> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2011年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧
「てっぱん」最終回を観ました。
通常、土曜日の午前中に放送している「てっぱん」の1週間分、なぜ本放送の2回分まで、その放送前にBS2で再放送したかと言いますと、今日で、BS2自体の放送が終了とのことでした。

それどころではない世の中になり、ちっとも知りませんでした。

BS2は、名称とチャンネルが変わるそうです。
by hitcity | 2011-03-31 21:00 | Comments(0)
このあと、BS2の再放送番組に、早川義夫さん   3.31.
f0151647_19314830.jpg

いま、夕刊のテレビ番組欄を見たら、BS2の
午後8時からの1時間、「てっぱん」〔再〕(終)
と書いてありますが、1時間として4回分、それで
最終回?

今日のNHK総合テレビでの放送を観ましたが、まだ
終わっていないように思うのですが?

BSの放送では、先行していたのでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

そのあと、BS2で、「大集合!青春のフォークソング」の
再放送が、9時から11時半までありますが、BS2での
本放送の際に観ました。

司会が、イルカさんと泉谷しげるさんで、早川義夫さんが
「サルビアの花」を歌ったあと、泉谷さんが、早川さんに
向かって、「歌がヘタですねぇ~」と言い、イルカさんが
あせっていた記憶があります。

渡辺和博さんの「月刊漫画ガロ」入選作で、この
早川義夫さんバージョンの「サルビアの花」について
触れられていた記憶もあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「バラが咲いた」などの作曲家の浜口蔵之助さんの
特集コーナーみたいなものがあり、泉谷さんが、
「早川さんは、浜口蔵之助さんを攻撃した曲を作っているんですよ」
と言い、早川さんが、
「あれは、応援歌ですよ」という場面があったとも記憶しています。

ユーチューブで検索してみたら、ジャックスの
「ロール・オーヴァー・ゆらの助」がありました。

ユーチューブの画像の左から2番目が早川義夫さんで、
藤原マキさん(つげ義春さんの奥さん)が、装丁のイラストを
描かれた「ぼくは本屋のおやじさん」という本も出ていますね。

ユーチューブの画像の左端が、つのだ☆ひろさん
(つのだじろうさんの弟さん)の若かりし頃ですね。

ジャックスも好きで、CDボックスを持っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

●ロール・オーヴァー・ゆらの助 (First Ver) JACKS

http://www.youtube.com/watch?v=SrAXYoufTao

応援ソングなのかぁ~!?
by hitcity | 2011-03-31 19:32 | Comments(2)
「EYEMASK」(42号)原稿、投函。    2011.3.31.
f0151647_1738342.jpg

画像は、只今発売中の「週刊ポスト」(4/8号)の
【渋谷に原発!? 
あまりにひどい外国メディアの「報道被害」】 
という特集ページからです。

今日は仕事が休みで、1コママンガ専門誌「EYEMASK」(42号)に
提出するマンガの最終点検をして、さきほど、近所のポストに
投函してきました。

急遽企画された「特集・東日本大震災」用の1コママンガも
2点描き、締切日当日に投函できるとは、驚くべき事態です。

何らかの理由が生じて、いつも、「月末が締め切りですが、
翌月上旬までなら待ちます」という、最終締め切り確認の通知に
書かれた文章に甘えることになってしまいます。

パソコンでマンガを描いているので、かつては、
プリンターが故障のため、南海電車から地下鉄に乗り換えて、
キンコーズまで行って出力し、確認作業をすることになりましたが、
プリンターを購入したので、その手間がはぶけて、助かったことも、
間に合った大きな理由だと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   

通常の1コママンガ4点は、今回は、すべて時事ネタですが、
バラバラの内容で、通しタイトルを思いつきませんでした。

かつては、4点のテーマが同じなので、
「大阪でっせ! OSAKA ODYSSEY」
「大阪遺産」
「押し出し4点!」
「2009年衆議院選挙結果報告」
「似顔絵日記」
「トイ・スドーリー」などの通しタイトルをつけていましたが、
なしでもいいかとも思いましたが、目次のために必要な気も
しましたし、今回は、「ヒトシーランド」というタイトルを
つけることにしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

今回の時事ネタの中に、相撲の八百長メールを題材にしたものが
ありましたが、3月29日(火曜日)の「サンケイスポーツ」
に関連記事がありました。

なんとっ!

猛虎浪さんは、私が、住吉大社で、早朝に、稽古を拝見した
ことのある立浪部屋に所属のかたで、その稽古の際にも
おられたと思います。

ミクシィの日記で、2007年3月に、そのことを紹介して
いましたが、このブログに再録もしていました。

そのときの写真も載せていますので、よろしければ、
覗いてみてくださいね。

●住吉大社の「立浪部屋」の相撲の稽古        2008.2.24.

http://hitcity.exblog.jp/7538177
f0151647_1738312.jpg

by hitcity | 2011-03-31 17:38 | Comments(0)
コメント欄             2011.3.31.
f0151647_9323186.jpg

★又六さん

子供の頃から家の中で、ひとりで過ごすことが好きだったので、
扉の外が、田舎でも都会でも変わりがないような気がしていました。

現在は、テレビ画面が、その扉であるような気がしています。

淀川と大和川の間が生活圏だと思っていましたが、現在は、
我が家から半径10キロ以内が、生活圏内かと思ってみたりしています。

子供の頃から、メジャーとかマイナーの区別もなく、自分が接するものは、
メジャーで、存在を知らないものが、マイナー。

目に触れるすべてのものが、メジャーでした。

「月刊漫画ガロ」も「少年ジャンプ」も「月刊広場」も、私にとっては、
メジャー。

ミニシアターの映画も、シネコンの映画も、メジャー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実際に暮らしている場所のことを述べさせていただきますと、大阪市内で、
繁華街のナンバから、そう離れているわけでもありませんが、なんか、
大阪内の別の場所という気がするときがあったりします。

テレビドラマ「てっぱん」に登場する、このあたりを走る路面電車の存在を、
大阪暮らしのパーソナリティが、ラジオ番組で、知らなかったと
言っているのを、何度か聴きました。

近所に小説家の藤沢桓夫さんが住んでおられましたが、
司馬遼太郎さんが、そのあたりを、大阪とは別に存在する場所みたいな
ことを書いておられた記憶があります。

藤沢桓夫さんの「大阪自叙伝」に、横光利一さんが訪ねてこられた際に
乗ってきたタクシーの運転手が、通過する地名に「千躰町」と告げると、
また、そんな、誰も行かないところに~と横光さんが言われたということを、
藤沢さんが横光さんから伝えられたと記されていて、先日、長居公園の
キンチョウスタジアムに行った際、千躰町の交差点を通る時、
思い出したりしていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

梶井基次郎さんの「若き詩人の手紙」(角川文庫)という書簡集に、
川端康成さんと藤沢桓夫さんとの3人での、湯河原での湯治生活が
書かれていました。

先日、「茶房ピエロ」で拝見した、糸川耀史さんが監督された映画
「レモンセッケン」は、梶井基次郎さんの「檸檬」のレモンセッケン版(?)
とかいう説明がありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

家にこもるのが好きだと書きましたが、旅行にも行かなくて、
大震災にあわれた場所あたりも、一度だけ訪ねたことがあるだけでした。

その時は、斜陽館、石川啄木の家、つげ義春さんのマンガ
「リアリズムの宿」に登場する鯵ヶ沢の町あたりを歩いてまわりました。

画像は、テレビ番組「ミヤネ屋」に映し出されていた「石ノ森章太郎萬画館」
の現在の様子です。

気になっておられるかたがいるかもしれず、紹介させていただくことに
しました。
by hitcity | 2011-03-31 09:42 | Comments(0)
「玉出PIERROT展」          2011.3.30.
f0151647_1852454.jpg

●2011.3.26(土)糸川燿史映像×写真LIVE 
「大阪ディープサウス」「夜のピエロ」など上映。
ピエロマスター箕谷幸治氏との対談。 
19:00 ¥1,500(1ドリンク付、完全予約制)

に行ってきました。

玉出の「茶房ピエロ」は、我が家から自転車で5分ほど。

この近くのマンションに、長い年月、暮らして、
会社勤めをしていました。

取り壊されていましたが、「茶房ピエロ」のすぐ近く
(徒歩、数十秒のところ)に、古いアパート(玄関で
下駄箱に靴を入れ、廊下にあがるというタイプ)があって、
そこに親に内緒で偽名で借りて住んでいるという
女子大生と知り合い、たまに訪ねていたことを思い出しました。

1階の四畳半一間の部屋で、曇りガラスの窓がありました。

ある日の昼下がり、ふたりでいるところに、扉の外に誰かが
やってきた様子、見つかるとマズイッ!と女子大生が言い、
ふたりで息をひそめて、曇りガラスの窓枠の下の壁あたりに、
身体を隠していたことを思い出しました。

怖ろしかったぁ~(汗)。

何者だったのでしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのアパートの前で、ある夜、酒に酔ったオッサンに絡まれ、
「どいてぇや」と、軽く、オッサンの胸を突いたら、そのオッサン、
立てた鉛筆が倒れるが如く、直立したまま、後ろに倒れ、後頭部を
地面に打ちつけ、ビックリしたこともありました。

しばらくの間、オッサンの反応がなくなり、
殺してしまったかっ?と、焦りました。

けっこう時間が経ってから意識が回復し、そのオッサン、
「なんで、こんな目にあわなあかんのやぁ~!」と
泣き出しました。

近くの家から様子を見に出てきた別のオッサンが、
慣れた様子で、「大丈夫や、にいちゃん、もう行きや」
と言うので、その場を離れ、コンビニに寄って戻ってみたら、
酔ったそのオッサン、通りかかった女性に、元気そうに
絡んでいたので、ひと安心しました。

翌日、初めて購入したパソコンが届くことになっていて、
殺人したとなると、そのパソコン、しばらく使うことが
できなくなるかも?と、ずいぶん、不安になったものでした。

いろいろな思い出のある場所ですね~(汗)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのアパートには、落語家で、桂三枝さんの弟子が
住んでいると、その女子大生が言っていました。

すぐ近くに三枝さんの師匠の桂文枝さんが住んでおられ、その弟子の
桂きん枝さんや桂文珍さん、桂文福さんも、このあたりに住んで
おられたとか?

桂文枝さんが「茶房ピエロ」の常連だったとのことで、
開始時間の30分ほど前に到着しましたが、桂文枝さんが
落語をされている映像が、スクリーンに映し出されていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このイベントのことは、ミクシィの「春一番コンサート」の
コミュニティのトピックで知り、それを書き込みをされたかたに、
すぐにメールで申し込んでいました。

何箇月か前で、たぶん、自分が最初の予約者だと思っていました。
予約受け付けの返事もいただいていました。

ところが、入り口で名前を言ったところ、予約受付のノートに、
私の名前はありませんでした。

店内のテーブルの上には、結婚式の披露宴会場の如く、
苗字が書かれた大きな紙が置かれていて、そこに座ることに
なるのですが、座る場所がありません。

満員の状況で、結局、私は、関係者が、とりあえず
座ったり立ったりしている場所あたりの最後方に、無理やり
座るというかたちとなりました。

電話をかけて予約をするのが普通だったのでしょうね。

まぁ、ありがちなことのようにも思いますが~。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お客さんは、30人ほどで、店内、ギュウギュウ、
カウンターの中に立っているお客さんもいました。

1ドリンク券で、ウーロン茶を注文しましたが、
ペットボトル、そのままでしたが、この状況では、
そのほうが、ありがたかったです。

ほとんどのお客さんは、常連で、なじみのある間柄と伺え、
ほのぼのとした雰囲気がありました。

最後方の席に座ったおかけで、スクリーンだけを見つめる
のではなく、そんな雰囲気の店内を見渡せてよかったです。

吉本新喜劇の小藪千豊さんの父親もやってきて、
「芸能人っ」と、声をかけられていました。

最近、深夜のテレビで父子共演をされています。

前から半分あたりの場所で、映写をされる糸川さんの姿も
拝見しながら、映写される写真を楽しみました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私からふたりほど置いて、斜め前の席に、金森幸介さんが
座っておられたのも、嬉しかったです。

私が高校生時代、深夜2時頃から、毎日放送ラジオで放送されて
いた「狂い咲きフォーク」を長野隆さんとともに担当されていて、
好きな番組でした。
投稿文が読まれて、中川五郎さんのシングル盤レコード
(「殺し屋のブルース」)が届いたこともありました。

LPレコードの「豊田勇造 長野隆 ライブ」の録音会場のロビーの椅子に
金森さんが腰掛けていて、友人と、「金森幸介や」と言っていた
記憶もあります。

「五つの赤い風船」の日比谷野外音楽堂での解散コンサートの際、
風船のメンバーの長野隆さんが新グループを結成し、歌を披露される
ところが、「ゲームは終わり」という3枚組LPレコードの
実況録音盤に収録されています。

その新グループ「IMОバンド」の「Cata-Coto」という
LPレコードは、高校時代の愛聴盤で、その中の、金森幸介さんの
「悲しい日々」という曲が、当時、とても好きでした。

上田正樹さんも、この曲が好きだとカバーをされていました。

御堂会館でのIMОバンドの解散コンサート「悲しい日々」にも
行きました。
ゲストは、西岡たかしさんと豊田勇造さんでした。

金森幸介さんがソロになってからのLPレコード
「箱舟は去って」や「少年」も好んで聴いていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近うたわれている「悲しい日々」をユーチューブで
見つけましたが、茶房ピエロで拝見したときと同じ帽子を
被っておられるようです。

●「悲しい日々」 金森幸介
http://www.youtube.com/watch?v=jSZGTEAF54g

↓で、何十年も前の、LPレコードのほうを試聴できますが、
やっぱり、当時、なじんでいたほうが、じんわりときますね。

●Cata-Coto
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000087ERQ/urccd-22

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大阪の芸人、通天閣近くを撮った写真のスライドショー、糸川さんが、
フジテレビの「ワーズワースの庭」に出演されたときの映像、
「レモンセッケン 4」という映画の上映(出演されている
男性も来られていて、挨拶をされていました)、
映画「James Wind」の予告編が上映されました。

「ギャラリーあしたの箱」で、「James Wind」の予告編を
観たことがありますが、金森幸介さんが歌う場面がありました。

大阪の芸人の写真のスライドショーは、「ギャラリーあしたの箱」
で映写された人物写真集のうちから、芸人を選んだというもので、
そのとき入っていた、川崎ゆきおさん、ひさうちみちおさんの
写真など、「プレイガイド・ジャーナル」人脈の写真はありません
でした。

マンガ関係では、セーラー服を着て女装している赤塚不二夫さん、
青林堂の室内での長井勝一さんの、2枚がありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

終了したのは、午後9時半で、翌日、早朝勤務(3時起床)
なので、終わって、すぐに、退出し、自転車で5分、帰宅
しました。

写真は、到着時と帰宅時に撮影した「茶房ピエロ」です。
f0151647_18524057.jpg

by hitcity | 2011-03-30 18:52 | Comments(1)
「日本代表×Jリーグ選抜」      2011.3.29.
f0151647_1835168.jpg

「サッカー東北地方太平洋沖地震復興支援
チャリティーマッチ・がんばろうニッポン」
と、テレビ番組欄にありました。

もうすぐ、今夜7時から、こちらでは、よみうりテレビで放送されます。

スポーツ新聞の記事に、中継するニッポン放送が、宮城県各地の
コミュニティFM放送局や仙台市の「ラジオ3」にも流すと
書かれていました。

こちらでは、ラジオ関西で放送されるようですが、ラジコで、
ニッポン放送も聴くことができますね。

ラジオでサッカー中継を聴いたことはありませんが、どんなのでしょう?

一昨日の公開練習、遠くからでしたが、やたらと写真は撮っていました。

テレビで試合が始まる前に、このブログで紹介しておこうと、とりあえず、
2枚だけ選んでみました
f0151647_1841951.jpg

by hitcity | 2011-03-29 18:06 | Comments(0)
昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」   2011.3.28.
早朝勤務で昼過ぎに帰宅して、日曜日は、
午後1時半から3時まで放送されている、よみうりテレビの
「たかじんのそこまで言って委員会」を、必ず観ているような気がします。

昨日は、長居公園内のキンチョウスタジアムでの、慈善試合のための
サッカー日本代表の公開練習、午後4時開始ということなので、
早めに行くほうがいいかな? と思いながらも、いつも通り、
「たかじんのそこまで言って委員会」を観ました。

大震災、原子力発電所についての特集で、いつもにも
増して興味がありました。

ユーチューブで紹介されているかたがおられました。

全部でないので残念ですが、会見をしているメガネをかけている
色黒の保安員の素性についても語られていました。

水木しげるさん描くところの桜井昌一さんに似ているなぁ~と、
テレビで顔を拝見するたびに思ってしまいます。

私は、たいへん参考になったと思いますので、ここで紹介させて
もらおうと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●たかじんのそこまで言って委員会 大震災、知っておくべきこと原発編1/2

http://www.youtube.com/watch?v=rVM1dUqZu9s

そのまま続いています。 ↓

●たかじんのそこまで言って委員会 大震災、知っておくべきこと原発編2/2

http://www.youtube.com/watch?v=SfnjwOYF268

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次に紹介させていただく記事は、今日の「デイリースポーツ」からです。

昨日のキンチョウスタジアムの公開練習について紹介されています。

上の写真の、手前の人々がいるゴール裏席は、スタジアムの
観客席が満杯のため、バックスタンドとともに、遅く入場した人たちが
入ることになりました。

いつもは、よみうりテレビの「たかじんのそこまで言って委員会」が
3時前に終了し、3時から続いて放送されている、テレビ大阪の
「たかじんNОマネー」という番組も観ていて、昨日のテーマ、
宗教マネーというのにも興味がありましたが、それは見ないで、自転車で、
キンチョウスタジアムに向かいました。

それを観ていたほうが、いい場所で公開練習を見ることができたのに~、
と後悔しましたが、そんな成り行きになるとは、誰も知らないわけで、まぁ、
しかたがないですね。
f0151647_15441765.jpg
f0151647_15443948.jpg

by hitcity | 2011-03-28 15:45 | Comments(0)
45分
f0151647_19593086.jpg
並んで、やっと、入場。
by hitcity | 2011-03-27 17:33 | Comments(0)
やっと最後尾
f0151647_15581846.jpg

慈善試合のサッカー日本代表の公開練習。

キンチョウスタジアムの入り口前から行列の横を、長居公園の中、最後尾を求めて歩き、30分で、やっと到着!
by hitcity | 2011-03-27 15:58 | Comments(0)
コメント欄                2011.3.26.
ラジコで、名古屋などの放送も聴けるようになっていますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★又六さん

「トゥルー・グリット」のことは知りませんでした。

●「トゥルー・グリット」公式サイト
http://www.truegritmovie.com/intl/jp/

で予告編を拝見しましたが、面白そうですね。

仇討ちをしようという少女に、侍が同行するというような
映画を観たような気がしますが、どうでしょう?
すでに、西部劇にもありそうな気がしますね。

「キャット・バルー」も、そんなのだったかな?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「キャット・バルー」や「バーバレラ」、「世にも怪奇な物語」の
ころの、ジェーン・フォンダさんは、好きです。

●Cat Ballou - Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=koAA9MvqSpI

●Barbarella(1967) - Barbarella
http://www.youtube.com/watch?v=zaiEhaaLF6Q

●映画「世にも怪奇な物語(予告&3話一部) Fellini Spirits
http://www.dailymotion.com/video/xawvrm_fellini-spirits-of-the-deadtoby-da_shortfilms

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

石森章太郎さんのマンガ「009ノ1」、「家畜人ヤプー」(原作・沼昭三)に、
映画「バーバレラ」に似た場面がありました。
by hitcity | 2011-03-26 14:45 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル