> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
<   2011年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧
八百長相撲
今夜のテレビの「東京フレンドパーク」、ゲストは朝青龍さん。

この番組の最後のゲーム、エアーホッケー。
ホンジャマカが、金貨をひとつも獲得していないアイドルに、わざと負けてやるような時がありますが、それも八百長になるのかなぁ〜なんて思ってみました。

我が家の向かいに住む夫婦は、相撲の大阪場所、毎回行っていて、BSで放送する客の少ない時間帯から観客席の前のほうに座って、画面の中に映っています。
故郷の知り合いへの近況報告も兼ねているとか。

そのおばさん、相撲が八百長なんて、みんな、わかって見に行っているのに、メールというのがあることが悪いと言っていました。

日曜日の午後のテレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、何年か前、八百長相撲を告発した板井さんがゲスト出演した回の収録で、お蔵入りしていた部分を、この前、放送していましたが、その時、板井さんが行方不明とのことで、番組内から呼びかけていました。

その効果があったのでしょうか、昨日の放送に板井さんが登場、先週あたりの収録だと思いますが、今回は顔にモザイク処理、まったく気がつかないほど、容貌が変わっているということで、なんだか不気味に思いました。
何があったのでしょう?

八百長をする人間としない人間が共存しているとのこと。

名指しではなかったのですが、質問への返答から、舞ノ海さんは、八百長の常連みたいなことが伺えました。

そういえば、かなりの体格差のある相手を倒す小柄な舞ノ海さんを見て、よく勝てたなぁ〜と感心していた記憶があります。

それで爽快感もあったので、八百長でもよかったと思いました。

真剣勝負を望むなら、ボクシングや柔道のように、体重でクラス分けしないと無理ではないのかな?

相撲の春場所が中止になった大阪府立体育館、空いた日を安く貸し出すそうです。

テレビで言っていたのを聴いただけで、うろ覚えですが、教育関係なら7万円、一般では150万円ほどの使用料とかいうことでした。

大阪府立体育館には、「さびしいボクサー」というマンガを描く際、資料写真を撮りにボクシングの新人王決定戦に、ディズニー・アイスショーを観に、テレビの「オレたち!ひょうきん族」の「ひょうきんプロレス」の収録を観に、RCサクセションのコンサートを観に、行った記憶があります。

もっと安ければ、「高木ひとしIN大阪府立体育館」というコンサートを開催したいところですが〜。
by hitcity | 2011-02-28 22:26 | Comments(0)
マンガ制作だより          2011.2.26.
最近、通天閣の近くで撮った写真です。
f0151647_10233654.jpg


「月刊漫画 架空」の最終号(3月号)に載せていただきたいと
思っている「さびしいボクサー3」の完結編、8ページ。

3月末締め切りの1コママンガ専門誌「EYEMASK」の
1コママンガ4点。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日の朝、突然、1コママンガのアイディアが、ふたつ
思いついたので、4点分、揃ったので、今日の休日は、
そのマンガにとりかかろうかと思っていました。

「さびしいボクサー3」は、毎日、作業をしていますが、
掲載していただきたい「月刊漫画 架空」は、3号あとなので、
ここで、一旦、バトンタッチということにしようかと。

ところが、「月刊漫画 架空」の発行人の西野空男さんの
ブログを拝見してみたら、もう、すでに、その号の
原稿募集をされているようなので、「さびしいボクサー3」を
先行させなければいけないかなぁ~と、やっぱり、今日は、
そちらのほうに取り掛かることにします。

●「西野空男の行列」 2011-02-25 13:43

http://www.geocities.jp/bbtugeken/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのブログには、マンガを描いている人は、「架空」に頼らず、
自分でやってみてもいいのでは?と書かれていると思うのですが、
私の場合は、特殊なのでしょうね、「架空」があるから、
一旦やめていたマンガを、再び始めたということがあります。

縁があって、「架空」と「EYEMASK」との交流を持ち、
マンガを提出するようになりましたが、その存在がなければ、
現在、マンガは描いていないと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昔、マンガを熱中して描いていたものの、ステレオ写真(立体写真)
撮影に趣味が移行した生活を送っていました。

勤務していた会社の廃業による経済的事情で、ステレオ写真撮影の
趣味を継続していくことが難しくなり、ブログが趣味の中心と
なりましたが、それと同時に、過去に付き合いのあったマンガ関係者
たちとの交流が復活、マンガ関係の描写の多いブログとなり、
そのことがマンガ制作の復活につながりました。

でも、内心、ステレオ写真撮影趣味時代のほうが楽しかったなぁ~!
という思いが、あり続けています。

人との付き合いも広がり、かつ、穏やかなものでした。

マンガ関係を趣味とすると、チクチクすることが多いですね~。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マンガも、自分の作品に満足できれば楽しい趣味になりうる
でしょうが、そうでない場合は、つまらないものですね。

ツイッターなどで、交流のあるかたがたの、マンガ執筆情報に
接すると、すごく速く作品を仕上げることができて、しかも、
完成した作品に対して満足感に浸っておられるのが、ほとんどで、
うらやましい限りとなります。

そうした人たちは、人からの批判からにも耐えられるでしょうが、
自分で、出来がどうも~と思っている場合は、そんなものに対して
よかったと言ってくださるかたがおられると、心が慰められて、
それにすがってみたくなります。

私が、自分のマンガを批判されたので、怒ったと思われているかたが
ほとんどでしょうが、そうして慰められて、なんとか、ひと息ついている
ところなのに、わざわざ、人から聴いたという批判を、聞かせてくること
ないだろう~!と、その行為自体(そういうことをする性格)に
怒りを覚えたのだと、自分では思っています。

ほかの人のブログに対するコメントで、その人のマンガに対して、
悪く書かれたものを見たことはないですし、ふつう、そんなコメント欄
なんて、付き合いで、適当にほめておけばいいというものでしょう。

しかし、しんどいことをやっているのに、あんたのマンガは
見る値打ちがないなんて言うなよ~! という、自分がマンガ制作を、
しんどく思いながらやっていること、そのことに、怒りの原因は、
あったのだとも思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

経済事情から、現在の勤務とともに、別の仕事もしようと思っています。

年末の郵便局のアルバイト勤務に応募してみたら、別の仕事を
している場合は、1週間の労働時間が40時間を超過する人は
採用できないということでした。

本格的に仕事を探そうとしていますが、まず、「さびしいボクサー3」
を仕上げなければ、その余裕も生じません。

やっぱり、早く、仕上げなくては~!

「EYEMASK」のほうは、年間8ページですし、
マンガ界との付き合いとして、残させてもらおうと思っていますが、
安上がりにステレオ写真撮影の趣味に復帰する手立てを考えてみたいと
思います。

自分がブログを始めるとしたら、ステレオ写真(立体写真)ばかりを
並べた写真帳になるものだとばかり、思っていました。

いずれは、そんなブログにしたいと思っています。
by hitcity | 2011-02-26 10:24 | Comments(3)
岡本太郎生誕100年企画ドラマ + コメント欄     2.26.
●「TAROの塔」ホームページ

http://www.nhk.or.jp/dodra/taro/

今夜9時からNHKテレビで放送されるドラマ「TAROの塔」。
番組告知で、少しだけ映像を拝見しましたが、
松尾スズキさんの、岡本太郎さんへの成りきりぶりが面白く、
その興味だけでも、観てみようかなと思っています。

私が昔から使っていたパソコンでは、動画が少ししか見ることが
できなくて、去年に、屋我平勇さんから貸していただいたパソコンで、
ユーチューブも観ることができるようになって、ありがたく思っています。

そういえば、松尾スズキさの初監督作品の映画「恋の門」、
つげ義春さんの「ねじ式」の主人公のコスプレをしている人物が
登場していたので、それを見たいなぁ~と、検索してみました。

それは発見することはできませんでしたが、映画「恋の門」に
関する動画は、どれも面白かったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

映画「恋の門」関連動画サイト

●マンガの描きかた
http://www.youtube.com/watch?v=b__ALuldRYE&NR=1

●コミケ場面
http://www.youtube.com/watch?v=mMYWwrxr3E4

●予告編
http://www.youtube.com/watch?v=3DCUkh5rQAQ

●忌野清志郎さん出演ミュージカル場面
http://www.youtube.com/watch?v=3VPWDWjlClc&NR=1

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★又六さん

「ヒアアフター」、今度の映画サービスデーに
行けたら行こうかなと思っています。

現在の自分が退屈しないで観ることができるかがどうかが、
最大の映画の評価基準となっています。

昔は、イングマール・ベルイマン監督作品2本立てなども
退屈せずに観ていたように思いますが、そういうのが
あっても、今は、観に行く気になリませんね~。
by hitcity | 2011-02-26 07:06 | Comments(0)
コメント欄               2011.2.24.
最近、通天閣の近くで撮った写真です。
f0151647_18364112.jpg

★又六さん

3Dアニメ映画の「クリスマス・キャロル」を観に行きましたが、
しんきくさくて眠くてたまらなかったという記憶があります。

検索してみて予告編を見てみたら、面白そうなんですが~。

●Disney's クリスマス・キャロル・予告編動画

http://movie.walkerplus.com/mv45300/trailer/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日曜日の午後1時半から3時まで、よみうりテレビで
「たかじんのそこまで言って委員会」、3時から4時まで、
テレビ大阪で「たかじんNОマネー」と、やしきたかじんさんの
番組が続いています。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像をインターネットに
流出した保安官が連絡をとってきたのが、よみうりテレビという
ことで、「たかじんのそこまで言って委員会」のファンで
あるらしい?と番組内で言っていましたが、そのあと、
その保安官から、番組宛に、たかじんさんに北新地に
連れて行ってほしいと書かれた手紙が届いたそうです。

「たかじんNОマネー」は、始まって1箇月ほどですが、
ゲストに、孫正義さん、ジャパネットたかた社長などが
登場していましたが、堀江貴文さんの回もありました。

そこで、ホリエモンがミュージカルに出演している映像が流れ、
驚きました。

上野動物園にパンダがやってきたことがニュース番組のトップ項目に
なっていることに対して、関西のテレビ局のアナウンサーが、
パンダは神戸に2頭、和歌山には8頭もいるのだから、騒ぎすぎ、
関東のローカルニュースは全国ネットのニュースになる~
とか言っていて、同様に、東京の劇場でのホリエモンのミュージカル
出演についても全国的なニュースになってもよさそうなのに、
私は知りませんでした。

そのミュージカルは、「クリスマス・キャロル」でした。

http://info.nicovideo.jp/nicomu/ChristmasCarol/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マット・ディモンさんは、「ボーン・アイディンティティ」、
「ボーン・スプレマシー」が良かったですね~。

しまった!

完結編の「ボーン・アルティメイタム」は、見逃してしまいました。

あの映画の監督が、「カムイ外伝」の実写版を作ればよかったのに~!
と思ってみたりもしました。

「リプリー」(「太陽がいっぱい」のリメイク)、
「プライベート・ライアン」の頃は、映画を観ている最中、
ジミー大西さんに似ているなぁ~と、そのことが、気になって
しかたがなかったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アクターズ・スタジオ・インタビュー
クリント・イーストウッド 自らを語る」で、
スケジュール的にきついので、出演を断わるつもりだったけれど、
脚本を読んだら、黒澤明監督の「用心棒」そっくりで、
好きな映画だったので受けることにしたとか言っていました。

日本には連絡しないままのリメイクでしたが~とか言って、
会場の笑いを取っていました。

小林信彦さんが、「ダーティハリー」は、黒澤明監督の
「野良犬」の影響を大きく受けていると書いておられましたが、
同時期の映画「フレンチ・コネクション」にも「野良犬」の
影響を感じますね。

「マルコムX」には、「野良犬」そのままの構図がありました。

この前、霊関係の映画名を列記しましたが(「異人たちとの夏」の
動画を久しぶりに観て、また泣きました)、「天国の本屋~花火」の
ことをあとで思い出しました。

霊の世界というよりも、天国の世界を描いた映画でした。

石井輝男監督の「地獄」と2本立てで上映すれば面白いかも?
by hitcity | 2011-02-25 18:26 | Comments(1)
コメント欄             2011.2.24.
先日、通天閣の近くのジャンジャン横丁を通ったら、
そこにも、3Dブームが、やってきていました。
f0151647_17181317.jpg

★又六さん

クリント・イーストウッド監督の映画は、観に行って
失望するということがないので、「ヒアアフター」も
観に行こうかな?と思ったりしていたのですが、霊の世界とかを
描いた映画だったのですか~?

霊というもの自体には、あまり興味はないのですが、
タイムトラベルもの同様、ストーリーそのものに面白みが
出てくるので、割りと観に行っているように思います。

霊の世界を描いた映画としては、「ベルリン天使の詩」、
「ゴースト~ニューヨークの幻」とか「シックスセンス」、
「ふたり」「東京上空いらっしゃいませ!」、「異人たちとの夏」、
「愛と死の間」(アメリカ版)、あと、山本晋也監督の短編とか、
印象に残っています。

「めまい」は、入れてみていいのかな?

「大霊界2~死んだらおどろいた!!」は、映画館で、
丹波哲郎さんのミニ講演会つきで観ました。

期待通りの珍妙な映画でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ゴースト~ニューヨークの幻」と同じ時期に「ふたり」が
公開されていて、鴻上尚史さんが、当時、週刊誌に連載されて
いたエッセイで、「ふたり」のほうが素晴らしい!
と絶賛されていたので、「ゴースト」のあとで観に行きましたが、
そのとおりでした。

あとで原作の赤川次郎さんの小説を読み、中古でレーザーディスクを
買ったほどでした。

「ふたり」では、藤純子さんが母親役で登場されていましたが、
任侠映画や「てっぱん」とは、まったく違うキャラクターでした。

エンディングで流れる、大林宣彦監督と久石譲さんとの
デュエットは、聴いていて、しみじみとしてしまいます。

山田太一さんの小説を読んだあと、大林宣彦監督が映画化
された「異人たちとの夏」を観に行きましたが、小説と
映画ともに、同じ場面に泣きました(すき焼き屋の場面)。

その場面だけでも、おすすめしたくなる小説と映画です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その場面、ユーチューブにありましたので、そこだけ観ても
かまわないというかたは、どうぞ~。  

●ホラー映画「異人たちとの夏(松竹)」<後半>風間杜夫...

http://www.dailymotion.com/video/xa097y_yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy-yyyy-yyy_shortfilms
by hitcity | 2011-02-24 17:18 | Comments(4)
「龍馬イラスト展」イベントの写真、追加分【1】   2.24.
f0151647_1612538.jpg

ミクシィのサエキけんぞうさんの日記のコメント欄に
記入されているのを私が見て、私が興味を抱いて、そのかたの
日記を覗かせてもらったことがあったからでしょうか?

そのかたから、足跡(誰が自分の日記を見たかが確認できます)
に気づき、私のページを見たというメールを、今朝、いただきました。

京都国際マンガミュージアムの「龍馬イラスト展」イベントに
参加されたとのことで、島津よたろうさんについて
興味を抱いておられる様子でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は仕事が休みなので、私のこのブログで、島津よたろうさん
関係の記述があるものを、検索してみました。

「龍馬イラスト展」イベントの際の写真も数枚紹介させてもらって
いましたが、載せなかった写真、そのかたが映っている可能性が
あるかも? と、ここに紹介させてもらうことにします。

撮影順です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2ワク分ありますが、その次のワクを「島津よたろう目次録」として、
島津よたろうさんが登場されている回のタイトルを列記しておきます。

確認のため、全部に目を通してみましたが、まとめて見ると、
なかなか面白いものですね~。

文章が重複しているように感じますが、実際は、日があいての
記述ですので、ご了承、お願い致します。
f0151647_162750.jpg
f0151647_1621465.jpg
f0151647_1622142.jpg
f0151647_1622879.jpg

by hitcity | 2011-02-24 16:02 | Comments(0)
「龍馬イラスト展」イベントの写真、追加分【2】   2.24.
f0151647_15591918.jpg

NHKの滋賀放送局のアナウンサーの女性が、刀の柄のある
傘を広げていますが、イベント終了後、「龍馬イラスト展」
会場で、撮影を始められるあたりまで、そこにいました。

しばらくたってから、関西のイベント紹介のテレビ番組で、
展覧会場で、サエキけんぞうさんが語っている映像、
別の日に撮られたらしい、やなせたかしさんが語っておられる
映像が流れていました。

その刀傘は、天保山マーケットプレイスの忍者グッズ専門店で
販売されていましたが、6800円だったように思います。

縦棒の部分も真剣になっていたら、防犯グッズになるでしょうね。
f0151647_15595915.jpg
f0151647_160685.jpg
f0151647_1601242.jpg

by hitcity | 2011-02-24 16:00 | Comments(0)
「島津よたろう目次録」         2011.2.17,
f0151647_1548467.jpg

●明日、京都で、杉浦茂101 年祭。         2009-03-21 18:46
http://hitcity.exblog.jp/10603159


●「走馬燈」(第2号)                   2009-03-21 21:13
http://hitcity.exblog.jp/10604041


●これから京都へ                    2009-03-22 11:43
http://hitcity.exblog.jp/10607576/

から「前のページ」をクリックして計15ワク分。


●これが「スモッグマン」だっ!             2009.3.29.
http://hitcity.exblog.jp/10658974

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●いまから京都です。                   2009-04-12 11:09
http://hitcity.exblog.jp/10779530/

から「前のページ」をクリックして計7ワク分。


●京都の「杉浦茂101年祭」の展示品         2009.4.15.
http://hitcity.exblog.jp/10814454/


●「焼ソバ老人」を歌う、サエキけんぞうさん。      2009.4.15.
http://hitcity.exblog.jp/10814526


●5月、京都で、「メビウらスげる171年祭」        2009.4.16.
http://hitcity.exblog.jp/10824121/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●「月刊広場」の丸尾末広さんのお便り。      2009.5.21.
http://hitcity.exblog.jp/11121287

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●明後日の京都 + 今夜のテレビ          2010.12.16.
http://hitcity.exblog.jp/15168705/

から「前のページ」をクリックして計3ワク分。


●このまえの京都の写真【前編】            2010.12.30.
http://hitcity.exblog.jp/15248025

「次のページ」をクリックして、【後編】
by hitcity | 2011-02-24 15:58 | Comments(0)
着信あり             2011.2.23.
f0151647_205592.jpg

昨日の夕方、このブログ用の文章を書く前に、携帯電話に
屋我平勇さんから着信があったことに、いま、気がつきました。

いつもは手元に置いているのですが、昨日は、マナーモードで、
携帯電話をズボンのポケットに入れたままでした。

それほど執筆に集中していたわけですが、最近は仕事がきつくて、
クタクタになっていて、気がつかなかったということも
あったかもしれませんね。

そのシンドサが、それを書く気持ちに影響していたかも?

自分でも、ブログで人を攻撃するのは珍しいなぁ~
と思ったりもしていました。

すでに、ツイッターの書き込みに対する怒りを伝えたことがあって、
自分はこの人を相手にするのはダメだなぁ~
と思ったという伏線もありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日は仕事が休みなので、今夜は、ゆっくりとしています。

深夜なので、屋我さんに電話をかけませんが、何を言おうと
されていたのかはわかる気がしますし、それはそのとおりだなぁ~
とも思います。

それで、先に書いた2ワク分は、削除することにしました。

ただ、書いている思いについては、そのまま変わりはありません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日曜日から土曜日までの訪問者数、次のようになっています。

先週 61 58 35 54 60 47 60

今週 43 53 47 49 2 - -

昨日と今日をあわせて51人。

まぁ、御覧いただけなかったかたには、残念な気もしますが、
そんなこともあるかぁ~と、お許しのほど、よろしくお願い致します。
by hitcity | 2011-02-24 01:50 | Comments(1)
「週刊文春」 「コミック乱ツインズ」          2011.2.21.
f0151647_18472795.jpg

子供の頃、横山光輝さんのマンガに熱中していたので、只今発売中
(次の号は明後日あたりに出ます)の「週刊文春」(2/24号)の
エッセイマンガで、横山光輝さんについて描かれていたので、
購入しました。

トキワ荘についても描かれていました。
f0151647_1848176.jpg

小林信彦さんの連載エッセイで、「その街のこども 劇場版」について、
「近くの劇場でやっていたら、ぜひ観て頂きたい。」
と書かれていました。

昨年、テレビで放送された際、録画しましたが、観ないままと
なっています。

「劇場版」を観に行こうかな?という気持ちになりましたが、
大阪では、上映は終了しているようでした。

テレビでドラマをよく録画しますが、観ないままになって
しまうことが、ほとんどです。

それだけのまとまった時間をとらないといけなくて、なかなか
観る気が起こらないということもありますね。

先日放送された「迷子」というドラマにも興味がありますが、
録画したままです。

柴崎友香さんの原作の小説が好きなので、昨年、テレビドラマ化された
「その街の今は」は、放送された時間に観ました。

映像化ならではの脚色がされていて、素晴らしかったと思います。

これも、「その街の今は 劇場版」として、映画館で上映して
いただきたいほどです。

「その街のこども 劇場版」と、タイトル、似てしまいますね~。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

火曜日の深夜2時頃に放送されている「mm9」というテレビドラマは、
なんとなく、毎週みています。

映画「リアリズムの宿」で気に入った尾野真千子さんが主演という
興味で観始めたのですが、ちょっと変わったヒーローもの(?)です。

●mm9

http://www.mbs.jp/mm9/
f0151647_18485217.jpg

コンビニで、「コミック乱ツインズ」(三月号)を手にして、
バラバラと見ていて、表紙に
「劇画界の´生きる伝説´本誌に衝撃の降臨!!」
と書かれている「忍者無残」(植木金矢)というマンガに
興味が湧いてきて、購入しました。

ほとんどの時代劇マンガは、東映太秦映画村のセットで
撮られたような感じがしますが、このマンガからは、
オールロケという印象を受けました。

●植木金矢オフィシャルサイト

http://uekikinya.soregashi.com/

によりますと、植木金矢さんは、1921年のお生まれとのことです。

今年、90歳。

世界最高年齢のマンガ家では? と思いましたが、調べてみたら、
やなせたかしさんは、1919年のお生まれでした。

驚きました。
by hitcity | 2011-02-21 18:54 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル