> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
<   2013年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
4月30日(火)・「あまちゃん」のマンガ同人誌
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が、おもしろい。

先週のはじめから今日に至るまで、毎日、どこかしらで笑う場面が出てきました。

マンガ家のいしかわじゅんさんは、朝の本放送、昼の再放送、夜のBSの放送のうち、どれかで見るようにしているということで、テレビの前で正座して放送を待つようなことを、ツイッターに書いておられました。

朝の放送を見た際には、「早あま」を見たと書いておられました。

それでも、2回目を見逃しておられたようです。

今日で26回目とのことですが、私は、一度も欠かさず観ています。

録画機の不具合が生じない限り、全場面を観ようと、今のところ、思っています。

午前4時から正午までの勤務を終え、帰宅すると、昼の放送に間に合うこともありますが、はじまって数分たっていることがあり、録画していた朝の放送を見たりしています。

続く番組「あさイチ」は、司会者ふたりによる、その直前の回の内容についての会話から始まり、それが、おもしろいので、2分ほど余計に録画の予約をしています。

NHK朝の連続テレビ小説で、全部の回、全部の場面を観たのは、「てるてる家族」と「ゲゲゲの女房」がありますが、今度も達成できるかな?

「てっぱん」「カーネーション」「純と愛」は、それぞれ、20分から1時間以内だとは思いますが、見逃している部分があると思います。

「純と愛」は、つまらないドラマで、ひどいなぁ〜と、観ながら、よく思っていましたが、「NHKステラ臨時増刊4月30日号・純と愛メモリアルブック」という本を見かけたとき、つい購入してしまったので、本当は、気に入っていたのかもしれない(?)。

メモリアルブックは「純と愛」だけなのかな?

「ぼくらが愛した『カーネーション』」という愛好家による本を購入したことがありますが、「ゲゲゲの女房」「てっぱん」「カーネーション」のメモリアルブックがあれば、買っていたことでしょう。

以上の中で、もっとも気に入っている主人公は、「てっぱん」の、あかりちゃんだと思いますが、今度の「あまちゃん」の主人公も、いいですね。

「おひさま」と「梅ちゃん先生」の主人公は、優等生すぎて好きにはなれませんでした。

今日の「あまちゃん」に、海女のあまちゃんのファンが作ったマンガ同人誌が登場していましたが、表紙の裏が印刷されていなくて白かったり、内容も、本格的なもので感心しました。

パラパラとページをめくる場面がありましたが、ちゃんとしたマンガとして描かれていました。

メモリアルブックに収録されるようになるといいなと思います。

映画「恋の門」の中で、マンガの競作を3人がおこなう場面がありましたが、売店ロビーで、その3作が収録されたマンガ雑誌を購入したことがあります。

それを思うと、メモリアルブック収録よりも、その同人誌そのものを、そのままの形態で、発行してほしい気がしました。

コミケットで販売されたりなんかして。
by hitcity | 2013-04-30 19:37 | Comments(0)
「あまちゃん」のマンガ同人誌
f0151647_1929294.jpg

by hitcity | 2013-04-30 19:29 | Comments(0)
「あまちゃん」のマンガ同人誌
f0151647_19275428.jpg

by hitcity | 2013-04-30 19:27 | Comments(0)
コメント欄
★又六さん

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読んで、村上春樹さんの既読の長編小説の中で、「国境の南、太陽の西」に印象が近いかな?と思いました。

単行本1冊ということと、村上春樹作品によくあるワケのわからなさがなく、幻想的なところもなく、現実の風俗を描写しているようなところになんですが。

これは、エロ小説として読むことができて、いつだったか、地下鉄の車内で、私の正面に座っている若い女性が、その単行本を本屋のカバーをかけず、表紙を見せて読んでいたのですが、私には、若い美女が、 宇能鴻一郎さんの「濡れて立つ」を手にして読んでいるような、そんなドギマギしてしまう光景に見えたのでした。

★長谷邦夫さん

村上春樹さんの小説は、翻訳されて海外でも読まれるわけですが、今回の小説では、色の漢字が入っている苗字の人物が何人か登場するのですが、その説明は、どうするのかな?と気になったりしました。

「ライジング・サン」というショーン・コネリー製作総指揮+主演のロサンゼルスの日本企業を舞台にした映画で、そのビルの受け付けにあるモニター画面に「赤城=RED CASTEL」とか、日本人の苗字が英訳されて出ている場面がありました。
 
その映画では「AKAGI 」でしたが、「ダイ・ハード」に出てくる日本企業の社長は「 TAKAGI」だったと思います。

エラリー・クィーン編の「日本傑作推理12選 (1) 」は、アメリカで英語版が発行されましたが、人名は、最初に英文に漢字が添えられていたと解説に書かれていた記憶があります。

土屋隆夫さんの「加えて、消した」という小説は、漢字がトリックになっていました。

筒井康隆さんの「如菩薩団」が選ばれていて、筒井康隆さんが「毟りあい」のほうを入れてほしかったと日記に書いておられた記憶もあります。
by hitcity | 2013-04-30 17:57 | Comments(0)
コメント欄
★長谷邦夫さん

村上春樹さんの新刊の発売前の「週刊文春」(4月11日号)の記事で、アマゾンでの予約で11日間で1万部を突破し、アマゾン営業以来最速と書かれていました。対応しきれないほどの注文が殺到しているのでしょうか?

私は、読了後、発売前のその記事を読んでみたのですが、タイトルの「色彩を持たない」から、色覚異常の主人公とか、色彩の消えた世界が描かれているのではと予想をされている人がいました。

タイトルの意味はなんだろう?と興味をひかれたところもあるので、このブログでネタバレさせてしまい、申し訳なく思います。
冒頭、すぐにそのわけがわかるので、特にネタバレとか意識しませんでした。

発売当日、梅田の紀伊國屋書店で、営業時間を早めにして、店先の一部分をタバコ屋みたいな窓口にして、午前8時頃、出勤途中の人たちが購入している光景をテレビのニュース番組で観ました。

私も発売当日に購入しましたが、半分まで読んだところで中断し、日を置いてから残りを読みましたが、一気に読了していたら、 もっと面白く読めたような気がします。

ちょうど謎が提示されたところ、その手がかりにたどりつくところまでを、まず、読んでみて、こりゃあ面白い!と思いましたが、西村京太郎さんの十津川警部もののミステリー小説(何冊か読んでみたことがあります)と同様、導入部、あんなに面白かったのに!と、ラストのほうで尻つぼみになる感じがありました。
一気に読了したら、前半の面白さが持続していて、その感は薄れたのではないかと思いました。

「自由」というものについて語られてる小説のような気がしました。
主人公が、鉄道の駅を作っているという設定も、それに関係があるような気がしました。


★又六さん

私のマンガ「どこでも遭難です」では、黄山とか赤谷とか青木とかの苗字だったと思いますが、佐藤とか鈴木とか高橋とか(日本の苗字の多い順です。高木は70位とのこと)でもよかったわけで、特に命名の理由はありませんでした。

何年か前、漫才コンビのロザンのふたりが、ハンコ屋の店先や100円ショップに置かれているハンコのケースを御堂筋に沿って動かしながら、同じ苗字の人に配布して歩いていくという関西ローカルの深夜のテレビ番組を見ましたか、早朝から深夜までかかって、最後に残ったハンコの苗字は、「佃」でした。

尾崎秀実さんは、手塚治虫さんの「一輝まんだら」というマンガに登場していた記憶があります。
このマンガを読むため、連載中の「週刊漫画サンデー」を購読していました。

「週刊漫画サンデー」が劇画雑誌に編集方針を変えてリニューアルするという理由で、連載は中止、未完となりました。
リニューアル後の「漫画サンデー」は、そんなに変わりばえのしたものとは思えず、手塚治虫さんの連載を打ち切るための口実だったのではないか?と、当時、勘ぐったりしたものですが、どうなんでしょう?

検索してみたら、手塚治虫さんのマンガ「アドルフに告ぐ」に尾崎秀実さんがモデルの人物が登場しているそうです。
いずれも読了していますが、はっきりとした記憶がありません。

検索してみたら、「青空文庫」に、尾崎秀実さんの「遺書」が収録されていました。

篠田正浩監督作品に「スパイ・ゾルゲ」という映画がありましたが、貸本マンガ家のヒモトタロウさんを囲む会で、息子さんが、モデル出身の永澤俊矢さんだと聴き、「スパイ・ゾルゲ」に画家の宮城与徳さん役で出演された際、家で息子さんに、筆の持ちかたや絵の描きかたを指導したというエピソードを伺いました。

永澤俊矢さんは、2001年の朝の連続テレビ小説「ほんまもん」で夫婦役で共演された麻生祐未さんと結婚し、のちに離婚されたようです。
麻生祐未さんは、同じくNHKの朝ドラの「カーネーション」では、尾野真千子さんの母親、小林薫さんの妻役で好演されていました(ぼけたのちに、小林薫さんの幻を見る場面には泣けました)。

朝ドラは、けっこう見ていたように思いますが、池脇千鶴さん主演の「ほんまもん」は見たことがありませんでした。

毎年、朝ドラの主人公の乗る「十日戎まつり」の今宮戎神社へ向かう宝恵駕籠行列で、森脇健児さんと並んで池脇千鶴さんがカゴに乗っているのを、ステレオ写真(立体写真)撮影したことがありました。

池脇千鶴さんは、通天閣の近くにあるフェスティバルゲート内の映画館(動物園前シネフェスタ)で、「大阪物語」の舞台挨拶に来たときにも拝見、私のすぐ後ろの席に、豊中在住の両親が来られているというので、振り返って見てみたら、すごく若い夫婦だったので驚いた記憶もあります。

「大阪物語」には、フェスティバルゲートの遊園地で、池脇千鶴さんが、桂ざこばさんの娘さんと遊んでいる場面もありました。
映画に映っている場所にある映画館で、その映画を観るという貴重な経験をしました。

このまえ、映画「舟を編む」で、池脇千鶴さんが不細工になっていたと書きましたが、よく考えてみたら、そういう役柄でした。
演技のうちだといえますね。すいませんでした。
by hitcity | 2013-04-28 19:30 | Comments(2)
コメント欄
★松宮一之さん

映画「舟を編む」で、女性向けのファッション雑誌の編集部から、辞書編纂室に異動になってきた女性が、その雑誌は初校だけだったのにと、5校までする辞書に驚く場面がありました。

エンドロールの出演者名に、ピース又吉さんの御名前があって、あれっ?出ていたかな?と思いましたが、デザイナー役で、一瞬、一言のセリフの場面がありました(予告編に、その場面があります)。

映画のためにおざなりに作られたというものではなくて、装丁など、デザイン関係のものも本格的に作られていました。

ポスターも女優の麻生久美子さんを起用した本格的なものでした。
だからといって、麻生久美子さんが映画に出演されているわけでもなくて、そうしたところにも、こだわりを感じることができて、好きな映画になった次第でもあります。

★又六さん

村上春樹さんの長編小説は、10作ほど読んでいますが、新刊の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、もっとも面白くないように思いました。

読了後、3週間前の「週刊文春」で取り上げられた記事を読んでみて、短い小説を書こうと思って書き出したのだけれど書いているうちに自然に長いものになっていったという村上春樹さんのコメントを知りました。

短編小説のほうがよかったのでは?という気持ちになりました。

通常の村上春樹作品では、行動にいちいち意味があるように思えるのですが、今回は、読んでいる途中で、フィンランドなんて、そんな遠いところに行くことはないんじゃないか?と思ってみたりもしました。続編は存在しないように思います。

前作の「1Q84」が面白すぎて期待が大きかったせいかもしれませんが、前作にはふたり、それ以外の作品にも何人かの魅力がある女性が登場していましたが、この長編小説に登場する女性に魅力を感じることもありませんでした。

自分を含めて3人以上の人間が集まると自分は存在していないように振舞う、とか、生まれてから1本もタバコを吸ったことがないとか、学業の成績が優秀なことと整った顔立ちということを除いては、自分と主人公に似たところがあるように思いながら読んでいましたが、驚いたことは、私も、10代の頃に、ほかに苗字に色の漢字が入っている人物が何人か登場し、主人公が疎外感に陥っているマンガを書いたことがあり、ノーベル文学賞候補者と同じような着想をしていたことがある!ということでした。

「どこでも遭難です」という12ページのマンガで、まぁ、私の場合、たまたま記号的に苗字に色の漢字を入れただけのことなんですが。

それとは書かれていませんでしたが、アカのオフィスの壁に掲げられた絵が、この単行本の表紙の絵のようだと思えたきて面白く思いました。

苗字の中に色の漢字が入っている4人と入っていない自分を含めてのグループ、自分だけが東京に行き他の人間は名古屋に残る、良いニュースと悪いニュースのこと、6本指のことなど、興味のある題材が用意されていて、短編小説だったら名作になったかも?と、著者のコメントの影響が大きいのですが、そんなことを思ってみたりもしました。

予約だけで50万部とは驚きました。
そのせいかどうかなのかわかりませんが、読んでいて、ページによって文字の黒インクの濃さが違っているような気がしてきて、いま、パラパラと見てみたら、実際、そのようでした。

「尾崎秀実時評集」という本を購入されたそうですが、小学生の高学年の頃、雑誌の「CОM」の尾崎秀樹さんのマンガ評論を読んでいたら、7歳上の兄が、「ゾルゲ事件」の尾崎秀実の弟やと教えてくれたという記憶があります。
小学生に、そんなことを言ってみても〜。

大衆小説の評論家の尾崎秀樹さんが、春陽文庫を全巻読了しているということを知り、たまげたことがありましたが、兄も本をよく読んでいて、このごろ、ブログなどで、人が、今月に読了した本として10冊ほどを紹介されているのをよく見かけますが、尾崎秀樹さんや兄なら、3日か4日で読むのだろうなと、そのたびに、どういうわけだか思ってしまいます。
by hitcity | 2013-04-27 14:11 | Comments(2)
25日(木)の本放送と24日(金)の再放送の間
午後7時からのNHKテレビのニュースを見ているうちに、7時30分からの「クローズアップ現代」、内容は知らないまま、始まる前に眠ってしまっていた。

午前0時10分に目が醒めたら、「クローズアップ現代」の再放送が始まった。

大島渚監督について語られていた。

本放送が始まる前に寝て、再放送が始まる直前までの5時間、そんなにピタリと、うまく眠ることができるなんて。

そのことを書き残しておきたくなりました。

番組は終わりました。

仕事に出かけるために午前2時に起床する生活。

あと1時間20分ほど眠ります。
by hitcity | 2013-04-26 00:54 | Comments(2)
4月24日(水曜日)・映画「舟を編む」のパンフレット
f0151647_18312821.jpg

by hitcity | 2013-04-25 18:31 | Comments(2)
4月24日(水曜日)・映画「舟を編む」
木曜日と土曜日が休日でしたが、今月後半の2週間に限り、木曜日に休みたい同僚がいて、私が木曜日に出勤することになりました。

その代わり、今週と来週は水曜日が休みです。

昨日、なんばパークスシネマで、午前10時からの「舟を編む」を観ました。

水曜日は、レディース・デイで、女性客がたくさんいました。

以前は、なんばパークスに向かう途中の駅の売店で、映画の前売券を販売していましたが、経営が変わり、置かなくなりました(そのむね記された貼り紙を見たことがあります)。

金券ショップは近くになくて、本屋のレジで入手したシオリになった割引券を使うことにしました。
200円割引で1600円になりました。

素晴らしく素敵な映画でした。

途中(シナリオでは、72の場面)、観ていて涙が出てきました。
どういう心理状態なのだろう?

あれは、赤瀬川原平さんの著者「新解さんの謎」でも紹介されていた語釈のように思います。

「大渡海」という辞書を作るお話です。

とにかく丁寧に作られた映画です。
室内にいて外に聴こえる音にまで、雰囲気がありました。
「大渡海」の宣伝ポスターに至るまで現実のものであるかのように丁寧に作られています。

出演者、すべてが揃って素晴らしい、そんな映画は、「ジョゼと虎と魚たち」とか「サマータイムマシン・ブルース」とか「アメリ」や「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」とか、そうそう、あるようには思えない。
それら、私が格別に気に入っている映画の中に加えてみたくなる映画でした。

シネマコンプレックス略してシネコンで映画を観るようになって、かつてのように、その映画会社の持つ味を感じなくなりましたが、松竹映画の味を感じました。

それからすると、主人公は、吉岡秀隆さんであった可能性も感じましたが、これは、松田龍平さんでなければならないと思いました。
わずかながらでも狂気を秘めているような。

「舟を編む」製作委員会には、朝日放送、テレビ大阪、読売テレビの名前はあっても、日本テレビの名前はありません。
それでも、日本アカデミー賞の作品賞や主演男優賞や助演男優賞の最優秀を受賞するのではないか?と、これからの他の映画のことを何も知りませんが、思ってみたりもしました。

オダギリジョーさんは、報知とか日刊スポーツとか、いろいろ映画賞があるじゃないですか、そういうのを受賞しそうな気がしますね。
お調子者だけど根のいいやつ、そんなやつは、そうした賞を受賞しやすい気がしますね。

賞だとか、そういうことに関わりなく、この映画のオダギリジョーさんは、よかったです。

オダギリジョーさんは、映画「イン・ザ・プール」もよかったですが、現実感のある分、こちらのほうに見事さを感じました。

オダギリジョーさんは、韓国の映画祭を訪れた際、韓国のファンからサインを求められ、「こうだくみ」と書いてヒンシュクを買ったことがあったそうですが、そうしたキャラクターが、この映画では生かされていたと思います。

化粧気のない宮崎あおいさん、いつのまにか不細工になって初め気がつかなかった池脇千鶴さん、NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」で知った黒木華さん、伊佐山ひろ子さん、渡辺美佐子さん、八千草薫さん、それぞれに手堅い役柄なのがよかったです。

小林薫さんと加藤剛さんは静かな役柄で、じんわりとよかったです。

1995年から15年かかっての辞書作りの世界が描かれています。

携帯の電話のPHSが出始めた時期で、手書き原稿が中心で、ワープロを少しは使っている時期でしょうか。

私は広告代理店に勤務していて、新聞広告を扱っていた関係から、産経新聞社のモニターとして出始めたPHSを持ち、原稿は手書きでファックス使用、たまにワープロを使用する程度だったというところが似ていました。

この映画に描かれている出版社のほうは大企業なのですが、辞書編集部は、旧社屋の分室で小規模で古めかしくて、また主人公の住まいも恵まれた環境にあるのですが、古びていて、反感を抱くこともなく、なじめるように工夫されていると思えました。

このごろ、パソコンではなく手作業でデザインの仕事をやっていたころを思い出しては、あのころはよかったなぁ〜と、しみじみとすることがあり、そんな世界にひたることができたのも、この映画が与えてくれた満足感のうちにあると思います。

売店でパンフレットの値段を見たら、900円で、ふつう600円や700円でも悩むところだし、原作の小説を買うほうがいいような気にもなりましたが、買ってしまいました。

買ってよかった!

B5サイズで130ページあって「キネマ旬報」ぐらいの厚さがあります。

シナリオのほかにも、3社の辞書作りの編集者による鼎談や、辞書作りについての解説もあります。

映画でも、校正作業など、辞書のメイキング部分が丁寧に描かれていました。

映画の中で、主人公が、印刷会社の人間が見本に持ってきた用紙の手触りにこだわる部分がありましたが、こだわったのちに採用することになったという用紙が使われているページが、パンフレットの中にありました。

映画にもパンフレットにも、丁寧なこだわりが感じられ、うれしくなる映画でした。
by hitcity | 2013-04-25 18:30 | Comments(0)
短歌
入院し ひと月のちに 帰宅する かすれた声の 黒猫が待つ
by hitcity | 2013-04-25 00:05 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル