> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2013年 09月 ( 54 )   > この月の画像一覧
9月30日(月曜日)・「女系家族」
テレビを観ていて、山崎豊子さんの訃報に接しました。
山崎豊子さんの小説は、「女系家族」を読んでいます。
この小説は、面白かったです。
手に汗にぎると言うのでしょうか、あんなに、ラストのほう、ハラハラドキドキした小説は、そうはないように思います。
「嵐が丘」(エミリー・ブロンテ)、「魔界転生」(山田風太郎)、「岬一郎の抵抗」(半村良)、「13階段」(高野和明)が、いま思い浮かびましたが、そうはないでしょう。
昔、文学全集の山崎豊子さんの巻に「女系家族」1作だけ収録されているのを古本屋で見かけ、立ち読みしてみたら、路面電車の近くの駅「神ノ木」あたりが登場していて、興味を抱き購入したことがありました。
乙羽信子さん主演で映画化された、その写真が帯カバーに印刷されていました。
箱入りの単行本はなかなか読む気が起こらず、同じ全集の今東光さんの巻で、「悪名」
1作収録のも古本屋で買いましたが、それも未読のままになっています。
舞台を東京に置き換えて米倉涼子さん主演でドラマ化され際に、米倉さんの写真が帯カバーになった文庫本が、どっと平積みされていたことがあって、その時に購入し、読んでみて、その面白さにたまげてしまいました。
いつか、この小説のことを紹介してみたいと思っていました。
手塚治虫さんが学生時代、仕事で足を運んでいた大阪の毎日新聞社に、井上靖さんと山崎豊子さんが勤
務していたということは、手塚治虫さんの自叙伝に書かれていたのだったかな。
ジュンク堂書店の入っている堂島のビルの前に、モニュメントとして、毎日新聞社の玄関部分が残され
て、手塚治虫さんがくぐったことがあるのかと、その門を通ることがありますが、山崎豊子さんのもくぐっておられたのですね。
慎んでご冥福をお祈りいたします。




by hitcity | 2013-09-30 18:57 | Comments(2)
9月30日(月曜日)・「ごちそうさん」
午前4時から正午までの勤務を終え、帰宅後、今日から始まったNHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」を観る。
ヒロインの子供時代から始まり、祖母との交流が描かれるという、典型的な朝ドラの展開で、語りが、そのおばあさんというのは、「ゲゲゲの女房」もでしたね。
毎日、ツイッターで、「あまちゃん」について書いておられたマンガ家のいしかわじゅんさんは、朝ごちして、杏の登場を待とうと述べておられましたが、私は、そこまで待たないでも、かなり良好だと思いました。
今日の子供時代のエピソードに3回、笑いました。
「あまちゃん」は、1回目は、う~んと思い、2回目から面白く観ることができたと記憶しています。
長丁場なので、どのようになるのかわかりませんが、「純と愛」のようなきをてらうところがないようなので、無難に観ていくことはできるかもしれません。
ただ、無難なので、物足りなくなり、途中から観なくなった「芋たこなんきん」「おひさま」「梅ちゃん先生」のようなこともあり得ますが。
それにしても、タイトルバックの出演者名を見ていて、その少人数さに驚きました。
「あまちゃん」のあとだけに、そのことが目立ちますね。
NHK大阪放送局制作の朝ドラの場合、出演者はホテル暮らしをするとのことで、スケジュール的なこともあるのでしょう、途中から出なくなる人が、割りといるような気がします。
気のせいかな?
「純と愛」の場合、ホテルのロビーのセットをこわし、そこを愛の家の居間に変えたとか、テレビで言っているのを聴いたことがあります。
「てるてる家族」のスタジオセットをNHK大阪放送局まで見学しに行ったことがありますが、NHKの東京のスタジオは、比べものにならない規模の大きさなのでしょう。
「あまちゃん」のような多くのセットによる場面は作ることはできないことでしょう。
そんな気持ちもあって、応援したいと思います。


つで
by hitcity | 2013-09-30 18:07 | Comments(0)
9月28日(土曜日)・「あまちゃん」の新聞記事
今日の大阪の朝日新聞の夕刊の第1面のトップ記事、B5サイズぐらいで、「あまちゃんありがとう連続テレビ小説最終回」で、潮騒のメモリーズのふたりが歌う場面の写真が添えられていた。
関西地区では、平均視聴率17%未満で、飛び抜けてはいないとのこと。
今朝、テレビ番組で、関東地区では、平均視聴率22%とかいう新聞記事が映されていた気がする。
そういえば、大阪では、「カーネーション」のほうが盛り上がっていた気がする。
終了後すぐに、木曜日の午後0時20分から、ダイジェストが、半年間、関西地区では、放送されていました。
舞台になる場所が近いほど、馴染めるところがありますものね。
家から路面電車で4駅目の阪堺・上町線の帝塚山四丁目駅が、よく登場していた「てっぱん」には、最も馴染んでいたでしょうか。
あと、徳島のタウン情報誌の編集部が舞台の「ウエルかめ」にも、同じく10人程度の地域限定の月刊誌を発行する出版社に勤務していた経験があり、馴染めるものがありましたが。
ラストが、ヒロインが、自分ひとりでミニコミ誌を発行するのを決意するという規模にも馴染めました。
あがた森魚さんが大学教授役で出演されていたことは、ファンのかたにも知られていないのでは?
あまり話題になっていませんでしたね。
もともと、水木しげるさんに馴染んでいたので、「ゲゲゲの女房」にも馴染んでいました。
放送終了間際の時期、ドラマ収録終了後、西宮まで、ゲゲゲの女房役の松下奈緒さんのピアノの演奏を観に行き、CDを購入し、松下奈緒さんによるポストカードの手渡しの列に並びました。
あんな長身の女性を間近で見たのは、淡輪海岸のビーチバレーの世界大会の解説に来られていた大林素子さんんを見て以来でした。
その時に購入したCDを、このところ、毎日、就寝前に聴いています。
どうも、猫が、このCDを気に入っているようなので。
「ゲゲゲの女房」の主題歌(いきものがかりの)のピアノ演奏から始まります。
by hitcity | 2013-09-29 00:28 | Comments(0)
9月28日(土曜日)・「あまちゃん」の新聞記事
今日の大阪の朝日新聞の夕刊の第1面のトップ記事、B5サイズぐらいで、「あまちゃんありがとう連続テレビ小説最終回」で、潮騒のメモリーズのふたりが歌う場面の写真が添えられていた。
関西地区では、平均視聴率17%未満で、飛び抜けてはいないとのこと。
今朝、テレビ番組で、関東地区では、平均視聴率22%とかいう新聞記事が映されていた気がする。
そういえば、大阪では、「カーネーション」のほうが盛り上がっていた気がする。
終了後すぐに、木曜日の午後0時20分から、ダイジェストが、半年間、関西地区では、放送されていました。
舞台になる場所が近いほど、馴染めるところがありますものね。
家から路面電車で4駅目の阪堺・上町線の帝塚山四丁目駅が、よく登場していた「てっぱん」には、最も馴染んでいたでしょうか。
あと、徳島のタウン情報誌の編集部が舞台の「ウエルかめ」にも、同じく10人程度の地域限定の月刊誌を発行する出版社に勤務していた経験があり、馴染めるものがありましたが。
ラストが、ヒロインが、自分ひとりでミニコミ誌を発行するのを決意するという規模にも馴染めました。
あがた森魚さんが大学教授役で出演されていたことは、ファンのかたにも知られていないのでは?
あまり話題になっていませんでしたね。
もともと、水木しげるさんに馴染んでいたので、「ゲゲゲの女房」にも馴染んでいました。
放送終了間際の時期、ドラマ収録終了後、西宮まで、ゲゲゲの女房役の松下奈緒さんのピアノの演奏を観に行き、CDを購入し、松下奈緒さんのポストカードの手渡しの列に並びました。
あんな長身の女性を間近で見たのは、淡輪海岸のビーチバレーの世界大会の解説に来られていた大林素子さんを見て以来でした。
その時に購入したCDを、このところ、毎日、就寝前に聴いています。
どうも、猫が、このCDを気に入っているようなので。
「ゲゲゲの女房」の主題歌(いきものがかりの)のピアノ演奏から始まります。
by hitcity | 2013-09-29 00:27 | Comments(0)
9月28日(土曜日)・テレビドラマ
「あまちゃん」が終了して、全回、観ることができて、ホッとして、今日は、1日、ボンヤリと、テレビのバラエティ番組を眺めて過ごしていました。
「半沢直樹」は、大阪編は観ていたものの、と言っても、何回か抜けていて、東京編になってからは、全く観ていませんでしたが、先週の日曜日の最終回は観ることができました。
翌日も午前2時起床で仕事に出るので、午後10時までの放送は見るのが、しんどくて、最終回は、たまたま夕方から眠ってしまい、放送の始まる直前に目が醒めて観ることができました。
会議室でのラストのやりとり、長回しで熱演で、舞台劇のようなおもむきがありました。
ミュージカルや歌舞伎の役者が出ていて、そういう誇張した迫力がありましたね。
たまたま日曜日の夕方に先週の初回の再放送がされていたのが切っ掛けで観ていましたが、日曜日の夕方に、よく放送されている「ミナミの帝王」シリーズを、なんとなく観てしまっているのとよく似た感じがありますね。
次回からは、キムタク主演の「安堂ロイド」というドラマが始まるようですが、それは見ないでしょう。
すでに、速水もこみち主演の「絶対彼氏」という名作がありますし。
私はテレビの連続ドラマは、あまり見ないのですが、「絶対彼氏」は、すべて観ました。
朝ドラ以外では、ここ何年かで、連続ドラマで、全回、観たのは、「白夜行」「流星の絆」「ありふれた奇跡」「名探偵の掟」「泣くな、ハラちゃん」ぐらいでしょうか。
ほかにも何かあったかな?
録画機も故障しているし、連続ドラマを観つづけるのは、しんどいので、のめりこみような番組が始まらないといいなと思います。
そうそう、午前2時過ぎから食事をしたり仕事に出かける準備をしながらテレビを見ていますが、堂本剛・川口春奈・皆川猿時の3人が、ゴーストバスターズをしているドラマを何曜日かに放送していて、けっこう面白いです。と言っても、事件の解決前に家を出てしまうのですが。
この前の放送では、美人だというおだてに乗りやすい川口春奈さんに対して、堂本剛さんが「海女さんや漁業に従事する主人公の朝ドラの主演ができますよ」と言い、「あまちゃん」に出演されている皆川猿時さんが「遠洋漁業ちゃん」と言うのが面白かったです。
by hitcity | 2013-09-28 17:43 | Comments(0)
9月28日(土曜日)・「あまちゃん」最終回【2】
土曜日は、「あまちゃん」に続く番組は「あさイチ!」ではなくて、「週刊深読みニュース」で、今日は、冒頭、岩手からの生中継で、「あまちゃん」の最終回を、どこかの会場で大勢で一緒に観ようというイベントの模様が紹介されていました。
NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」の時は、最終回を、NHK大阪放送局で、あかりちゃん(瀧本美織さん)と一緒に観ようというイベントが企画されて、往復ハガキで申し込みましたが、3月末が最終回で、その月に、東北での地震が起こり、イベント中止の報告が返信ハガキで届きました。
気に入っていたドラマでしたが、何かの加減で、1日見逃したことがありました。
「カーネーション」が、観たNHK朝の連続テレビ小説の中で最も出来がいいと思っていますが、こちらも、何かの加減で、1日見逃したことがありました。
「あまちゃん」の前の「純と愛」は、2度ほど見逃していると思います。
「ちりとてちん」は開始後2週間ほどしてから観はじめて、あとは欠かさず観ましたが、初回から観ていたら、これも全部みていたとは思います。
途中から観ていた「ウエルかめ」も、あとは全部を観ました。このドラマを楽しみにしていた母親が、亡くなる直前に、病室で苦しみながらテレビ画面を観ている光景が、今も頭の中に焼き付いています。
母親は朝ドラが好きで、亡くなったのちに始まった「ゲゲゲの女房」から復調した感があり、「てっぱん」「おひさま」「カーネーション」「梅ちゃん先生」「純と愛」、それに「あまちゃん」も観せてあげたかったなと思います。
NHK朝の連続テレビ小説で、私が一度も欠かさず観つづけたものは、「てるてる家族」と「ゲゲゲの女房」と「あまちゃん」の3作品ということになりました。
by hitcity | 2013-09-28 14:40 | Comments(0)
9月28日(土曜日)・「あまちゃん」最終回【1】
半年間つづいたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が今日で終了しました。
今日は仕事が休みで、午前7時半からのBSプレミアム、午前8時からのNHK総合テレビの放送を観ました。
これで一度も欠かすこなとなく、全回を観ることができました。
午前4時から正午までの勤務を終え、自転車で急いで帰宅すると、午後0時45分からの放送が始まる10分ほど前で、全部、その放送中に観たと思います。
休みの日には朝の放送で観ていましたが。
録画機が壊れてからは、間に合うのか、気が気ではなくて、全回、観ることができて、ほっとしました。このドラマは全部を見届けたかった。

録画機が作動している時は、朝8時からの放送を、毎日、タイマー録画をしていて、昼の放送を観たあと、もう一度、観たりしていました。
続く放送の「あさイチ!」の冒頭で有働アナウンサーとイノッチが、直前の回について話題にするのを見るのも楽しみで、2分ほど余分に予約セットをしていました。
一昨日の木曜日の「あさイチ!」のゲストは、森公美子さんで、「あまちゃん」に名前が登場、名前を出していいかという連絡があったと述べておられました。
鈴鹿ひろ美が出演予定のチャリティーコンサートの出演者名に森さんの御名前がありましたね。
トミーズ雅さんの御名前が出ていたことがありましたが、土曜日の朝の毎日放送テレビの番組で、9月になってから、オンデマンド配信で、「あまちゃん」を1日5時間、3週間で全部を観たと言っておら
れました。
1ヶ月900円ほどで、全部を観ることができたそうです。
by hitcity | 2013-09-28 11:52 | Comments(0)
9月27日(金曜日)・明日から2連休の夜です。
午前4時から正午まで勤務。
帰宅後、「EYEMASK」の1コマ漫画の下絵作業。汚染水漏れを絵にするのは難しい。
部屋かたづけをしていて出てきた「ケイの凄春」(小池一夫・小島剛夕)の第1巻、昨日に引き続き、また読んでしまう。気に入っている映画の名場面を録画で繰り返し観る気持ち。女性の描写に一ノ関圭さんの絵を感じる。アシスタントをされていたと何かで読み、「ケイの凄春」のラストのほうは、いつもの小島剛夕さんの絵の印象はなく、一ノ関圭さんが描かれているのか?と思った記憶があるのですが。30年以上前の連載作品で、かすかな記憶なのですが。
朝日新聞の夕刊に、B5サイズぐらいのスペースで、沢木耕太郎さんが映画「風立ちぬ」について書かれた文章が載っていた。
二つの要素は映画の中で有機的な融合がされていないとか、主人公の声に物語の起伏を生み出す力がなかったためますます「風立ちぬ」は平坦なものになってしまったとか、物語の重要な転換点をすべて「夢」で語らせようとしたところにも無理があったと思われるとか、「風立ちぬ」にいつもの「物語の階段」があったなら決して子供たちも退屈しなかったはずだとか、これは新しいものを生み出した作品ではなくかつてあったものが失われた映画だとか、書かれていました。
感動したという好評ぶりに接することが多いのですが、私には退屈でつまらない映画だったので、どうしたわけか?と気になっていましたが、人に説明されて、そういうことだったのかと、すっとするところがありました。
映画の好みは、まぁ、人それぞれで、それが面白いところもあるのですが。
職場の同僚で、かなり年下の20歳の男で、DVDで映画をよく観ているのがいて、先日、「ルーパー」をすすめてみたところ、ちっとも面白くなかったと言われ、たまげましたが、それも人それぞれということですね。面白い映画なのになぁ~?
by hitcity | 2013-09-27 21:01 | Comments(0)
9月26日(木曜日)・「あまちゃん」の語り
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の放送が始まった時は、天野夏の語りで進行し、3ヶ月後、舞台が北三陸から東京に移った際、天野アキに語りが代わり、2ヶ月後に、天野春子に語りが代わりました。
その際、いつか、3人が入り乱れての語りになるかもと、このブログに書きましたが、今日は、春子、夏、アキ、それぞれの語りがありました。
いよいよ、明日と明後日で、「あまちゃん」は終了となります。
締めくくりは、夏になるのかな?

次の枠から2枠分、スマートフォンでの直接の書き込みで、連続ものですが、順序が逆ですので、よろしくお願いいたします。
by hitcity | 2013-09-26 18:48 | Comments(0)
9月26日(木曜日)・似顔絵描き【2】
ステレオ写真(立体写真)とステレオ漫画(立体漫画)で構成する「ステ漫3」が、パソコンの故障のため制作することができなくなり、急遽、変更して、似顔絵を使っての時事ネタの1コマ漫画4点(4ページ)を描くことにしました。
最後の4枚目の作業。
これは安倍晋三のみのつもりで考えていましたが、滝川クリステルと竹田恒和も加えることにしました。
安倍晋三7個目、滝川クリステル4個目、竹田恒和8個目で決めました。
1コマ漫画に登場する人物の似顔絵を描いていて、これから、背景などを描いていかないといけませんが、似顔絵描きだけで、ずいぶん疲れてしまいました。
似顔絵部分をコピーにとり、背景を描く紙に貼り付けての作業になりますが、コピーをとることのできるプリンターも故障、コンビニにコピーをとりに行かなくてはなりませんが、月末の給料日まで、お金がなくて、コピー代、それに、貼りつけるノリ(ペーパーボンド)代が捻出できないでいます。
あとの作業は、来週の月曜日の月末の給料日以降になってしまいます。
来週の木曜日の休みに完成となるでしょうか。
日曜日に、通常どおり、「EYEMASK」の蒼天社から、月末が締め切り、来月上旬までは待ちますとのハガキが届きました。
今回も、来月上旬まで待っていただきたいと思います。
「ステ漫3」は、かなり早めから作業をしていて、今回は、余裕しゃくしゃくのつもりでしたが、結局、こういうことになってしまいました。
by hitcity | 2013-09-26 18:25 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル