> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
> メモ帳
<   2009年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧
フジテレビ開局50 年
今日は、「バラエティ・ルーツの旅」ということで、明石家さんまさんの司会で、4時間以上にわたる生放送。

生放送ならではの時事ネタとしては、石原真理子さんと玉置浩二さんの復縁話のことが、番組中、取り上げられています。

そういえば、石原真理子さんの自叙伝では、石原さんとベッドをともにした男たちが、実名(芸名)入りで登場し、さんまさんも書かれていたそうで、さっそく話題にされていました。

石原真理子さんは、私は、山田太一さん脚本のテレビドラマ「ふぞろいの林檎たち」シリーズでしか観た記憶がありませんが、このドラマでの彼女は、素晴らしかったです。

柳沢慎吾さんに個室で迫られそうになる場面がありましたが、自叙伝では、このドラマの主演男優トリオのうち、時任三郎さんと中井貴一さんとだけ関係を持たれたと書かれていると、週刊誌の紹介記事で読みました。

結局、男前じゃなきゃ、ダメなのかぁ〜。

可哀相な柳沢慎吾さん。

ふぞろいのちんこたち。
by hitcity | 2009-02-28 20:01 | Comments(0)
283組388曲
f0151647_22403014.jpg

午後7時から11時20分頃までのフジテレビ開局50年記念番組を観ています。

過去のテレビ番組の映像から、1曲あたり数秒流れる構成で、チャンネルを替える間もないですね。

気楽に観ることができていいです。
懐かしい写真アルバムをパラパラと観る感じ。

昔、ラジオ番組の「オールナイト・ニッポン」の第二部で、近田春夫さんが、歌謡曲を数十秒かけては、次の曲に移るというのをやっていて、面白かったことを思い出しました。
CDがなくてレコードだけの時代で、作業が大変そうでした。

テレビでは、長めの漫才も観ることができなくなりましたね。

明後日の日曜は、以前、サンドウィッチマンが来た時の写真を紹介させてもらったのと同じ場所、近所のオスカー・ドリームで、また、漫才などがあるようです。

明日の土曜は仕事なので、その分、余裕がなくなるので、それには行かないことになるでしょう。

この前、東京まで、コンサートのために行ったのは、はっぴいえんどの一日限りの再結成を観に行った時だけと書きましたが、さっき、テレビに、キャンディーズが映っているのを観ていて、いとこがファンで、付き添いで、後楽園球場での、さよならコンサートに行ったことを思い出しました。

訂正して、わらびもちくいます。
by hitcity | 2009-02-27 22:40 | Comments(0)
3月1日の「ボクらの時代」に山田太一さんが。  2009.2.26.
今日は夜10時からテレビの「ありふれた奇跡」が
ある日です。

ミクシィのこの番組のコミュニティ「ドラマ『ありふれた奇跡』」
では、今日までに、先週の第7話について、182の書き込みを
されています。

翔太や加奈、藤本さんと、役名で話題にされているのに、
岸部一徳さんだけが、「一徳の対応は、ひどい」とか、
役者名で書き込まれているのが、なんだか、面白いです。

先週、翔太は、一徳から、ひどく責めたてられていましたが
(書き込みで、観ていて、号泣した〜という人が多くて、
それほどだったかな?と思ってみたりもしましたが)、
今日の放送では、カタルシスがあるかも?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのコミュニティの書き込みで知ったのですが、3月1日(日)の
「ボクらの時代」というテレビ番組に、山田太一さん、
陣内孝則さん、仲間由紀恵さんが出演されるそうで、楽しみです。

朝の7時頃から、フジテレビ系列で放送されている座談会番組
だと思います。
タイトルを知らないままに、ときどき、観ています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日、本屋で、「文藝別冊 吉田戦車」(河出書房新社)という
本を見かけました。

私は、吉田戦車さんのマンガを面白いとは思わないので、
買いませんでしたが、畑中純さんによる、吉田戦車作品の
キャラクターのカラー版画が掲載されているので、畑中さんの
版画作品集を発行されている蒼天社の野谷真治さんに
報告せねば〜!と思いました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

蒼天社発行の1コママンガ専門誌「EYEMASK」の
最新号(37号)に、私が見開きで描いたページには、
大阪・南港のワールドトレードセンタービルディングと
落語家の桂枝雀さんの絵が一緒におさまっているのですが、
昨日の25日(水曜)の朝日新聞の夕刊に、どちらにも関する
記事が掲載されていました。

関西ローカルの記事だと思いますし、マンガにも関係している
話題です、ここで紹介させてもらうことにします。
f0151647_1830027.jpg
f0151647_18301275.jpg

by hitcity | 2009-02-26 18:31 | Comments(0)
大阪ドーム
いま、テレビで、ワールド・ベースボール・クラシックの強化試合、日本対オーストラリアというのを観ています。

昨日と今日、京セラドーム大阪で行われています。

大阪ドームと言うほうが、馴染みがありますね。

と言っても、大阪ドームには、二度しか行ったことがありません。

初めて行ったのは、マッキントッシュのイベントでした。

野球グラウンドに、パソコンを展示しての、見本市みたいなイベントでした。

アップルのマークにちなんで、リンゴの形をした粟おこしを貰いました。

それから、ザ・ローリングストーンズのコンサートに行きました。

当時、勤務していた広告代理店の同僚の女性が、ローリングストーンズのファンで、何かの友の会に入っていて、五人まで、いい席が取れるかも?ということで、女性の友人ふたり分と申し込むとのこと。

近所に住む小説家の娘が、ローリングストーンズのファンで、私の分と一緒に申し込んでもらうことにしました。

コンサート当日、同僚の女性が先に仕事を終え、自分も仕事を終えてあとから行くということになりました。

そして、私は、会場の入口の前に到着したのですが、真っ暗! 人の気配もありません。

私は、大阪城ホールにやってきていたのです〜!

大阪城ホールで、ミック・ジャガーのコンサートを観たことがあり、それが、この勘違いにつながったのかもしれませんが、頭では、大阪ドームと理解しているのに、足は、無意識のうちに、大阪城ホールに向かっていたんです〜(汗)。

急いで大阪ドームに向かいましたが、着いた時には、コンサートは始まっていて、自分の席に向かおうとしましたが、今からではダメ、ここで観てくださいとガードマンに言われ、通路にポツンと立ったまま観ていました。

コンサート終了後、同僚の見知らぬ友人達に顔を合わせるのもバツが悪い気がして、そのまま、帰りました。

いま、こうして、思い出して書いてみると、この時、謝りに行くべきだったなぁ〜と思いますが、私は、こういうところが、あるからなぁ〜(汗)。

翌日、大阪城ホールに間違って行ったと、同僚の女性に言うと、友人達と、そういうふうに推測していたとのことでした。
携帯電話が普及していないころで、今なら、また違った展開となったことでしょうが。

携帯電話の文字入力は時間がかかりますね〜。

いつのまにか、野球中継が終わり、南米古代文明の遺跡が映っている〜!
by hitcity | 2009-02-25 21:12 | Comments(0)
往復ハガキの思いやり              2009.2.24.
往復ハガキを、買おう、買おうと思っているうちに、
締め切りが近づき、金券ショップの店頭に置かれているのを
見て、やっと買ったのでした。

通常100円のところ、95円でした。

往復ハガキって、相手を思いやる美徳がありますね。

メールでは、そういうこともありませんね。

返事が欲しくて、携帯電話ごと、相手に送るとか?
実際、そんなことをしている人もいるかもしれませんね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宝塚のソリオホールで、3月14日(土)、
「手塚治虫生誕80周年記念・映像でたどる手塚治虫の奇跡」と
いうイベントがあるそうです。

興味があるかたは、2月26日(木)必着で、往復ハガキで
申し込んでくださいね。
ギリギリになって、すいません〜(汗)。

詳しくは、

http://www.nhk.or.jp/kobe/event/162/index.html

を、どうぞ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コーディネーターの村上知彦さんのミクシィの日記で、
上記のイベントのことを知りました。

その日記によりますと、この前の日曜日、村上知彦さんも、
京都まで、うらたじゅんさんの個展を観に行かれたそうです。

「うらたさんとは、明石の幻堂が出した作品集に解説を書いたり」
と書かれていましたが、「幻堂漫画館」の第2回配本だったのでは
ないでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第1回配本が、淀川さんぽさんの作品集で、川崎ゆきおさん主宰の
マンガ同人会「もののけ」の新規会員募集により参加した
松宮くんが、淀川さんぽさんから頼まれて、「幻堂漫画館」の
タイトル文字を描いていました。

横にいた私は、手持ち無沙汰で、コピー担当ということで、
淀川さんぽさんが描かれた表紙イラストの女性のセリフと、
「マンガ・淀川さんぽ/カイセツ・村上知彦」という
見出しを考えました。

やわらかい感じということで、カタカナにしただけで、他意は
ありません。

その際、奥付に、松宮くんの名前が、タイトル文字担当、
私の名前が、コピー担当として載っていました。

第2回配本の、うらたじゅんさんの作品集でも、タイトル文字と、
「カイセツ」というのは、そのまま、使われていて、
なんにもしていないのに、奥付に、私の名前が載っていたように
思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

淀川さんぽさんは、つげ義春さんのマンガ「枯野の宿」を
8ミリフィルムでアニメ化すると言って、淀川さんぽさんの家で、
松宮くんに絵を描かせているのを、横で見物していた
記憶もあります。

そのアニメ化の許可を得るために、つげ義春さん宛に
淀川さんぽさんが書かれた手紙を、つげ義春さんが
触れられるのなら〜と、ポストに投函させてもらった憶えも
あります。

そのアニメ作品は、完成しなかったように思います。

つげ義春さんの「つげ義春日記」で、訪問してきた
淀川さんぽさんを、迷惑がっておられるような描写が
あって、面白く読ませていただきました。
by hitcity | 2009-02-24 21:50 | Comments(0)
ただいま食事中
f0151647_19311628.jpg

神戸から伯父夫妻がやってきて、かごの屋という店で、御馳走になっています。
by hitcity | 2009-02-23 19:31 | Comments(0)
なんばパークスでラジオの公開録音
f0151647_16432918.jpg

京都に行った際、故障したデジタルカメラ、見積もり料金の報告ののち、修理あがりが届いたとの電話連絡があったのは、火曜日の夜だったと思います。

今日、受け取りに、南海電車で、ナンバに。
ヤマダ電機に向かう、なんばパークスの広い通路に設置された特設ステージで、毎日放送ラジオの公開録音をしていました。

レギュラー番組として存在していて、今回は、スペシャルとして、ここで公開録音をしているようです。

午後2時15分頃に、その前に着いたのですが、始まってから、しばらく経っている雰囲気でした。

写真撮影禁止ということなので、一旦、建物の中に入り、携帯電話のカメラで撮影。

そのあと、ステージを斜め横から覗くような前のほうに座り込み、終了した3時半まで、そのトークを楽しんでいました。

「新幹線」や「ファン」など、テーマを決めてのトークなのですが、大いに笑わせてもらいました。

陣内智則さん、ケンドー・コバヤシさん、「銀しゃり」のおふたりでした。

銀しゃりは、このブログの十日戎の宝恵カゴ行列の写真にも登場していますが、面白いコンビです。

偶然、通りかかって、タダで長時間たのしませてもらい、ありがたかったです。

そのあと、ヤマダ電機で、修理あがりのデジタルカメラを受け取りました。

1万2210円。

けっこう、かかりましたが、その価格で、新品は買えないし、仕方がないですね〜。

以上、南海なんば駅のマクドナルドよりの書き込みでした。
by hitcity | 2009-02-22 16:43 | Comments(0)
「ALL TOGETHER NOW」      2009.2.21.
f0151647_1826102.jpg

今日は、午前中に歯医者、そのあと、散髪屋に行ってきました。

帰宅後、正午から、関西テレビで放送されている
「たかじん胸いっぱい」を観ました。

村上ショージさんが、大阪・深井で営業されてる飲食店を
月亭八光さんが紹介されていました。

深井は、マンガだけを扱う店では、たしか日本初だったと
思える「わんだ〜らんど書店」があった場所で、何度か
行ったことがありました。

深井駅で電車から降りようとしたら、靴のつま先が
ドアに挟まれていて、そちら側のドアが開く駅まで
そのまま、下車できずにいたら、終点の駅まで
たどりついてしまったということを思い出しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのあと、今日は、久しぶりに部屋の整理作業に取りかかりました。

途中、平凡社から、1983年に発行されていた、箱入りの
正方形の造本の「カンガルー日和」が出て来ました。

表紙だけでなく中にも佐々木マキさんの絵が豊富に収録されていて、
表紙に「村上春樹  
    絵 佐々木マキ」と並んで表記されています。

この本は買った記憶もなく、読んでもいないので、つい、読みはじめて
しまいましたが、そうだっ、部屋かたづけしなくては〜!
と、中断しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、しばらく部屋かたづけを続けていますと、表紙カバーのない
ちくま文庫の「坂口安吾全集・第10巻」が出てきました。
1991年発行。

この文庫全集では、あと2冊購入し、読んだ記憶がありますが、
この第10巻を購入した記憶がありませんでした。
この全集の表紙は、横尾忠則さんが担当されていましたが、
カバーなしで残念でした。
というか、文庫本本体の表紙自体がありません。
丁寧に扱わないで、すいません〜(汗)。

収録されている「真書 太閤記」を読みはじめたら、面白く、
そのまま読了したい気持ちになりましたが、就寝前に読むことに
して、部屋の整理作業に戻りました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、正方形をした、コンサートのパンフレットが出てきました。

「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW
by LION」というタイトルで、1985年6月15日に
国立代々木競技場で開催されています。

一昨日、はっぴいえんどの1日だけの再結成を観に行ったことが
あると書きましたが、そのコンサートじゃないですか〜!
なんという奇遇〜。

パンフレットには、開演16時、終了20時30分予定と
書かれていましたが、盛り沢山の出演者でした。

アンルイスさんのコーナーには、チェッカーズも出ていました。

最後には、佐野元春さんのステージに、シークレットゲストの
サザン・オールスターズが登場し、佐野元春さんと桑田佳祐さんが
一緒に歌っていました。
f0151647_18193714.jpg

翌週、桑田佳祐さんのラジオ番組「オールナイト・ニッポン」
を聴いていたら、最後に出演者一同が歌う曲について、
「吉田拓郎さんは、詩がヘタですね〜」と言っていて、
私も、その「We Are The World」を応援団風に歌うような
感じの歌を聴いていて、なにぃ〜、これ〜?
と思っていたので、その発言を聴いて、すっとしました。

私は、よしだたくろうさんの歌を、いいと思ったのは、
映画「旅の重さ」(斉藤耕一監督)の挿入歌と、マンガ
「日本列島蝦蟇蛙」(ジョージ秋山)の挿入歌として
聴いた(読んだ)時の「今日まで、そして明日から」
ぐらいしかないんです〜。

西岡たかしさんと小室等さんと、吉田拓郎さんの
「3人のギター」というコンサートは、京都と大阪で
観たことはありましたが、西岡さん目当てでした。

よしだたくろうさんのファンのかた、居られましたら、
すいませんね〜(汗)。
f0151647_18204958.jpg

幸いなことに、私は、はっぴいえんどが正面に向かった
席に座っていました。

そのラスト、勢揃いで歌っている最中、大瀧詠一さんが
隣の細野晴臣さんに何か話しかけているのを、私の
双眼鏡は見逃しませんでした。

大瀧さんも、その歌について、細野さんに、ちくりと
何か感想を言っていたのではないか?と思うのですが〜。

はっぴいえんどの出演時も、吉田拓郎さんが司会を
勤めておられて、松本隆さんに、「ドラム、叩けるじゃない」
とか言っていましたが、後に出たライブアルバムの
レコードには、吉田拓郎さんの声が入っていませんでしたが、
記録として入れて欲しいと思ったものでした。
by hitcity | 2009-02-21 18:22 | Comments(0)
はっぴいえんどに捧ぐ              2009.2.20.
f0151647_2234451.jpg

昨日の続きですが、本家のギタリストが参加していないという
ことで、トリュビートアルパムとカバーアルバムだけが、その
棚に残るというような妙なことになる場合もありえますね。

この画像は、はっぴいえんどのトリビュートアルバムの
ジャケットです。
f0151647_22343136.jpg

かつて住んでいたマンションの水洗トイレが故障して、
水が流れ続けているのに気がつかず、一晩、眠り続けていて、
階下の部屋の老夫妻から、押し入れに水が漏れてきている〜!
と、翌朝、怒鳴り込まれたことがありましたが、当然、
私の部屋も水浸しになっていて、このジャケットも、
その時に被害にあっていたのだと思いますが、
こういう感じも味わいがある〜
と、思って眺めていただけますと、ありがたいです。
f0151647_22345339.jpg

はっぴいえんどのアルバムジャケットは、宮谷一彦さんが
描かれた、「生首」と呼ばれたりもする、この
「風街ろまん」のジャケットが有名ですね。

検索してみて、どこかから拝借させてもらいました。
ありがとうございます。
f0151647_22352837.jpg

最初にURCレコードから発売された際には、内側が
見開きになったアルバムジャケットで、内側の見開きには、
宮谷さんによる路面電車の絵と、松本隆さんの詩が印刷されて
いました。

「BSマンガ夜話」で、宮谷一彦さんの作品が取り上げられた
際、ゲストの村上知彦さんが、持参された、そのアルバムの
その見開きを紹介されていました。

大森一樹監督作品「風の歌を聴け」に登場している
「風街ろまん」は、村上知彦さん所有のものだと何かで
読んだことがありますが、「BSマンガ夜話」で映っていた
ものと同じものなのでしょうね?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

心斎橋クラブ・クアトロで、松本隆さんがゲストだと
いうので、「クミコ」という知らない人のコンサートに
行ったことがありました。

そこで、松本隆さんは、詩を3編朗読されましたが、
そのうちのひとつは、「風街ろまん」の見開きの詩でした。

クミコさんは、その後、テレビなどで、よく拝見するように
なりました。
f0151647_22364027.jpg

これは、はっぴいえんどのファーストアルバムのジャケット
ですが、林静一さんによる絵です。

これも、検索の結果、たどりついたところから
拝借しました。ありがとうございます。

川崎ゆきおさんが、トリビュートアルバム
「はっぴいえんどかばあぼっくす」で、そのアルバムの
ジャケットを、川崎さんのタッチで描いておられます。

これも、本家のほうが発売出荷停止となると、川崎さんの
ほうだけが、残ることになるのかな?

川崎さんのサイトで紹介されています。

http://www.kawasakiyukio.com/at/hpe/01.html

の「1/2→」をクリックしますと、裏面も拝見できます。
by hitcity | 2009-02-20 22:37 | Comments(0)
2月の晴れの日
ゔぁばばん、ばあん、ば・ば・ば〜、ぎゅーん、ぎゅ〜ん〜

2月の晴れの日の昨日、朝日新聞の夕刊で、元「はっぴいえんど」ギタリスト逮捕という見出しに気づきました。

今日、スポーツ新聞を見てみたら、記事の中に、ソロアルバムのみならず、はっぴいえんどのアルバムも出荷停止の措置をとられることになったとのこと。
昔に所属していたバンドのものまで、その対象にするのは、おかしいのではないか?

DREAMS COME TRUEも、Rats&Starも、昔のアルバムは、出荷されていないのか?

SouthernAllStarsも、脱退後のギタリストが、何か問題を犯していた記憶がありますが、同じような措置をとられているのでしょうか?

1985年頃だったと思いますが、国立代々木競技場での複数のミュージシャンによるコンサート、そこで、1日だけ、はっぴいえんどが、再結成するというので、観に行ったことがありました。

コンサートのために、東京まで行ったのは、その時だけですね。

っと、テレビで、「ありふれた奇跡」が始まります!

では、また〜。
by hitcity | 2009-02-19 21:59 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル