> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
<   2009年 12月 ( 47 )   > この月の画像一覧
「3D広告 壁グニャリ」の新聞記事     2009.12.4.
f0151647_1783566.jpg

ミクシィの「ムーンライダーズ(合併!)」コミュニティ
(2988人)に入っていて、先週の東京からはじまった
「Tokyo7ツアー」のトピックを見ているのですが、
大阪の翌日、タワーレコードなんば店で、かしぶち哲郎さんの
インストアライブがある情報が書かれていないので、遠方から
来られるかたには、せっかくの機会だからと、紹介してみたく
なりました。

それで、次のような文章を書き込みました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【2009年12月02日 00:09  わらわら

大阪の「なんばHatch」は、いよいよ、今度の土曜日ですね。

東京よりあとというのは珍しいですね。

翌日の6日の午後2時から、タワーレコード難波店で、
かしぶち哲郎さんの「ミニLIVE&TALK」があるようです。

かしぶちさんは、ナンバのホテルに宿泊されるのでしょうか。

それとも、ナラのホテル?】

次のかたが、2009年12月02日 09:18に、

【>わらわらさん
山田くん!座布団一枚。
大阪ライブのご報告お待ちしてまーす♪】

と書き込んでくださいました。

かしぶち哲郎さんに、「リラのホテル」という曲があるからでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上の画像は、2日(水曜)の朝日新聞の朝刊からです。

大阪に宿泊されるんでしたら、ムーンライダーズの皆さんにも
見ていただきたいものですね〜。

【日本初の「3D広告」】と紹介されていますが、10年ほど前、
この場所が、キリンプラザ大阪だった時、玄関上部で、小さい
スペースながら、3D広告として、動画が映し出されているのを
観に行ったことがありました。
キリンビール関係の広告だったと思いますが、その時も、
「日本初の」と新聞に書かれていたような気がします。

3Dブームは、10年周期でやってくるようなところがあり、
前のブームの際、行なわれたことも、次のブームの際、「日本初」
あるいは「世界初」と謳われることがあるようです(?)。

3Dブームは昔からあるようで、徳川慶喜さんも、楽しんで
おられました。

http://www.asahi-net.or.jp/~nc5y-mtm/irohastr/tokugawa.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ミクシィのコミュニティでは、もうひとつ、最近、書き込みを
しました。

「漫画雑誌 架空」コミュニティ(155人)です。

【「月刊漫画 架空」原稿提出状況】というトピックを作って、
このブログで紹介しているようなこと、旧作を提出するつもりが、
原稿が出て来ず、新作を描いて送りました〜というようなことを
書きました。

たいそうな気もしたので、そのトピックを作ろうとしたけれど、
やっぱり、メールで連絡しますと、西野空男編集長に伝えると、
そのトピックを作ってくださいとの御返事、昨日、屋我平勇さんに
会った際、作れば、屋我さんも書き込んでくださるような返事
だったので、帰宅後、作ってみたのですが、今のところ、誰の
書き込みもありませんね。

私の場合、新作のページ物のマンガを描くことなんて、何年ぶりの
ことで、騒ぎたくなる気分があるのですが、皆さん、マンガを
描くなんて、日常的なことで、とりたてて書くほどのことも、
ないのでしょうね〜(汗)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次からの画像は、昨日、ポスター展に行った際にいただいた
案内ハガキです。

御参考までに〜。
f0151647_1792158.jpg
f0151647_1793765.jpg

by hitcity | 2009-12-04 17:09 | Comments(0)
12/2=1★九鬼誠さんのポスター       2009.12.3.
今回は、この文章ワクが1、写真ワクが4、計5ワク分あります。
f0151647_21161596.jpg

昨日、12月2日の水曜日のことです。

日曜日に出勤、平日が休みの場合があり、昨日が、その日でした。

朝10時半からの1回上映で、金曜日までなので、映画
「空気人形」を、梅田ガーデンシネマまで観に行きました。

自宅からは、路面電車から地下鉄に乗り換えるのが、
その場所には行きやすいのですが、時間的に余裕がなくなり、
地下鉄のみで行くことにしました。
駅までは自転車です。

住之江公園駅なら、100円の駐輪場があるのですが、
時間が少しかかるので、近いほうの玉出駅に向かいました。

駅前の自転車は撤去されたあとで、もう済んだのなら
大丈夫だろうと、地下鉄の入口前に置いて、地下鉄に
乗りました。

駅につくまで国道26号線沿いを走りましたが、警察官が
長い距離にわたって道路を封鎖していました。

火事の消火作業をする前を通りました。

帰宅後、夕刊を見ると、火元は、一度、修理をしてもらった
ことのある自転車屋の倉庫のようでした。
自転車競技のものを扱っている専門店という感じでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

梅田ガーデンシネマで入場の際、千円札を2枚さしだしたら、
水曜はレディースディですが、この映画館は、男性も千円で
入場できるということで、トクをしました。

ダッチワイフが心を持つという内容だと知ったとき、私は、昔、
女性の人形が心を持つエロマンガを描いてエロマンガ雑誌に投稿した
ことがあり、興味が出てきて、観たくなったのでした(そのマンガは、
返信用切手を同封しておきましたが、返ってこないままです)。

映画は、前半、すこぶる面白かったですが、最後のほう、私には
意味不明の点が、多々、ありました。

「アメリ」っぽい、人間群像を描く〜というふうなところも
ありましたが、喫茶店のウェイトレスとは違って、レンタルビデオ店の
店員の、この主人公は、客とは、そんなに関わりがないので、
それぞれの客の自宅での光景が描かれていても、これは誰っ?
と思うようなところもありました。

主演の、ぺ・ドゥナさんは美しく、人形から人間に移る描写は
素晴らしかったです。

この映画館へ、舞台挨拶にやって来られたそうで、せっかく、ナマで
拝見する機会があったのに、残念なことをしたなぁ〜と思いました。

マンガ家の、うらたじゅんさんに似ているとも思いました。

売店ロビーで、パンフレットと、この映画の特集をされている
「増刊・ユリイカ」を覗いてみましたが、エロいシーンが掲載されて
いなかったので購入しませんでした。
原作のマンガの文庫本も置かれていました。

帰りに、同じほどの価格でA5サイズで出ているのを、本屋で
見かけたので、それを購入しました。

「ゴーダ哲学堂・空気人形」(業田良家)というマンガの短編集で、
原作は、20ページのマンガで、ほとんど、映画として、
オリジナル作品というように思えました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先週、「月刊漫画 架空」のマンガの原稿を締め切りに間に合うように
と、描いていると、同じく「架空」の参加者の屋我平勇さんから
電話があり、進捗状況を尋ねられました。
屋我さんは、連載1回分をすでに完成させておられる様子でした。

昨日の水曜日は、病院に行く日になっているようで、それなら
会いましょう〜ということになりました。

映画終了後、午後1時前に、紀伊國屋書店・梅田店前で待ち合わせ、
そこから、堂島の「カーサ・ラ・ポーニ」に向かいました。

ジュンク堂書店・大阪本店の入っているビルの道路から見たら裏側、
サッカーボールのような建物のあるあたりにあります。

「懐かしい大阪労音・九喜良作ポスター展」を拝見するためです。

九喜良作さんは、「九鬼誠」という御名前で、貸本マンガを
描いておられていて、初期の「月刊漫画ガロ」の誌上で、
【連絡乞う つげ義春・九鬼まこと、両君至急当社に連絡乞う。】
と、呼びかけを受けたかたです。

それで、「月刊漫画ガロ」にもマンガを発表されていました。
屋我平勇さんも、「月刊漫画ガロ」にマンガを発表されています。

コーヒータイムは午後2時までということで、あと1時間ほど
いることができます。

ここで、「月刊漫画 架空」用の私の新作マンガを見ていただく
ことにしました。

屋我さんの新作は、原稿のコピーをとっておられなくて、
送ったあとで手元になく、拝見することができませんでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「カーサ・ラ・パポーニ」には、はじめて入りました。

女主人がいて、カウンター席に男性客がひとり、4人掛けテーブルに
男性がひとりいました。

そのテーブル席の男性は、なんとっ!
九鬼誠さんでした。

貸本マンガを描いておられた九鬼誠さん。
後年、九喜良作さんとして、勤めておられた会社の仕事として
製作されたポスターを、この店に展示されているというので、
我々は、やってきたのでした。

私は、画廊で、かつて、2度、お会いしています。
私のマンガの載っている「漫画雑誌 架空」や「EYEMASK」も
見ていただいています。

今日は、梅田で忘年会があるので、やって来られたとのことで、
滅多にいないのに、よく会えましたね〜!
と、お店の女性のかたが、驚いておられました。

貸本マンガのことなどについて、お話を伺いました。
私は、佐藤まさあきさんが好きなので、関係したお話を伺いますと、
佐藤さんから遊びに来ないかとのお誘いの電話があったとの
ことでした。
貸本マンガ家ではありましたが、高校生の九鬼さんは、学生服で
うかがったとのことでした。

大阪時代の、さいとう・たかをさんたちとも会っておられる
そうです。

九鬼さんは、貸本マンガ誌「街」のほうに寄稿されていて、
「影」とは、関係がなかったとのことです。

最近の話題としては、貸本マンガ家だった京都在住の山森ススムさんから
電話があって、会いましょう〜ということになっているとのことです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

店内に展示されているポスターについては、屋我さんが、お話を
うかがっていました。

現在、九鬼さんが手がけておられる針金細工の作品について、
関西ステレオ写真同好会のメンバーであった私と屋我さんは、
立体写真を利用すれば、平面でも、作品発表ができるのでは?
と、提案をさせていただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

屋我さんに見てもらうつもりで持参していた「月刊漫画 架空」用の
私の新作マンガ、九鬼誠さん、お店の女性のかたにも見ていただき
ました。

連載マンガのはじめで、完結したマンガを見てもらって、面白い、
面白くないという評価をくだされる段階ではないと思い、けっこう
気楽な気分のまま、自作品を見ていただくことができました。

近所に住む小説家、お亡くなりになられましたが、藤沢桓夫さん、
その娘さんからは、かつて、出版社から届く小説雑誌をいただいていた
ことがあります。
現在も、たまに、近所のコンビニで会うことがあって、この新作マンガも
見てもらいました。

描きあげてから3日で、すでに4人のかたに見てもらっています。
対面して自作を見てもらうのが苦手な自分としましては、珍しいこと
ですね〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

九鬼誠さんが、「劇画誕生50年」特集に寄稿されているエッセイ
「劇画少年゛九鬼誠゛だった頃」が掲載されていて、ちだ・きよしさんの
「あるまどろみの中で九鬼誠作品を読んでいた」という長文も掲載されて
いる「貸本マンガ史研究」(21号)を、屋我さんに見せようと、
持参していたので、それをカバンから取り出しました。

お店の女性のかたが興味を示し、読んでおられていました。

九鬼さんも、もう1冊欲しいんや〜と言っておられたので、
すぐ近くの大阪駅前第3ビルの地階の絶版マンガ専門店
「もっきりや」に置いてあると言いますと、買いに行くので、
一緒に行こう〜ということになりました。

コーヒータイム終了時間の午後2時になっていました。

店の女性のかたに、我々3人でいるところを写真に撮って
いただき、さて、出発〜! という瞬間、店の前に
九鬼さんと同世代の男性ひとり、女性ふたり、その娘さんという
感じのかたがたがやって来られ、「おおっ!」ということに
なりました。

九鬼さんのポスターを見にこられた、九鬼さんのお馴染みのかたがた
である様子。
店の女性のかたも、せっかくなので、コーヒータイムを延長するとか
言っておられ、九鬼さんも、あとで、「もっきりや」に
「貸本マンガ史研究」を買いに行く〜と、店に戻って行かれました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

屋我さんと「もっきりや」へ。
「貸本マンガ史研究」(21号)は、10册ほど平積みされていました。
屋我さんも購入されていました。

大阪駅前第1ビル地階の中華料理店で昼食をとりました。

店を出て解散、ジュンク堂書店・大阪本店を覗いたあと、地下鉄で
玉出駅へ。

階段をあがって、地上に出ると、置いていたはずの自転車が撤去されて、
なくなっていました。

昨年の8月、住之江公園駅前で撤去され、受け取りに行ったとき以来、
2度目です。

230円の切符を買って、地下鉄とニュートラムを使って、あと
歩いて、30分以上かけて、自転車保管所へ引き取りに行くと、
玉出駅の分は、1駅向こうとのこと。

大阪南港フェリーターミナルを眺めながら、橋をわたり、1駅分
歩き、自転車保管所に。

2500円を支払い自転車を受け取り、30分ほど走って帰宅。

南港の貯水地に浮かぶ満月が綺麗でした。
f0151647_21165942.jpg

by hitcity | 2009-12-03 20:47 | Comments(0)
12/2=2★九鬼誠さんのポスター       2009.12.3.
f0151647_2043653.jpg
f0151647_20431631.jpg
f0151647_2043264.jpg
f0151647_20433843.jpg
f0151647_20435238.jpg
f0151647_2044484.jpg

by hitcity | 2009-12-03 20:44 | Comments(0)
12/2=3★九鬼誠さんのポスター       2009.12.3.
f0151647_20405899.jpg
f0151647_2041147.jpg
f0151647_20412454.jpg
f0151647_20413528.jpg
f0151647_20414649.jpg

by hitcity | 2009-12-03 20:42 | Comments(0)
12/2=4★九鬼誠さんのポスター       2009.12.3.
f0151647_2038920.jpg
f0151647_20382075.jpg
f0151647_20383571.jpg
f0151647_20384676.jpg
f0151647_20394319.jpg
f0151647_20395528.jpg

by hitcity | 2009-12-03 20:40 | Comments(0)
12/2=5★九鬼誠さんのポスター       2009.12.3.
f0151647_20355434.jpg
f0151647_2036569.jpg
f0151647_20361567.jpg
f0151647_20362778.jpg
f0151647_20364125.jpg
f0151647_20365329.jpg
f0151647_203745.jpg
f0151647_20371675.jpg

by hitcity | 2009-12-03 20:37 | Comments(0)
新作連載マンガに着手しました。        2009.12.1.
f0151647_19311758.jpg

このところ、このブログで、出てこない〜、出てこない〜
と言いながら、家の中で探しものをしている描写が
続いていましたが、とうとう、出てこずじまいに、
なりました〜(泣)。

何を探していたかと言いますと、自分が昔に描いていた
マンガの原稿でした。

西野空男さんが、「月刊漫画 架空」を創刊されるという
ので、月刊雑誌だったら、連載させてほしいなぁ〜と
思いました。

ところが、新作のマンガのアイディアもないですし、
連載マンガの製作となりますと、しんどいですし、それで、
昔に描いた長めのマンガを分割して連載という手法で
参加させてもらうことになりました。

そのマンガは、長い月日をかけて、昔、熱心に描いていた
マンガで、未発表なので、いい加減に新作を描くよりは
いいようにも思ったからでした。

私は、これから新作を描く場合よりも、昔に描いていたマンガを
提出した場合のほうが、読者には面白いような気がして、
旧作に手を加えて、その原稿を同人誌に提出したり、
雑誌に投稿したりということを、たまにやっています。

選考委員が好きなので何かを送りたくなって、20数年前に
ノートに鉛筆描きしていたマンガを、そのまま、パソコンの
ペンツールでトレスして投稿なんていうこともしましたが、
純粋に新作として描いた長めのマンガは、「漫画雑誌 架空」の
創刊号に掲載してもらった「まどの手」以降、ないですね〜(汗)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ただ、昔に描いたマンガなので、古いという印象を持たれるかも
しれず、新作ではないということが見破られるかもしれない!
そこで考え出したのが、昔の貸本マンガが好きなので、昔の
劇画に戻ったようなマンガを描きたいという意図によるものです、
という説明を加えようということでした。

そこで表紙に「劇画工戻(げきがこうもど)」のマークをつける
ことにしました。

その「劇画工戻」の発足式も、行なっていました。

その時、参加してくださったかたがたに、「謎の企画」とだけ
説明をさせてもらいました。
連載が終了し完結し、謎ときをした場合、笑っていただけると
思いまして〜(すいません〜、汗)。

●5/9=7★安二ビル前で発足式
http://hitcity.exblog.jp/11085740

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●7/4=1★「月刊漫画 架空」編集会議
http://hitcity.exblog.jp/11457742

西野空男編集長とお会いした際に了承を得たので、西野編集長から
締切日の報告が届いてみても、余裕しゃくしゃくでした。

「劇画工戻」のマークも、いくつか考えてみましたし、あとは、
昔の原稿をスキャナーでパソコンに取り込んで、その表紙に
マークを、はめこめば、作業は完了という次第です。

ところがっ!

いよいよ着手して送ろうかと、そのマンガの原稿を保管してある
はずの場所を見てみたら、ないのです〜(汗)。

作詞作曲、じゃなかった!
策士、策に溺れる、というやつでしょうか?

編集会議もしているし、さらに、このブログでも、その編集会議を
写真入りで紹介しているし、あがた森魚さんの歌声「約束は約束さ〜」
が、頭の中を響きます〜(汗)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

締め切りまで、あと10日ほどとなったころ、このまま、家じゅう、
原稿の探索作業を続けてみようかどうか? と迷いました。

連日の探しもの作業に、ほとほと疲れ果ててしまいました。

そして、とうとう、原稿を探すより、描いたほうが早いっ!
という心境になってしまったのです。

そう思うと、突然、構想が湧いてきました。

旧ソ、今はロシア、じゃなかった!
窮鼠ネコを嚼む、というやつでしょうか?

ちょっと違うような気も?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そんなわけで、連載2回分、締切日の11月30日に間に合うという、
一昨日の午後5時前、近所のローソンから、ゆうパックにて、
送りました。
by hitcity | 2009-12-01 19:28 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル