> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2012年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧
コメント欄                2012.7.30.
昨日、マンガ・クロッキー会を開催しました。

楽しかったです。

但し、私の体調が悪かったのが、残念でした。

今日は、有給休暇をとっていたのですが、朝からテレビの前で、
ずっと横になり、午後からはベッドで眠っていました。

昨日のマンガ・クロッキー会のことを、このブログに書き込む
つもりでしたが、しんどくてたまらないので、後日、ゆっくりと
ということにさせていただきます。

昨日の終了時には、意識が朦朧としていたところもあり、
いろいろと勘違いをしていたことに、あとで気がついたりしました。
どうも、すいませんでした。

参加してくださいました皆さん、どうも、ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★又六さん

前のコメント欄を書いたあと、眠った際に、忍者まちこさんの
ブログの画面が続く夢を見ました。

本の1ページずつの画面を夢として見ることは、たまにありますが、
パソコンのモニター画面が続くという夢は初めて見たような気がします。

そこには、猟奇娘の渡辺まちこさんと又六さんが、どこかで
遭遇することができたということが書かれていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★長谷邦夫さん

楳図かずおさんのストーリーギャグ漫画の「アゲイン」の脇役だった 
まことちゃんが、ギャグ漫画「まことちゃん」の主人公になったわけですが、
私は、「アゲイン」のほうが面白いと思え、笑えるような気がします。
by hitcity | 2012-07-29 18:56 | Comments(1)
明日、いよいよ、マンガ・クロッキー会開催です。 2012.7.27.
さっきまで、あした持っていくものを揃えたりしていました。

さて、これから、コメント欄や、メールをいただいているかたへの
返事を書かせてもらおうと思っていたのですが、ただいま午後7時前
なのですが、猛烈に眠くなっています。

まずは、明日の告知を、もう一度させてもらいまして、今は
眠ることにします。

体調は快復、なんともない状態になり、ひと安心です。

現在、参加の予定を聴いているかたは、私も含めてになりますが、
7名です。

当日、いきなりの参加が可ですので、気が向きましたら、直接、
お越しください。

では、おやすみなさい。むにゃむにゃむにゃ…。

通天閣の真下の空環工房のこされ島にて、2012年7月28日(土曜日)
午後1時から5時までです。

http://hitcity.exblog.jp/17752931/
by hitcity | 2012-07-27 19:01 | Comments(1)
コメント欄                2012.7.26.
★又六さん

いま、「オリンピック女子サッカー、テレビ観戦」と
長谷邦夫さん宛の「コメント欄」を書き込んだあと、
又六さんのコメントに気がつきました。

う~ん、いらん情報をお伝えしましたかも?
どうも申し訳ありませんでした。

なんか、猟奇娘っぽい気がしないでもないですが(汗)。
by hitcity | 2012-07-26 19:03 | Comments(1)
コメント欄                2012.7.26.
★長谷邦夫さん

「週刊少年キング」に連載されていた、空飛光一さんという
かたの「リーゼント・カバ」というマンガも面白かったことを
思い出しました。

当時、山上たつひこさんの「がきデカ」によく似たマンガが
たくさん登場し、このマンガも、そのような類いのマンガだった
かもしれませんが、こまわりくんよりも面白かったような
気がします。

こまわりくんと言えば、1980年に創拓社から刊行された
「コアレス世代 : 現代っ子の生活心理」(深作光貞、斎藤光共著)
という本があるのですが、こまわりくんの行動から現在の子供の
心理を探るというような内容で、いちいち、「がきデカ」の
マンガの内容を詳細に文字に起こされているのですが、
文章で読んでみても、こまわりくんの行動には、笑わされた
もので、感心したものでした。

「週刊少年チャンピオン」に「あばしり一家」(永井豪)が
連載されていたとき、「ストーリー・ギャグ」と銘打たれていた
記憶があるのですが、ちばてつやさんの「おれは鉄平」や
「のたり松太郎」、楳図かずおさんの「アゲイン」なども
笑えるストーリー漫画として読んでいました。
山止たつひこさん(秋本治さん)の「こちら葛飾区亀有公園前
派出所」の登場も、その頃だったでしょうか?

ギャグ漫画の歴史としましては、その頃のことが
気になったりもしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ワープロやパソコンの文字入力が普及してからは、タイプミスは
当たり前のような感じになったてきて、本を読んでいても、
ミスを発見することが多くなってきたような気がします。
どういう理由で、こういうミスになったのか?と不思議に
思うことも、たまにあります。

昔は、誤植は、よく似た漢字で間違ったのだなぁ~と見当が
ついたものですが。

昔、デザイン会社に勤務していた頃、同僚の女性が、
講談社文庫の「風の歌を聴け」(村上春樹)のはじめのほうに
「動物園」が「動動園」になっていると言ってきたので、
出版社に教えてあげたらと応えたところ、実際に送られた
ようで、次の版から訂正しますと編集者が書かれたハガキが
返事として届いたそうです。

お母さんから、「あんた、なにしてるの~」と言われたそう
ですが、良いことをしたなと思っています。
by hitcity | 2012-07-26 18:53 | Comments(1)
オリンピック女子サッカー、テレビ観戦。   2012.7.26.
昨日の急な休日は、1日、部屋の中で、ゴロリと横になっていた
わけですが、急に咳き込みはじめました。

近所に住むおばさん(母親の妹)に言うと、咳止めの薬をくれて、
それを飲むと、すっかり、咳は止まりました。

仕事で汗を流し、帰宅後、何度も入浴をしています。

家全体が温泉になっていて、湯船の中に机や椅子、ベッドなどが
配置さている、そんな環境だったら、どんなに素敵だろう~と
夢想しながら、繰り返しの入浴しているのですが、、それが、
風邪のもとだったのかもしれません(?)。

夜7時過ぎに眠ってしまい、目が醒めたら、夜の11時半ごろ
でした。

オリンピックの女子サッカーの予選があるから見ようと、
チャンネルを合わせると、今田耕司さんや月亭八方さん、
シャンプーハット、サバンナ、小藪千豊さんたちが出演されて
いるレギュラー番組の放送中、そのままにしておいて、また
眠りました。

午前0時20分に、女子サッカーの日本対カナダ戦の放送開始、
試合自体は、なかなか始まりそうにないので、また眠りました。

「君が代」の曲が聴こえてきて目が醒めました。
大阪市の職員でもないので、起立はしませんでしたが、椅子に
座り直して、サッカー中継の観戦をすることにしました。

試合終了は、午前3時頃で、ちょうど、毎日、勤務先に向かう
ため、家を出る時刻です。

桑名正博さんが入院されている病院の周辺には、この時刻には、
誰もおられません(今日の仕事帰りに、裏口を見たら、報道関係の
男性が4人、座っておられました)。

しばらく自転車で走っていたら、高速道路の下の人工的な
川のせせらぎのようになった場所に、若い男女が10人ほど
輪になって座っていて、なにやら楽しげでした。

この時刻、あまり、人を見かけないのですが。

同僚の休みの希望のため、いつもは休日の木曜日の出社と
なりましたが、水曜日は忙しく駆けまわって仕事をしてるの
ですが、木曜日は、ゆったりと落ち着いたもので、きょうは、
しんどさを感じませんでした。

午後から作動させると言っていた送風機も、朝から作動して
いました。

これだけ暑くて、熱中症で入院した人間も出ているんですもの
ねぇ~。

体調、持ち直してきたので、ひと安心です。
by hitcity | 2012-07-26 18:53 | Comments(0)
急に休日                   2012.7.25.
【次のワクにコメント欄があります。】

昨日の火曜日、午前3時に家を出る際から、しんどかった。

シフトでは水曜日が休みの男が、都合により木曜日に休みたいと
いうことになり、木曜日が休みの私が、明日の水曜日が休み、
木曜日に出社ということになった。

今度の土曜日は、通天閣下での「マンガ・クロッキー会」の
日なので、木曜日が休みで、中1日で、土曜日というほうが
体調的にはいいような気がするけれど、昨日の状況では、
明日が休みになったので助かったという気分になる。

1台のカゴ車に、8キロのものを縦に5個、2列に積んでいく
作業などをする。

自転車で帰宅時、桑名正博さんが入院されている病院の裏口を
見たら、テレビカメラマンらしき男が6人ほど座り込んでいた。

帰宅後、ワキ腹が痛くなる。

昨年の6月に、肺の膜に水のたまる胸膜炎になりましたが、
そのときもワキ腹が痛くなっていたことを思いだす。
再発でないことを願う。

帰宅後は、ずっと、テレビの前に横になっていた。

ベッドに移ってからも、長時間、眠る。

午前7時半頃までという、異例の長さで眠っていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日の水曜日、急な休み。

「マンガ・クロッキー会」の企画を立てた1箇月ほど前、昔、描いた
8ページのマンガの絵コンテをもとにして、改作を試みました。

人物の設定などを変え、冒頭にエピソードを新たに追加、その
前半部分を描いていました。

土曜日の「マンガ・クロッキー会」までには、おしまいまで
まとめないとなぁ~と、元々の8ページ分のエピソードを、後半に
まとめてみる。

12ページになる。

このマンガは、左右に少し角度などの違った同じような絵を2枚並べ、
裸眼立体視で見る立体マンガとして描くつもりで、1ページ、
縦に5段という構成になります。

ふつうのマンガ的ではなく、絵物語的というか、紙芝居的に
ならざるを得ません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ワキ腹の痛みは治まっている。
重いものを積み上げる作業での筋肉痛とかだったのだろう?

そのかわり、咳き込むことが多く、胸膜炎の不安がよぎる。

今度の土曜日は、マンガ・クロッキー会で、私が企画するなどという
珍しいことをするので、それに合わせて、体調が悪くなるという
ことは、ありがちなことのような気にもなってくる(?)。

とにかく、土曜日のマンガ・クロッキー会は開催せねばならないし、
病院には、それ以降、来週になってから行くことにする。

単に風邪気味だということだといいのだが。

とりあえず、マンガ・クロッキー会に持参する絵コンテが
まとまったので、その点では、安心することのできた1日でした。
by hitcity | 2012-07-25 20:02 | Comments(1)
コメント欄                 2012.7.25.
★長谷邦夫さん

ありがとうございます。
ずっと、扇風機だけで過ごしてきましたが、とうとうエアコンを使いました。
ミクシィの日記で、関東のかただと思いますが、仕事の出張で大阪に
行くが、サウナのようだろうなぁと書かれているかたがおられました。
透明なバリアに囲まれたサウナのような町なのかもしれませんね?

「ギャグ・ナンセンス漫画史」、楽しみです。

私の場合、古いものに関しては、割と知っているような気がするのですが
(?)、ここ20年ほどは、マンガからは離れ気味なので、最近のものに
ついて、むしろ、興味があるところがあります。

最近、といっても、20年ほど前のものからとなりますが、面白くて笑えた
ギャグマンガとしては、「めんバッチン」(小林よしのり)、「異能戦士」
(小林よしのり)、「じみへん」(中崎タツヤ)、「みこすり半劇場」
(岩谷テンホー)、「水戸黄門」(田村信)、「シティライツ」(大橋裕之)が
あります。

新刊として販売されているのは、「シティライツ・2」(大橋裕之)なので、
マンガを読んで何年ぶりかに笑ったことになるのでょうか?
f0151647_17405166.jpg

★migiwapanさん

ありがとうございます。
近所のセブンイレブンに行きましたが、ポッカレモンは
見つかりませんでした。探してみます。

私は軽いカル中(カルビス中毒)なので、何かといえば、カルビスを
飲んでしまいますが、仕事を終えたあとは、職場にある自販機で、
ひやしあめを購入し、帰宅途中、自転車に乗って、飲むんでいると、
すっとしてきます。

子供のころ、母親の買い物に付いて行っていた商店街の中ほどに、
ひやしあめを売っている店があって、ひしゃくでガラスのコップに
入れて販売していました。

大きなグラスが10円で、小さなグラスが5円でしたが、店の
おっちゃんから、5円のをふたつのほうが量が多いと聴いてからは、
「5円のん、ふたつ」と注文し、母親から、「いややわ~、この子は」と
言われていたものでした。

http://d.hatena.ne.jp/migiwapan/?of=1
のブログで、「EYEMASK」と「漫画雑誌 架空」を
紹介してくださいまして、どうもありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

桂枝雀さんは、襲名前の桂小米さんのころから好きで、午後1時すぎから
だったと思いますが、大阪朝日放送ラジオで放送されていた
「ポッブ対歌謡曲」という番組に出演されているのを聴くため、
トランジスタラジオを高校に持っていき聴いていました。

♪きみの知らない、ポップ対歌謡曲、聴いたことのないコヨネ~。

映画「ドグラ・マグラ」に触れる際、必ず書いているような気がしますが、
ムーンライダーズがカバーした「マイ・ネーム・イズ・ジャック」の
【♪グレタ・ガルボの水着のポートレート】の箇所を
【♪ドグラ・マグラのシジャクのポートレート】と、つい、
くちずさんでしまいます。





★又六さん

猟奇娘の渡辺まちこさんが、明日26日、円頓寺商店街というところで、
忍者姿でホラ貝を吹かれるそうですよ。

●忍者まちこのブログ
http://ameblo.jp/ninjamachiko/entry-11307442988.html
by hitcity | 2012-07-25 17:41 | Comments(2)
帰宅後、ずっと横になっています。       2012.7.23.
昨日の日曜日は午前5時始まり、今日の月曜日は午前4時始まりで、
正午まで勤務。

同僚で、熱中症で入院した者がいたり、同じ建物内で、3社が入って
仕事を分担しているわけですが、他社の人間とのトラブルで、突然、
「辞めます!」と言って、来なくなった者がいたりで(彼は、このブログに、
1度だけ、午後からスポーツクラブでテニスの指導をしている人物として、
何かの際に登場した記憶があります?)、仕事がきつくなってきて、
しんどくてたまらない。

昨日は、インターネット接続をするのさえ、しんどくて、帰宅後、ずっと、
テレビの前で、横になっていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日の、よみうりテレビの「たかじんのそこまで言って委員会」は、
松井大阪府知事が初出演。

橋下前府知事時代に、箕面市の身障者スポーツセンターを廃止
と打ち出していたのをくつがえして、継続させると決定、ふつうの人情を
持ち合わせているので、ほっとしたことが、ありました。

勤務先からの帰宅時、桑名正博さんが入院されている病院の裏口を
見ると、昨日は、テレビカメラマンらしき男性が3人、今日は4人、
新聞や雑誌を手にしたりして、しゃがんでいる様子でした。

長居公園にある身障者スポーツセンターで、有森裕子さんの講演を
聴いたあと、車椅子バスケットボールにかかわる活動をされているという
桑名正博さんと、有森裕子さんと一緒に、車椅子バスケットボールの
体験をしたことを思い出しました。

昨日は、フジテレビの「27時間テレビ」に、ずっと、チャンネルを
合わせていましたが、有森さんも登場されていたようですね。

有森さんが、大阪女子マラソンに最後に出場された際に、長居競技場の
スタート地点で、ステレオ写真撮影、地下鉄に乗り、心斎橋の
折り返し地点でステレオ写真撮影をしたことがありました。

心斎橋では、マスコミ専用のスペースに入り込んで撮影、横で、こちらを
怪訝そうに見ている男のカメラマンがいましたが、何も言われません
でした。

このブログを書いていて思い出しました。一応、書き留めておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土曜日の朝だったのかな?

私ひとりのサッカーチームと、キーパーを含めて4名の女子サッカー
チームと対戦し、私が勝つという夢を見て、目が醒めました。

ハッピーエンドの夢を見ることなんて珍しいので、たいへん印象に残った
夢でした。
by hitcity | 2012-07-23 18:47 | Comments(2)
コメント欄                  2012.7.23.
★又六さん

●映画「苦役列車」を酷評した原作・西村賢太が舞台あいさつに登場
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20120717-OYT8T00650.htm

によりますと、「それでも山下監督と言葉を交わすことはなかった。」
とのことですが、気持ちは、わかるような気がします。

映画化された「赤目四十八瀧心中未遂」に対して、原作の小説を
書かれた車谷長吉さんが、ほめておられたのを見て、本心なのか?
と思ったこともありました。

あと、原作になった小説を読了後、そんなに経たないうちに映画化
されたのを観た「血と骨」も、面白いとは思えませんでしたが、
小説がケタ違いに面白かったので、映画になって面白くなるとは
思えませんでしたね~。

「プリンセス・トヨトミ」も読んで間もなくの映画化で、そんな
場合は、面白く感じない傾向にあるようです。

小説を読む段階で、自分の気に入ったように映像化していて、
その記憶が残っているからかもしれません(?)。

読了した小説の映画化で面白いと思ったものは、いずれも、読了
してから、何年も経ったものばかりです。

筒井康隆さんの「大いなる助走」「スタア」、夢野久作さんの
「ドグラ・マグラ」、山田風太郎さんの「自来也忍法帖」が、
映画化されても面白かったものとして思い浮かびました。

「くノ一忍法帖 自来也秘抄」は、Vシネマなのかもしれませんが、
このシリーズを上映する映画館があって(天神橋筋六丁目の
ホクテンザ、現在はありません)、欠かさず観に行っていました。
映画館用の看板に絵も描かれていて、山田風太郎忍法帖ファンの
私は、うれしくて写真撮影をしたものでした。

1コママンガ専門誌「EYEMASK」の私の特集のアンケートで、
好きな小説10作のうちに挙げた「ターン」(北村薫)は、
好きな映画10作に入れてもいいかな?と思うような映画でした。
僅差で入らず。

これは、映画を観てから、原作の小説を読んでみたのですが、
その逆であったとしても、気に入っていたことだと思います。

検索してみたら、「ドグラ・マグラ」は、CGアニメにも
なっているようですが、こちらのほうです。↓


by hitcity | 2012-07-23 18:08 | Comments(0)
映画「苦役列車」を観ました。         2012.7.20.
昨日の金曜日、午前4時から正午まで勤務。

帰宅時に、自転車に乗って、桑名正博さんが入院されている病院の
裏口を見たら、いつもよりも、報道陣は少なく、テレビのカメラマンらしき
男性が3人ほどしゃがんでいる状態でした。

帰宅後、テレビの「ミヤネ屋」で、息子の美勇士くんが生電話出演。
8月の、なんばハッチでの、桑名正博さんの誕生日のコンサート、
入院後になって、チケットの売り上げが伸びているとか。
みなさん、復帰されることを願っておられるのだなぁ~。

きょうの午後1時からのBSプレミアムのオードリー・ヘップバーンの
映画は、「おしゃれ泥棒」。

この映画は、テレビ放送の際、何度も観ていると思いますが、
名画座で観たことがあったかな?
映画館の大きなスクリーンで、この世界にひたることのできる
機会があればなぁ~と思いました。

あと、私が好きなオードリー・ヘップパーンの「シャレード」は、
「午前10時の映画館」のシリーズで、映画館で上映されている
ようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日の休みと明日の休みの間のこの日、映画「苦役列車」を
観ておこうという気持ちになりました。

午後2時45分の南海電車の各駅列車に乗って「苦役列車」に。

3時25分始まり。

カパンの中に、前に、なんばパークスシネマで観た「愛と誠」の
半券があって、観やすかった気がして、同じ席で観ることにする。
f0151647_17242139.jpg

原作の小説が面白かったので、観たくなった映画ですが、小説に
即した部分は面白く観ることができましたが、映画のオリジナルの
部分が、まったく駄目でした。

前田敦子さんありきの企画だったのかもしれませんが、前田敦子さん
のエピソードは、映画のオリジナル。

それで、短時間で前田敦子さんの部分を撮っておいて、あとで、
あちこちに、その場面を、はめ込んでいるわけなのですが、その部分に
登場する主人公と、前田敦子さんの登場しない、本来の「苦役列車」の
主人公が、同一人物とは思えず、別の映画を観ているような気に
なってきたりもしました。

何かで最優秀主演男優賞でもとるのじゃないかな?と思えるような
森山未來さんの演技に、それから、高良健吾さんも、今までに観た
映画やテレビドラマの中で、もっともいいと思ったので、原作に
忠実に映画化されたら、どれほどの素晴らしい映画になったことだろう
と、残念な気持ちになりました。

原作の小説では時間的に短いのでしたら、他の小説の映画化の際にも
使われる手段ですが、同じ作者のほかの作品と交ぜて構成するなんて
いうことができなかったのかな?とも思いました。

人物像に統一感はあるので、この映画のようなオリジナル部分を
足すよりはいいと思えるのですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つげ義春さんの短編マンガ「リアリズムの宿」を、素晴らしい映画に
した手腕に期待していたのですが、あの映画にはなかった、小手先の
テクニックのようなものが気になってしかたがなかったです。

こんな奇をてらったことをやる子ではなかったのになぁ~、いいものを
持っているのだから、ふつうにやればいいのにと、残念に思う場面が
ありました。

小説で中心になっている職場での描写は、よかったです。

私もよく似た環境で仕事をしていますが、その仕事の中で、もっとも
きついのが、20キログラムの粉の入った袋の積み替え作業です。

1台のカゴ車に、20キロの袋を15個ずつ、次から次へと
乗せていきます。

積み変える際に、袋を抱えたまま、あんなに移動していたら、しんどくて
たまんらやろ~と思いながら見ていましたが、きつい仕事として、その袋の
積み替え作業が描かれていたので、面白く思いました。

とても残念な映画でした。

原作者は、どう思われているのか、気になりもしましたが、
検索した記事(↓)に、気に入っておられないことが書かれていたので、
安心しました。

●【AKB】前田敦子がヒロインの映画『苦役列車』が早くも大コケ
 「ここまで動員力がないとは…」 関係者悲鳴
http://2chmatometayo.blog.fc2.com/blog-entry-1877.html
by hitcity | 2012-07-21 17:21 | Comments(1)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル