> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
6D映画観賞
今年になって観に行った映画は、「ベイマックス」「脳内ポイズンベリー」「卍」だけで、小学生の頃のほうがよく観に行っていた気がする。

手帳に1年間に観に行った映画、中学生時代に25本、高校生時代に50本と書いた記憶があります。
広告会社勤務時代までは年間70本を切ることはなかったと思いますが、そこが廃業してからは激減しました。
経済事情が大きいわけですが、今年は、時代劇マンガ「虫侍」を描いていて、久しぶりの手描きのマンガ、肉体労働を終えて帰宅後、重い荷物の積み上げ作業などして手が震えた状態より何もしない休日の体調のいい時にしようと、休日を待ち構えて、休日は家にこもって作業をするように決まっているかのような生活になりました。

「虫侍」は、ほぼ完成し、あと文章の読み物を担当することになっていますが、それはマンガ制作と比べると気が楽で、落ち着いた気持ちになったので、久しぶりに映画を観に行くことにしました。

月末の給料日前には所持金なしの日々が続き、映画を観に行く余裕はないところでしたが、固定資産税の払い込みを勘違いから2度してしまい、二重払いの返金の通知が届き銀行の口座に返金されることになり、余裕が生じたところもあり、行ってみる気になったところもあります。

ツイッターで「マッドマックス」の新作の評判が良くて、せっかくなのでIMAXの3Dで観ようかと思い、岸和田のIMAXシアターまで行こうかと思いましたが、調べると夜の9時からの上映しかないようです。

それで別の映画を観に行くことにしました。

「アリのままでいたい」という3D昆虫映画に興味があり時間を調べると、なんばパークスシネマで午前9時50分から11時10分まで。金曜日までの上映のよう。
同じなんばパークスシネマで、「ターミネーター」の新作の字幕3D版が木曜日までで、午前11時50分から。

2つの3D映画を続けて観ることができる。
昨日の休日、それに行ってみることにしました。
f0151647_14452850.jpg

「アリのままでいたい」の入場の際、プレゼントが手渡されますが、一旦わたされかけたものを引っ込め別のものを手渡されました。
小学生の男の子とその父親、小学生の男の子とそのお祖父さんという組み合わせの客がほとんどで、子供にはカブトムシかクワガタ、保護者には蝶々を手渡すことになっているようでした。
カブトムシやクワガタのほうが複雑で組み立てるのが面白そうですね。
それをもらっても面倒なので、たぶん組み立てないとは思いますが。

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は特に観に行くほどのことのない映画だとは思いますが、ステレオ写真に興味があるかたは、「アリのままでいたい3D」を観ておいてもいいのではと思いました。

かつて関西ステレオ写真同好会に所属していた頃、使いきりフィルムカメラの「写るンです」の接写用を2つ購入し、その接写用のレンズを2枚並べたステレオカメラを手作りされていたかたがおられました。

2つのレンズの幅が人間の両目の間と同じなら自然な立体感を得るステレオ写真を撮ることができます。

花火を20メートルほどのコードを使い2台のカメラのシャッターを同時にきって、花火大会の花火を球体の立体感を持ったものとして見ることのできるステレオ写真を撮っておられたかたもおられました。
小型飛行機から空撮されているかたは、何十メートルか離れた場所でシャッターをきった2枚の写真をステレオ写真にされていました。
いずれも両目の間が何十メートルある巨人が見ている立体写真を撮っていることになるわけです。

接写用の2枚のレンズでステレオカメラを作ったかたは、その2枚のレンズの距離で、猫が見た立体、昆虫が見た立体を得ることのできる写真を撮ることができるわけですね。

この「アリのままでいたい3D」は、最新の内視鏡のレンズを使ったステレオカメラで撮影されているとのことです。
アリの目線で撮影された3D映画とのことですが、アリの目の幅のステレオカメラなのかもしれません。

カブトムシとクワガタの戦いを、まるで怪獣映画の戦いのように映されていました。
まさにアリが見ているカブトムシの大きさでした。

映画の中にも撮影風景が登場しますが、栗林慧さんというかたが、430日以上かけて撮影されたとのことで、カマキリの一生を立体映像で観ることができました。

カマキリの卵の中から200匹ほどのカマキリの幼虫(トウモロコシみたい)が誕生。
カマキリが蝶やアブラムシを襲い食べる場面もあります。
交尾しながらメスのカマキリにオスが腕から頭からかじられ食いつくされる場面もあります。
頭がなくなっても交尾は続いています。

カブトムシが片足をあげて放尿する場面もありました。

さすがに430日以上撮影されただけのことはあり、今まで観たことのない昆虫の生態で溢れていました。

スロー撮影された雨。
雨は球体の水が1つだけ上から下へ移動するものだということを立体感とともに理解することもできました。
by hitcity | 2015-07-27 15:54 | Comments(0)
大和川に沿って
f0151647_17090509.jpg

さっき1枠前で鶴見俊輔さんについて書いたので3枠前になりますが、そこで紹介していました「瀬戸内タートルくらぶ@大ギンガ書房」は、7月24日(金曜日)の午後7時までの開催と、ツイッターで知りましたので、お知らせ致します。

大阪・南港のほうの勤務地まで自転車で往復していますが、6月の「路面電車まつり」の「あびこ道」の車庫まで仕事帰りに向かう際、初めて大和川の堤防に沿った道を走りました。
大ギンガ書房に向かう際にも、その道を走りました。

ニュートラムの南港東駅あたりから東に向かって、大和川に沿った遊歩道があります。
路面電車の阪堺電車の鉄橋までは、5キロメートルで徒歩1時間3分と、ナビ・アプリの結果が出る距離です。
自転車なら20分ほどでしょうか。

国道26号線など、途中、3回、横断歩道の信号がありますが、それ以外にはなくて、ガードレールの柵でふさいでいて自動車の侵入はできず、ジョギングをする人だけがいる6メートルほどの幅の道が続いています。

いつもは、数えきれないほどの信号機を見ながら自転車で走っていますが、信号がないと、ワープしているような気にもなってきます。
f0151647_17401812.jpg


by hitcity | 2015-07-24 17:03 | Comments(1)
鶴見俊輔さん
f0151647_16345968.jpg

午前3時から正午までの勤務のところ、15分間の残業。
帰宅して郵便受けから朝刊を取り出す。
第1面に鶴見俊輔さんの訃報。

紙芝居か貸本マンガ時代のような気がしますが(?)、水木しげるさんが電車に乗って座ったら、正面に鶴見俊輔さんが座っていて、面識はなかったけれど水木さんが声をかけたとかいうエピソードがあったような気がする。

漫画評論の本が珍しかった時代に刊行されていた「漫画の戦後思想」を繰り返し読んだ。
入手不能だった手塚治虫さんの初期の作品のストーリーを細かく説明されていた。そんな時代もあったのだなぁ。

後年、新聞で、手塚治虫さんの短編マンガ「雨ふり小僧」を紹介されていて、そのマンガは立川談志さんも絶賛されていたので興味を持って読んだ。

「雨ふり小僧」はテレビアニメにもなって、百貨店のマンガ展のワゴンセールでセル画を1枚購入したことがある。

雑誌「ぱふ」で複数の参加者によるアンケートの特集記事、年間のマンガの短編と長編の各ベスト5の発表で、鶴見俊輔さんは、短編の第1位に「月刊漫画ガロ」の掲載作品「復讐の一寸法師」(川崎ゆきお)を挙げておられたことがあった。

マンガのタイトルを列記しただけのアンケート発表で、特にコメントはなく、どのような理由で第1位と思われたのか興味を抱いたが、理由はわからないままになってしまった。

ご冥福をお祈り致します。
by hitcity | 2015-07-24 16:14 | Comments(0)
芥川賞
f0151647_17375355.jpg

又吉直樹さんが芥川賞を受賞したことが「日刊スポーツ」の第1面になっていた。
芥川賞って、そんなに凄いのかと思った。
宮崎駿監督がアメリカのアカデミー賞を受賞した時には第1面になっていないのでは?
眞鍋かおりさんの妊娠と結婚関係の時も「日刊スポーツ」の第1面になっていたような気がする。
又吉さんの記事も、文学賞そのものの興味からではなく芸能人が文学賞をとったことの興味としての第1面のわけですが、それでも、ひとつの文学賞をとるだけで、そんな大きな扱いをされるのを見ていると、芥川賞の存在の大きさに感心させられてしまいます。

私は芥川賞の選評を読むのが好きで、発表の号の「文藝春秋」は欠かさず購入しています。
選評を読むだけで受賞作は読みづらくて読まないということが結構あります。

ここ数年では、「ポトスライムの舟」「乙女の密告」「きとこわ」「苦役列車」「道化師の蝶」「共喰い」「春の庭」を読みました。
「ポトスライムの舟」と「苦役列車」が面白かったですね。

受賞作云々よりも選考委員の小説家の選評により、選考する作家の好みなど知ることができて、それが楽しいです。

選考委員一覧の表が掲載されていたので本屋で見かけた際、文春新書の「芥川賞の謎を解く 全選評読破」(鵜飼哲夫)を購入し読んでいました。

芥川賞について書かれたものは、永井龍男さんの「回想の芥川・直木賞」という単行本と、筑摩書房の「太宰治全集・別巻」に収録されていた佐藤春夫さんの「小説 芥川賞」を読んだことがありました。

先週発売の「週刊文春」に「芥川賞の謎を解く」の著者の鵜飼哲夫さんと受賞作家の綿矢りささんとの対談が掲載されていて、綿矢さんも又吉さんも芥川賞を太宰治さんが受賞できなかったことを気にされているようなところがありますが、この「芥川賞の謎を解く」を読んでみて、太宰治さんは賞自体よりも賞金に執着されていたように思えてきました。

この「週刊文春」(7月23日号)の小林信彦さんの連載エッセイは、「若尾文子映画祭」と若尾文子さんについて書かれていました。
最近(?)の作品では、私もマドンナが若尾文子さんの「男はつらいよ」と「春の雪」を観に行っていました。
テレビドラマの「あなただけ今晩は」のビデオが残っていないのが残念と書かれていますが、同感です。
私も好きなドラマでした。

夫の藤田まことさんを残して幽霊となった若尾文子さんと先輩幽霊の岸田今日子さんたちによるドラマでした。
この前、映画「卍」で若尾文子さんと岸田今日子さんの共演を観ましたが、すでにテレビドラマで共演を拝見していたのですね。
「卍」の実績があっての、そのテレビドラマの配役だったのかもしれませんね。

又吉直樹さんが、「漫画雑誌 架空」発行人の西野空男さんの本を購入されていたことを、このブログで紹介していました。

●ピース又吉さん、「気分」を購入
http://hitcity.exblog.jp/17393391

by hitcity | 2015-07-21 16:46 | Comments(0)
瀬戸内タートルくらぶ@大ギンガ書房
「山坂書房」は三好吾一さんと大西真人さんによるマンガグループの名称です。
おふたりは、山坂ヨサンセンさんという御名前で合作マンガも描かれています。
おふたりとも「漫画雑誌 架空」にもマンガを発表されていて、三好吾一さんの「城山」と私の「1973年のマトリョーシカ」というマンガが同じ号(月刊漫画 架空2010年9月号)に掲載されていました。

山坂書房のブログを、たまに拝見していますが、7月に覗かせてもらったところ、6月に更新されていて(1月から半年ぶり)、三好吾一さんの別名、ふりすBさんとしての作品展の告知を拝見、その場所が、我が家の近所なので驚きました。

どれぐらいの近さかと言うと、スマートフォンで出発場所と到着場所を入力して測定できる「ナビ・アプリ」を使ってみたら、800メートルで徒歩10分と出ました。
自分の脚では、そんなにかからないように思います。
自転車では2分ほどの感じです。

展示会場でもある「大ギンガ書房」は今年の5月に開店されたそうですが、そのことは知りませんでした。
我が家から南のほうにあり、私は出かけるとすると北に向かうか勤務地の西に向かうかしていて、そちらに向かうことはなかったからでした。

勤務地からの帰り、「大ギンガ書房」から「ナビ・アプリ」では、400メートル、徒歩5分の南海電車の住ノ江駅にある本屋や100円ショップには寄ってはいるのですが、「大ギンガ書房」のある商店街を覗くことはありませんでした。

午前3時から正午までの勤務のところ、14日の火曜日は仕事が1時間早く終了し、帰りに自転車で寄ることにしました。

●山坂書房 (ブログ:山坂荘)
瀬戸内タートルくらぶ@大ギンガ書房
http://yamasakasou.blog35.fc2.com/
f0151647_01082114.jpg

f0151647_01105054.jpg
f0151647_03593010.jpg

商店街を歩いていていると、ふりすBさんの明るいホノボノとした絵が目に入ってきます。
なんとなく以前から馴染みのある店のような気分にもなってきました。

若い女性が店番をされていたので、この絵を描いた人と会ったことがありますと伝えると、コミティアでですか?と言っておられました。

山坂書房の刊行物が閲覧用に置かれたテーブルがあり、ノートも設置されていたので、訪れた日時を記しておきました。

ふりすBさんの「4コマ漫画集」が200円(税込)で販売されていたので購入しました。

店内の本を見てまわりましたが、趣味の合うところがあり、価格も安く、いい店だなと思いました。
小学館クリエイティブの楳図かずおさんの箱入りの復刻本が4セットあり、うち1セット(2冊入り)が定価3600円(税別)が1500円(税込)で、迷いましたが、経済事情を考えて自重しました。

定価1905円(税別)の「奇縁まんだら」(瀬戸内寂聴/画・横尾忠則)が400円(税込)で、2008年の刊行当時、本屋で欲しいと思っていた記憶が蘇り、購入しました。

「コミックロケット」(6号)というマンガ同人誌も置かれていて、中を見たら、三好吾一さんのマンガも載っていて購入することにしました。400円(税込)。
店の女性が「夫が作りました」と言っておられました。

こうしてマンガ同人誌を買えるような店が近所にできたことを嬉しく思いました。
f0151647_15503705.jpg
f0151647_15580855.jpg


「瀬戸内タートルくらぶ@大ギンガ書房」は、7月24日(金曜日)まで開催されていて、25日(土曜日)が作品の搬出の予定日とのことです。

あと1週間、延長されないかなぁ~と思ってしまいました。

8月1日(土曜日)に、住吉大社の夏祭りの御神輿渡御という、神馬や人力車に乗った巫女さん、住吉踊りの少女たち、大きな船の形の山車、御神輿のパレードがあります。

「大ギンガ書房」の前も通過し、アマチュア写真家など人で賑わい、店頭の、ふりすBさんの富士山と御神輿が一緒に入った写真が撮られたら面白いだろうなぁと思いました。

町内会の会長に頼まれて私も一度、御神輿を担いで、このパレードに参加したことがありました。

毎年8月1日の午後2時頃に住吉大社の境内を出発、多数の人間が御神輿を担いだまま太鼓橋を渡ります。
太い綱を使用しましたが、よくあんなことができたなぁと思います。

●住吉祭神輿渡御
http://hitcity.exblog.jp/22651479/

の横断歩道で御神輿の写真の場所にバス停があり、そこから5つ目のバス停で降りると長居スタジアムがあり、8月1日(土曜日)と2日(日曜日)は、長居スタジアムで福山雅治さんのコンサートがあるので、「大ギンガ書房」のついでに、それをスタジアム外でタダ聴きしに行かれることも可能でしょう。

この横断歩道の場所から、まっすぐ細い紀州街道を御神輿のパレードが続き、「大ギンガ書房」の前に。
そこから「ナビ・アプリ」によれば、550メートル、徒歩7分のところに大和川があり、ブログの写真のように御神輿が川を渡っていきます。

御神輿のパレードは、路面電車の阪堺電車の「住吉鳥居前」「細井川」「安立」「あびこ道」「大和川」の駅の間に沿っています。

「大ギンガ書房」は、南海電車の「住ノ江駅」からは、400メートル、徒歩5分ですが、阪堺電車の「あびこ道」からだと、200メートル、徒歩3分です。

「あびこ道」の駅にある車庫は、このブログで「路面電車まつり」として常連として登場しますが、映画「どついたるねん」で原田芳雄さんが赤井秀和さんを指導する場所として登場していました。

あべのハルカスの足元の「天王寺駅前」駅から、「あびこ道」行き「浜寺駅前」行きに乗ると到着します。
かつては「住吉公園」行きというのがありましたが、現在は、早朝しか走っていないようです。

JR新今宮駅からは南海電車の新今宮駅に乗り換え、住ノ江駅まで乗ることができますが、阪堺電車の「新今宮駅前」駅から路面電車に乗り換えることもできます。
「新今宮駅前」駅の真下には、地下鉄・動物園前駅があり、そこからの乗り換えも可能です。

阪堺電車の2両編成の低床の新型車両は、「天王寺駅前」駅からだけの運行で、遠方からのかたは、新たな観光名所の、あべのハルカスを眺めて、天王寺から「大ギンガ書房」に向かうのがいいかもしれませんね。
by hitcity | 2015-07-18 01:04 | Comments(0)
7月13日(月曜日)・若尾文子映画祭「卍」
f0151647_16394334.jpg

昨日の月曜日の休日。
いよいよ時代劇マンガ、アミのグラデーションのスクリーントーンを何コマ分か貼り付ければ作業は終わりというところまできた。
すでに2枚のアミのグラデーションのスクリーントーンを、あちこちに貼ってきた。
残す数コマ分だけれど、う~ん、手持ちではない、もっと濃淡の幅がせまいグラデーションのトーンが欲しくなってきた。

九条のシネ・ヌーヴォで土曜日から「若尾文子映画祭 青春」が始まり、土曜日の休日に映画評論家のミルクマン斉藤さんのトーク付きの「卍」の上映があり、行こうかなと思ってみたが億劫になってやめていた。
日曜日の夕方からも上映があり、午前3時から正午までの勤務から帰宅後、行ってみようかとも思ったが、1時間の重労働の残業があり、帰宅後、動くことができないほど疲れたので行かなかった。
この日、午後0時50分からの上映があり、90分の映画だし、画材店のついでに観に行くには丁度いいように思え(映画は90分ぐらいがいいですね)、谷崎潤一郎ファンとしては観ておくほうがいいかなと、やっぱり行ってみることにしました。
谷崎潤一郎さんの場合、ファン心理としては、どうせ原作には叶わないのだから、小説として完璧な面白さがあるから、という理由で、あまり映画化作品を観に行く気持ちにならないところもあります。

「卍」の映画化作品は、樋口可南子さん、高瀬春菜さん、原田芳雄さんによるものをテレビ放送で観て、古本屋でパンフレットを入手したことがありました。
この若尾文子さん、岸田今日子さん、船越栄一さん、川津祐介さんの「卍」のほうが原作に忠実で、その点、谷崎潤一郎ファンの私は、より楽しめました。

露出は、それほどのことはないですが、それでも、全身となると、後ろ姿だったり、首から下だけしか映らなかったり、別の女性が担当することになっているようでした。
今の時代なら、どうということもなく、若尾文子さんも岸田今日子さんも御本人で演じられたことでしょう。

当時の大阪の映像を楽しみにしているところがありましたが、浜寺(堺)まで海水浴に行くというのはセリフだけでした。
ほとんど全部、室内の描写だけの映画でした。

こういう関西弁の映画は、イントネーションの違いなど気になる場合がありますが、それは全く気になりませんでした。

面白い映画でした。
私が観た変な映画ベスト5には入るような気がします。
新藤兼人さんの脚本もよくできていて、たとえば、このまま、AKBの誰かと誰かの共演とかでリメイクしても面白いかなと思ってみたりもしました。

岸田今日子さんが谷崎潤一郎さんらしき人物に語りかけるという設定で、無言のその作家が、しばしば映り、容貌は谷崎さんらしいところもありますが、女性に対しては、谷崎さんは、もっと陽気な対応をされるのでは?と思ってみたりもしました。

「若尾文子映画祭」として観たわけですが、岸田今日子さんが、より良い映画だったと思います。
「砂の女」や「この子の七つのお祝いに」など、「岸田今日子映画祭」も開催して欲しいと思いました。

映画の題字は谷崎潤一郎さんで、ロビーに展示されているポスターの「卍」の文字も谷崎さんによる同じものでした。
f0151647_16425963.jpg

上映開始10分ほど前に到着、整理券は25番だった。
何度か笑い声が起こり賑わっているミニシアターの印象がありました。
入場料1400円。「卍」は初デジタル化。

●若尾文子映画祭 青春
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/wakaoayako/wakaoayakosche.html
by hitcity | 2015-07-14 15:56 | Comments(0)
7月10日(金曜日)・ヘリコプターの爆音
午前3時から正午までの勤務を終え帰宅。
暑くてたまらず、長時間、ぬるま湯に浸っていた。
午後3時過ぎだろうか、家の真上でヘリコプターの爆音。
何十分か続いた。
近くで何か事件が起こりテレビ局の取材のヘリコプターが来ているのだろう。

人だかりがしていたので、その中にいた美女に何かあったのか尋ねると、「ねぇ、チューしよ」と言うので驚く。
キスをしたあと、「熱中症」と言ったのを聴き間違えていたことに気がつく。

家からバス停でひとつぐらいの距離にある中学校の部活で、生徒が熱中症になってしまったらしい。

美女のくだり以外は本当のことです。

明日は仕事が休み。
マンガ制作に熱中しよう。
by hitcity | 2015-07-10 23:46 | Comments(0)
今日は、七夕イブ。
「ナナタイブ」ではなく、「タナバタ・イブ」と読んでください。

毎日放送テレビの平日の午後2時前から6時前までの生放送番組を、正午までの勤務を終えて帰宅したあと、毎日観ていましたが、地デジ対応のテレビがなくて観ることができなくなりました。
寝室の窓辺でスマートフォンのワンセグでテレビの視聴はできますが、長時間となると、しんどいです。
毎週ではないですが、「ちちんぷいぷい」の木曜日には、絵本作家の長谷川義史さんがスケッチしながら町歩きをする映像が流れる30分ほどの「とびだせ!絵本旅」というコーナーがあり、先週の新聞の番組欄には「文豪が愛した夙川でおしゃれなスケッチ旅」とあり、谷崎潤一郎ファンなので、「細雪」にも登場するし、観たいと思い、寝室の窓辺でワンセグを。
いつも午後3時をすぎてから始まっていたコーナーだったなと、午後3時前から待機、と、すでにコーナーは終わりかけでした。
その日にスケッチした絵を締め括りにすべて紹介されますが、その中に文豪関係はない。
後日、1枚の大きな彩色画として長谷川さんが描いた絵がスタジオで披露されますが、その絵の中に、橋の上を歩く村上春樹さんの姿がありました。
文豪って、村上春樹さんのことだったのか。
谷崎さんにも触れられていたとは思いますが。

テレビで毎日「ちちんぷいぷい」を観ていた時は、そうしたお目当てのコーナーを待つ間、手持ち無沙汰になるので、このブログを書いていたところがありました。
というか、それが理由で、このブログの更新が、毎日のようにできていたと思い至りました。
そんなわけで、このブログの更新が滞るようになりました。
これからも、この調子かもしれません。
先月は8回の書き込みだったようですが、それぐらいのペースでいかせてもらおうかと思っています。

その「ちちんぷいぶい」の回で、長谷川義史さんのカレンダーの原画展が、「空色画房」というところで開催されていると知り、どこにあるのかな?と検索してみたら、長谷川さんと奥さんのイラストレーターのあおきひろえさんがオープンさせたギャラリーだと、ブログで紹介されているかたがおられました。
マンガの場合、自費出版となりますが、イラストレーターの場合、自費画廊ということになるのかもしれませんね。

●空色画房
http://mrs.living.jp/osaka/shopping/reporter/1811546
by hitcity | 2015-07-06 15:53 | Comments(2)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル