> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
3月31日(火)・テレビとパソコンなし生活に突入
午前3時から正午までの勤務。
帰宅してテレビをつけると、今日の正午にデジアナ変換が終了したとの表示。
今日いっばいは視聴できると思っていた。
パソコンでラジオを聴くかCDを聴こうかと思うが、パソコンが起動しなくなる。
中古パソコンでいつそうなるかと不安ではあったが、よりによってテレビを観ることのできなくなる日と同じとは。
テレビに関してはデジアナ変換に加入した時から期限切れは覚悟していたがパソコンは急なのでキツイ。
今日は給料日だったが、各種支払いを済ませると、ギリギリの状況。
地デジテレビもパソコンも購入する余裕がない。
まずは中古パソコン購入を優先しなくてはならないので(パソコン漫画を完成させたい)、テレビはいつ買えるのか見当がつかない(パソコンも同様ですが)。
スマートフォンのワンセグでテレビの視聴は可能だが隣に高い建物があるからか(?)家の中では観ることができない。
スマートフォンのラジコは東京の放送局にセットしていて聴きたい番組もある。大阪用のラジオも欲しい。

自転車で、近くのドン・キホーテまで行き一番安いCDラジオを購入。3000円ほど。
まず、ムーンライダーズのCD「Here we go round the disc」を聴くが、パソコンで聴くより音がいいですね。

勤務から帰宅後はテレビ鑑賞のかわりにマンガ制作や読書の生活をしばらく送ることにします。
スマートフォンからツイッターへの書き込みは画像を入れるのもラクなのですが、このブログの書き込みは、なかなかむつかしいです。
できましたら、ツイッター(高木ひとし・hithitcity)のほうを御覧いただけたらと思います。
こちらでの更新は短文になっていくと思いますが、ご了承、お願い致します。
by hitcity | 2015-03-31 16:08 | Comments(2)
コメント欄(和田誠さん/池脇千鶴さん)
f0151647_1853153.jpg

★又六さん

和田誠さんが学生の頃、シェイムズ・ステュアートさんの似顔絵を描いて送られたとかいうことでしたね。
その対談だったか、その対談について和田誠さんが書かれたエッセイを読んだような気がします。

和田誠さんの映画関係の仕事の展覧会が道頓堀のキリンプラザ大阪で開催されたとき行きましたが、道頓堀を通りキリンプラザ大阪がなくなった景色を眺めては、その時の楽しいイベントを思い出したりします。
↓その時の写真があります。

●キリンブラザ大阪の20年を明日の日曜美術館で。 2008.3.8.
http://hitcity.exblog.jp/7621110/

池脇千鶴さんは、映画「大阪物語」に出演された時、新世界のフェスティバル・ゲートの中の映画館「動物園前シネフェスタ」で舞台挨拶があり、豊中の知り合いのおばさんから大きな熊のぬいぐるみをプレゼントされていたのを見ました。
すごく大きなぬいぐるみでした。
司会者が、池脇さんのご両親が来られていますと紹介、私は前のほうの席にいましたが、司会者が示すほうを振り返ったら、私の真後ろか2列ぐらい後ろだったかで、若い夫婦だったので驚いたという記憶もあります。

NHKの朝ドラのヒロインは、今宮戎神社の「十日戎まつり」で宝恵駕籠行列に参加、池脇千鶴さんが森脇健児さんと並んで乗っているのも見たことがあります。
宝駕籠行列で朝ドラのヒロインは、双子のマナ・カナさん、それに今年の1月10日に、シャーロット・ケイト・フォックスさんを見ました。

映画「大阪物語」には、今はなき、新世界のフェスティバル・ゲートの賑わっていた頃の映像が残っているので、見返したら、しみじみとすることでしょうね。
広告会社勤務時代で、仕事を終えてから、同僚たちと寄ってみたりもしていました。
飲食店も賑わっていて、楽しいひとときを過ごせたものでした。
「動物園前シネフェスタ」がなくなったのが、なんかといっても残念です。

↓ジュリーが堺まで漫才をしに行くと言って、阪堺電車の恵美須町駅から路面電車に乗る場面が、次の動画の9分あたりにあります。

我が家のそばを走って大和川をわたり堺市に向かいますが、大和川の鉄橋を路面電車が走る私の好きな景色が、この映画の何にもありました(この動画にはありません)。

上の画像は、
●あの夏の日の大和川(2009.8.1.)     
http://hitcity.exblog.jp/12014973/
からで、大和川の鉄橋の路面電車を撮ったものです。

動画をここに貼り付けようとしたら、それは無効で、直接、ユーチューブを見てくださいという表示が出ることがあります。今回がそれでした。
文中、紹介させてもらった動画は、これのことです。↓

●映画「大阪物語」 池脇千鶴 沢田研二 田中裕子 ミヤコ蝶々
https://www.youtube.com/watch?v=O1vpnbnbIdU
by hitcity | 2015-03-30 18:06 | Comments(0)
コメント欄(貸本マンガ史研究)
f0151647_16253178.jpg

★又六さん

「貸本マンガ史研究」の案内書が届かれたそうですね。

川勝徳重さんが昨年9月に「文学フリマ大阪」に来られた際、一緒に大阪駅前第3ビル地階の絶版マンガ専門店「もっきりや」に行きました。
この店でいつも「貸本マンガ史研究」を購入していたので久しぶりに訪ねたその際に新しい号を買うつもりでしたが、川勝さんが購入されたあと発行元から届いたとのことで重複しているので1冊送りますよと言ってくださいました。
送料も手間もかかるので以前の私であったら遠慮するところでしたが、経済的に困窮している状況にあり、お願いして、送っていただきました。

「蝸牛」第2号用の時代劇マンガの進捗具合などを「蝸牛」発行人の川勝さんとメールでやりとりをしている際に、「貸本マンガ史研究」の新しい号、川勝さんが寄稿されている号が2冊あると伺い、今回もまた甘えさせてもらい、送っていただきました。

川勝さんの「貸本時代の水木しげる画風変遷史」には、たまげました。

水木しげるさんが高野よしてるさんのマンガから影響を受けているという図版を並べることができるというのも、かなりのマンガマニアの技と思えますが、水木しげるさんが影響を受けたアメリカンコミックスの図版を並べるという行為は、超人技という気がしました。滅多にできることではないでしょう。
f0151647_16265351.jpg

「高峰秀子解体新書」(斉藤明美)のことは知りませんでした。
付録のDVDに興味がわきますね。
その付録ありきで企画された本のような気がしますね。
「ユリイカ」の4月号は、高峰秀子さんの特集号のようですが、ブームとかになっているのでしょうか?
私は、高峰秀子さんといえば、「浮雲」の回想シーンを一番にあげたくなります。
あの回想シーンの素晴らしさがなかったら、「浮雲」を、あんなに名作だと感じたかどうかという気にさえなってきます。

朝ドラの「ごちそうさん」出演時のテレビのインタビューで、撮影のため大阪暮らしをされている東出昌大さんに、大阪で行きたい場所はと司会者が尋ねていて、司馬遼太郎さんファンという東出さんが、適塾と応えておられました。
私も、かつて、司馬遼太郎さんの小説の「花神」や「胡蝶の夢」の興味から適塾を見学しに行ったことがありました。
その時、備えつけの来訪者ノートを見てみたら、手塚治虫さんのマンガ「陽だまりの樹」からの興味で来られたかたが、けっこうおられとたと記憶しています。
連載中だったのかな?

Eテレで、司馬遼太郎さんの菜の花忌の記念講演会(2月7日)の様子が放送されていましたが、それには、杏さんが出ておられました。
東京との交互の開催で今年は大阪、杏さんが出るなら知っていたら行ったのにと後悔しました(今まで2度行っています)。
しかも取り上げられた小説は「城塞」。
この小説は喜劇で何度も読みながら笑いました。
近所の住吉大社や紀州街道が登場するのも嬉しく読んでいて楽しかったです。

●杏の歴女ぶりは本物? 「初めて見た!」大学教授も称賛
http://news.livedoor.com/article/detail/9871004/
by hitcity | 2015-03-25 16:28 | Comments(3)
コメント欄(陽だまりの樹/ヒモトタロウさん)
f0151647_1833278.jpg
f0151647_18334858.jpg

★又六さん

いつもコメントをくださいまして、ありがとうございます。

特に「貸本マンガ史研究」の新しい号については、詳しく感想を書きたいと思っていみますが、杏さん、手塚治虫さんの「陽だまりの樹」、高峰秀子さんについては、のちほど、ゆっくりと書かせてください。

今回は、かつて、梅田で開催された「世界まんが博」内の「手塚治虫の店」のオークションで入手、入院した際、経済的事情から手放してしまった「陽だまりの樹」の生原稿の画像を紹介させてもらいます。
スキャナーの都合で2分割しましたが、上下に続いている1枚の原稿です。

「貸本マンガ史研究」(第2期・第2号)の追悼記事で、ヒモトタロウさんが逝去されたことを知りました。

このブログを始める前、ミクシィの日記に、ヒモトタロウさんを囲む会に参加したことを書いていて、それをこのブログに再録したことがありました。

大阪のけっこう近くにお住まいのようだったので、またお会いしたいとは思っていましたが、住所も知らず、そのままになってしまい、残念に思いますが、お会いすることができてよかったです。

●「犬神家の一族」に、ヒモトタロウさんの息子さん! 2008.2.18.
http://hitcity.exblog.jp/7502030/

の写真の中からの1枚です。
↓左のかたがヒモトタロウさんです。
f0151647_18373218.jpg

by hitcity | 2015-03-22 18:37 | Comments(1)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル