1日、なんとか、もたないものかと思っていたのだが。

談話室の自動販売機で、1枚1000円で購入。

3階の精算機で、残った分は、返金されるようだ。

午後11時17分からのABCテレビの「ごきげん!ブランニュー」を見たら、レギュラー出演の赤井英和さんが、ゲストの南海キャンディーズの しずちゃんと、スタジオで、ボクシングのスパーリングをしていた。

午後11時55分からの毎日放送テレビの「痛快!明石家電視台」を久しぶりに見ながら、このブログの今日の昼食と夕食の文字入力をする。

いま、看護婦さんが見回りに来ました。

ただいま午前1時7分、そろそろ寝ます。
by hitcity | 2012-09-25 01:13 | Comments(1)
昼食
f0151647_034610.jpg

午前9時頃にやってきた研修医、今朝の血液検査の結果、尿酸値は高くなく、痛風までには至ってないはずだが、まれに、親指あたりが腫れることはあるようですとのこと。

あまり痛み止めは、胃のためにも飲まないほうがいいとのこと。

セキがたまに出ることを言うが、たいしたことはなさそうですねとのことで、のど飴を舐めてもいいか尋ねると、それがいいですねとのこと。

病院の食事以外はクチにしたらダメなのかと思っていたが、もう、かまわないようだ。

1階のコンビニで、のど飴(サクマ・秋空のど飴)と朝日新聞、「週刊現代」(10/6号)を購入。

午前9時55分からの関西テレビ「よ〜い!ドン」を観る。

新聞のテレビ番組欄に「住吉大社ウサギの謎」とあり、近所なので興味が湧き。

銀シャリのふたりが、住吉大社内を案内。
明日に続くらしい。

看護婦さんが、午前10時半の予約をとってくれたので、シャワーを浴びる。

ヘアシャンプー、ボディソープが置かれなくなっていた。

戻ってきたら、兄貴分のベッドに、年輩の男性。

白内障の手術のため日帰り入院の人。

そういう人は、今までに、ふたりいました。

正午すぎ、昼食が運ばれてくる。

全粥食(全粥330)。
ポテトと挽肉のグラタン、
付け合わせ、和風サラダワサビマヨ添え、
スープ。

テレビの「笑っていいとも!」に「バイきんぐ」が出演。

コンビニの面接の短いコントをしたあと、クイズの解答者をしていた。

午後1時頃から、病室の空いているベッドに、白内障の手術を受ける男性が入ってくる。

看護婦さんから、若いのに白内障は珍しいですねと言われていたが、奥さんと子供も一緒にやってきている。

まだ幼児で、よく喋る。
はじめ、男の子だと思っていたが、女の子のようだった。
パパに優しい言葉をかける可愛い子供だった。

手術に向かったあとは戻って来なかった。

兄貴分のベッドのおじさんは、手術後、しばらくベッドで安静にしていた。

担当医が、午後3時頃やってきて、痛風のことなど聴く。

午後3時からの毎日放送テレビの「ちちんぷいぷい」を見たり、小説を読んで過ごす。

おばさんが、着替えを持ってきてくれる。

まだ、検査にどこの病院に行くか聴かされてないことに、おばさんは不満を持っているが、行くまでにわかればいいことだろう。

看護婦さんが、金曜日に検査に行く病院の関係の書類を持ってきてくれる。

入院証明書などを頼んでおく。

痛風の痛み止めの薬も頼んでおいたら、たくさん持ってきてくれた。

突然の激痛にも、これで安心。
by hitcity | 2012-09-25 00:34 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル