> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2015年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧
4月30日(木曜日)
f0151647_17134987.jpg

午前3時から正午まで勤務。

給料日。
銀行のカードを落とし再発行の手続きをとったが、まだカードは届かない。
月末は様々な支払いがあるので、帰宅後、すぐに自転車で銀行に向かうつもり。
かつて暮らしていた地域にある銀行まで行くことになり、滅多に行かないようになっているので、その頃、よく行っていた飲食店で、ついでにビーフカツレツを食べようと計画を練る。
かつては日常的に食べていたものだが、今は月に一度の給料日の贅沢になってしまった。

午後1時前に帰宅すると、郵便受けに、「郵便物ご不在連絡票」か入っている。
午前9時39分に来たらしい。
銀行カードである。

これがあると、自転車で遠くの銀行まで行き窓口で通帳で引き出すという面倒なことがなく、すぐ近くにあるATM機まで行けば引き出すことができる。

電話で再配達の手続けをする。
午後2時から午後5時までの時間帯を希望。
以前、その手続きをとったら、その時間帯のはじまりの時間に再配達されたことがあった。
午後2時10分まで待ち、来なかったら銀行の窓口に行こうと決め、100円ショップで購入したカップ麺の焼きそばを食べて待機する。
再配達は来ないので、銀行まで自転車で向かう。

午後2時20分頃、銀行に到着し、整理券を受けとったら、38人目だった。
窓口の待ち人数である。
ATMコーナーは、更に大人数で、長蛇の列。
月末である。

アロハシャツのような半ズボンをはいたラッバーみたいなにいちゃんが、銀行のカードを手にして、3時に間に合わんかったら、どうしてくれるんや!カードがあるんやで、本人やと証明できるんや!詐欺やないか!弁護士を入れるで!と言って女性行員に詰めより騒いでいた。
年輩の男性行員に、どこかに連れて行かれた。

順番がきたのは、午後2時56分。
すぐに引き出すことはできた。

近くの郵便局まで急ぐ。

先月末に年に一度の墓の管理費の振り込み用紙が届いていて、期限が今日までだったので、今日まで支払いを残していた。
郵便局の金銭関係の手続きは午後3時までと思っていたが午後4時までで間に合った。
墓の中は無限の世界だろう、1日や2日のことは、どうということはないだろうと思ってみたりもしていたが、間に合ってよかった。

郵便局の前の家に福助がいた。
「蝸牛」発行人の川勝徳重さんは福助好きだったはずなので、写真を撮っておくことにした。

墓の管理費はコンビニでは対応していないので(以前、気づかず持っていき支払おうとしたことがある)、郵便局で払い込んだが、ほかの支払いは慣れたコンビニで、まとめてする。
間違って1万円札を1枚多く渡してしまい、店員から返されたが、正直な店員でよかった。

そもそもは、私が落とした銀行のカードを届けなかった人物のせいで、こんな苦労をすることになった。
昨日が祝日でなければ、郵便は配達され、昨日のうちに銀行のカードは届いていたと思う。
昭和天皇のせいで、こんな苦労をすることになったと思ってみたりもした。

昔、このあたりに住んでいた頃に、よく行っていた本屋に久しぶりに寄って雑誌を購入する。
その近くのコンビニでマンガを購入。
新刊の本屋の入口に古本の均一セールをしている店にも久しぶりに寄り、数冊購入。

帰宅すると、午後4時10分。
再配達を依頼したので、また不在連絡票が郵便受けに入っていた。
時間は午後3時8分になっていた。
郵便局での墓の管理費の振り込みが午後4時まで可能だったので、それでも間に合っていたわけか。
申し訳ない。

通勤時に区の大きな郵便局のそばを通るが、そこの窓口で受け取ることができるとのことなので、電話をかけて、明日の帰宅時に受け取りに行く旨を伝える。

新聞の集金が来る。

毎日放送テレビの「ボイス」の午後6時半からの「大阪都構想」の解説の3日目を見る。
特区になった場合、既存の区役所は、そのまま窓口業務をして、新たに行政用の建物を作ることになるらしい。
f0151647_17170841.jpg

パソコンからの書き込みの場合、写真をPhotoshopで加工して電話番号をぼかすことができますが、スマートフォンからの書き込みで、それができません。

このブログ、1日の閲覧者数は30数人なのですが、アクセス記事別を見ると、新規の書き込みの閲覧者数は、10人足らずから10数人の間です。
何かで検索して、昔の書き込みを見ている人が多いようです。

電話番号が大々的に世間に知れ渡るということもないと思うので、なにとぞ、お許しください。

本の感想などを書いた時、ツイッターで、ブログを更新しましたと、アドレスを添えて紹介した場合、そのブログの閲覧者数が50人を越えるので驚きです。
by hitcity | 2015-04-30 16:16 | Comments(0)
4月29日(水曜日)
午前4時から正午まで勤務。
祝日は関係がない。

自転車での帰路、コンビニに寄り「週刊文春」(5月7日・14日ゴールデンウィーク特大号)を購入。
【衝撃スクープ/能年玲奈・国民的アイドル女優はなぜ消えたのか/本誌直撃に悲痛な叫び「私は仕事がしたい」】を目当てに購入した。
事務所が大事に育てようとして作品を選んでいるのだとばかり思っていた。
キョンキョンに救われるといいのだが。

「今週のバカ」という適菜収という人の連載コラムで、大阪都構想と橋下徹さんについて書かれていて、それを読んで、反対意見も聴くべきかなと思ってみたら、新聞の番組欄に、午後3時50分からの読売テレビの「ten.」という番組、【徹底討論 決断!大阪のカタチ!「大阪都構想」投票前 橋下代表VS自民・共産…なぜ今…なぜ反対!?スタジオ生出演で激論】とあり、寝室の窓辺でスマートフォンのワンセグで、午後3時50分から5時20分まで、ぶっ通しでされた討論を観る。

反対派の自民党のふたりの男性と共産党のひとりの女性と橋下市長が対決するという形。
この前、このブログに書いていた親を継いだ自民党の市会議員が出ていた。
その市会議員は、現状のまま、総合区と名前を変えて、そのうちの2ヶ所で試験的に何かを始めようと思うとか言っていて、それも、橋下市長が大阪都構想とか言い出したので、しかたなくやろうとしているような感じ。
もうひとりの自民党の衆議院議員は、何もわざわざ、そんなことやらなくても~と、いさめるような口ぶり。
共産党の女性は、しっかりしていたが、この人も、何もわざわざ、そんなことしなくても~、そんなことして、悪くなると、どうするの~という感じ。
そんな消極的な態度の人たちの中で、ひとり、橋下市長が気を吐いているので、その意見に説得させられていく。

橋下市長が言う大阪府と大阪市の二重行政の弊害、ほかの3人はないと応えていたが、読売テレビの論説委員か何かの男性が、橋下市長が知事時代、インフルエンザが流行、大阪の府立と市立の小学校で、学級閉鎖の対応が違っていたという例を出していて、それが、けっこう説得力があるように思えた。

何かを何がなんでもやり遂げたいと思っている人間と、わざわざ、そんなことしなくても、このままダラ~としてたら、ええやんという人間の対決。
サーモグラフィの画面で観たいような気もした。

何かを成し遂げようとしている人間派の人間は投票には行くが、何もしないでもいいじゃないかという人間派の人間は投票には行かないのではないかというような気がしたが、どうなのだろう?
このテレビ番組は、橋下市長に有利に働いたように思う。

このブログを居間に戻って書いて、午後6時半に再び寝室の窓辺へ。
スマートフォンのワンセグで毎日放送テレビの「ボイス」の「大阪都構想」の解説3日目、10分ほどを観る。
特別区についての解説。

視聴者からの質問として、大阪市が特別区になり、政令指定都市でなくなった場合のメリットとデメリットとは?というのがあり、それは私も気になっていた。
政令指定都市は宝くじを発行できるのがメリット、広くて目が届きにくいのがデメリットと、毎日放送の論説委員が応えていた。

大阪都構想の住民説明会に行った時、大阪府の人口は全国で3位と説明し、続けて、大阪市の人口は、全国の都道府県の表に入れると、広島県と京都府の間と言っていた。
広島県も京都府も、複数の市が、その中にあり、複数の市長により運営されているが、大阪市は、それを市長ひとりが担当しなくてはならないと述べていた。

まだ風邪をひいていて、今日は勤務中、走りまわっていると頭痛がしていたが、帰宅すると、痛みは治まった。

風邪薬を飲んで眠ることにする。

by hitcity | 2015-04-29 17:30 | Comments(0)
4月28日(火曜日)
午前3時から正午まで勤務。

帰宅後、テレビがないのでラジオをつけるが、面白くなく、1976年刊行の講談社文庫の時代小説アンソロジー「侍たちの風雪」収録の「同門の宴」(池波正太郎)や、1999年刊行のちくま文庫の「京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短編集」収録の武良茂名義の「おんぼろ小僧一番槍」を読んだりしてすごす。
時代劇マンガ制作中は、同じジャンルの作品に興味がわく。

時代劇マンガ「虫侍」に股旅姿の男が登場している場面があり、そのコマの衣装の模様の処理をどうしようかと前から思っていて、その模様なりスクリーントーンなりの処理を考えてみようと思うが、なかなか難しい。

「時代衣装ポーズ集」という資料写真集を参考にして、アレンジして、鉛筆で下描きをしておいて、日が経ってからペン入れをしたが、その時、デタラメにペン入れしていたことに気がついた。
マントと内側の着物の関係が、メチャクチャ。
なんで、こうなってしまったのか?
ありえない状況なので、模様を入れようとしても悩むはずである。

トレース台(ライトテーブル)を使用して、その人物を描き直しペン入れをするが、元の絵の勢いがなくなり、表情やポーズもよくない。
結局、衣装の上に紙を貼りつけ、その箇所のみ描き直すことにする。

午後5時半からの約10分間の毎日放送テレビの「ちちんぷいぷい」の火曜日の「ロザンの道案内役しよッ!」のコーナーを寝室の窓辺でスマートフォンのワンセグで観る。

引き続き、午後6時前からのTBSのニュース番組を観て、午後6時15分からの毎日放送テレビの西靖アナウンサーの「ボイス」を観ることにする。

新聞の番組欄で、昨日から、この番組で、大阪都構想についての解説をしていることを知る。
始まる前になって、スマートフォンの充電が切れかけてきたことに気づき、慌てて長いコンセントのコードを探し、充電をしながら観ることにする。

今日は、大阪都構想により、今後は、大阪の負の遺産は生じないであろうと説明されていることについて。

大阪市が建てたWTCコスモタワーと大阪府が建てた りんくうゲートタワービル、大阪市と大阪府が高さを競って建設し、いずれも経営破綻をした。

1コマ漫画誌「EYEMASK」で、いずれの建物も、私は題材にしてマンガを描いたことがある。
りんくうゲートタワービルのマンガは「大阪遺産」という通しタイトルで、大阪市が作り経営破綻した遊園地のフェスティバルゲートも題材にして描いた。

大阪市が、そんな大きな建物を作る必要があるのか、大きな施設は大阪府で、大阪市は特別区にして生活に身近な部分を扱うようにするというのが、大阪都構想とのことです。

居間に戻るとテレビを観ることができず、寝室の本の中から出てきた1979年刊行の旺文社文庫の「鬼涙村」(牧野信一)収録の「父を売る子」と「村のストア派」を読む。
テレビのない時代は、なにかといえば、人は人同士で会うようにしていたのだなと読んでいて思う。
by hitcity | 2015-04-28 16:53 | Comments(0)
4月27日(月曜日)
休日。

平日の早朝の読売テレビの帯番組「すまたん」(辛坊治郎さんと森たけしアナウンサー)、昨日の統一地方選の後期のニュースを観ようと、午前5時45分頃から、寝室の窓辺でスマートフォンのワンセグで観るが、ネパールの地震やドローンや武井咲さんのニュースをしていたが、その項目は終わったのか、午前7時前の番組終了時になっても、放送はせず。

なんばグランド花月の1階に25日にオープンした「元祖怪獣酒場」を紹介していた。
カネゴンが店長。
行ってみたいと思うが、私はカネゴンには歓迎されないであろう。

●元祖怪獣酒場
http://rocketnews24.com/2015/04/24/574696/

午前7時半頃から午前11時半頃まで、毎日放送ラジオやCDを聴きながら、時代劇マンガ「虫侍」の制作に着手。
刀を差している箇所がうまく描けなかったので、上から紙を貼りつけて、そのままになっていたコマ、昨日購入した「歴史街道」の「刀の差し方」のイラストを参考にして描くことができた。
と、こんなふうに書くと、どのような大きなサイズの絵かと思われるかもしれないが、1センチ四方ほどの切り貼りの紙の中のことです。
そんな細かいことを、チビチビとやっています。

大きな袋3つほどに詰め込んで置いたままにしていたものから取り出して、夏服を洗濯機で2回分、洗濯をする。

朝日新聞の朝刊の社説で、今日が、大阪都構想の住民投票の告示日だと知り、午後2時前からの毎日放送テレビ「ちちんぷいぷい」を、寝室の窓辺でスマートフォンのワンセグで観る。

ネパールの地震、昨日の統一地方選後期の結果、大阪都構想の告示日のニュース。

日生球場跡に今日オープンした商業施設からの生中継をしている。
ショッピングセンターの上空に、陸上競技場のトラックの形のまま、エアートラックとして浮かんでいる。
1周300メートル。
無料でランニングやウォーキングができる。
ビル街の中の、そんな施設に、近未来SFの世界を感じた。

●もりのみやキューズモールBASE
http://sp.mainichi.jp/select/news/20150423k0000e040195000c.html

「ちちんぷいぷい」を45分ほど観て、ワンセグのチャンネルをNHKテレビに変える。
先週、この時間に観ていた「鶴瓶の家族に乾杯」の鈴木亮平さんの回、今日は後編の再放送だったが、番組の終わりに感想をのべているところだった。

寝室に、高さ70センチほど、幅30センチほど、3段の引き出し式の透明ボックスがあり、中には何も入っていない。
それを、現在、マンガの制作をしている居間に持って行き、原稿や資料のコピーの束や資料の本を入れる作業をする。
こたつテーブルの横に積み上げたりしていたので、乱雑になりがちだった。

毎日放送ラジオの上泉アナウンサーの番組、月曜の相手役レギュラーは金本義明さんで「プロ野球漫談」、面白くて笑える。
それを聴きながら作業をする。
整理整頓ができた。

窓辺のスマートフォンのワンセグで久しぶりにNHKテレビの午後7時のニュースを観た。
かなり長く大阪都構想の住民投票告示のニュースをしていた。
反対派として自民党の市会議員が街頭演説をしている映像が流れた。
今回、大阪都構想に反対している人には、断固として現状維持をめざす!という姿勢を強く感じます。
街頭演説をしていた市会議員は、父親の市会議員の急逝により行われた補欠選挙で25歳で当選し市会議員になった人で、そういう境遇の人には現状が維持されなくては困るのだろうなと思う。

我が家の近くを走っている大阪市バスは、何十年間、1時間に2台しか走ってこなくて、なんとかならないかと思っていた。
そのバスとは別に年輩の運転手の大阪市の赤い小さなバスが、客を誰も乗せずに町の中の別コースを周回するようになった。
大阪市バスの運転手の年収は1千万円で、誰も知らない間に募集されていると聴いたりもしていた。

橋下市長になって、運転手の年収は民間並みにと言い、赤い小さなバスは廃止された。
何十年も望んでいた、10分に1台のバスがやってくるようになった。

反対派の現状維持の人間よりも賛成派の改革の人間に賭けてみようかと、そんなことからも思うようになりました。

とか書いているうちに、午後8時。
火曜日の明日は午前3時始業で、午前1時半に起きている。
テレビがあると、なんとなく、午後9時頃まで、なんやかんやと観て過ごしてしまうが、テレビがないと、すっぱり眠ることができる。
おやすみなさい。


by hitcity | 2015-04-27 18:14 | Comments(0)
4月26日(日曜日)
f0151647_17223068.jpg

午前4時から正午まで勤務。

自転車での帰路、本屋に寄り、「歴史街道」(5月号)を購入。
このまえ本屋で見かけて、その時は買わなかったが、やはり、買っておこうと。
「刀剣と乱世」という特集で、日本刀についての詳しい解説がある。
時代劇マンガ「虫侍」の刀の場面は、ほとんど描き終えているが、興味を抱き買ってみた。

帰宅後、午後2時からの山下達郎さんのFMラジオを聴き、少し「虫侍」の空白だった箇所の下描き作業。
午後4時からの東京のラジオ番組「笑福亭鶴瓶の日曜日のそれ」を、スマートフォンのラジオで聴く。
ゲストは、マツコ・デラックスさん。

昔、よく聴いていたラジオ大阪の「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」の味があり、面白く、じっくりと集中して聴いていた。

午後8時から45分間、寝室の窓辺で大河ドラマ「花燃ゆ」をスマートフォンのワンセグで観る。

吉田松陰の最後。
吉田松陰が命をなくした時間、母親と父親が、別々に吉田松陰の幻を見るという場面、「ベルリン・松陰の詩」かと思ったが、よかった。

ワンセグの小さな画面でテレビを観るのはシンドイので、これで「花燃ゆ」を観なくてもよくなり、助かったと思う。
予告では、朝ドラ「花子とアン」のおとうが坂本龍馬で映っていた。
これは、なかなか、合っているかもしれない?

「世に棲む日日」(司馬遼太郎)の文庫本、全4巻では、吉田松陰は前半2巻まで、あとを高杉晋作と坂本龍馬がついでいたが、この「花燃ゆ」では、龍馬は途中参加の感があり、あまり活躍の場はないのでは?どうなのだろう?
このあと、桜田門外の変の場面は観てみたくなった。

風邪薬を飲んで、ラジオを聴いているうちに眠ってしまう。
by hitcity | 2015-04-27 16:49 | Comments(0)
4月25日(土曜日)
月曜日が休日出勤になったので、先週の土曜日以来の休日。

「蝸牛」の第2号用の時代劇マンガ「虫侍」の制作再開。
人物や背景などの線はすべて入っていて、あと陰影とか看板の文字とか何かの模様とか仕上げ作業が残っているという段階。

「没後一五〇年・歌川国芳展」の図録の中の描き文字を参考にして文字を書いてみたりもしました。
自分の文字で筆ペンで書けば、数十秒で書けるのでしょうが、このように、じっくり楽しみながらやっているところがあります。

神経を集中してやりたいときはラジオを聴かず、ゴンチチのCDをかけながら制作しています。
朝から午後0時過ぎまで、その調子でやっていました。

午後1時までの30分間ほど、永六輔さんのラジオ番組に近藤正臣さんがゲスト出演しているところをスマートフォンのラジコで聴く。

午後1時5分からの45分間、寝室の窓辺のスマートフォンのワンセグで、大河ドラマ「花燃ゆ」の再放送を観る。
この日のテレビ鑑賞は、これのみ。

午後1時からの辛坊治郎さんのラジオ番組を途中から聴く。
ゲストの萩本欽一さんが大学生活について語っている。

午後3時からの伊東四朗さんと吉田照美さんのラジオ番組、コント仕立てのコーナーが特に面白く、この番組は、毎週、楽しみにしている。

ラジオを聴きながら、時代劇マンガのちょっとした作業は続けた。

寝室の本の整理をしていたら出てきた「半蔵の門」(小池一夫+小島剛夕)の「第は巻」を再読するが面白い。
「週刊現代」に連載されていて、単行本の巻数は「いろは」の表記で、揃えていた気がするが、全部通して読んでみたいなぁ。

徳川家康と服部半蔵をコンビとして描いている。
横山光輝さんの「片目猿」というマンガは、片目猿という忍者と斎藤道三をコンビとして描いていた。

昔のストーリー漫画の「片目猿」は全1巻や2巻で出ていましたが、それから何年も後の劇画の「半蔵の門」は何巻にもわたり刊行されました。
同趣向のことをやろうとして、時代によって、そういう違いが生じてきたことを面白く思いました。
それぞれに同様の読後の充実感があったように思います。
by hitcity | 2015-04-26 18:45 | Comments(0)
4月24日(金曜日)後編
目が醒めて、FMココロの大塚まさじさんの午後7時からの番組をつけてみたら、誰か知らない人とのトークのコーナーの終わるところ。
春一番コンサートのライブ・アルバムから、「祝婚歌」(中川五郎)と「街は裸で眠りこんでいる」(友部正人)が放送される。

そういえば、春一番コンサートの時期ですね。

経済状況が悪くなり、春一番コンサートには行かなくなりました。
中川五郎さんを撮った写真を、このブログに載せていたなと検索してみたら、2008年のものでした。
そんなに経つのか。
「祝婚歌」と「腰まで泥だらけ」は、中川さんの歌の中でも特に好きです。

●祝春一番コンサート2008【1】
http://hitcity.exblog.jp/8694490/

午後10時からのテレビドラマの「アルジャーノンに花束を」が始まるまで、そのまま、ぼんやりとラジオを聴いていた。

そろそろ、寝室の窓際で、スマートフォンのワンセグをセット、待機しておこうかと思うが、気がついたら、スマートフォンが見当たらない!
スマートフォンは、こたつテーブルの上から転げ落ちたりしていて、よく見失う。
放送が始まる!と焦るが、探してみたら、すぐに出てきたので、ひと安心。
しかし、今後、気をつけなくてはいけない。
いまだかつて、テレビを見失って番組を視聴できなかったという失敗は犯したことはない。
録画ミスは、けっこう、やっていたが。

「アルジャーノンに花束を」の第3回目。
ほとんどオリジナル作品といってもいいような展開に驚く。
手術直前になって患者が手術台から脱出、病院を抜け出し街の中を歩いている。
そんな大がかりな手術の場合、全身麻酔をかけているのでは?と思ってしまったり。
しかし、そんな荒唐無稽さも、このドラマの場合、気にはならない。

スマートフォンの小さな画面に集中して1時間の鑑賞は疲れるが、続いて午後11時からの笑福亭鶴瓶さん司会の30分番組「Aスタジオ」、ゲストが柄本佑さんだったので観る。
朝ドラ「ゲゲゲの女房」でのアシスタント役が面白かった。

先週も「アルジャーノン」に引き続き、「Aスタジオ」を観ていた。
ゲストは藤竜也さん。
藤竜也さんは、ミニシアターでの「愛のコリーダ2000」の公開時(リバイバル上映ということになりますが)、舞台挨拶で拝見した。

「愛のコリーダ」がカンヌ映画祭で上映された際、クラウディア・カルディナーレさんが、藤竜也さんを探しまわっていたというエピソードに興味をひかれるものがあります。

クラウディア・カルディナーレさんは、「刑事」や「ブーべの恋人」や「8 1/2」の映画女優で、高校時代、けっこう好きだった。
by hitcity | 2015-04-26 15:08 | Comments(0)
4月24日(金曜日)
午前3時から午前11時45分まで勤務。
15分の休憩をとる間がなくて、その分、早く終えた。
昨日も忙しく午前11分になって仕事が落ち着いてから休憩をとった。
風邪気味でもあり、しんどい。

4月15日に財布と銀行カードを落とし、再発行に向かった銀行で通帳でお金を引き出そうとしたが、印鑑と住所の変更手続きをとって(ATMを利用していたので、手続きをとることはなかった)、カードが再発行にされるまでの間、通帳を使用するにしても、24日以降になるとのことだった。
やっと、その日がきた。
所持金がなくて、近所に住むおばさん(母の妹)から4000円を借りて、昨日、残金が200円となっていたが、引き出しの中から500円玉1枚と100円玉1枚が出てきた。

勤務先からの帰路、財布を落としたと思っている、その時も猫の食糧品を買った店で、約500円分、猫の食糧品を購入する。

帰宅後、食事と入浴。

午後2時頃になって自転車で、南海電車で、2駅半ほどの場所にある銀行まで。

窓口で通帳でお金を引き出そうとするが、まだ手続きが完了していないとか言われ、奥まったところにある窓口に移動。
女性行員がパソコンのモニターを繰り返し眺め、分厚い書類を点検する作業。
時間は計らなかったが、20分ぐらいになったのではないか。
24日に引き出せるというので、おばさんにも、その日に返済すると言ってある。
今更、手続きがなんだかんだで引き出せないと言われたら、この女性行員を人質にとって暴れたい気持ちになる。
しかし、武器は何も持っていないし、「蝸牛」の時代劇マンガも、もうすぐ完成というところで、また中断となると、永遠に完成しない気がしてきて、それはこらえることにする。
幸いなことにお金は引き出すことができた。
いま印鑑と通帳の変更手続きが済み、今から銀行カードの再発行の手続きに移るとのことで、カードが届くのは月末あたりになるらしい。

自転車で本屋をまわり、4軒目で、やっと「新潮45」の5月号を見る。
店内の棚にはなくて、レジの上に3冊あったが、レジの上の雑誌は中を確認しづらい。
はっきり中を眺めることなく、880円の雑誌を購入するのは、現在の私には難しい。

新聞広告で、大阪都構想に反対する特集が掲載されていると知り、橋下徹市長の説明会には行ったので、反対派の意見も知り、それを住民投票の際の参考にしようという気ではいたのだが、「大阪都構想の大嘘」という特集のタイトルで、橋下市長批判を目的にした編集意図を感じ、それはどうかと思う。

私もテレビの映像を観ていて、橋下市長に悪い印象を抱くことはあるが、大阪都構想については、それを道具にして何かを企んでいるようには思えず、本当にこれをすれば大阪はよくなる、これをしなければいけないという思い自体には嘘などは感じない。

大阪のことを思い市長が改革案を提出してみたところ、その改革案を提出したことが悪であるというよいな印象を、チラッとしか中は覗かなかったが、この雑誌の特集に感じた。

映画の監督とプロデュースの経験者が、次は、こういう構想の映画を、こういう資金ぐりで、こういうやりかたで作ろうと説明をしているのに対して、映画評論家が、そんな映画を作っても、ろくな映画にはならないと、作るべきではない!と力説しているような感じでしょうか。

帰宅すると、午後4時頃。
おはさんは4000円は返さなくていいとのこと。
4月は年に1度の墓の管理費や年に何度かの固定資産税の支払いなどがあって、特に経済的に厳しい時期なので、ありがたい。

風邪薬のせいもあるのか、銀行でな待ち疲れもあるのか、すぐに眠ってしまう。

目が醒めて、FMココロの午後7時からの大塚まさじさんの番組をつけてみたら、

【スマートフォンの充電が切れたので、続きは明日にします。】
by hitcity | 2015-04-25 17:34 | Comments(2)
4月23日(木曜日)
午前3時から正午まで勤務。
風邪をひいて鼻水が出る。しんどい。

風邪薬を買うお金がないので、昨日、近所のおばさん(母の妹)に薬をわけでもらいに行ったが、なかった。
今日、買ってくれていて、パブロンS錠を1箱もらう。

コンタック総合感冒が効くので自分はいつもそれを買っているが(食後2カプセル服用で1カプセルが100円ほどして、けっこう高い)、パブロンは子供の頃に飲んでいたような気がする。
入浴し食事をとり薬を飲む。

帰宅後、ツイッターを見ていて、萩原流行さんの訃報に接する。
スマートフォンのワンセグで、「ミヤネ屋」などでそのニュースを観る。

道頓堀の大阪松竹座で手塚治虫さんのマンガ「火の鳥・鳳凰編集」がミュージカルで1カ月間の公演をされたことがあり、観に行ったが、我王の役が萩原流行さんだった。牧瀬里穂さんが相手役だった。
子役時代の森山未來さんが出ていたと、あとになって知ったが、いいミュージカルだった。
萩原流行さんの熱演もよかった。
一度でもナマで舞台を拝見したことがある人の訃報は気になる。
御冥福をお祈り致します。

帰宅後は、とりあえずCDラジオで、大阪の毎日放送ラジオの局を聴くが、今日は、あまり面白く感じず、スマートフォンのradikoで、東京の各局を聴いてまわるが、文化放送の大竹まことさんの番組で、デビュー当時のことをゲストのYOUさんが喋っていたので、それを聴くことにする。

昔、ラジオを聴いていたら、知らない女性の歌が流れ、気に入り、翌日だったか、名前を覚えたその人のLPレコードを購入しに行った。
そのレコードも気に入り、情報誌の心斎橋のライブハウスの欄に、その人の名前があり、行ってもみた。

東京で初めてステージをやり、今回の大阪が2度目、ステージ上でマネージャーに感謝の言葉を述べ、涙をぬぐっていた。
10代の女性のデビューのステージで初々しかった。

終了後、シングルレコードを購入し、特典のポスターにサインをしてもらった。
スタッフに頼んで、その女性とのツーショット写真を撮ってもらった。
現像ができた写真を見たら、その女性の目のあたりは、涙をぬぐったように見えて可愛かった。

それから何年も経ち、テレビの「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングで、ゲストのYOUさんが、本名は江原由希子ですと言うのを聴き、ええ~! あの女性がYOUだったのか、なんで、こうなったんや~!と、たまげました。
心斎橋パルコで「グリコのおまけ展」の開催時、みうらじゅんさんとYOUさんとのトークショーも観に行ったことがありましたが、あの江原由希子さんだとは気づくことはありませんでした。

今日の放送で、デビュー曲の作詞は秋元康さんでしたが、ちっとも売れませんでしたと言っていたが、私は、その曲の虜になっていた時期があったのでした。

引き続き、文化放送の吉田輝美さんの番組を聴いていたら、午後4時15分からゲストの蛭子能収さんの出演。
コマーシャルで女装をされたそうだが、何のコマーシャルか把握していないところが面白かった。
台本を読まず、どんな映画の内容か知らないままに出ているというYOUさんと共通点があるかもしれない。

蛭子能収さんは月に2度の休み、映画を観て競艇に行くらしい。
最近みて良かった映画は「アメリカン・スナイパー」、つまらなかった映画は「暗殺教室」だと言っていた。
けっこう映画を観ておられるのですね。

気がついたら、ラジオで、原田知世さんが、アナウンサーのインタビューに応え、人生を語っていた。
東京のAMラジオは、夕方からFMのような落ち着いた雰囲気があるのだなぁと、聴いていて、時計を見てみたら、午後8時半頃になっていた。
午後8時からの原田知世さんが人生を語る1時間30分のスペシャル番組だった。

知らない間に眠っていて、3時間ほど経っていたのか。
風邪は、ほとんど直ったような感じです。

と書いていると、午後10時。
通常の金曜日は午前4時始業だが、明日は午前3時。
午前1時30分起床予定。
もう一度寝ます。
おやすみなさい。
by hitcity | 2015-04-23 21:01 | Comments(0)
4月22日(水曜日)
f0151647_17501689.jpg

午前2時30分から正午まで勤務。

肉体労働なので、帰宅後は、食事をする間に浴槽に湯を入れ、毎日欠かさず入浴している。

風邪気味だが、この湯に浸るひとときが、1日のうちの至福の時間ともいえる。

午後1時開場で、午後2時から4時まで、近くの住吉区民センターで、「特別区設置協定書」について「住民説明会」を開催されるとのことなので、自転車で向かう。

自宅からは買い物には北へ、仕事では西に向かい、東へは何十年も来ていない。

住吉区民センターには初めて来たが、いつの間に、こんなに立派な建物ができていたのだろう。
長らく実家を離れ他の場所でマンション暮らしをしていたが、その頃だろうか。

午後1時35分頃に家を出て10分足らずで到着したが、定員630席のホールは、満席といっていい状態。
最後列に近いところに空席を見つけ座る。

4月14日から26日までの間、毎日、午前10時30分から2時間の午前の部、午後2時から2時間の午後の部、午後6時30分から2時間の夜間の部が開催されるとのこと。
各区民センターや中央公会堂やNHKホールで開催される。
この住吉区民センターでは、先週の水曜日に同じ時間帯に開催されたらしい。

先週、郵便受けに、A4サイズのオールカラー40ページの【「特別区設置協定書」について】というタイトルのパンフレットが入っていて、巻末に、そのスケジュール表が掲載されていたが、その時には気づかす、今日の回に行くこととなった。

入場の際、金属探知機のゲートをくぐり、同じパンフレットをいただきました。

「特別区設置協定書について」は、「大阪都構想について」のことです。

昨年の3月、特別区設置協定書を作らせてほしいと、橋下徹市長の出直し市長選がありました。
自転車で2分ほどの場所、住吉大社の中の吉祥殿のホールで、橋下徹さんの選挙演説があるというので、何かと話題の人だし、1コマ漫画に描いたこともあるし、近くなので観に行きました。
その時、大阪都構想についての話をうかがい、これは実現するべきだなぁと思いました。

テレビで話を聴いていて納得できることの多い別の立候補者のほうに、どうせ橋下さんが当選するに決まっているしとも思い、投票しましたが、大阪都構想に関しては賛成する気分ではいました。

5月に大阪都構想に対して賛成か反対かの住民投票が実行されることになりました。
それに伴い、反対派の人たちの発言にテレビで接するようになり、果たして、本当にいいのか?と、詳しい説明を聴きたくなりました。

先日の統一地方選の出口調査の際、読売新聞が賛成か反対か1万人に尋ねた結果、いずれも47%という結果だったと、テレビの「ちちんぷいぷい」で言っていました。

賛成の票数が有効投票の半数を越えると、2年後の4月に大阪都構想は実現するので、今回は、投票するのも責任重大です。

よくもまぁ、ここまで、話を進めてこられたなぁ~と、司馬遼太郎さんの小説を読んでいるような気分にもなり、朝ドラ「マッサン」の鴨井の大将のように、「やってみなはれ」と言ってみたいところがありますが、そんな気分だけで賛成するのも、まずいような気がしますし。

まず、パンフレットを1ページずつ、大阪市の職員のかた(なんとか部長)が説明していきます。
パンフレット自体、わかりやすくできているように思います。

続いて、橋下徹市長が、様々なデータを画面に映しながら説明をしていきます。
隣の席には住吉区長が座っていて、ときどき、話をふっていきます。

最後に客席からの5人ほどの質問に応えて、2時間を少し過ぎて終了しました。

話を聴くと、賛成しないわけにはいかない気持ちになります。

終了後、隣の建物にある、住吉図書館に入りました。
大阪市立中央図書館で借りた本を地元の図書館で返却できるので、通勤時に前を通る住之江図書館に返却しに行き、本を借りたことがありますが、古い小さな建物の3階にある図書室というような感じでしたが、こちらの図書室の立派なこと!

元々、住吉区が、私が子供の頃、住吉区と住之江区に分割されたのですが、どうして、こういう差ができたのでしょう?
大阪都構想が実現すると、住之江区と住吉区と東住吉区と平野区と阿倍野区が「南区」となります。
住之江区の半分、南港のほうは、西淀川区、此花区、港区、大正区とで「湾岸区」になりますが。

大阪都構想が実現すると、住所変更が面倒だとも思いますが、デザイン関係や印刷関係の知り合いは、仕事が増えていいかも知れないという考えかたもできますね。

今回の説明会の参加資格は大阪市在住ということで、証明できるものが必要だというので、運転免許証は持参しましたが、大阪市立図書館のカードは持ってこなかったので、また今度、この図書館に来ることにします。

住吉区民センターの前には、マイクを持った反対派のかたが演説をしていて、賛成派、反対派2組が、チラシを配布していたので、すべて貰って帰宅しました。
f0151647_18564217.jpg

帰宅時の住吉区民センターの写真です。


by hitcity | 2015-04-22 17:19 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル