> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
<   2014年 07月 ( 48 )   > この月の画像一覧
7月31日(木曜日)・コメント欄
f0151647_18131626.jpg

★又六さん

私も大阪駅前第3ビル地下の絶版マンガ専門店「もっきりや」に「貸本マンガ史研究」を買いに行かなければなりませんね。

原爆を扱った貸本マンガは白土三平さんの「消え行く少女」しか読んだことはないような気がします。
収録されている「白土三平初期異色作選」は経済的事情から手放してしまい残念でした。

「蝸牛」が「貸本マンガ史研究」で取り上げられるといいなと思いますが、実際は貸本ではありませんね。

実際に貸本としての流通を考えてみられてもと思ったりしましたが、どのような方法があるでしょうか。

新しい号ができたら、前の号を回収して、新しい号を届けに、全国を川勝徳重さんがまわるという方法があるでしょうか。

貸本というより、富山の薬売りやダスキンのイメージですね。


★田中平吉さん

田中平吉さんの父上も水木しげるさんのような生活を送られていたことがあるのですね。

貸本怪奇マンガのアイディアとして水木しげるさんの戦記マンガのようにラバウルで悲惨な死を遂げる主人公のものがあります。

相変わらずの下ネタのアホらしいオチなので描くのをためらってしまいます。
たぶん描かないと思います。
by hitcity | 2014-07-31 18:14 | Comments(8)
7月31日(木曜日)・住吉大社の夏祭り
f0151647_18101850.jpg

住吉大社が近所で、夏祭りの7月30日から8月1日の3日間は、子供のころから毎日行っていましたが、このごろは1度覗くぐらいでしょうか?

見世物小屋の看板を見に行くのも楽しみでしたが、見世物小屋がなくなってからは覗いてみようという気が起こらなくなったところもあります。

ステレオ写真(立体写真)撮影に熱中していたころは、毎日行っていました。

今日は午前4時から正午まで勤務のところ、15分間の残業。

月末の給料日なので、帰宅の際、自転車で銀行のATМや郵便局に寄り、遠回りして、住吉大社の前まで行く。

午後1時ごろで、まだ店は開いていません。

スマートフォンで何枚か写真撮影をして帰りました。
f0151647_18103710.jpg
f0151647_18104536.jpg
f0151647_18105358.jpg
f0151647_1811166.jpg

by hitcity | 2014-07-31 18:10 | Comments(0)
7月31日(木曜日)・住吉祭神輿渡御
明日8月1日(金曜日)の午後2時ごろ、住吉大社から紀州街道を通って大和川のほうに向かって、おみこしなどのパレードがあります。

私が見ていた子供のころからは、おみこしはトラックの荷台に乗せられてパレードをしていましたが、何年か前から、人が担ぐようになりました。

私は住吉大社の近くに住んでいて、町内会のおっちゃんから頼まれて、その復活の年に担ぎ手をしたことがありました。

●住吉祭神輿渡御45年ぶりの復活 (平成17年8月1日)
http://www.sumiyoshitaisha.net/mikoshi/history/index.html

の中のハッピを着て、おみこしをかついでいる中に私もいます。

太鼓橋の上をおみこしを担いで渡るというアラワザをやってのけました。

その写真は、次のサイトの写真のほうがわかりやすいと思います。

●住吉大社 夏祭り 神輿渡御
http://www.sumiyoshitaisha.net/calender/natu.html
f0151647_17582440.jpg

上の写真は、

●馬と路面電車        2009.8.4.
http://hitcity.exblog.jp/11670510/

からです(ほかにも写真がありますので、よろしければ御覧になってください)。

住吉大社を出て紀州街道に入るところですね。
f0151647_17593365.jpg


上の写真は、

●8/1=4★住吉大社のお渡り        2011.8.1.
http://hitcity.exblog.jp/16356842/http://hitcity.exblog.jp/16356842/

からです(8/1=1から8/1=4まで、ほかにも写真がありますので、よろしければ御覧になってください)。

住之江公園と長居公園を結ぶ道路です。
f0151647_1801819.jpg

上の写真と下の写真は、

●あの夏の日の大和川(2009.8.1.)      9.27.
http://hitcity.exblog.jp/12014973/

からです(ほかにも写真がありますので、よろしければ御覧になってください)。

大和川(やまとがわ)です。
f0151647_1805944.jpg
f0151647_181631.jpg

by hitcity | 2014-07-31 18:00 | Comments(0)
7月30日(水曜日)・コメント欄
★田中平吉さん

今日も午前4時から正午までの勤務のところ、15分間の残業となりました。
デザイン会社勤務時代から思うと、それぐらい残業でもなんでもありませんが。
当時は、毎日、最終電車で帰っていました。
広告会社勤務時代は、ほとんど残業はありませんでした。

帰宅後、午後2時から6時の生放送番組「ちちんぷいぷい」を観ていて、午後3時あたりの市川海老蔵さんがゲスト出演されるのは観ていましたが、午後4時すぎに押尾コータローさんがゲスト出演ということを聴いていましたが、そこを観る前に眠ってしまっていました。
目が醒めたら午後8時を過ぎていました。

今は午後10時で、テレビで「歴史ヒストリア」が始まるところです。
イッセー尾形さん演じる与謝蕪村の回です。
それを観てから(裏番組の「水曜日のダウンタウン」を録画)、また眠り、午前2時すぎに起床、明日も仕事に向かいます。

今日は更新をしないでいようかと思いましたが、田中平吉さんのコメント、【ちょっと不気味なコーヒー→ウッシッシッ(UCC)コーヒー】に対して、【UCCコーヒーに融資しぃ~。】が思い浮かびましたので、書き込んでから眠ることにしました。

市川海老蔵さんは、1日に30回、ブログを更新されるとか。

今日の「ちちんぷいぷい」出演のことも書いておられました。

http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-11902154809.html
by hitcity | 2014-07-30 22:13 | Comments(3)
堺タカシマヤで、さいとう・たかをさんのトークショー
f0151647_18192278.jpg

今日、新聞の折り込み広告で、高島屋で、さいとう・たかをさんのトークショーが開催されることを知りました。
高島屋といえばナンバの印象が強いのですが、堺のほうの高島屋です。

折り込み広告には、次のように書かれています。

■8月3日(日曜日)・午後3時(予定)
 「さいとう・たかを SAKAIを語る」
さいとう・たかを氏ご本人を会場にお迎えして、堺の想い出をライブで語っていただきます。

「ぴあ・関西版」が「Q」という誌名で発行されていた頃なので、かなり昔のことになりますが、堺タカシマヤには、その頃に行ったきりのような気がします。
「Q」に、長友啓典さんが選評を書かれているカラー1ページの読者からの似顔絵の投稿企画があって、私は1度だけ辰巳柳太郎さんを描いて投稿し掲載されたことがありました。
そうした掲載作品(ハガキ大)が、すべて展示され、長友啓典さんと個人面談ができるという企画があり、そのときに行ってみました。
予定には書かれていませんでしたが、篠原勝之さんも来られていました。

さいとう・たかをさんは堺市出身で、堺の図書館に「ゴルゴ13」を全巻寄贈したとかで、堺の大きなホールで、堺市長から表彰されるのを拝見したことがあります。

そのあと最前列で講演を聴きましたが、私の隣に座っていた夫婦づれらしき2人の男性のほうが、さいとう・たかをさんが何か喋ったら、「おまえも離婚してるやんけ~」とか舞台に向かって大きな声を発し、舞台から私の隣のそのおっさんに向かって、「誰や? なんや、おまえか! だまっとれ~!」と、さいとう・たかをさんが大きな声でやり返したりされていました。
私の隣のそのおっさんは酒に酔っているような感じでした。

講演会が終了後、ホールに隣接している喫茶店に、さいとう・たかをさんをはじめ20人ほどの男女が入っていきました。
中学の同窓会をされるようでした。
私の隣の席のあのおっさんも同窓生だったのでしょうね。
貸切ではなかったので、自分も入って話を聴けばよかったなと後悔したりもしました。

さいとう・たかをさんの講演は、私が広告会社勤務時代ですが、淀屋橋だったと思うのですが、広めの会議室というようなところで、シナリオ教室主催で無料で開催されたとき、拝聴しに行ったこともありました。

さいとう・たかをさんのお話は、抱腹絶倒ものと言ってもいいような面白いものでした。

これは、堺タカシマヤの8階で入場無料で開催される「ゴルゴ13の世界展 プレイベント」(7月30日~8月3日)の中でのイベントのようです。

8月5日~8月24日、堺市立文化館で「ゴルゴ13の世界展」は開催されるようです。
入場料700円とのことです。
こちらも行ってみたいと思っています。

講演会の日曜日も正午まで仕事ですが、間に合うと思うので、それも行くつもりにしています。
by hitcity | 2014-07-29 18:19 | Comments(2)
7月29日(火曜日)・コメント欄(柴崎友香さん)
★又六さん

NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」の主人公の娘は子供の頃から自然の摂理というものに興味があって、妊娠してみたいからという理由で求婚していましたが、同様に、人を殺してみたいと興味を抱く少女もありえるのですね。

NHK朝の連続テレビ小説は、「てるてる家族」と「ゲゲゲの女房」と「あまちゃん」と「ごちそうさん」を1度も欠かすことなく観て、今回の「花子とアン」もそのつもりでいましたが、今日、とうとう見逃してしまいました。

午前4時から正午までの勤務を終え自転車で帰宅すると昼の再放送に間に合い、それで観ているのですが、猫の食糧を購入するため遠回りして、ちょうど午後1時の番組終了時に帰宅、念のため毎日、朝の放送をタイマー録画しているので、それを観ようとしましたが、ハードディスク残量の関係からか2分間しか録画できていませんでした。
「花子とアン」の完全鑑賞記録は途絶えました。

まぁ、朝ドラの私にとってのベスト1とベスト2と思っている「カーネーション」と「てっぱん」を、それぞれ1回ずつだったか見逃しているので、それを差し置いて、あまり完全鑑賞記録を作りたくないところもあるのですが。

昨日の朝日新聞の朝刊の広告で、柴崎友香さんが芥川賞を受賞されたことを知りました。
柴崎友香さんの「その街の今は」という小説が好きで、テレビドラマ化されたのも観ましたが、素晴らしい出来のドラマだと思いました。
それで、そのドラマの映像をユーチューブで観ることができないかな?と検索してみましたが、残念ながら見つかりませんでしたが、そのドラマの主演男優のブログを見つけました。

で、その人物が「花子とアン」の花子の夫であることを知りました!
この男優は「花子とアン」で初めて見たと思っていたのですが。

又六さんがコメント欄に御覧になられたと書かれていた記憶があるのですが、映画「HK/変態仮面」の主演俳優でもあったのですね。

↓そのブログです。
●2012-01-21 08:23:21
再放送『その街の今は』
http://ameblo.jp/suzuki-ryohei/entry-11141589661.html
f0151647_1814791.jpg

★田中平吉さん

ブラックマヨネーズの小杉さんは、シャンプーでしょっちゅう、頭を洗っていたら、髪の毛が薄くなってきたとテレビで言っていたことがあります。
私は、毎日、シャンプーなしで頭にシャワーだけ浴びるようにしています。
まぁ、たまにはシャンプーを使うことはあり、シャンプー代の経費削減という理由のほうが大きいでしょうか。

「あまり見たくない水着姿の漫画家→水着しげる」とのことですが、その写真は何かの本で見たような記憶があります。

帰宅後、平日の午後2時から6時までの生放送番組の「ちちんぷいぷい」を観ていますが(明日のゲストは市川海老蔵さんということで楽しみです)、以前、円城塔さんが芥川賞を受賞された際、円城さんがツイッターに「ちちんぷいぷいから取材に来ないかな」と書いておられたそうで、その後、司会の西靖アナウンサーと飲み屋で対談をしている場面が放送されていたことがありました。

今回の芥川賞受賞の柴崎友香さんも、5月に心斎橋の建物めぐりをされている録画が放送されていました。
大丸心斎橋店が改築される予定とかで、その関係でした。
柴崎友香さんの小説に、大丸心斎橋店の外観についての詳しい描写をされたものがあるらしく、その小説も読んでみたくなりました。

ジュンク堂書店・千日前店の店頭に、この店が小説に登場しますという手書きポップつきでサイン本が置かれていて、購入したことがありました。

今度の日曜日の午後2時から紀伊国屋書店の梅田本店でサイン会があると新聞広告にありました。
私は、けっこうサイン会に行っていますが、この店でのサイン会に行った記憶は、椎名誠さん、平野啓一郎さん、原りょうさんだけですね。

●9/22=2★★ジュンク堂書店・千日前店へ     2009.9.25.  
http://hitcity.exblog.jp/12004264/

に、柴崎友香さんの本のこと、「コミックヨシモト」創刊号に漫才コンビのシャンプーハットとスマイルにサインをしてもらったことなどを書いていますが、そこから柴崎友香さん関係を、ここに転載させてもらいます。

■↓転載■

「その街の今は」(柴崎友香)新潮社。

【昨日、バイト帰りにジュンク堂に寄ったらフェアーコーナーの
片隅で昔の絵はがきを売っていて、三十枚ほどがひと束で八百円と
いうのが高いような気もしたけれど買ってしまった。】

と、最初のほうに、いきなりジュンク堂の千日前店(当時は、
ナンバ店と言っていました)が出てきました。

主人公の女性が、昔の大阪の風景の写真に興味を抱いたきっかけとして、
大学のとき、地理学の授業を取っていて、その時にみた空中写真が紹介
されていました。

【空中写真は、少し角度をずらした二枚の写真がほぼ重なり合うように
撮られている。それを、ステレオグラムという一時流行ったなにかの形が
浮かんでくる絵のように寄り目にして見るか、専用の立体鏡で見ると、
写真の中の街が立体的に見える。実際よりも強調されて見える
その立体感というのは、驚くほど鮮明で迫力があり、自分が今その街の
上空にいるように見えて、作業そっちのけでずっと覗いていることも
多かった。】

立体写真愛好家としては、嬉しい描写でした。

古本とかレコードとか仕入れてネットオークションに出している青年との
やりとりで、

【「そういうの、お金になるの?」
 「今までの最高は、百円が一万円やな」
 「ほんまに? 万馬券やん」
 「上村一夫って知ってる? そいつが歌っているレコードを
  マニアが競り合って。それ以降そんなええ話はないけど。
  まあ、小遣いかせぎやな」】

なんていうところも、楽しめました。

今は、新潮文庫になっています。

340円ですので、書店で何か買おうかと迷った際には、
買っていただきたいなぁ〜なんて、人に勧めて、勝手に応援したく
なってしまうような、好きな小説です。
by hitcity | 2014-07-29 18:15 | Comments(0)
7月28日(月曜日)・コメント欄(「悪名」の河内音頭)の続き
★田中平吉さん

ひとつ前のコメント欄を書いたあと、午後7時すぎ、もう一度、風呂に入りました。

思い出したことがあるので、風呂から出て裸でスマートフォンでコメント欄の続きとして書き込む次第です。

★又六さん

ひとつ前のコメント欄に、映画の揉め事を書いた本のタイトルを3冊あげましたが、ほかにも何かあったなぁと思い、風呂に入っていて、「地獄の黙示録」関係であったことを思い出しました。

風呂から出てスマートフォンで検索してみたら、立花隆さんの『解読「地獄の黙示録」』がありました。
それは読んでいましたが、当事者が内輪のゴタゴタを書かれていた印象があるので、あれ?と思いました。

それで、それは「ハート・オブ・ダークネス~コッポラの黙示録」というドキュメンタリー映画の印象だったことに思い至りました。

「地獄の黙示録」は初公開されたのと後に再編集されて特別完全版として公開されたのを観に行きましたが、特別完全版はわかりやすくなっていて初公開版より面白くなっていると思いました。

テリー・ギリアム監督の映画制作が頓挫した様子を描いたドキュメンタリー映画「ロスト・オブ・ラ・マンチャ」も観に行きました。
ジョニー・デップが出ていてミニシアターでの上映は珍しいなと思いました。
by hitcity | 2014-07-28 19:09 | Comments(4)
7月28日(月曜日)・コメント欄(「悪名」の河内音頭)
★田中平吉さん

暑いですね~。

夏場の肉体労働はきつくて帰宅すると寝転がったままです。
昨日の日曜日は午前4時から正午までの勤務を終えて帰宅後は横になったままテレビを観てすごしていました。
風呂には4回入りました。

今日は仕事が休みですが、現在、午後5時半、風呂に3回入りましたが、まだ入るつもりです。
その合間にパソコンでマンガを少しだけ描きました。

田中平吉さんのコメントで知りました中学生時代の住み込みの新聞配達のことをプロレタリアートのマンガとして描いていただきたいなぁと思いましたが、私の場合は、フロデタリアートだなと思いました。

★又六さん

「映画の奈落 北陸代理戦争事件」の本のことは知りませんでした。
「北陸代理戦争事件」のこと自体を知りませんでした。

映画制作における揉め事を書いた本は、「バトル・オブ・ブラジル/『未来世紀ブラジル』ハリウッドに戦いを挑む」と「ドキュメントゆきゆきて、神軍」と「黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ-』その謎のすべて」を読んでいて、それぞれとても面白かったので、その本も読んでみたいと思いましたが、「北陸代理戦争」は未見なので、まずそれを観てみないといけませんね。
大阪市立中央図書館はVHSテープの貸出しもあるので一緒に借りることができればいいのですが。

松原智恵子さんは、貸本マンガの表紙でよく見かけるような顔をされていましたね。

「座頭市物語」と「悪名」は観ていますが、私は俳優の名前をあまり覚えないので、万里昌代さんがどのようなかたなのか思い出せないでいました。

「悪名」は勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビの映画でしたが、勝新太郎さんと北大路欣也さんでリメイクされたのも観に行きました。
その映画も面白く観ましたが、やっぱり、田宮二郎さんのあのキャラクターの味がないといけませんね。

by hitcity | 2014-07-28 17:36 | Comments(0)
7月26日(土曜日)・コメント欄
★田中平吉さん

暑いですね~。

土曜日と月曜日が休みで、今週の火曜日からの4日間の仕事の肉体労働、暑くてきつくて、やっと休みだとホッとしました。
休日の本の整理作業は暑くて夏休みということにして、パソコンでのマンガ制作に着手しようと思ったのですが、パソコンのデスクトップ上の整理をするだけに留まりました。
これからマンガを描こうと思い机に向かって椅子に座り、引き出しの中の整理をしたという感じでしょうか?

デザイン会社や出版社や広告会社に長年勤務してきましたが、そうした職種は、仕事の内容に趣味や遊びでやっているような感覚もあり(広告会社勤務時代は新聞広告の4コママンガを描いたりしていました)、田中平吉さんの言われるような労働者の権利などということとは、あまり関係のないような気がしていましたが、現在の仕事の肉体労働は、趣味や遊びという要素はなくて、自分は労働者なんだなぁ~と実感することがあります。

田中平吉さんは少年時代から新聞配達をされていたということを聴いたことがありますが、そのころから自分が労働者であるということを実感されていたのでしょうね。

新聞広告で、下村博文さんの「9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に」という本のタイトルを知りました。
タイトルを見ただけで読んだような気になってしまいました。

「ニッポンはアメリカ合衆国ニッポン州なのでしょうか?」とのことですが、連日、テレビで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーランドが紹介されているのを見ていると、そんな気にもなってきますね。

エキスポランド跡に、アメリカのパラマウント・ピクチャーズのテーマパークを誘致されるという話もあったようですが、第2の海遊館ができることになったようですね。

そこに巨大映像施設ができるようなこともテレビで聴きました。
天保山のサントリー・ミュージアムにあったIMAXシアターのようなものが復活してくれればいいのですが。
by hitcity | 2014-07-26 17:03 | Comments(2)
7月25日(金曜日)・コメント欄(夏祭りと芹沢博士)
★田中平吉さん

7月25日といえば、前日の24日とともに、天神祭があり、近所の玉出では生根神社のだいがく祭りがあり、ステレオ写真(立体写真)撮影に熱中していた広告会社勤務時代は、写真撮影をするため走り回っていました。

京都まで行って、祇園祭りの山鉾を組み立てるのを、ずっと写真撮影していたこともありました。

あのまま広告会社が存続していたら、今日もステレオカメラを抱えて走りまわっていたことでしょう。

マンガを再び描くことはなかったでしょうし、ブログも写真中心のものになっていて、田中平吉さんと再会することもなかったような気がしますね。しみじみ。

生根神社のだいがく祭りで、浜村淳さんと、やしきたかじんのお母さんが、笹を配っている写真を、このブログに載せたことがあるなぁ~と思い出しました。
よろしければ御覧ください。

●尼崎なオカン、たかじんのオカン、いろいろ見ました。2007.7.26.
http://hitcity.exblog.jp/7116083/

7月25日といえば、そんなふうに夏祭りの日という印象が強いのですが、今日、ツイッターで、映画俳優の平田昭彦さんの命日であるということを知りました。

「ゴジラ」第1作目の平田昭彦さんが演じられていた芹沢博士は印象深いキャラクターでした。

このまえ紹介させてもらいました「ビッグコミックオリジナル・ゴジラ増刊号」でも、吉田戦車さんと諸星大二郎さんと昌原光一さんが芹沢博士を描いておられました。

「ゴジラ増刊号」は、ネット配信されたようです。

●描き下ろしのゴジラ漫画収録、
ビッグコミックオリジナル『ゴジラ増刊号』
デジタル版配信開始
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1407/22/news114.html
by hitcity | 2014-07-25 15:41 | Comments(3)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル