> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
<   2009年 12月 ( 47 )   > この月の画像一覧
【mixiの日記・再録】「痴人の愛」のモデルハウス  
●2007年02月21日 21:18

中公文庫で、「新聞連載時の挿画収載」として、新しく 刊行された
「痴人の愛」(谷崎潤一郎)を購入し、再読しました。

谷崎潤一郎作品は「痴人の愛」「瘋癲老人日記」を読んだだけでしたが、
2年前でしたか、「細雪」を読んだら面白くって、そのとき、他の本を
何もはさまず、谷崎潤一郎さんの文庫本だけを、ぶっ続けで、25册
読みました。

その時の25册から選んだベストワン作品は「猫と庄造と二人のおんな」
でしたが、久しぶりに「痴人の愛」を読了したところ、どうしても、
この小説が群を抜いているような気がしてしかたがないですね〜。

現在の「萌え」の世界にも通じますね〜!

大阪朝日新聞で連載は開始されましたが、新聞社の都合で掲載中止と
なり、続きを「女性」という雑誌に発表されることになりました。

文庫本で350ページほどありますが、200ページあたりまでが新聞小説
で、この文庫本には、田中良さんによる、その新聞小説の挿し絵が
収録されています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年の春、阪急岡本駅近くの、谷崎さんが「痴人の愛」を執筆された
通称「ナオミの家」が解体前に一般公開されたとき、見に行きました。
f0151647_1504672.jpg

画像は、新聞連載時の挿し絵です。
f0151647_151328.jpg

画像は、昨年、撮った「オナミの家」です。
窓の形が似ていますね。
デジタルカメラが、快晴時には、ほとんど映らないという不調の時で、
モノクロにすれば、なんとか見られるようなので、加工しました。
f0151647_1511715.jpg

画像は、真っ暗で見物人が誰も覗こうとしなかった浴室です。
フラッシュ撮影しましたが、当日、唯一、ちゃんと映っていた
写真です〜。

この家は、のちに改装したかたが住んでおられたそうで、
当時のままでは ないでしょうが、ナオミも入った浴槽なんだな〜
と感慨にふけりながら (笑)、撮影しました。

ほんと、この小説を読んでいると、ナオミは実在しているように
思えてきます。
by hitcity | 2009-12-29 18:14 | Comments(0)
「情熱大陸」に、岡林信康さん。
映画「美代子阿佐ヶ谷気分」に、岡林信康さんのLPレコード「わたしを断罪せよ」のジャケットが大写しになるシーンがありました。
意味ありげでしたね?

岡林さんのCDは、よく聴いていて、今日も、かつて、大晦日に開催されたコンサートのライブ盤を聴いていました。
「1973PM9:00→1974AM3:00」。

ムーンライダーズ以前の鈴木慶一さんも参加されていました。
岡林さんから、「はちみつぱいの鈴木慶一」と紹介されていました。

鈴木慶一さん以外のムーンライダーズのメンバーがバックを務める「ストーム」というLPレコードもありました。
そのメンバーによるコンサートを、大阪厚生年金会館で拝見した記憶もあります。

何度かコンサートも拝見しましたが、西岡たかしさん主催の「ニコニココンサート」、百貨店の中にあった大阪・三越劇場、シークレットゲストとして出演された時のものが印象深いです。
泉谷しげるさん、金森幸介さん、長野隆さんも一緒に出ておられました。

大阪厚生年金会館の「四人の会コンサート」も印象深いです。

加藤和彦さん、西岡たかしさん、はしだのりひこさんとの四人。

加藤さんは、サディスティック・ミカ・バンド、はしださんは、エンドレスとして参加されていました。

岡林さんのバックバンドとしては、はっぴぃえんどが有名で、昔の映像として、中津川フォークジャンボリーのステージが映る場合がありますが、細野晴臣さんの首から上が、かろうじて映るぐらいで、大瀧詠一さんの姿が見えないのが、残念ですね。

新聞の番組欄で、さっき、気づいたのですが、「情熱大陸/岡林信康 甦るフォークの神様!復活の軌跡」とのことです。

今夜11時半から。
楽しみです。
by hitcity | 2009-12-27 21:14 | Comments(0)
「新潮45」(1月号)の新春特別対談   2009.2.27.
f0151647_18315095.jpg

11月8日(日曜)に、京都国際マンガミュージアムで、
「開館3周年記念・内田樹×養老孟司対談・世界に冠絶する日本マンガ」
を拝見させてもらいましたが、そのときの対談が、ただいま発売中の
「新潮45」に収録されています。

新潮新書の「日本辺境論」(内田樹)の
「『水戸黄門』のドラマツルギー」
「日本語がマンガ脳を育んだ」
「『真名(まな)』と『仮名』の使い分け」
あたりのことを、話題にされていました。

内田樹さんが、「水戸黄門」の、くノ一役の由美かおるさんが、
自分と同い歳で還暦だということに感心されていましたが、
この本では、触れられていませんね〜。

テレビのニュースで、普天間基地移設問題や温室効果ガスの
排出量削減について取り上げられる際、相手国や外国諸国の
反応について、まず紹介されるのを見ていて、この本で
書かれていたとおりだなぁ〜と思うようになりました。

日本は、卑弥呼の時代から、そのようであるそうです。

「日本」という国名が、「中国から見て東にある国」という
意味であるということを、この本を読んで、はじめて知りました。
みなさんは、御存知でしたか?

私には、へぇ〜、そうだったのかぁ〜、ということが、
たくさん書かれている、面白い本でした。
f0151647_18322090.jpg

次号は、12月22日(火)ごろの発売と、予告に書かれて
いるので、入手困難かもしれませんが、そのうち紹介させて
もらうつもりだった雑誌のことも、書かせてもらうことにします。

この「モーニング・ツー」(28号)に掲載されている
「I Care Because You Do」(西島大介)というマンガ、
絵が少なくて、ほとんど文字だけのコマが続いていて、
ありそうで、なさそうで、うっふん、なので、つい、
購入してしまいました。

「月刊漫画ガロ」に掲載された、屋我平勇さんの
「こんなさわぎ」というマンガも、文字だけで進行して
いくページがありましたね。

「漫画雑誌 架空」(2号)に再録されていますので、
興味がおありのかたは、どうぞ〜。
f0151647_1833382.jpg

「コミック・ツー」と似た印象のマンガ雑誌として、
「月刊コミック・ビーム」や「月刊IKKI」があるかと
思うのですが、「THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!」
(フリースタイル)の「マンガ時事放談2010」
(呉智英・いしかわじゅん・中野晴行)で、
「IKKI」や「コミック・ビーム」の発行部数について、
【中野「五千とかそんな感じです。しかも実売はもっと少ない。」】
と発言されていました。

そういう雑誌は、万単位の発行部数だと思っていたので、
意外でした。

マンガの同人誌と商業誌の違いを、なんとなく、ライブハウスの
コンサートと、大ホールでのコンサートとの違いというふうに
感じていましたが、同じホールで、空席があるかないかの
程度の差、と思えないこともないような?
by hitcity | 2009-12-27 18:49 | Comments(0)
「第42回・漫画展やで〜」の案内ハガキ   2009.12.26.
f0151647_1921388.jpg

ひとワク前の【マンガ「クリスマス・ツリー」】のコメント欄に、
西野空男さんより、コメントをいただきました。

ありがとうございます。

来春から刊行される「月刊漫画 架空」の12月号に掲載して
いただけるそうで、よろしくお願い致します。

「漫画雑誌 架空」の創刊号が発行されたあと、西野空男さんとの、
大阪・玉出の「力餅食堂」での編集会議の際、「漫画雑誌 架空」の
第2号に、「パンどろぼう」というマンガを載せていただく話に
なっていました。

この「クリスマス・ツリー」の次に描いたマンガで、自分としては、
最高傑作と思っているマンガなのですが(あとの人生は、なんや〜!
という話になりますが。汗)「漫画雑誌 架空」第2号掲載の
私の紀行文「大阪架空案内記録」がページをとりすぎたので、
「パンどろぼう」を提出するのを自粛させてもらいました。

ページ数のこともありましたが、こういう、少年マンガは、
「架空」に合わないのでは〜? という、気がひける思いも、じつは、
ありました。

「クリスマス・ツリー」が大丈夫なら、「パンどろぼう」も、
安心して提出させてもらおうという気持ちになりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

やっぱり、本気で描いていたマンガのほうが、いいですね〜。

「月刊漫画 架空」に、当初、分割連載させてもらうつもりでいた、
原稿が行方不明のままのマンガは、本気も本気、大本気で描いていた
マンガで、やっぱり、それで参加させてもらいたい気持ちに
なってきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●新作マンガに着手しました。 2009.12.1.
http://hitcity.exblog.jp/12416066

の画像の御葉書をいただいて、とりあえず締め切りに合わせようと思い
描いた連載マンガは、とりやめさせてください。

当初予定の原稿を、正月休みから、また探してみようと思います。

来春、発行予定でしたら、なんとか、まだ、間にあうのではないかと
思っているのですが〜(汗)。

それが出てこない場合は、「パンどろぼう」ということで〜(汗)。

勝手なことばかり言って、申し訳ありませんが、今日、じつは、
「神戸映画資料館」に行くつもりで、電車に乗ったところ、目的地の
新長田駅を通過してしまい、戻ってみましたが、映画の上映時間に
間に合わなくなった〜! ということがありました。

そんな、思わぬ予定変更のことばかり、なぜかしてしまうやつ〜!
と、なにとぞ、大目に見てやってください〜(汗)。

「パンどろぼう」のほうは、原稿のコピーは、手元に出ていますので、
正月あけぐらいに、そちらに送らせていただくつもりです。

よろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

西野さんからお送りいただいた締切日などの予定の描かれた、その
御葉書、じつは、

●九鬼誠さんのポスター  2009.12.3.
http://hitcity.exblog.jp/12428669

に行った際、九鬼誠さんに、お見せしたのですが、その時、どうか
なってしまったらしく、その御葉書を、あとで、九鬼誠さんが、
「店の床にありました」と書かれた御手紙を添えて、郵送して
くださいました。

どうも、すいません〜(汗)。

その際、九鬼誠さんが、九喜良作さんの御名前で参加されている
マンガ展の案内ハガキも同封されていました。

1月25日は、夕刻から午後7時まで、九鬼誠さんは、パーティに
参加されるそうです。

それから、1月30日の最終日には、作品の搬出のため、画廊に
やって来られる予定とのことでした。

原稿依頼とか何かあるようでしたら、その機会が、ちょうど
いいのでは、と思うのですが〜?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「EYEMASK」の野谷真治さんも、来られるといいなぁと、
思っているのですが〜?
f0151647_19255728.jpg

by hitcity | 2009-12-26 19:45 | Comments(0)
12/24=1★マンガ「クリスマス・ツリー」     2009.12.24.
今年は、皆さんに、クリスマス・プレゼントを差し上げましょう〜!

って、私が、16歳の時に描いたマンガなんですが〜(汗)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

来年発行される「月刊漫画 架空」に提出するために、昔に
描いたマンガの原稿を探しまくっていたことは、このブログで、
何度か書かせてもらいました。

結局、出てこず、新作を描くことにしたわけで、連載第1回目と
第2回目の原稿を提出したことまでは、書き込んでいました。

早くも行き詰まりをみせて、第3回目、どうしよう〜?
と悩んでいましたが、なんとか、第3回目も、絵コンテとして、
まとめるところまでいったところです。

さて、そうして、昔のマンガの原稿さがしを家の中で進めて
いるうちに、出てきた昔の原稿もありました。

今回、紹介させてもらいます、「クリスマス・ツリー」という
10ページのマンガの原稿が、それです。

高校2年生の時に描いたマンガです。

当時は、コピーをとることも、なかなか至難のわざでした。

今のように近所のコンビニで、気楽にコピーをとることもできない
時代でした。
って、コンビニ自体が、存在していないころです。

そのころは、近所の写真屋に1台だけありました。
普通紙ではなく、ファックスの感熱紙のようなコピーでした。
ツルツルの表面で、粉をふいていたりもしていました。

そのコピーにとっていた原稿が出てきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

当時、入会していたマンガ同人会「作画グループ」に送った原稿です。

通常、描くような拡大した投稿サイズではなくて、B5サイズで
描いています。

作画グループは、マンガ同人会の老舗で、最初に、オフセット印刷で
同人誌を発行された会では、なかったでしょうか?

年に3回ぐらい、東大阪の市民会館の会議室で集会があって、
インターネットやミクシィのなかった時代、同好の士と交流を持てる
場所は限られていたので、楽しみにしていました。

現在、活躍されているかたでは、沢田ユキオさんや中田雅喜さんが
来られていました。

当時は大阪在住だった、会長の、ばばよしあきさん宅をうかがった
こともありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

優秀と見なされた投稿作品は、オフセット印刷の会誌に掲載されました。

それ以外の作品は、生原稿を綴じて、肉筆回覧誌として、会員の間を
郵送で、まわされました。

私も、1册、肉筆回覧誌の編集を担当したことがありました。

私が、この「クリスマス・ツリー」を郵送したころは、本部は、
東京に移っていたようですね?

ばばよしあきさんのお宅で、肉筆回覧誌の編集作業を手伝われる際に
原稿を見られたのでしょうか?
東京在住の高校生の女性、おふたりが、感想を送ってくださり、
イラストを描いて送ってください〜と、その手紙に書かれていたので、
「クリスマス・ツリー」の少年の絵を描いて送った記憶があります。

この「クリスマス・ツリー」は、「作画グループ」は女性の会員が
多いので、それを意識して描いてみたところもあるようですね?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その女性は、松原ふみ子さんというかたと、槇田妙子さんというかたで、
「作画グループ」が発行していた「なかま」というオフセット印刷の
会誌で、おふたりが、大塚えいじさんと有野陽一さんとの4人で、
合作マンガを描いておられるのを、のちに、拝見しました。

大塚えいじさんは、現在、評論家などをされている大塚英志さんで、
当時は、ギャグマンガを、作画グループの会誌に発表されていました。

有野陽一さんは、私が高校時代に入会していたマンガ・イラスト同人会
「サークル広場」(現在も「月刊広場」を発行されています)で
一緒だったかたで、のちに、東京三世社の「猟奇王国」(川崎ゆきお)
の担当者をされていました。

「猟奇王国」の1コマ分の背景の模様のベタ塗りを、川崎ゆきおさん宅で
行なった記憶が、いま、甦ってきました〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大塚英志さんとは逆に、ペンネームが、漢字から、ひらがなに
なった私は、今回、タイトルの名前を「ひとし」に変更という部分のみ、
手を加えさせてもらいました。

では、次のワクから3ワク分で、10ページ分、
「クリスマス・ツリー」を、お楽しみください〜(汗)。
by hitcity | 2009-12-24 18:19 | Comments(2)
12/24=2★マンガ「クリスマス・ツリー」     2009.12.24.
f0151647_1873027.jpg
f0151647_1874154.jpg
f0151647_18433194.jpg
f0151647_18434522.jpg

by hitcity | 2009-12-24 18:09 | Comments(0)
12/24=3★マンガ「クリスマス・ツリー」     2009.12.24.
f0151647_1759493.jpg
f0151647_17591696.jpg
f0151647_17592669.jpg

by hitcity | 2009-12-24 18:00 | Comments(0)
12/24=4★マンガ「クリスマス・ツリー」     2009.12.24.
f0151647_17494454.jpg
f0151647_17495497.jpg
f0151647_19122061.jpg

by hitcity | 2009-12-24 17:54 | Comments(0)
土曜日、神戸映画資料館に行くつもりです。    2009.12.23.
f0151647_170371.jpg

今度の土曜日と日曜日、神戸映画資料館で上映される
「長居青春夢酔歌」というドキュメンタリー映画を
観に行こうかと思っています。

日曜日は仕事に出なくてはならないので、土曜日に行くことになりそう
ですが、監督のトークショーが、両日ともにあるというのが、
ありがたいですね。

長居公園に、記憶は定かではありませんが、300人だったか、
400人だったか、すごい数の人々が、ブルーシートのテントで
生活をしていたことがありました。

ブルーシートの小屋だらけで、ひとつの町のようになっていて、
私は、そこの住人たちが主人公のマンガの原作を書いて、
投稿したことがありました。

21世紀になる年を記念して、小学館の「ビッグコミック・スピリッツ」
が、「ミレニアム大賞」として、連載4回分のマンガ及び原作を募集
したことがあって、私は、賞金の1000万円めあてに、何十年ぶりかで
投稿活動をしたのでした。

準入選の500万円の受賞者が出て、「ビッグコミック・スピリッツ」
に受賞作が連載されていましたが、新しいスポーツを自らが作り出して、
その戦いを描いたものでした。

そういう手があったのか〜!
と感心しましたが、競技のルールが複雑すぎて、なにがなにやら、
わからなかったです〜(汗)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

取材活動として、路上生活者たちの集会に、しばしば、参加したり
していましたが、賞金めあてという、動機が不純だったことを、
お許しください〜(汗)。

長居公園で、ブルーシートの小屋の中に人がいなかったので、
覗きこんでいたら、その住人らしきかたが、近くに腰かけて、
こちらを、怪訝そうに眺めていたので、あせったこともありました。

マンガの原作となると、文字で説明しなくてはならないというのは
当然のことですが、その物の呼び名がわからないことが、けっこう、
ありました。

路面電車の運転手の背中に合わせて立っている壁、
あれを何と言うか、皆さんは、御存知ですか?

露店の金魚すくいの水槽は、何と呼ぶでしょう?

路面電車の運転手に尋ねたら、特に、呼び名はないということ
でした。

金魚すくい屋のおっさんに尋ねたら、「金魚すくい台」とか
「金魚台」と言っておられるとのことでした。

よく考えてみたら、呼び名にこだわらなくても、マンガの原作では、
とくに影響ないですね〜(汗)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長居公園は、自転車で、15分ほどの距離にあり、神戸映画資料館は、
電車を乗り継いで、1時間半ほどの距離にあります。

近くで上映される機会があるかもしれないので、その時を
待とうかと思ってみたりもしていますが、「未来世紀ニシナリ」と
いうドキュメンタリー映画、一度、見のがして以来、観る機会に
めぐりあうこともないですし、やはり、機会を逃さないほうが、
いいでしょうか。

最寄りの駅の前に立つ鉄人28号も、見てみたいと思って
いましたし〜。

神戸映画資料館は、その鉄人28号から、すぐ近くにあります。

私が、昨年の6月、初めて神戸映画資料館に行った際、
鉄人28号プロジェクトのポスターは拝見していましたが、
影も形もありませんでしたね。

●神戸で日本最古のアニメを観る。【3】
http://hitcity.exblog.jp/8496760/

コメントをくだっている誘蛾灯さんも、その鉄人28号を
御覧になりたいとのこと。

神戸映画資料館の「シアタースペース貸室ご利用案内」に
よりますと、「上映会のほか、講義や座談会等の
トークイベントにもご利用いただけます。」とのことで、
土日祝の午前10時〜午後1時でしたら、料金は、
5000円とのこと。

誘蛾灯さんが来られる際には、神戸映画資料館で、
「誘蛾灯さんを囲む会」を開催してみたら、いいかも
しれませんね。
f0151647_16581298.jpg

by hitcity | 2009-12-23 17:02 | Comments(0)
3Dメガネで最近みた映画  2009.12.22.
f0151647_18233453.jpg

大阪・天保山のサントリーミュージアム・IMAXシアターで、
偏光メガネをかけて観る立体映画として、
ジェームズ・キャメロン監督の
「ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密」
「エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ」
と、ドキュメンタリーの3D映画を、かつて、観てきました。

日本のソニーに何度も来られて、立体映画用のカメラの開発にも
参加されていたとかいうことでした(ウロ憶え情報です。汗)。

最近、映画館で立体映画が上映される際、3Dメガネをかけたまま、
3D映画の予告編も、立体として観ることができますね。

ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」の予告編も
何度か立体で拝見したので、楽しみにしています。

同じく、予告編で立体画面を拝見している、ティム・バートン監督の
「アリス・イン・ワンダーランド」のほうに、好きな世界なので、
期待する気持ちは、大きいのですが〜。

立体映画好きのかたには、次々と3D映画が上映されることは
嬉しいことで、思わず笑みがこぼれ、エクボができているかたも
おられることでしょう〜。

平日の朝に放送されているフジテレビ系の「めざましテレビ」で、
キャメロン監督のインタビューが、明後日、木曜日に放送される
そうなので、興味がおありのかたは、御覧になってくださいね〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

只今上映中の、3Dメガネをかけて観る映画では、
「カールじいさんの空飛ぶ家」と「クリスマス・キャロル」を
観ました。

「カールじいさんの空飛ぶ家」は、後半、宮崎駿監督のアニメ映画を
観ているような気分になってきました。

飛んで飛んで飛んで、廻って廻って廻って〜という世界でした。

宮崎アニメに対抗しようというのが、企画の出発点に
なっているのでは?

「ハウルの動く家」の婆さんに対抗して、主人公が爺さんに
なったりなんかして〜?

子供が観ても、主人公の爺さんに感情移入できるように、うまく
工夫されていると思いました。

退屈せずに楽しめる映画でしたが、3Dの興味がなければ、
そんなに楽しめなかったかもしれません。

原題は、「UP」という短いものなんですね〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「クリスマス・キャロル」は、箕面にある映画館では、
IMAXシアターでの3D上映ということなので、そこに観に行く
つもりと、いつだったか、このブログで書いていましたが、
結局、近くの、なんばパークスシネマで観ました。

ここで上映されている「ワンピース」のアニメ映画が、1週間近くの
分、チケット完売状態なので、驚きました。

ロバート・ゼメキス監督の同じような感じのアニメ映画
「ポーラー・エクスプレス」を観に行った時、途中で、立体映画的な
構図が多いなぁ〜? と思い、あとで、全国的には、通常の映画として
公開されていますが、東京の品川の映画館では、3D上映されていると
知り、もともと3D映画だったのかぁ〜と、それを観ることが
できないことを残念に思ったものでした。

今回は、3Dバージョンで観ることができて、気が晴れるような
ところがありましたが、サントリーミュージアムで、数多く観てきた
立体映画同様、ちょっと、退屈になってくるとろがありました。
まわりにいた観客も、寝てしまったぁ〜と、クチにされていました。

降りそそぐ雪の立体描写は、素晴らしいと思いました。
雪の中にいるような気分になりました。

以上の映画は、メガネをかけて立体として観る3Dバージョンでは、
日本語吹き替えとなります。
字幕が立体の場合、わずらわしいところがありますね。

この「クリスマス・キャロル」、エンディングロールを観ていたら、
キャストの、あちこちに、「ジム・キャリー」の名前がありました。
10人以上の役を担当されていたのでは?

ジム・キャリーファンでなかったからいいものの、好きな俳優が
声を担当していたら、2Dの字幕スーパー版で観ようかと
迷うところですね〜。
by hitcity | 2009-12-22 18:34 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル