> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
今年みた映画ベスト23発表!         2008.12.31.
1. 僕の彼女はサイボーグ
2. クローバーフィールド
3. 魔法にかけられて
4. おくりびと
5. レッドクリフ/Part1

6. ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発
7. 秋深き
8. 母べえ
9. センター・オブ・ジ・アース3D
10. ゲットスマート

11. 特命係長 只野仁/最後の劇場版
12. ジャンパー
13. ダークナイト
14. ICHI
15. ビー・ムービー

16. ルイスと未来泥棒3D
17. 崖の上のポニョ
18. 神様のパズル
19. ライラの冒険/黄金の羅針盤
20. ハッピーフライト

21. ベオウルフ/呪われし勇者3D
22. シーモンスター3D
23. ラブファイト
f0151647_1659425.jpg

中学時代の生徒手帳に、年間に観た映画の本数を25本と
書いた記憶があって、高校時代の生徒手帳では、50数本だった
記憶があります。
それ以降は、毎年、映画館では、60〜80数本、観るという
ペースを続けてきたと思いますが、21世紀になった途端、
急激にペースダウンし、30数本になったのかな?

ロードショー公開ののち、しばらくしてから、廉価で、
2本立て公開される2番館が存在しなくなったことが
理由として大きいと思いました。

昨年の大晦日の、このブログでは、
「今年みた映画ベスト33発表!」となっていて、
ずいぶん減ったなぁ〜と思ったものですが、今年は、
更に減っていて、中学生時代よりも少なくなりました。

これは、会員になっていて、千円の料金で観ることが
できた近くにある「動物園前シネフェスタ」の閉館が、
理由としては、大きいですね。

自由席制で気楽に行けることができ、また、舞台挨拶や
トークショーなど拝見する機会も多く、素敵な映画館で
した。

あと、近所の人から映画館の招待券を貰えなくなったこと、
それから、なんだかしんどくて、仕事帰りの平日の夜に
映画館に行く気がしなくなり、休日に観に行くという
わざわざ感があって、映画鑑賞と疎遠になったところが
あると思いますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記の新作映画のほかには、「大阪ミナミ映画祭」で観た
「細雪」と「御誂治郎吉格子」があります。

「御誂治郎吉格子」は、春野恵子さんの活動弁士つきで、
そのとき撮った写真とともに紹介させてもらおうと思っていた
のですが、デジタルカメラの写真をパソコンに取り込む器具が
部屋で行方不明となり、そのままとなってしまいました。

今日も、引き続き、部屋の片付け作業をしていましたが、
やっと、発見できましたっ!
パソコンに向かって座っている椅子の下にありました(汗)。
いずれ、紹介させてもらおうかと思います。
f0151647_1701972.jpg

あと、東京の「新宿ロフトプラスワン」で、8月31日に、
「シネマ秘宝館」の上映会に行き、3D映画など、数本を拝見
してきました。

上の写真は、その日の模様をステレオ写真(立体写真)家の
関谷隆司さんが撮影されたものです。

●STEREOeye「立体写真」業務日記
http://stereoeye.tea-nifty.com/blog/
の9月1日より。

手前に並んだ3人、左から、コメント欄にも寄せてくださっている
野谷真治さん、誘蛾灯さん(帽子)、それに私(片手にデジタル
カメラ)です。

この写真のブログへの掲載許可を、大阪の「咲くやこの花館」での
立体写真展会場(10月25日のブログで紹介)で、関谷さんを
お見かけした際、得ようと思ったのですが、お忙しそうな御様子で
したので、申し出ないままになってしまいました。

依然として、掲載許可を得ていませんが、そもそも、このブログ、
画像の掲載許可を誰かに得たこともありませんしね〜(汗)。

こそっと載せさせてもらうことにします。
赤青メガネをお持ちのかたは、立体写真として、鑑賞してください。

関谷さんには、去年のことですし、なにとぞ、お許しを〜!
と、明日以降に、謝ることにします。

尚、上記の映画の中で、タイトルのおしまいに「3D」とあるのは、
特殊なメガネをかけて立体映画として鑑賞するバージョンで公開された
ものです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

途中に挟んだ写真は、11月はじめの土曜日、その日は仕事があって、
仕事帰りに寄った「梅田ピカデリー劇場」で撮った写真です。
その時は、携帯電話しか持っていなくて、そのカメラ機能で
撮りました。

その日、公開初日の「秋深き」の舞台挨拶に主演男優の
八嶋智人さんが来られた際のポスターです。
今年唯一みた舞台挨拶つきの上映会です。
八嶋さんは、若い女性たちに、人気あるんですねぇ〜。

第1位の「僕の彼女はサイボーグ」に合わせて、画像としては、
ロビー売店で購入したクリアファイルの写真にするつもりで
したが、ちょっと、現在、行方不命中で、出てきたら、あとで、
ここに嵌め込んでみます(その際は、通知させてもらいます)。

正月休みは、引き続き、部屋片付けに邁進するつもりです。

良いお年をお迎えください〜。
by hitcity | 2008-12-31 17:08 | Comments(0)
オールザッツ漫才2008         12.29.
f0151647_1936515.jpg

今日の朝日新聞の番組欄からです。

NHK教育テレビが、昼の0時30分までと、午後9時30分から以降、
地球エコ・キャンペーンとして、放送を休止しているようです。

教育テレビは、その翌週に再放送をする番組が多くて、
テレビの再放送なんて、家庭用にビデオやDVDデッキが
普及する以前の名残りというか、慣例が残っているだけでは?
と思ったりしていて、再放送をやめるだけでも、日頃から
放送時間短縮できるのではないかと思うのですが、
短縮したらしたらで、受信料とっているくせに、サボるな〜!
と言われることになるのかもしれませんね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私が学生の頃、石油ショックがあって、大阪では、夜の0時以降、
いっさい、テレビの放送がされなくなった時期がありました。

11時すぎから始まって、0時をまたいで生放送をされていた
「11PM」を東京に行った際、観ていたら、司会の藤本義一さんが、
ここからは大阪では放送されないので、大阪の悪口が言えますねっ
と言ったりしていて、番組は続行されていました。

大阪(関西)だけ、ああいう、規制をしていたのかなぁ?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この番組欄の教育テレビの右隣りは、毎日放送テレビです。
TBS系列で、こちらでは、4チャンネルです(ちなみに、
NHK教育テレビは12チャンネルです)。

毎日放送テレビでは、午後11時30分から、朝の5時すぎまで、
毎年、この時期、生放送で、主に若手の(主にと書いたのは、
リットン調査団が出たりもしているので)漫才コンビによる
トーナメント大会が繰り広げられています。

高校野球のような直接対決による勝ち抜き戦で、ある意味、
「M-1グランプリ」よりも面白いところがあります。

今年もまた、どんな未知の魅力あるコンビに出会えるかが
楽しみです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「M-1グランプリ」は、毎年、当落に関わらず、はっとする面白さを
感じるコンビに出会えるものですが、今年は、そんな出会いが
なかったように思います。

最終決戦に残った3組のうち、NONSTYLEとオードリーは
ナマで観たことがあって、このブログにも登場しています。

NONSTYLEは、昨年の7月
http://hitcity.exblog.jp/7116083

オードリーは、今年の10月
http://hitcity.exblog.jp/9380066/

で、横からの角度で、オードリーの顔が撮れなかったのが
残念でした。
by hitcity | 2008-12-29 19:37 | Comments(0)
リメイク映画
今夜9時から、「犬神家の一族」と「椿三十郎」のリメイク版の
映画が放送されますね。

「犬神家の一族」は、貸本マンガ家のヒモトタロウさんの
息子さんが猿蔵役で出ているのが見たくて、映画館に行きました。
登場人物の男優の中で、もっともカッコよく見えました。
猿蔵が、そんなことで、いいのかぁ〜?

「椿三十郎」のほうは、観に行かなかったです。
「隠し砦の三悪人」のリメイクも観に行かなかったです。
前は、黒澤明監督作品のリメイクと聞くと、期待しないながらも、
興味はあって、確認のため、観に行ったものですが、興味自体が
なくなってしまいました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨夜、BS2で放送されていた「フォローミー」、また観てしまい
ました。
8月にも同じBS2で放送されていたんです。

そういえば、BS2では、今年、アメリカ映画の「暴行」も2度
放送されましたね。
ポール・ニューマンさんが、三船敏郎さんの役をしている
「羅生門」を、そのまま西部劇に置き換えた映画でした。

「羅生門」での、志村喬さん、千秋実さん、上田吉二郎さんの役も、
同じ設定で登場していて(千秋さんの坊さんは、牧師さんという
設定になっていました)、豪雨も同じ。
西部劇で、こんな豪雨を見るのも珍しいと思いのました。
珍妙な映画に思えました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

BS2で、先日の「まあだだよ」を持って、黒澤監督30作の
放送が終了しましたが、アンコールの投票を募集しています。
中間発表があって、「七人の侍」「椿三十郎」「用心棒」
「天国と地獄」「隠し砦の三悪人」が上位にありました。

私も、このあたりの映画は繰り返し観に行っています。

今から、とにかく黒澤明作品、1本観ないと、家に帰さないぞっ!
と言われたら、私も「用心棒」をあげたいですが、投票するとなると、
「素晴らしき日曜日」に入れたいと思います。
まず、上位になる望みは、薄いですが〜。

「犬神家の一族」のリメイク版、「まあだだよ」、「フォローミー」と、
上記で紹介させてもらった映画は、それぞれの監督の遺作になるわけ
ですが、私は、「第三の男」のキャロル・リード監督の遺作の
「フォローミー」、この映画を観るたびに(繰り返し観ています)、
このときのキャロル・リード監督、かなりの御高齢ではなかったのか?
と、この映画のみずみずしさに感心してしまいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日まで仕事で、今日から年末年始の休みです。
今日も、パソコンに写真を取り込む器具を、部屋を片付けながら
探しているのですが、出てこないですね〜。

色々と書き込みたいこともあるのですが、写真を添えたいものです
ので、しばし、お待ちを〜。
すいません。
by hitcity | 2008-12-28 17:20 | Comments(0)
「EYEMASK」(37号)、発売!     2008.12.21.
f0151647_173413100.jpg

先週の日曜日、「九喜良作ワイヤーモビール展」に
行ってきました。

そのことを書き込もうと思うのですが、写真を添えて
紹介したくて、となると、パソコンにデジタルカメラの
写真を取り込む、なんとかフォルダ、部屋で行方不明に
なったままなので、それを探さないといけません〜。

というわけで、昨日と今日は、部屋にこもって、探して
みたのですが、出てきませんね〜。

それを見失って、画像の取り込みができなくなったことは、
以前、ここで書き込んだので、いつ頃かな?
と見返してみましたところ、11月24日でした。

なんとっ! 1カ月も経っていますね〜。
もう、買い直すしかないかな〜?

パソコンに差し込む際、下に落としてしまい、すぐそこに
あるはず、見失った場所の手ごたえも残ったままなので、
納得できないんですが〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

更新せずに、あんまり、同じ画像ばかり続くのもなんなので
(今さら〜!)、すでにパソコンに取り込んである写真から
何か紹介させてもらうかと思ったのですが、なんでもいいかぁ〜
という気分でいると、選べないものですね〜。

それで、宣伝をさせてもらうことにしました。

私も参加させてもらっています1コママンガ専門誌
「EYEMASK」の新しい号が出ました。
よろしくお願いいたします〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

詳しくは、

●蒼天社ホームページ
http://www002.upp.so-net.ne.jp/sohtensya/

を御覧くださいね〜。

デジタルカメラの写真は取り込めなくても、スキャナーで
画像は取り込むことはできるのですが、面倒なので
(すいません〜、汗)、代表者の野谷真治さんのブログ

●sohten.blog
http://sohten.blog.so-net.ne.jp/

から拝借させていただきました。
ありがとうございます〜。
by hitcity | 2008-12-21 17:39 | Comments(1)
今夜「少将滋幹の母」ドラマ化、放送。      2008.12.13.
f0151647_11311450.jpg

今夜9時から、NHK総合テレビで、谷崎潤一郎さんの小説
「少将滋幹の母」を原作としたドラマ「母恋ひの記」が
放送されるようで、谷崎潤一郎ファンとしては、楽しみです。

主人公は劇団ひとりさんが演じられるそうですが、キャラクター的に
合っているような気がして、期待しています。

脚本の中島丈博さんは、自伝的な内容だったでしょうか、脚本を
担当された映画「祭りの準備」が面白くて、繰り返し観たものですが、
まだ二十歳ぐらい(?)の大竹しのぶさんが通天閣の近くで
タコヤキを焼いていた姿の記憶がある、ミヤコ蝶々さんと国広富之さん
とによる疑似家族を描いたNHKのドラマ「極楽家族」も面白く、
印象に残っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

演出の黛りんたろうさんは、監督をされた映画「RAMPO」が、
あとでプロデューサーが作り直した映画と、同時に公開される
ということがありましたね。

●ウィキペディア「RAMPO」
http://ja.wikipedia.org/wiki/RAMPO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

プロデューサーによる奥山バージョンのほうが大々的に公開され、
黛バージョンは、心斎橋のビッグステップのホールで、マンガ家の
ひさうちみちおさんと、音楽家の山本精一さんとのトークショー付きで
上映された機会に、観に行きました。

両方みているという ひさうちさんは、黛バージョンのほうが
面白いと言っておられました。
なんや〜と言うような、しょうむないオチですけど〜とか
言っておられて、のちに両方を観た私も、そのオチに関して
同じく、しょうむなぁ〜と、思ったものです。
それでも、私も、黛バージョンのほうが、面白かったです。

あと、海外公開バージョンで上映されたのも観に行きましたが、
そんなに面白い映画でもなかったのに、すべて観てしまったのは、
当時、私が勤務していた広告代理店で、松竹映画の新聞広告を
扱っていたことがあったからかとも思います。

奥山バージョンは、映画館に、何かの花の香が上映中、
漂うとかいう工夫がほどこされていたそうですが
(私は感じませんでしたが、私の上司が試写会で観た時には、
何か、ニオイがしたそうです)、産経新聞の新聞広告の際には、
「RAMPO」のタイトル文字が、紫色の特殊インキで
印刷されて、こすると、ラベンダーか何かの花の香りが
するということでしたが、その際にも、におわなかったです。

当時は、台紙にロットリングペンで線を引き、写真を、あたりとして
コピーしたのを貼り付け、その上に重ねたセルに写植を張り付ける
という版下でしたが、版下自体は、花の香りもなにも関係なく、
通常のやりかたでした(あたりまえですね〜、汗)。

あと、NHK大河ドラマの「義経」で、黛りんたろうさんが、ときどき
演出されていて、その回だけ、ほかの回とは雰囲気が違っていて、
妙に面白かった記憶もあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の画像は、何にしようかな?
と思い、今年5月末に刊行されたときに購入し、いつか紹介させて
もらおうと思っていて、そのままになっていた
上村一夫さんの「菊坂ホテル」の表紙にしました。

じつは、このマンガ、谷崎潤一郎さんが、主人公なんですよ〜!
f0151647_11314533.jpg

次に紹介させていただくのは、マンガの中での
佐藤春夫さんの登場シーンですが、

昨年11月15日のブログ
【文庫本の新刊、佐藤春夫と谷崎潤一郎】

http://hitcity.exblog.jp/6851472

に載せさせてもらいました、昭和5年夏の 谷崎さんと佐藤さんの
ツーショット写真を、上村一夫さんは参考にして描かれたように
思えますね。
f0151647_11322796.jpg

by hitcity | 2008-12-13 11:38 | Comments(0)
「九喜良作ワイヤーモビール展」の案内ハガキ   12.9.
f0151647_21394012.jpg

九喜良作さんから、作品展の案内ハガキが届きました。

この横線は、何を意味しているのかな?
と思って眺めていましたが、
九喜さんのサイトの掲示板

http://9111.teacup.com/kukiryosaku/bbs

を拝見してみたところ、

【作品展の案内届きました〜♪ 
クリスマスカラーだったんだぁ。
ところで、ワイヤーは貼り付けてあったのかなぁ。
配達途中で落ちちゃったのかな(>_<)
急に寒くなったので、風邪にはご注意!
作品展に向けて、ラストスパート頑張ってください!! 】 

【ちょっと心配していますしたが、「貼付けていたワイヤー」
「う〜む」はずれてしまったようですね。
「実物のワイヤー」がミソだったんですがね・・・。
2日がかりで強力接着剤で貼付けたんですけどね。
ちょっと残念です・・・。
でも「試みることは大切」なことだからね。
ラストスパート頑張りま〜す。 】

というやりとりをされていました。

私のハガキも、ワイヤーがはずれて到着したみたいですね〜。

今度の土曜か日曜に行ってみるつもりにしています。
f0151647_21401696.jpg

九喜良作さんにつきましては、
今年の2月5日のブログ
【「大!漫画展」で、川上通夫さん、九鬼誠さん。】
で紹介させてもらっています。

http://hitcity.exblog.jp/7416741/

マンガ家としての御名前の九鬼まことさんについても、
その次のブログ(2月10日)
【「つげ義春・九鬼まこと、両君至急当社に連絡乞う」】

http://hitcity.exblog.jp/7447808/

で紹介していますので、興味がおありのかたは、
覗いてみてくださいね〜。
by hitcity | 2008-12-09 21:59 | Comments(0)
新聞より(平田弘史さんの貸本マンガ・立体映画) 12.7.
f0151647_11564727.jpg

今日、12月7日(日)の朝日新聞の「読書」面で、
平田弘史さんの「血だるま剣法・おのれらに告ぐ」を、
荒俣宏さんが紹介されていました。
f0151647_11571733.jpg

ここで紹介させてもらおうと思って、そのままに
なっていた新聞記事も、この機会に画像に取り込んで
みました。

10月9日(木)の朝日新聞の朝刊、「文化」面よりです。

「センター・オブ・ジ・アース」の3D版の上映は、
大阪では2館だけだったようですが、ナンバで
私は観ることができました。

特殊メガネをかけて今年みた立体映画では、もっとも
面白かったと思います。

地底を冒険、恐竜に追われたりするだけの物語なのが、
立体映画として専念して楽しめることになったように
思います。

途中から薄着になる女性も、子供心をくすぐる程度に
セクシーさがあって、立体感を味わえました。
f0151647_1159346.jpg
f0151647_11591516.jpg

by hitcity | 2008-12-07 12:00 | Comments(0)
新聞より(白井弓子さん・ブックファースト新宿店)  12.3.
f0151647_21514015.jpg

▲11月29日(土)の産経新聞の朝刊より。

3ページ目にあった、サンクチュアリ・パブリッシングの
広告からです。

「何の雑誌」(幻堂出版)でマンガを拝見していた
秋元なおとさんのサイト

http://www14.big.or.jp/~hitotu/meta/

を拝見して気に入り、発行されている「叙情派ひとつ」の第3号に、
「どこでも遭難です」という旧作(10代の頃に描いたマンガ! 汗)
の改訂版で、私は参加させてもらったことがあります。

白井弓子さんは、そこで御一緒させていただいたかたです。

おめでとうございます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▼11月26日(水)の朝日新聞の朝刊より。

11ページ目にあった記事です。

阪急電鉄が、11月6日に、東京・新宿駅近くに系列書店の
「ブックファースト」で、最大の規模となる新宿店を開業したそうで、
そこには、全国のミニコミ誌など5千タイトルを集めた雑誌コーナーも
あると、この記事に書かれています。

「全国のミニコミ誌」という書きかたからは、全国各地のタウン情報誌
という印象を抱きますが、ミニコミ誌を発行されているかたに
報告させてもらおうと思った次第です。
f0151647_2157290.jpg
f0151647_21571698.jpg

by hitcity | 2008-12-03 21:59 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル