> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2012年 03月 ( 55 )   > この月の画像一覧
「カーネーション」最終回       2012.3.31.
f0151647_2013440.jpg

ツイッターで、10時間前に、マンガ家の、いしかわじゅんさんが
【なるほどー。ひとまわりして終わったかー。これって究極の
楽屋落ちだな。面白かった。】と書いておられましたが、
NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」、きょうは最終回で、
いい終わりかたでした。

「おかあちゃんをモデルにした朝ドラを作らせてもらえませんかやて」
と長女が語る場面で急にモノクロ画面になる。

カラー画面に戻ると、その長女のそばに立って娘たちの会話を
聴いている、亡くなっている糸子の姿がある。

風になった糸子が見つめる映像に、「あんたらのそば」「空」
「商店街」「心斎橋」「緑」「光」「水の上」という糸子の声が重なる。

病院の自動ドアが勝手に開き、入り込りこむ風。

入院している幼なじみの奈津と糸子が再会した病院らしい。

「看護婦長から絶対に見せてやりなさいって言われていて」と
しゃべりかける看護婦に車椅子を押されて、病室からロビーの
テレビの前まで連れてこられる老婦人。

その顔は映されない。

テレビ画面で、おかあちゃんをモデルにした朝ドラ「カーネーション」の
初回、子供時代の糸子と尾野真千子さんの糸子が、物語の開始を
一緒に歌って知らせるというファーストシーン。

で、終了。

さすが、映画「ジョゼと虎と魚たち」の脚本家でありますね。

渡辺あやさんは、芸のある脚本家だと言いたくなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひとりの人間の人生を描いた、このようなテレビドラマの場合、
最終回には、過去の名場面集のようなものが、よく入っている
ものですが、私は、なじんだドラマの場合、それを見て、しみじみと
するのが好きでした。

今回の「カーネーション」にも、その名場面集を期待していました。

それは、エンディングに、もう一度、流れた主題歌のある
タイトルバックの映像の中に、ワクを作られて、そこで映し出され
ました。

主人公の人生にとって特に印象に残る転換期、人生を決定づける
ような出来事の場面が現れていきます。

もし、自分の人生が、連続ドラマ化されるとしたならば、その
名場面集には、いつの、どの出来事が入るのか、気になるところも
ありますね。

じつは、きょうが、その日でした。

冗談抜きで。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1コママンガ専門誌「EYEMASK」の次号用の原稿を、きょう、
完成させました。

昔、マンガを描いていたけれど、興味もなくなり、広告代理店勤務
時代は、ステレオ写真(立体写真)撮影が中心の生活となり、
マンガのことは忘れていました。

広告代理店が廃業となり、経済事情もあり、ステレオ写真の世界から
縁遠くなったときに、インターネットでマンガ関係者と交流を持つように
なり、パソコンによるマンガ制作方法を知り、マンガの世界に、また
近づくことになりました。

昔、熱中してマンガを描いていたころの記憶があるので、しかし、
自分は、本気では、やっていないというような気分がありました。

インターネットを通じて知り合ったマンガを描く人たちのブログなどを
見ていても、自分には、そんな情熱もないし、遠くから眺めているような
気分でいました。

今回の原稿には、ステレオ写真も加えて構成しています。

ステレオ写真にもマンガにも、どっちにも縁遠くなった気持ちで
いましたが、ここにきて、そのふたつが融合、生きているのか
生きていないのか、わからなかったような、この10数年に、やっと
意味が生じたような、そんな気持ちになった、きょうの1日でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月末締め切りで4月上旬まで待つ、という締め切り、今回は、
3月末で送らせてもらおうと、朝から、最終確認作業を続け、
午後4時40分、CD-Rにデータ保存も済ませ、プリントアウトした
ものを同封し、封筒の宛名も書き、ポストに投函しに行こうと
思ったものの、もう一度、確認してみたら、一箇所、隣の線と近い線を
0.5ミリほど移動させたくなり、もう一度、やり直してみました。

パソコンのベジェ曲線でマンガを描きはじめてからは、よくあることでは
ありますが(ペンでマンガを描いていた頃は、0.5ミリなんて、どう
することもできないことでした)、今回は、こだわりすぎた感じも
ありました。

それは、上記のような思いもあり、完璧を目指したい気持ちになった
ことがあるからかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月上旬になってしまいましたが、明日、勤務先に向かう途中で、
投函してみようと思います。

日曜日は、通常よりも1時間遅くから始まる勤務で、午前4時すぎに
なると思います。

今回の「EYEMASK」の原稿を切っ掛けとして、なんだか、
創作意欲がわいてきたような気がしたりもしています。
by hitcity | 2012-03-31 20:13 | Comments(0)
「ロケみつ・サイコロボイス・キーホルダー」    2012.3.30.
f0151647_1612074.jpg

昨夜、午前0時前に目が醒めて、NHK‐FMの
「大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012」の3回目を
聴きながら、このブログを書いていましたが、0時50分に
番組が終了、午前3時に家を出て勤務地に向かう毎日で、
午前2時に、いつも起きているので、そんなに眠る間もないし、
このまま起きておこうかと思いました。

新聞のテレビ番組欄を見たら、0時40分から、毎日放送テレビで
「ロケみつ」、続いて、1時40分から2時15分まで、
「withタイガース もっとうまくなりたい 安藤優也の復活に密着」
という番組があるので、それを観ようと思いました。

「ロケみつ」の稲垣早希さんのブログ旅の番組は、以前、午前9時から5時
(残業あり)の時間帯で、別の勤務先で仕事をしていた頃には、よく観て
いましたが、現在の勤務時間になってからは観なくなりました。

それで見ていたのですが、途中で眠ってしまいました。

目が醒めたのが、午前2時半!

職場に向かうための準備を始めました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目覚まし時計がなくても、睡眠時間の長さにかかわらず、短時間で
あっても、思った時間に目が醒めることができるということを、2階の自分の
部屋で、ひとりで寝ていた高校生の頃から会得できるようになり、長い
会社員生活の間でも、寝過ごして遅刻をするということがありません
でした。

ああ、1度だけあって、明日、仕事だし、寝ないといけないと思いつつ、
読んでいた小説「虚無への供物」(中井英夫)が面白すぎて、
寝ないまま、最後まで読みきったときには、朝になっていて、そこで、
私は、ほっとして眠ってしまい、次に目が醒めたときには、午前9時半
始業のところ、午前10時をまわっていた~!ということがありました。

それは例外ということで、まず、寝過ごすということはありません。

危ないところでしたが、一応、30分遅れで、目が醒めて、ひと安心でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チャンネルを替えたら、午前2時58分から、関西テレビの
「堀江ブギーデイズ」というドラマの最終回を放送していました。

「サマータイムマシン・ブルース」のヨーロッパ企画の上田誠さんが
脚本を担当されていると、先週あたり、チラッと見たときに、気がつき、
もっと真面目に、初回から録画して観ておきたかった~!と思いました。

昨夜の放送も、ドラマの最終回のシナリオ執筆に苦労している
女性が主人公の回のようで、面白い仕掛けがあるようでした。

堀江は、大阪の地名で、関西ローカルのドラマのようです。

TBSの「白戸修の事件簿」というドラマ、大阪では、火曜日の
深夜2時40分からの放送で、途中で家を出ることになりますが、
これも、けっこう面白く見たりもしています。
これは、阿佐ヶ谷が舞台ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ロケみつ」のブログ旅の、稲垣早希さんは、人気があって、
昨年、近所のイベントの司会に来られた際、覗きに行きました。

●すみよしもとお笑い道場【後編】 2011.10.8
http://hitcity.exblog.jp/16660033/

先週のことですが、仕事帰りに前を通ったディスカウント・ショップの
店頭に、ブログ旅の稲垣早希さんの大きなポスターが貼ってあって、
見てみたら、何かのグッズが山積みになっていて、195円とのことで、
なんとなく買ってみることにしました。

そのままにしていましたが、昨夜、チラッと放送を見たので、
この機会にと、開封してみました。

稲垣早希さんの声の出るサイコロでした。

また無駄使いをして~!と思われる向きもあるかもしれませんが、
このサイコロによって、もしかしたら、自分の人生が、良い方向に
むかうことがあるかもしれないので、気にしないことにします。
f0151647_1634278.jpg
f0151647_1635031.jpg
f0151647_1635985.jpg

by hitcity | 2012-03-30 16:03 | Comments(0)
「大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012」   3.30.   
昨日は休日だったので、寝溜めをすることができたので、
昨日は夕方は寝ることもなく、午後9時頃まで起きていました。

それから就寝、で、午前0時前に目が醒めて、ちょうど、
NHK‐FMで、「大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012」
の3回目の放送が始まるので、聴くことにする。

NHK‐FMはインターネットのラジコでは聴くことができず、
ラジカセで、いま、聴いています。

「エルヴィス・プレスリー講座」ですね。

「♪ベイビー」というのは、プレスリーが創始者とのことで、
「キヨシローくんのベイビーにつながっているんですね。」とのこと。

プレスリーがカバーした曲と元になった曲を流して聴き比べを
していますが、昨日の放送では、プレスリーがカバーをする際、
歌詞を足すと言っておられて、面白く思いました。

ミクシィの「大瀧詠一コミュニティ」のトピックスに、次のような書き込み。

【お聴き逃された方々へ...

+++++++++++++++++++++++++++++++

大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012【再放送】
放送日 :2012年 4月 2日(月)~2012年 4月 6日(金)
放送時間 :午後6:00~午後6:50(50分)】

知っていたら、その時間に聴くことにしたのに~。

このあと、午前3時頃に家を出て勤務地に自転車で向かうことに
なりますが、このまま起きているほうがいいでしょうか。

現在進行中の出来事なので、ツイッターに書き込むほうが
いいような気がするのですが、以上のような長文を書きたくなって
しまうので、私には、ツイッターは向いていないように思えてきます。

と、ラジオを聴きながら書き込んだところで、番組も終了しましたなう。
by hitcity | 2012-03-30 00:38 | Comments(0)
「よ~いドン」を見つつ、作業は、もうすぐゴール。 2012.3.29.
f0151647_19574378.jpg

きょうは仕事が休みの木曜日。

朝8時半頃から午後6時頃まで、ずっと、ホームごたつの
テーブルの上のノートパソコンに向かって、「EYEMASK」の
最終確認作業をしていました。

パソコンのベジェ曲線でマンガを描いていると、いくらでも
やり直しができるので、こういうふうにしたほうが良かったかな?
と思うことがあると、とりあえず、そう描きなおしてみて、
やっばり、元の絵に戻してみたり~と、キリがなくなってきます。

かぶらペンと墨汁でマンガを描いていたころも、よく描きなおして
いて、原稿が切り張りだらけになっていたものでした。

まぁ、そうやって、家にいて作業をしていると、お金も使わずに、
けっこう楽しめて、都合はいいですが。

テレビを見たり、CDを聴いたりしながらの作業です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

きょうのテレビでは、平日の午前9時55分から11時20分まで、
関西テレビで、「とくダネ!」に続く時間帯に放送している
「よ~いドン」で、月亭八光さんが、町歩きをする
「となりの人間国宝」のコーナーが面白かったです。

月亭八光(はちみつ)さんは、月亭八方さんの息子で、私は、
八方門下となった山崎邦正さん=月亭方正さんと八光さんとの
落語の二人会を、なんばグランド花月の隣の、テレビのスタジオ
みたいなところで拝見したことがありました。

きょうは、我が家の近所にある住吉大社から、その周辺を、
八光さんが歩いておられました。

上の写真は、2009年の8月1日に撮影したものですが、
馬がやってきたのが、住吉大社の正面の鳥居のほうからで、
これから、写真の右にある道路、紀州街道を南に、大和川を越え、
堺市のほうに向かって行くところです。

この紀州街道は、岸和田市の「だんじり祭り」で、よく家屋が
壊される細い道の映像がテレビに映りますが、そこまで続いている
はずです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

写真の左側にあるのが、住吉税務署で、その向かいにある喫茶店に、
きょうの放送では、八光さんが入って行かれました。

いつ頃からか、そこに、しゃれた外観の、その喫茶店ができていた
ことには気づいていましたが、入ったことはありませんでした。

韓流ドラマにはまって、韓国に留学したという女性が店にいて、
経営されているようでした。

店内に、ホッチキスの塊で作られた高層ビルなどが並ぶ町並みの
ジオラマが置かれていて、父親が作ったものだということで、
電話で呼ばれた父親が新作を抱えて店にやってきていましたが、
見事なジオラマでした。

その父親は、テキスタル・デザイナーをされているとのことでした。

住吉大社周辺は、明日の放送に続くようですが、予告によりますと、
砂絵を作られているかたが登場されるようです(?)。

録画予約しておくことにします。
by hitcity | 2012-03-29 19:58 | Comments(0)
3/25=1★Jチャンネル・あいりん地区特集    2012.3.29.
f0151647_2254951.jpg

私が参加させてもらっている「月刊漫画 架空」の発行人の
西野空男さんのブログ「西野空男の行列(2)」の3月25日の
「霊界通信2」に、テレビ番組の「銭形金太郎」のスペシャルに
出演する予定があり、仮撮影までいったが、ボツになったという
記述がありました。

以前、取材がくるので、部屋かたづけをするという記述があり、
何かの雑誌で取り上げられるのかな?と思ってみたりしていた
のですが、テレビ番組だということは想像していませんでした。

「月刊漫画 架空」の宣伝もできたのかな?と、その点では、
残念な気がしました。

広告代理店勤務が長かったので、私は、まず、そういうことを
思ってしまいますね。

その広告代理店は、新聞の広告が中心だったので、テレビは
扱っていなくて、私の勤務していた期間には、1度だけ、南船場に
ある中古カメラ店のラジオのコマーシャルを扱っていたことが
あるだけでした。

バブルの頃、大阪で創刊した月刊の美術雑誌を発行する会社に
勤務していたことがありましたが、テレビ大阪で、1度だけ、
その雑誌のコマーシャルが流れたことがありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20歳の頃、「月刊漫画ガロ」にマンガを発表されていた
淀川さんぽさんが監督した「街で拾った小さなメルヘン」
という8ミリフィルム映画の主演男優をしたことがありましたが、
梅田の「喫茶オメガ」で上映後、梅田の地下街などを歩いていると、
見た人が、この中にいるのではないか~、はずかし~!と、
気になってしかたがなかったことがありました。

それ以降、人前で何かをおこなうということはしないことを
決意しました。
そういう依頼もなく、ぶじ、実行し続けることができています。

テレビ番組などに出たら、そういうことが気になってしかたが
なくなるのではないかな~?と、ボツになってよかったと、
私は思ってみたりしました。

●【発掘チラシ大全集】 喫茶オメガの3本立て上映会  8.21.
http://hitcity.exblog.jp/14440316/

で、その映画のチラシを紹介しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今夜7時から、その「銭形金太郎」のスペシャル番組が放送されて
いて、少し眺めてみました。

「銭形金太郎」は、初めて見ましたが、町のビンボー人を紹介する
という企画の番組のようです。

ほんのわずかの場面を見ただけですが、出ているビンボー人のかた
は、裕福な境遇にあるように思えました。

ビンボーな人ではなく、貧乏な人が取り上げられているテレビ番組は、
この前の日曜日の午後5時半から、テレビ朝日系列で放送されていた
「Jチャンネル」の「あいりん地区特集」を観ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上の画像は、10年ほど前、あいりん地区の三角公園で開催されて
いる「釜ヶ崎夏祭り」でお見かけした、根本敬さんを撮らせて
いただいた写真です。

私が持参していた、2枚1組のステレオ写真(立体写真)をセットした
ビュアーを覗いておられるところです。

湯浅学(音楽評論家)、船橋英雄(デザイナー)、根本敬(特殊漫画家)
からなる幻の名盤解放同盟のサイン会に行ったことがあったので、
それで声をかけさせていただきました。

なんばブックセンターでのサイン会には、付き添いのような形で
「たま」の石川浩司さんも来られていました。

このときの「釜ヶ崎夏祭り」の三角公園では、根本敬さんと
湯浅学さんのおふたりをお見かけしました。

翌年も、おふたりは来られていましたが、昨年、写真を撮らせて
もらったのに、その写真を持参しなかったのが、まずかったような
気がして、気おくれして、声はかけないでいました。
f0151647_2271556.jpg

「Jチャンネル」の「あいりん地区特集」で、路上で寝ている半裸姿の
男性が映っていましたが、なんだか、見覚えがあるような気がしました。

●8/12=1★「釜ケ崎夏祭り」の前夜祭       2009.8.12.
http://hitcity.exblog.jp/11721828/

の上から4枚目の写真の中の手前で寝ている男性です。

このおっさんからは、この写真を撮って、しばらくしたあとに、
「きれいな顔しているなぁ。しゃぶったろか。しゃぶらせてくれ」
とか言われて、非常に恐ろしかったという記憶があります。

きれいな顔ということに、心当たりはないのですが、たしかに
そう言っていたのです~。
そのとき、かわいいとも、言われた記憶があります(汗)。

テレビ画面を見て、そのおっさんのような気がしてしかたがなかったです。

ステージには、このブログでは、おなじみの、のこぎり演奏家の
しょうゆさんがおられます。
f0151647_2275116.jpg

釜ヶ崎夏祭りの三角公園の盆踊りのヤグラが映っている画面も
登場していました。
by hitcity | 2012-03-29 02:28 | Comments(0)
3/25=2★Jチャンネル・あいりん地区特集    2012.3.29.
「Jチャンネル」の「あいりん地区特集」には、しょうゆさんと
お互いに相手を詩に書きあっておられた登さんというかたも
登場されていました。

●10/15=2★こころのたねとして2011 釜ヶ崎・飛田・山王 詩の朗読
http://hitcity.exblog.jp/16690267/

に、しょうゆさんと登さんが映っている写真があります。
f0151647_2244510.jpg
f0151647_2245220.jpg
f0151647_2245943.jpg
f0151647_225667.jpg

by hitcity | 2012-03-29 02:25 | Comments(0)
3/25=3★Jチャンネル・あいりん地区特集    2012.3.29.
テレビ画面の右上の「ビデオ1」という表示が、リモコンに
水をかけて以来、消えなくなってしまいました(汗)。     ↓
f0151647_219856.jpg
f0151647_2191666.jpg
f0151647_2192392.jpg
f0151647_2193072.jpg
f0151647_2193726.jpg
f0151647_2194458.jpg

by hitcity | 2012-03-29 02:19 | Comments(0)
3/25=4★Jチャンネル・あいりん地区特集    2012.3.29.
f0151647_216859.jpg
f0151647_2161664.jpg
f0151647_2162371.jpg
f0151647_2162967.jpg




 ↑
ステージ全体を遠くから撮った画面では、左下の隅に映っている
灰色の帽子、水色の服、片手にデジタルカメラの男が、私です。

2009年の釜ヶ崎夏祭りです。
by hitcity | 2012-03-29 02:17 | Comments(2)
シンディ・ローパーの豆まきも。     2012.3.28.
f0151647_164655.jpg

ツイッターに、マンガ家の いしかわじゅんさんが、12時間前、
「しまった!NHKで毎晩やってるのに聞き忘れた!」と
書いておられるのを見て、思い出しました!
 
私も、ミクシィの「大瀧詠一コミュニティ」で、かなり前に
情報を入手していましたが、忘れていました。

【NHK-FM ブログより
『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012』
3月27日(火)~31日(土)前0:00~0:50 (26日(月)~30日(金)深夜)

今回の5回シリーズでは、エルヴィス・プレスリーを中心に
1950年初頭からのアメリカン・ポップスの進化を大瀧詠一独特の
視点で語っていきます。どうぞお楽しみに! 】

とのことでした。

明日は仕事が休みなので、今夜は、ゆっくりと聴いてみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11時間前、いしかわじゅんさんが、「radikoで聴いてるよ」と
ツイッターに書いておられる、昨夜3時から5時までのニッポン放送の、
大瀧詠一さんがゲストの「くり万太郎のオールナイト・ニッポン」、
午前3時過ぎに、職場に向かうので、その際、ラジカセの録音ボタンを
押してきました。
タイマーはないので、片面60分のテープ収録分のみ。
まだ聴いていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日は、仕事から帰ってから、夕方にも少し眠り、更に午後8時頃から
午前1時半頃まで眠ってしまい、夕刊のテレビ番組欄を見ないままで
いましたが、目が醒めてから見てみたら、午前0時15分から、
NHKテレビで、「朝ドラ殺人事件(前編)」とありました。

先週あたり、ツイッターに、鈴木慶一さんが、このドラマの音楽製作の
ため、NHK通いをされていることを書かれていましたが、こんなに早く
放送されるのかぁ~。

今夜1時5分から、1時35分まで、、「朝ドラ殺人事件(後編)」が
放送されるようなので、大瀧詠一さんのラジオを聴きながら、
テレビ場面を眺めることにしましょう。

眺めるだけでは、鈴木慶一さんの音楽、聴くことができないかぁ~。

日本の音楽関係者で、現在、私が興味があるのは、大瀧詠一さんと
鈴木慶一さんのおふたりと言ってもいいかと思います。

おふたりで仕事をされたのには、「やまがた すみこライヴ」があり、
このLPレコード、持っています。

●大瀧詠一構成/演出 ★やまがた すみこ / すみこ・ライヴ (LP)
★編曲/演奏・鈴木慶一&ムーンライダーズ !!
http://muroreco.shop-pro.jp/?pid=17171332

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「朝ドラ」といえば、「カーネーション」、とうとう、先週から
見なくなってしまいました。

「週刊少年マガジン」に連載されていたマンガ「巨人の星」は、
左腕投手の星飛雄馬の左腕が壊れて終了となりましたが、のちに
「新・巨人の星」として「週刊読売」に、じつは、右利きだった
といって、続編として連載されたことがありました。

「カーネーション」の主役の夏木マリさんへの変更から、関係ないの
だけれど、「新・巨人の星」で、しらけた気分になったときのことを
思い出したりしています。

主演の尾野真千子さん出演の最終回、母親の麻生祐未さんが、
亡き夫の小林薫さんの幻影を、だんじり祭りのための来訪者で
賑わう居間の中に見る、という、あの感動のラストシーンで
終わっていてほしかったなぁ~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひとつ前のワクで、海外のアーティストのコンサートの鑑賞歴を
書きましたが、コンサートではありませんでしたが、シンディ・ローパー
さんを見たこともありました。

●生田神社震災復興節分祭で行われた「豆まき神事」。
ゲストで訪れた歌手のシンディ・ローパーさんも豆まきを楽しんだ。
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/photo/maeda/a25.html

の写真の場面、私は、けっこう、近くから見ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●【オマケ・1】「関西じつわ」「ラピタ」より。
http://hitcity.exblog.jp/16428960/

で紹介している、「ハイツリーミュージアム館長」として
私を取り上げてくださっている雑誌「関西じつわ」で、私が
取材を受けた二階堂茂さんが、月刊誌「GON!」に、「西の常識」
という関西のイベント紹介のページを担当されていて、その二階堂さんに
シンディ・ローパーの豆まきの情報をお伝えしたところ、生田神社で
遭遇、この豆まきのことが記事になった回の「西の常識」には、
協力者名として、私の名前を載せてくださっていました。

「西の常識」に、私のステレオ写真(立体写真)を載せたいとか
言ってくださいましたが、写真を選んだりするのが面倒なので、
う~ん…とか返事してしまいました。

そういうとき、是非!是非!とかならず、消極的なのは、
なぜかなぁ~?と思いますね。せっかく声をかけてくださっているのに。

そういえば、インターネット関係の雑誌「あちゃら」で、関西ステレオ写真
同好会で一緒だった、でじまるさんのサイトが、芸能部門のベストスリー
入りをしたことがあって、でじまるさんが撮影されているコスプレイヤーの
ステレオ写真集を出しませんか(何かに載せませんか、だったかな?)
と出版社から連絡があったけれど、断ったということを聴いた記憶が
あります。

そういうとき、是非!是非!という人間ならば、東京に行って暮らしている
といえるかもしれませんね?

検索してみたら、「西の常識」のサイトがありました!

http://www.ne.jp/asahi/nisi/josiki/contents.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それから、15年。

私のステレオ写真は、「EYEMASK」(43号)に掲載されました。

ついに、その時がきたっ!

というわけで、明日の休日は、「EYEMASK」の次号に掲載予定の
ステレオ写真の最終確認作業をすることにします。


by hitcity | 2012-03-28 16:39 | Comments(0)
コメント欄                 2012.3.27.
●又六さん

テエイスト・オブ・ハニーは、知らないです。

有名な音楽関係のかたでも、私は、ほとんど何も知らないですね。

1994年に、東大寺の境内で、国際音楽イベント
「あおによしG.M.E'94」というのが開催されて行きましたが、
有名な海外アーティストが、たくさん出演されていたのですが、
現在では、ほとんど記憶がなくて、誰が出ていたのかなぁ~?
という具合です。

検索してみたら、

【ボブ・ディラン、ボンジョビ、インネクセス[INXS]、
ジョニ・ミッチェル、ライ・クーダー、チーフタンズ、
マイケル・ケイメン、ジョージ・マーチン、ウェイン・ショーター、
ロジャー・テイラー、ジム・ケルトナー、レイ・クーパー、
劉宏軍(天平楽府)、レナード衛藤、布袋寅泰、X-JAPAN、
玉置浩二、近藤等則、喜納昌吉等】

とあり、ジョニ・ミッチェル(以下、外国人のかたは、敬称略に
させていただきます)を目当てに、私は行きました。

検索してみたら、布袋寅泰さんのサイトに、次のような記述がありました。

【東大寺では1994年に「あおによし」と題された世界中の
アーチストが一同に会したコンサートに招かれ、QUEENの
ロジャー・テイラーとレイ・クーパー、ピノ・パラディーノ等と
一緒に「Fly Into Your Dream」と言う曲を、ジョニ・ミッチェル
と彼女のバンド(ライ・クーダーやジム・ケルトナー!!!)と
一緒にジョニの曲を数曲、INXSとも2曲一緒にプレイしました。
オーケストラの指揮を担当していたのがマイケル・ケイメン氏。】

ステージから遠いので、記念に東大寺を含むステージの風景を撮る
つもりで、ロレオという小型のステレオカメラ(立体写真撮影カメラ)で、
写真撮影をしたら、そのとき、X-JAPANが出演中で、近くに立っていた
若い女性から、「撮らないでぇ~っ!」と、えらい剣幕で怒られた記憶が
あります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1982年の夏、住之江競艇場で、RCサクセション、
チャック・ベリー、サム&デイヴのサム・ムーアが共演する
コンサートに行ったこともありました。

雷雨の中のコンサートで、チャック・ベリーは、感電する危険が
あるとかで、1曲、演奏して、おしまいだったような記憶があります。

チャック・ベリーは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の映画に、
友人(役)が登場していましたね。

双眼鏡を持参して行きましたが、隣りの席に、4人だったかのグループで
来ている女子高校生(と思いました)が座っていて、RCサクセションが
登場すると、双眼鏡を貸してくださいと言われ、貸してみたところ、
その友達間をまわって、なかなか、戻ってこなかったという記憶も
あります。
私も、RCサクセション目当てだったのに~。

おばはん気質の、あのときの女子高生たち、現在では、ほんまもんの
おばはんになっているのでしょうね~。

「月刊漫画 架空」に参加されている、まどの一哉さんとは、それ以前に
同じミニコミ誌の制作スタッフとして知り合っていましたが、まどのさんも、
住之江競艇場での、そのコンサートの入場待ちの列の中におられて、
挨拶をしたという記憶もあります。

モーターボートに乗って、RCサクセションのメンバーが、水上ステージに
到着、雷雨の中、キヨシローさんが転げまわっていました。

キヨシローさんが、インタビューで、思い出に残るステージとして、
この住之江競艇場でのコンサートを挙げておられるのを読んだ記憶も
あります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このブログは、回想録というか、回想メモも兼ねているところが
ありますので、この機会に、海外アーティストのコンサートで行ったことの
あるかたの御名前を列記させてもらうことにします。

たぶん、全部、書くことができると思います。
上記の「あおによしコンサート」と、ミュージカルは除きます。
順不同です。

ビージーズ、ポール・サイモン(初来日と、その後、1回)、
カウント・ベーシー・オーケストラ、ジャック・エリオット&西岡たかし、
ボブ・ディラン(初来日から3回まで、来日のたびに行ったと思います)、
サイモン&ガーファンクル、ミック・ジャガー、ザ・ローリング・ストーンズ、
マイケル・ジャクソン、ジョージ・ハリスン with エリック・クラプトン、
チャック・ベリー、サム・ムーア、ジム・オルーク、というところでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2005年の5月に、又六さんもお馴染みの「誘蛾灯は引き出しの中」の
サイトの掲示板で交流していた誘蛾灯さんと入江さんと、服部緑地野外
音楽堂での「春一番コンサート」に行きましたが、坂田明さんと共演される
ジム・オルークという人が、誘蛾灯さんによりますと、すごい人とのこと
でしたが、もちろん、私は、何も知りませんでした(汗)。

その日の様子を、写真入りで紹介されているかたがおられました。

http://www.gensenkan.net/~saturate/haruichiban2005.html

の「春一番 第3日 5月4日(水)」です。

翌日の「春一番 第4日 5月5日(木)」は、入江さんが、おひとりで
行かれたと、あとで、「誘蛾灯掲示板」で知りました。

奈良の東大寺での「あおによしコンサート」の動画が、ユーチューブに
いくつかあるようです。


by hitcity | 2012-03-27 18:36 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル