> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
ペコもコスプレだ~い好き..
by ペコ at 19:11
ペコ、ホントにヤバイ~w..
by ペコ at 18:42
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 14:59
> メモ帳
<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
橋本愛さんの舞台挨拶の予定
シネ・リーブル梅田の入っている梅田スカイビルです。

f0151647_17283215.jpg


兄嫁から、テアトル梅田とシネ・リーブル梅田で使用可能の株主招待券を送ってもらっていて、何を上映しているのかなと、それぞれのホームページを見ていました。

それで、シネ・リーブル梅田の「PARKS パークス」という映画の舞台挨拶に、橋本愛さんが来られることを知りました。

来週の土曜日の5月6日の、午前からの上映の終了後、午後からの上映の前に、橋本愛さんと瀬田なつき監督の舞台挨拶があるとのこと。

映画「桐島、部活やめるってよ」の映画好きの高校生、朝ドラの「あまちゃん」の潮騒のメモリーズで、橋本愛さんは、いいなと思ったので、ナマで観たくなりました。

職場の同僚の映画好きの男に知らせると、観に行きたいとのこと、インターネットでの申し込みだけと言うと、それはやったことがないと、残念そうだった。

作夜、ホームページを見ても、受付は開始されていなくて、いつから受け付けるとも書いていない。

4月29日の土曜日の休日の午後4時頃、スマートフォンのradikoで、文化放送の伊東四朗さんと吉田照美さんのラジオ番組を聴きながら、シネ・リーブル梅田のホームページを見てみたら、今日の午前10時から受付を開始していた。

お1人様4枚までとのことで、その同僚の分も申し込もうかとも思ったが、その同僚のシフトは土曜日は出勤である。

午前からの部の自分の分を1枚申し込んだ。

122席の客席数で売り切れているだろうなぁと思っていたが、E列の席を購入することができた。

午前3時から正午までの勤務だけれど、早めに切り上げれば、午後からの部には間に合うので、試しに同僚の分を申し込んだら、D列の席が購入できた。

コンビニのセブンイレブンでの決済なので、こちらでの負担もない。

もしかしたら、橋本愛さんをお好きなかたがおられるかもと、ここで報告させてもらうことにしました。

一律1800円で、兄嫁から送ってもらった株主招待券は使えませんが、楽しみです。

●シネ・リーブル梅田
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/topics/detail/52040
by hitcity | 2017-04-29 16:55 | Comments(0)
ヌードクロッキー会のお知らせ
f0151647_20045999.jpg


1月22日の日曜日に参加させてもらいました「写真撮影可能なヌードクロッキー会」が、明後日の4月30日の日曜日に開催されるそうです。

1月以降にも開催されているようですが、私の場合、日曜日は、午前3時から正午までの勤務となっていて、近鉄・布施駅前で、午後2時から開催となると、行くのか厳しいところがあります。

午後4時20分までポーズをとっておられて、入退場自由ということなのですが、行くならはじめから参加したいものですし。

1月22日は、勤務が早く終了したので、はじめから参加することができました。
ギリギリでの到着でしたが。

このところ、日曜日は早く勤務が終了する傾向があるので、そうなれば、行ってみたいと思います。
どうなるのかは、わからない状態です。

主宰をされているモデルの景帷(けい)さんのツイッターに詳しいことが書かれています。

近鉄・布施駅前のイオンの5階にある会議室で、午後2時から開始です。

写真撮影可能で、発表も自由とのことです。

事前連絡不要で、参加費は、800円です。

今まで絵やクロッキーに縁がなかったかたも気軽に参加してくださいと、景帷さんが、ツイッターに書かれておられますが、絵画の勉強となると敷居が高いというような、マンガを描いている人間にも参加しやすい会だと思い、お勧めします。

1月22日の様子を写真入りで紹介していますので、御覧になっていただけましたら。

●写真撮影可能なヌードクロッキー会
http://hitcity.exblog.jp/27486422/

f0151647_20153071.jpg


by hitcity | 2017-04-28 20:23 | Comments(0)
「そして誰もいなくなった」(アガサ・クリスティー)読了
f0151647_17133227.jpg


土曜日と月曜日が勤務が休みで、月曜日の休みは、だいたい、映画を観に行くことにしていますが、昨日の4月24日の月曜日は、家にいました。

16日の日曜日に観た映画「ハードコア」が面白くて、良い気分が持続しているのに、ここでつまらない映画を観に行くのは、もったいない気持ちになっています。

それに、先週の火曜日、18日に自転車に乗っていて転倒、うつ伏せに地面に倒れましたが、左胸の痛みが持続していて、しかたがなく勤務はしているものの、痛みを抱えて出歩きたくもないですし。
部屋で仰向けで寝ていて、起きがろうとしても、痛くて起きあがれないという程度の痛みがあります。

暖かくなってきて、ホームごたつから身体を出して動くことができるようになったので、部屋かたづけにとりかかっていました。

その前に、朝、目が醒めてから、ハヤカワ文庫の「そして誰もいなくなった」(アガサ・クリスティー/青木久恵 訳)を読みはじめ、一気に読了しました。

「そして誰もいなくなった」といえば、ミステリー小説を代表するような小説ですが、それゆえ、何かの加減で、ストーリーを紹介されているのを、昔、目にしたことがあって、知っているストーリーのミステリー小説は読む気が起こらなくなったのでした。

同じく、アガサ・クリスティーさんの「アクロイド殺し」は、そうして、読む前に、トリックを知ってしまっていましたが、こちらは、それゆえに興味がわき、読んでみることになったのですが。

その着想に感心しましたが、谷崎潤一郎さんが、「アクロイド殺し」以前に、短編で同趣向の小説を書いていて、谷崎ファンの私は、さすが谷崎先生!と、嬉しくなったりもしています。

集英社文庫の「谷崎潤一郎犯罪小説集」に収録されている「私」という小説です。

それで、なんで今さら読む気になったかと言いますと、この前、渡瀬恒彦さんの遺作にもなったようですが、「そして誰もいなくなった」の舞台を日本に置き換えてテレビドラマ化され、2夜連続で放送されましたが、その評判が良いのをよく目にして、録画はしてあるので、原作を読んでから観てみようという気持ちになったからでした。

近所の本屋の棚で、帯カバーの背表紙に「ドラマ化原作」とあり、てっきり、その日本版ドラマだと思いましたが、昨年11月にBSで放送されたイギリスのテレビドラマのことのようでした。
それも録画はしていましたが、観ないままになりました。

f0151647_17162692.jpg


国内外のミステリー通387人のアンケート投票による、2013年1月発行の「東西ミステリーベスト100」では、海外部門で、「そして誰もいなくなった」は、第1位になっていました。

1987年に発行された同趣向の本では、第4位だったそうです。

以前の訳書では、明らかに登場人物の心理描写にアンフェアな箇所があったが、それが誤訳だったそうで、若島正さんというかたの評論により、あくまでもフェアな本格ミステリーと評価が一変したとのことです。

ミステリー小説をあまり読んではいませんが、それでも、「そして誰もいなくなった」の趣向に似たものとして、「獄門島」(横溝正史)、「十角館の殺人」(綾辻行人)、「海からの招待状」(笹沢左保)、「七人の証人」(西村京太郎)が思い浮かびました。

やっと歴史的作品を読了したので、なんだか、ほっとした気持ちになりました。

発行時に読んだ人々は、かなりの衝撃を受けたものだと思いますが、だいたいのストーリーを、ぼんやりとではありますが、知っていたので、その点で物足りない思いをすることになり、残念でした。

f0151647_17203674.jpg


この「東西ミステリーベスト100」の海外部門のベスト10のうち、第6位までは読んでいました。

私は、その中では、「幻の女」が群を抜いて面白かったと思います。
「長いお別れ/ロング・グッドバイ」も好きですね。

多くの登場人物のものより、少人数の登場人物のミステリー小説のほうが好きなようですね。

f0151647_17235924.jpg


只今発売中(明日までかな)の「週刊文春」(4月27日号)のPRページ、大和ハウス工業会長による対談、ゲストが、ちばてつやさんで、知っているエピソードばかりでしたが、面白かったです。

f0151647_17285628.jpg

by hitcity | 2017-04-25 17:29 | Comments(0)
「さびしいボクサー3・完結編」の解説文について
f0151647_01115218.jpg


ひとつ前の枠に、「漫画雑誌 架空」宛に郵送した「さびしいボクサー3・完結編」の解説文を載せましたが、それを御覧になった編集発行人の川勝徳重さんから、間に合わないというメールが届きました。

ツイッターで、川勝さんが、「漫画雑誌 架空」の第15号、第16号、それに第17号の制作の予告をされていて、現在は第15号の編集中の様子が伺えていました。

私が先週に送った「さびしいボクサー3・完結編」は、載せてもらえるのなら、第16号以降になるだろうなと思っていました。

ツイッターに、一昨日あたりだったか、川勝さんが、日曜日の深夜に「架空」の入稿をされる予定と書かれていたので、それは自分とは関係がない号だろうと、ややこしくなるので、それが済んでから、月曜日に、このブログに発表させてもらおうと、じつは思っていたのです。

できたので、まぁ、発表してしまったわけです。

その深夜の入稿分の号に、「さびしいボクサー3・完結編」が載るとなると、間に合うはずはありませんね。
こちらが、ゆっくりとしすぎたわけで、申し訳ありません。

先週に原稿を送るのと同時に送れば済んだことなのですが、書くのが、すごく難しかったのです。

自分が自作品について解説した文章なんて、実際は、同時に載せるべきではないと思っています。

ところが、今回のマンガは、5年も前に描いたマンガで、それを知っていてもらわないと、何かと誤解を招くのではと思えるところがありました。

実在の人物が、このマンガに登場されていて、そのかたは、このマンガを描いたあとにお亡くなりになられています。
ところが、このマンガでは、ずっと存命でおられることを前提として描いています。

いま読むと、亡くなったかたの死を認めないという、違った意味が生じてくるのですね。

5年前に送った原稿の行方がわからなくなったというのは、じつは、そのこともあり、掲載を見合わせようとされていたのではと推測してみたりもしていたのです。

ネタバレになるので、マンガの内容そのものに触れずに、そのことを説明をするのが難しかったのです。

このブログのほう宛の解説文には、当時、「漫画雑誌 架空」に掲載されていた三好吾一さんのマンガ「城山」のパロディのようなところがあると書きましたが、本当は、そんなことは書かないほうががいいのですが、そのマンガの記憶もある、「漫画雑誌 架空」が、毎月、発行されていた、その当時の読者には、説明不要でしょうが、今となっては、なんで、風景が続くマンガになっているのか?という疑問が生じるのではと、気になってもきました。

それに、マンガに登場する通天閣のスカイウォークも、現在は、この形ではやっていないですよというようなことも、このマンガを見て興味を持ち通天閣まで行く人がいると、申し訳ないので、何年も前のことだと知らせたくなったのです。

上の写真は、当時のブログに載せた、その通天閣のスカイウォークのものです。
今なら、モザイクはかけないつもりなんですが。

そんなわけで、何年も前に描いたマンガだということを伝えたくて、そうなると、何年も前に描いたマンガを発表するのが、今になった経緯というのも説明しなくてはならなくなったのでした。

私のブログで川勝徳重さんが解説文を見てくださった時には、編集は完了し、入れる場所がなくなったと、申し訳なさそうに連絡をくださったのですが、次の号以降になるだろうと、勝手に思っていた、こちらが悪かったわけです。

連載マンガが未完になっていて、無責任だと思われないためだけに描いたマンガで、ボツになってもしかたがない内容だと自分では思っているところもあり、言い訳じみたことを書きたくなる気分もありました。

解説文を書きながら、こんなに長々と説明するような、たいしたマンガでもないのになという思いもありました。

載らなくて良かったという気持ちになりました。

結果的には良かったと思います。
ありがとうございました。
by hitcity | 2017-04-24 01:21 | Comments(0)
さびしいボクサー3・完結編/解説文
【2006年発行の「漫画雑誌 架空」の創刊号と2008年発行の第2号に参加させてもらっていた私は、2010年4月から1年間12冊限定で「架空」が月刊誌として刊行されると聞き、連載を計画、月刊化第1号と第2号の2010年4月号と5月号に「さびしいボクサー3」の第1回目と第2回を載せていただきました。
ところが、あとが続かず、なんとか完成だけはさせなくてはと、2011年3月に発行予定の最終号に向けて制作をしていたのが、このマンガでした。
月刊誌の「架空」は、11カ月分、毎月発行されましたが、次の最終予定号は、なかなか発行されないこととなりました。
「さびしいボクサー3・完結編」の制作は2006年の6月には終えていましたが、いよいよ刊行されるらしいという情報に接し、2012年7月に編集発行人の西野空男さんに原稿を送らせてもらいました。
2015年に編集発行人を引き継がれた川勝徳重さんによって、不定期刊の2号分と月刊の11月号分を加えたあとの通巻第14号として「漫画雑誌 架空」が発行されましたが、その号には「さびしいボクサー3完結編」は載っていませんでした。
川勝徳重さんにより、今後も「漫画雑誌 架空」は刊行されていく様子です。
それで、控えとして残していた「さびしいボクサー3完結編」の原稿を、通天閣の「スカイウォーク」は今ではなくなっていたりもしますが、2012年の制作当時のまま送らせてもらうことにしました。
これでなんとか、連載を途中でやめた無責任な男という汚名は着なくて済むようになったかなと、完結編を掲載していただいて感謝しています。】

先週の日曜日に、「漫画雑誌 架空」編集発行人の川勝徳重さん宛に、「さびしいボクサー3・完結編」を送らせてもらいましたが、連載を途中でやめたマンガの続きを何年ぶりかで再提出するというわけで、いくらか説明がいるのではないかと思い、それから何パターンかの説明文の草稿を練ってみました。

上のものを選んでみました。

「漫画雑誌 架空」の前号の第14号には、私は近況文だけの参加で、川勝さん編集発行の「怪奇劇画短編誌・蝸牛」に描いたマンガについてのことを書きましたが、同じぐらいの長さじゃないかなと思います。

f0151647_19512645.jpg


色々と説明しようと思うと、やたらと長くなってしまったバージョンもありました。

ゴチャゴチャと書いていき、やたらと長くなってしまうのは、このブログでは標準なので、その文章は、ここで発表させてもらおうと思います。

【「漫画雑誌 架空」の創刊号(2006.1)に「まどの手」、第2号(2008.4)に「風聞・猟奇王の最期」と「架空大阪案内記録」を発表させてもらいました。

「架空大阪案内記録」は、創刊号刊行ののち、「架空」参加者たちが大阪に集い、古本屋巡りをし、画廊で個展をされている畑中純さんを訪ね、飛田新地の昔は遊廓だった料亭で親睦の会を開いたことを、写真と文章でまとめたものでした。

「漫画雑誌 架空」が、2010年4月から1年間で12冊発行されるという情報に接し、旧作の「さびしいボクサー」(50ページ)を4回に分けて連載させてもらうことを、西野空男編集長にお願いしました。

続編の「さびしいボクサー2」(36ページ)とまとて自分で同人誌として発行するつもりでしたが、その続編の制作が途中までになっていました。

締め切り前、そろそろ「さびしいボクサー」を送ろうかと保管している場所を見ましたが、原稿が見あたりません。
引っ越しの際、どこかに行ったのか、いまだに出てきません。

約束を破るわけにはいかないと、急遽、「さびしいボクサー3」を描いて送りました。
最初は2回分を送ることになっていました。

月刊誌に連載は無理だなと気づき、原稿を送付したあと、掲載はしないでほしいと連絡をしましたが、月刊化の最初の号(2010年4月号)と次の号(5月号)に掲載されていました。ありがたいことではありました。

8月号に「パンどろぼう」、9月号に「1973年のマトリョーシカ」、12月号に「自由の女神」を載せてもらい、最終の月刊化の12冊目の3月号の掲載を目指して、「さびしいボクサー3・完結編」の制作をはじめました。

9月号の三好吾一さんのマンガ「城山」のように風景が連続する手法をとらせてもらい、京都のトランスポップギャラリーの「幻燈・夜行展」で、三好吾一さんにお会いした際に仕上がった原稿を見ていただいたことがありましたが、2011年6月のことでした。

11冊まで月刊誌として毎月発行されていて、その次の号が2011年3月号の予定でしたが、2011年の3月に東日本大震災が起こりました。

2012年の6月に新しい号が発行されるらしいという情報に接し、原稿を送らせてもらったのは、2012年7月のことでした。

西野空男編集長宅に届いていた原稿をまとめて、川勝徳重編集長が引き継いで、月刊で出ないでいた12冊目、通巻14冊目の「漫画雑誌 架空」(2015年・春号)を発行されましたが、「さびしいボクサー3・完結編」の原稿はなかったということでした。

「漫画雑誌 架空」は、川勝徳重編集長が発行され続ける様子なので、控えとして保管していた原稿を2017年4月16日に送らせてもらった次第ですが、そんなわけで、かなり前に描いたマンガです。

実在する登場人物で、お亡くなりになられたかたもいますし、通天閣のイベントも違ったものになっていますが、そのままにしていますので、御了承のほど、よろしくお願い致します。】

f0151647_19572266.jpg


かなり前のことで記憶がアヤフヤでしたが、このブログを検索してみて、いろいろと確認することができました。

作中に通天閣の照明などの点検作業をする業者用の足場を命綱をつけて観光客が歩くイベントが登場していましたが、それを体験しましたが、恐ろしかったです。

現在は、ちゃんと工事をして作られた足場を歩くことができるようになっているようです。

作中に登場する「世界の温泉スパワールド」の中で参考のため写真撮影をしていたら、支配人らしき男性がやって来て「ブログとやらですか」と声をかけられたことも記憶しています。

●11/17=3★通天閣…大阪案内
http://hitcity.exblog.jp/15049651/

京都の「幻燈・夜行展」で、三好吾一さんに、「さびしいボクサー3・完結編」の原稿を見ていただいた時のことも書いていました。

●6/18【後編】「幻燈・夜行展」トークイベント
http://hitcity.exblog.jp/16186585/

姪(兄の次女)の結婚式に出席するため、そのあと、京都から夜行バスで東京に向かいました。

立川のショッピングビルの一般の書店に、「漫画雑誌 架空」が置かれているというので、同人誌専門店ではない本屋に置かれるなんて稀有なことだろうと、見に行きました。

●6/19=5★→吉祥寺→立川
http://hitcity.exblog.jp/16181969/

完成した時のことも書いていました。

●「さびしいボクサー3・完結編」完成
http://hitcity.exblog.jp/17730018/

上の写真は、立川の本屋の棚に並んでいた「漫画雑誌 架空」を撮った写真ですが、なんという名前の本屋だったかなと検索してみました。

オリオン書房「オリオン・パピルス」とのことでしたが、昨年の8月に閉店したようです。

●オリオン・パピルス閉店のお知らせ
https://www.orionshobo.com/news/page49.html

f0151647_20023911.jpg


今日、4月23日の日曜日の朝日新聞で、つげ義春さんのマンガ「李さん一家」が取り上げられていました。
by hitcity | 2017-04-23 20:06 | Comments(0)
「追悼 水木しげる/ゲゲゲの人生展」大丸・梅田店
f0151647_22045156.jpg


f0151647_22082617.jpg


●4月17日(月曜日)の休日

大丸・梅田店で、「ゲゲゲの人生展」をやっていることは、ツイッターで知っていたけれど、この前、「ゲゲゲ展」を観たからなぁ、行かなくていいかと思い、自分のブログを検索してみたら、「ゲゲゲ展」に行ったのは、2010年の8月だった。

え~! あれから7年も経つのか!

阪神百貨店・梅田店での「水木しげる米寿記念/ゲゲゲ展」だったが、朝ドラの「ゲゲゲの女房」が放送されていて、大盛況だった。

朝ドラで使用された小道具が展示されてもいた。
番組オリジナルのマンガ雑誌など。

その年の10月、西宮ガーデンズで、ゲゲゲの女房役の松下奈緒さんの無料のピアノ演奏を拝見した。

「ゲゲゲの女房」の撮影は終了したが、放送はされていた。

松下奈緒さんによる、カード手渡し会があるというので、ピアノ演奏のCDを購入した。

カードを手渡されたが、身長は私と同じぐらいなはずだけれど、ヒールを履いているからか、見上げる感じになった。
女性を見上げることは、まず、ないことだけれど、でかい女性だった。

水木しげるさんの展覧会は、「大oh水木しげる展」も観に行っているが、2004年の8月のことだった。

このころは余裕があったのか、図録と、水木しげるさんの黄金座像というのを購入した。

荒俣宏さんと京極夏彦さんプロデュースだけあって、充実した展覧会で、図録も充実していた。

大丸の梅田店では開催されず、大丸の神戸店と京都店での開催で、神戸店まで観に行った。

あと、兵庫県立美術館で、妖怪画の展覧会があった際、水木しげるさんのコーナーがあったのも拝見したことがあるが、検索してみても、それは、いつに開催されたのかわからなかった。

2010年に兵庫県立美術館で、水木しげるさんの「妖怪図鑑展」というのが開催されたが、それには行かなかった。

水木しげるさん関係のイベントでは、「水木さんIN水木通り」というサブタイトルだったと思いますが、神戸で、ホピ族の長老がホピの予言の警鐘のため来日された際の集まりに参加したことがありました。

マンガの原作もされている宮田雪さんが司会をされていました。

それに水木しげるさんがゲストにやって来られました。

1992年12月のことのようですが、11月に青林堂から刊行された「妖奇伝」の復刻本、2冊が箱に入った形態でしたが、その外箱に自分が持っていた黒のボールペンで、水木しげるさんにサインをしていただきました。

水木しげるさんとのツーショット写真も、近くにいた若い女性にカメラを渡して撮ってもらいました。

長らく川崎ゆきおさんから借りていて、気に入って、自分のカメラと交換してもらった魚眼レンズのカメラによる撮影でした。

阪急百貨店・梅田店で、ハローキティ展というのが開催され、キティちゃんのデザイナーの山口裕子さんのトーク&サイン会を拝見しに行ったことがあり、検索してみて、1999年らしいことがわかったのですが、同じ時期と記憶しているのですが、阪急百貨店・梅田店の中に、水木しげるさんのキャラクターグッズ・ショップが開店したことがありました。

水木しげるさんのサイン会があって、主催をされているらしき年配の男性が、独り、いました。

小学生の男の子を連れた母親が、ちゃんと説明をされなかったので、違う場所に並んでいたので、サイン会の整理券がもらえなかったと、その男性に詰めよって怒っていました。
男の子は泣いていました。

サイン会の列に並んだ人々、一人ずつに、丁寧に時間をかけて、水木しげるさんは絵を描いてサインをされていました。

サインを済ませた若いカップルが、その男性スタッフに、もう1枚描いてほしいと、持参しているスケッチブックを示すと、その男性は、「どうぞ、どうぞ」と応じ、カップルは、また絵を描いてもらっていました。

それを見ていたサインを済ませた人たちが、自分も自分もと、また並びだし、サイン会はエンドレスの状態になりました。

整理券は手元には残っていないはずですが、サインをしてもらったものを男性スタッフに見せると、それが整理券がわりになるかのように、再び並ぶわけです。

また並んだ人は、文具売り場にスケッチブックを買いに行ったりしていたのかな?
そこらへんの記憶はありません。

丁寧に絵を描き続ける水木しげるさん。

かなりの時間が経ちますが、男性スタッフは、笑顔で、それを眺めているだけ。
水木しげるさんの身内か何かの関係性なのかなと思ってみたりもしました。

やっとサイン会は終了しました。

すごい怒りの形相の水木しげるさんは、そこで、赤いマジックインクを、テーブルの上に、叩きつけるように投げつけました。

のちにテレビでよくお見かけする次女のかたが、なだめるように水木しげるさんの肩をささえるようにして、その場を去っていかれました。
すべて、無言の中での出来事でした。

そんな状況でも、絵は丁寧に描き続けられた水木しげるさんの姿には感心させられました。

今回の展示の中では、貸本マンガの戦記ものの戦闘機や軍艦の詳細な描写に、特に感心しましたが、経済的苦境にあっても、ここまで時間をかけておられたのかと、感心せずにはいられませんでした。

1970年に「漫画読本」に掲載された戦記マンガの「ダンピール海峡」の生原稿の展示もありましたが、どう見ても、つげ義春さんの絵でした。

原画以外に、水木しげるさんのヘソの緒の入った木箱や、小学生時代の成績表(自叙伝に書かれているような悪い成績ではないように思いました)、戦地から送られた手紙やハガキ、戦地に持って行かれていた本、コレクションされていたたくさんの仮面、各種証明書や学生証などの展示もありました。

13歳あたりからの十代の頃に描かれた油絵やクレヨン画、絵本や詩画集の原画、スケッチ(西宮市の甲子園口や今津を描いたもの)などが、20点ほど展示されていましたが、水木しげるさんは、マンガじゃなく、あくまでも絵画が出発点だったのだなと、改めて、その絵のうまさに納得することができました。

グッズ類も豊富でした。
一反木綿の大型タオルを欲しいと思いましたが、1500円で、購入するのを断念。
600円の水木しげるキャラクター群、それぞれのキーホルダーも、いいなと思いました。
かつての私なら、あれもこれもと、買いまくっていたことだろうと思います。

300円のノートだけ購入しました。

f0151647_22113908.jpg


f0151647_22211039.jpg


f0151647_22233874.jpg


会計の台の上に、この展覧会のチラシが50枚ほど積まれています。

レジの女性から、そのチラシを、どうぞ、いるだけ持っていってくださいと勧められました。

20枚ほどもらいましたが、会期は明後日までなので、全部受け取ってほしかったのかなと、あとで気がつきました。
そんなにもらっても、しかたがないんですが。

「追悼 水木しげる/ゲゲゲの人生展」は、大丸・京都店では、4月26日から5月8日まで、大丸・神戸店で7月26日から8月14日まで開催されるようです。

大丸・梅田店の様子は、↓で写真で御覧になることができます。
●大丸・梅田店「ゲゲゲの人生展」
http://mizuki-ten.jp/news/
by hitcity | 2017-04-20 22:24 | Comments(0)
映画「ハードコア」
f0151647_19573846.jpg


f0151647_20012883.jpg


検索してみたら、映画館によって違うようですが、明日の20日(木曜日)か21日(金曜日)に上映が終了するようです。

こんなに面白い映画、観に行くことができるなら観に行っていただきたいものです。

勤務先の同僚は、こんなにつまらない映画はなかった、目がまわった、観に行かないほうがいいと言っていましたが、マンガを描いたりしている人間だったら、一人称視点の、こんな映画も観ておくべきじゃないかなと思います。

こんな面白い映画を観るのは、ほんと、久しぶりのように思います。

1時間36分の映画ですが、ずっと集中して観つづけて、その充実感たるや。

私は、4月16日の月曜日に、なんばパークスシネマで観ましたが、1日に、午後4時35分からの1回の上映になっていました。

上映開始は、4月1日からだったようです。
話題にもなっていず、残念です。

両隣りの席は、独りで来ている若い女性でしたが、日曜日に若い女性が映画を独りで観にくるなんて、彼女らもマンガを描いたりしていて、一人称の手法の映画に興味を抱いてのことかもしれませんね。

f0151647_20123399.jpg


3Dの映画で、自動車を運転していて、前のトラックの荷台から長い丸太棒が落下して、こちらをめがけてくるとか、ジェットコースターに自分が乗っている設定の映像はありますが、名場面集のようなものでした。

この映画は、全編、キャラクターのある主人公に自分がなりきって観ることができます。

ヒッチコック監督の「ロープ」は、全編ワンカットで、現実と同じ時間で進行していく映画ですが、この映画も同様で、途切れることなく、省略することなく、自分自身が行動をしていきます。

主人公の意識を、原稿用紙何枚で何分間とか、統一した時間の感覚で描き、主人公が意識を失なった場面では白紙が続くという、筒井康隆さんの小説「虚人たち」を思い浮かべてみたりもしました。

記憶を失なった主人公を描いた「レベル7」(宮部みゆき)など、一人称の小説は一般的ですが、この映画の感覚は、二人称の小説、「きみは」と語りかけられて物語が進む「やぶにらみの時計」(都筑道夫)や、「君は」と語りかけられていく「ターン」(北村薫)に近いように思いました。

自分には何も記憶はないけれど、周囲の人間には事情が知られているという設定から、「きみは」と優位にたち説明をしていく相手の立場が感じられ、そう思えてくるのかもしれませんね。

f0151647_20402626.jpg


こういう小型カメラを顔に装着して、自分が見える範囲で、自分の腕の動きが映画の画面の中に収まっているので、現実味と臨場感があります。

f0151647_20473112.jpg


パンフレット(680円)を購入してみて、「第9地区」の男優と「マグニフィセント・セブン」の女優だとわかりましたが、AV女優のような雰囲気をかもし出していました。

ロシアとアメリカの合作映画で、ロシア語には字幕がでるのですが、しゃべりすぎで、字幕が重なっていく場面があって面白かったです。

ロシアが舞台で、売春宿などの描写の俗悪感に、貸本劇画の雰囲気を感じてみたりもしました(ホメ言葉です)。

どういうわけだか、手塚治虫さんの初期の赤本マンガの雰囲気も感じました。

そういえば、一人称のマンガに、「化石島」(手塚治虫)の冒頭の場面がありますね。
もしかしたら、最も好きな手塚治虫作品かもしれません。

軽快なロック音楽が流れ続け、うまく作られた物語ですが、本気なのか?と思うような遊び心が感じられる場面もありました。

でも、「ロッキー・ホラー・ショー」のようなパロディ的な映画には向かわず、現実感のある映画になっているのは、まず、一人称映画としての完成度をめざしたからでしょうね。
by hitcity | 2017-04-19 21:06 | Comments(0)
「ステ漫5」制作日誌【5】「さびしいボクサー3」
●4月10日(月曜日)の休日

昨日、勤務の帰りに貸スタジオの受付のパソコンでの出力サービスでプリントアウトをしてもらう際、「ステ漫5」の4ページのうちの4ページ目に配置していた写真がモニター上に表れず、同じCD‐Rに保存していた写真のどれを使用しているのか尋ねられ、ちゃんと画像が表れるようにプリントアウトしてもらえたのですが、帰宅後、見てみたら、2枚1組のステレオ写真(立体写真)の左右が揃っていなかったりした。

f0151647_16115961.jpg


これは、1コマ漫画専門誌「EYEMASK」の第46号(2013.6)の「ステ漫2」の最終の4ページ目ですが、今回も同様に最後に1コマ漫画を入れています。

裸眼立体視の平行法で見ると立体に見えてきます。

f0151647_15583401.jpg


こちらは、「EYEMASK」の第44号(2012.6)で初めてステレオ漫画(私の命名で、ステレオ写真の漫画版のことです)を描いた時のものですが、今回も著名人の死亡を扱っていて、金正男さんを描きました。

商魂たくましい帯カバーを見て、文春文庫の「父・金正日と私(金正男独占告白)」(五味洋治)を購入して読了しましたが、著者が金正男さんと会った際のインタビューや、多くのメールでのやりとりが掲載されています。

この本の出版が暗殺の要因というテレビでの報道を目にしたりもしました。
金正男さんから出版を見合わせてほしいと連絡があったが出してしまったとかいうことでした。
それ以前に、2度、暗殺未遂事件はあったようです。
この本でのやりとりを見ていると、金正男さんは好人物で、残念な気持ちになってきます。

f0151647_16042960.jpg


写真がおかしくなったのは、今回の最終の4ページ目ですが、朝、起きてから、パソコンで開いてみたところ、このページのみ、画像が表れませんでした。

それどころか、あとでこのページを開いた途端、パソコンが固まってしまい作動しなくなってしまいました。

困った!
今回は、3ページ目までを提出するしかないのか、しかし、4ページ目の漫画がないと「ステ漫」ではなくなるし、見てもらいたいのは、この漫画なので、休ませてもらうしかないかと思ってみたりもしました。

以前、使っていた中古で購入したノートパソコン(バイオ)が調子悪くなり電源が入らなくなり、それ以降、長らく経ちます。
たまに試してみますが、作動しませんでした。

すがるような気持ちでバイオの電源を入れてみたら、作動しました!

マウスは反応しません。
漫画は、マウスを使ってペンツールで描いていますが、写真の配置などの作業は、マウスがなくてはやりにくいのですが、キーボード部分での作業で、最初からのやり直しの3度目で、なんとか、最後のページのステレオ写真2組、4枚の写真を配置することができました。

プリントアウトをして確認したいものです。
検索してみたら、キンコーズがナンバにありました。

かつて、プリント故障の際、キンコーズの本町店、心斎橋店、西梅田店に行ったことはありますが、ナンバにはありませんでした。

なんばパークスのすぐ近くなので、午前11時すぎからの「ハードコア」をついでに観ようかと思ってみたりもしましたが、午前8時あたりから始めた作業、そんなにかからないつもりでしたが、写真の場合、トリミングにこだわるときりががなくなるし、なんせ、マウスなしでの作業は手こずり、午前11時ぐらいまでかかりました。

NHK第1ラジオの宮沢章夫さんの「すっぴん!」を聴きながら作業をしていましたが、午前10時を過ぎてから、劇団「ヨーロッパ企画」の上田誠さんと本多力さんがゲスト出演されていて、それを聴くことができて良かったです。

映画「サマー・タイムマシンブルース」が好きなのですが、舞台挨拶やDVD発売のサイン会で、おふたりを拝見したことがありました。

上田誠さんが、宮沢章夫さんが選考委員の岸田戯曲賞を受賞されての出演のようですが、上田誠さんの著書を読んだこともありました。

毎日放送の「ちちんぷいぷい」で、関西のジャニーズの人が職業体験をするコーナーがあって、お菓子工場で働く回がありましたが、上田誠さんの実家が取材先になっていて、そこにいた上田誠さんが両親の仕事を初めて手伝うということになっていました。

やり直した「ステ漫5」をCD‐Rに保存し、ナンバまで南海電車で。

正午前、「やよい軒」で、鶏のからあげ定食(690円)。
御飯のおかわりをセルフで炊飯ジャーでできるので、ナンバでは「やよい軒」か同様の「宮本むなし」で、だいたい、いつも食べています。

勤務から帰宅後、平日の午後2時から6時までの「ちちんぷいぷい」を、いつも観ていますが、月曜日の午後5時あたりからの、たむけん(たむらけんじさん)の高校訪問のコーナーだけは面白くなくて、その時は、朝日放送や関西テレビや読売テレビでやっている関西ローカルのニュース番組にチャンネルを変えていますが、神戸のサンテレビで、東京で生放送をしている「5時に夢中!」をしていて、この前は、それを観ていました。

月曜日担当のマツコ・デラックスさんが、番組内で、「そんなこと言っていると、また視聴者を、ちちんぷいぷいに持って行かれるわよ」とか、やたらと「ちちんぷいぷい」を意識していると、「ちちんぷいぷい」で紹介していたことがありました。

この前は、マツコ・デラックスさんを含む3人の巨体のオカマが並んでいて、うち1人が大阪出身で、大阪でマツコさんと一緒に食事をした話をしていました。
マツコさんが「あれ、やよい軒だったっけ?」と言い、 「違うわよ、宮本むなしよ、梅田店、つぶれちゃったわよ」というやりとりがありました。

f0151647_16531530.jpg


キンコーズ・なんば店は、南海なんば駅から、こんなに近いところにあったのか!という場所にありました。

無印良品ビルの並びにあったビックオフがいつの間にかなくなっていましたが、こちらのほうに移動していたのか。
こっちのほうには来ないので気がつきませんでした。

「ステ漫5」と「さびしいボクサー3完結編」の出力を受け付けた若い女性に頼みました。

以前、よくキンコーズを利用していた際は、店頭PCサービスでパソコンを借りてセルフでプリントをしていました。

現在は、最初の20分が250円で、以降10分ごとに200円とのことで、当時もそれぐらいだったと思いますが、セルフでプリントをする前に原稿を確認していたら気になる箇所がいくらかあり、その手直しをしていたら、時を忘れて熱中し、時間がかなり経ち、パソコン利用料だけで4千円近くかかってしまったということがありました。

イラストレータの8で保存をしていったら、新しいバージョンのCS以降にしかセルフには対応しなくて、8の場合、奥で担当者が出力することになっていました。
今回は、イラストレータ10で保存してきました。

受付の女性に頼み、椅子に座って待つことにしました。

2枚ずつプリントをお願いしましたが、まず1枚出力したものを確認し、それで了承、もう1枚ずつプリントしてもらうことになります。

その女性がアシスタントみたいなもので、「高木ひとしとキンコーズプロ」と言ってみてもいいかなと思いました。

プリントアウトは、白黒8円、カラー40円(A3は80円)とのことです。

24枚で360円に手数料600円で、税込1036円。
10分ほどで済みました。

なんばCITYの旭屋書店を覗いて何も買わずに南海電車で帰宅。

レターパックライトの封筒に「ステ漫5」のCD‐Rとプリントアウトを入れ、自転車で近所の郵便ポストまで。

投函する際、ポストの表示を見たら、午後1時55分の回収時刻の次は午後4時頃だったが、午後2時5分頃になっていたが、回収の自動車がちょうど来た。

f0151647_16580584.jpg


この日は、釜ヶ崎の三角公園での、午後6時頃からのPANTAさんのステージを拝見しましたが、それについては、いずれまた。

どういうわけだか不具合のページが生じ、やりなおしに手間どりましたが、なんとか「ステ漫5」の原稿を提出することができました。

●4月16日(日曜日)の休日

土曜日と月曜日が勤務の休みだけれど、仕事量の都合から15日の土曜日が出勤、16日の今日の日曜日が休みになりました。

10日の月曜日、キンコーズで、「ステ漫5」とともに「さびしいボクサー3完結編」も出力をしました。

その前に勤務からの帰りに貸スタジオの受付でもプリントアウトをしていて、こちらに関しては特に問題はなかったのですが。

制作完了当時のままで新たに手を加えないつもりでもいました。

イラストレータ8で保存していたのを10には変えておきました。

不定期刊の「漫画雑誌 架空」の創刊号と第2号に参加させてもらっていた私は、「月刊漫画 架空」として、1年間限定で12冊を発行していくと聞き、連載マンガの提出を考え、2010年の4月号と5月号に第2回まで(原稿は同時に提出)発表させてもらいましたが、続きが描けず、そのままになってしまっていました。

それでは無責任だと、完結させることだけを目的に描いたのが、この「さびしいボクサー3完結編」の8ページでした。

「月刊漫画 架空」は、毎月順調に11月分発行されましたが、それ以降、発行されなくなってしまいました。

次に発行される「月刊漫画 架空」には掲載をしていただきたいと制作は続け、編集発行人の西野空男さん宛に送らせてもらいました。

不定期刊の2冊と「月刊漫画 架空」の11冊に続く「漫画雑誌 架空」を通算14号として、編集発行人を引き継ぎ、川勝徳重さんが発行されました。

これから、川勝さんは、「漫画雑誌 架空」を次々と発行されていかれるようです。

西野空男さん宅から、「漫画雑誌 架空」宛に届いていた原稿を川勝さんはとってこられたそうですが、その中に私が送った「さびしいボクサー3完結編」はなかったとのことでした。

控え用としてCD‐Rに保存したものを持っているはずですが、行方はわからなくなっています。

それが、この前、「ステ漫」の以前の回のCD‐Rやフォント集を探していたら出てきました。

2012年7月5日とCD‐Rの表面に書いてありましたが、2011年6月にプリントアウトしたものを人に見てもらった記憶があり、見直していて修正箇所があったので訂正したものを後になって作ったのだと思います。
あとで修正してCD‐Rに保存しなおすことは、しょっちゅう、やっています。

前の2回分を読まなくてもかまわないように描いているつもりですが、いくらかは説明は必要な気はしています。

それで文案を練ってみましたが、あまり説明するのもなんだしと、さりとて、簡略に書くのも難しいと、難航している状態です。

参加者の近況のページに、さらりと載る程度に書くことができるといいのですが。

まとまれば、このブログで発表させてもらおうと思います。

「さびしいボクサー3完結編」のCD‐Rとプリントアウトをレターパックライトに入れて、「漫画雑誌 架空」の編集発行人の川勝徳重さん宛に投函。

この写真は、4月10日のものですが、そのポストの前から撮ったものです。

f0151647_17022471.jpg


自転車に乗って、住吉公園の花見風景を眺めてまわって帰宅。

f0151647_13582333.jpg


f0151647_14030281.jpg


f0151647_14074672.jpg


午後2時半頃に家を出て、南海電車でナンバに。

3月19日に購入した中古パソコンで「ステ漫5」は制作できたものの、電源を入れても、かたまったまま進まなくなったので、1カ月保証があるので、わんだ~らんど書店の斜め向かいの中古パソコンまで持参する。

女性の店員が丁寧に見てくれる。
イラストレータとフォトショップをインストールをしてもなんともなかったが、フォント集を入れてから調子が悪くなったような気がするので、それの削除をしてもらう。

20分ほど作業をしてもらったが、ちゃんと作動するようになった。

わんだ~らんど書店は堺に日本初のマンガ専門店としてできて、あとでナンバ店ができました。
本を透明包装していなくて中身が見えるように置かれていて、入ると中身を見て、つい何かを買ってしまうことになる。

上野顕太郎さんが、谷口ジローさんのマンガのパロディをしているのを見て、「コミックビーム」を久しぶりに買うことになった。5月号。570円。

とんかつ松乃家で、500円で、ロースとんかつ定食を食べる。
おいしくて、豊臣秀吉は、これを味わうことができなかったのだなと、なぜか思ってしまう。

なんばパークスシネマで、午後4時35分からの1日1回の上映になっていて、金曜日までの、「ハードコア」を観る。

1人称映画の予告編を観て興味を抱き観に行く気になっていたが、同僚から、こんなつまらない映画はなかったと観に行くのをとめられたが観に行った。

こんな面白い映画はないと思った。
人それぞれなんだなぁ~。

興奮さめやらずとはこういうことか。
しばらく、この味わいを逃さないため、ほかの映画は観に行かなくていいなと思った。

ここしばらく、心底、楽しめる映画に出逢えなかったが、やっと出逢えた。

映画のパンフレットを久しぶりに購入。680円。

マンガを描く人間には、初めから最後まで、自分の視点(1人称)で描かれたこの映画は、何かの参考になるかもしれないとも思えるし、まもなく上映終了なので、なんとか観に行っていただきたいと思いました。
帰宅すると、午後7時半頃になっていました。

●4月17日の月曜日の休日

自転車で、地下鉄・玉出駅の近くの散髪屋に。

南海電車の高架下の自転車一時預かり所に、150円で自転車を預けて、地下鉄で西梅田駅まで。

大丸百貨店・梅田店で「追悼 水木しげる/ゲゲゲの人生展」を観る。
京都と神戸の大丸を巡回していくようですが、お勧めしたいです。

地下鉄で玉出へ。
預かり所から自転車を取り出す。

雨が降ってきたが、カバンに入れていた折りたたみ傘が壊れてしまっている。
ファミリーマートで傘を購入する。
風に強いと書かれた500円の傘。
いつも100円ショップで購入している傘に比べるとしっかりとしている。

●4月18日の火曜日

午前3時からの勤務で、午前2時10分から自転車で勤務先に向かうが、すごい風雨、昨日購入した、風に強いと書かれた傘を開くこともできず、傘なしで走る。
風が強くて前にも進まない。
30分以上走り、雨でビジョ濡れになる。

正午に勤務を終えるが、快晴になっている。
傘は持って帰ることにする。

片手で傘を持ちながら自転車を走らせていたが、傘の先が自転車の前輪の中に入ってしまい、転倒してしまう。

自分の身体が宙を、ゆっくりとまわる感覚があり、近くで自転車に乗っているおばさんが、心配そうに覗きこんでいる様子を映画の1場面のように感じる。

転倒したのは喫茶店の前で、中から店主が、大丈夫ですかと言って出てくる。

大丈夫ですと応え、その場を去ろうとして、自転車が動かないことに気がつく。

100メートルほど戻った場所に、吉本新喜劇の小籔千豊さんの父親がやっている自転車屋があるので、そこに行き、小籔さんの父親に修理をしてもらう。
金具を取り替えなくてはならなくなる。
2000円にしておくわと、まけてくれた感じ。

自転車のタイヤが傷んでいる爺さんがやってきて、タイヤ交換を頼むが、息子が入院していてと、持ち合わせがないとのこと、明日でいいですよと小籔さんの父親、前金を置いとくわとテーブルに向かう爺さん。

そこへ、自転車のチェーンがはずれたと、おばさんがやってくる。
顔馴染みらしく、爺さんと挨拶、と、吉本新喜劇的な世界だった。

昨日買った500円の傘も壊れてしまった。
加えて2000円の支出となったが、そばを自動車が走っていたら大事故になっていたかもしれず、それで済んだのは、運がよかったといえるかもしれない。
地面にうつ伏せになって倒れていたように思うが、肋骨が痛む。

NHKテレビの午後1時5分からの「ごごナマ」という番組、ゲストは蛭子能収さん、雑誌「ガロ」の話題が出て、レギュラーの美保純さんが自分も買っていた、しりあがり寿さんや丸尾末広さんが載っていたと言い、レギュラーの船越英一郎さんが、つげ義春さんの名前を出して、盛り上がっていた。

蛭子さんが自分は夢を題材にしてマンガを描くと言い、船越さんが、つげ義春さんもそうして描かれていると聞きますがと言うと、蛭子さんが、そうなんですかと言っていましたが、蛭子さん、知らないはずはないはず、とぼけているのか。

つげ義春さんのマンガ「ねじ式」の1コマ目、海の場面が、モニター画面に大写しになっていました。

by hitcity | 2017-04-18 16:05 | Comments(2)
「ステ漫5」制作日誌【4】
●4月9日(日曜日)の続き

金歯とステレオカメラを売って、明日のクレジットカードのキャッシングの返済と電気代の支払いはできるようになったものの、キャッシングが可能になるのは、その3日後なので、余裕がないので、まんだらけに本を売りに行くことにしました。

金の買い取り価格によれば、本を売りに行かなくてもいいかも?という期待はあったのですが。

ここのところ、経済的には落ち着いていたので、まんだらけの梅田店に来るのは久しぶりのことです。

2012年に、2度に分けて、8週間ほど入院生活をおくりましたが、その時は困窮を極めて、関西ステレオ写真同好会で一緒だった でじまるさんと屋我さんに病室まで来ていただいて、何冊かの本を手渡し、まんだらけ梅田店まで売りに行っていただきました。

向こうの査定額を電話で病室の私まで、でじまるさんと屋我さんが実況報告をしてくださったりしていました。

その時、鈴木翁二さんの「限定本 少年手帳付録」(製作 少年手帖社)を持って行ってもらい、買い取り希望価格4万円で交渉してほしいと、でじまるさんと屋我さんに頼みました。

高校時代に、サークル広場というマンガ・イラスト同好会で同じだった同い歳の埼玉の原田さんから手紙で、同じ限定本(限定69部)を、東京のまんだらけに売りに行き、買い取り価格8千円だったが、経済的苦境にあり仕方なく、それで売ったところ、あとで、査定が間違っていたと電話連絡があり、結局、4万円で買い取ってもらうことになったという経験談を聞いていたからでした。

梅田店での買い取り価格は4万円までいかず、3万何千円という金額だったと思います。

のちに、まんだらけ梅田店で、7万円ほどの価格で販売されているのを見ました。

今まで、このブログで、まんだらけで何々という本を買い取ってもらったとか報告していましたが、あとで読み返して、惜しいものを手離したと思うこともあり、何の本かを書かないようにしようと思いますが、今日、持参した本の買い取り価格は、1万5千円になりました。

まんだらけ梅田店には、2、3年来ていないと思いますが、私が住所・氏名を記入した用紙を見て、いつもの古いマンガの担当者のかたは、名前を見て思い出しました、鈴木翁二の限定本の!と言われました。

あれ、売れたんですよ!と、感慨深そうに笑いながら言っておられました。

マンガ愛好家の集う「誘蛾灯は引き出しの中」サイトの掲示板以来のおつきあいのある入江さんが、まんだらけ梅田店で、それが売れる瞬間を目撃したと、このブログのコメント欄で報告をしてくださったことがあるので、「知り合いが売れるところを見ていたそうです」と言っておきました。

その本の写真を掲載しようと、このブログ内で検索してみたら、2009年に心斎橋のまんだらけで原画なしで7万何千円で売られていたと書かれていました。

【5/9=5★まんだらけ・グランドカオス】
2009.5.17.
http://hitcity.exblog.jp/d2009-05-17/

原田さんは原画はどうされたのかな?
私は原画付きで買い取ってもらったのですが。
今さら言ってみても、なんなんですが。

直筆のクレバス画と写真が付いていました。

f0151647_16022825.jpg


f0151647_16024533.jpg


f0151647_16030527.jpg


久しぶりに、まんだらけ梅田店の店内を見てまわりましたが、何年か前に私が買い取ってもらった本のような気がするものが何冊かありました。

何年も前から、1万円の価格をつけて展示されている「陽気蝮」(梶原一騎+小山春夫)が、まだありました。

じつは私も持っていて、家のどこかにあるはずなのですが。
斎藤道三を描いたマンガです。

まんだらけ梅田店に来た際には、「別冊少年ジャンプ」の棚を必ず見ます。
「月刊少年ジャンプ」は、昔は、そういう誌名でした(「月刊少年マガジン」も、昔は、「別冊少年マガジン」でした)。

高校時代に投稿した15ページのギャグマンガ「ボール買い占め」が掲載された号があって、あれば入手しておきたいのです。
一度、ここで見つけて、1冊、購入したことはありました。
今回はありませんでした。
「別冊少年ジャンプ」自体、2冊しか置いていませんでした。

その頃の「少年ジャンプ」は、後のものとは違い、マイナー誌のような印象のある、地味なマンガの掲載されている雑誌でした。

私のマンガが掲載された当時の「別冊少年ジャンプ」の巻頭カラーから始まる人気マンガは、ちばあきおさんの「キャプテン」でした。
面白いマンガですが、地味な印象がありますね。

ちばあきおさんによる、続編の「プレイボール」は「週刊少年ジャンプ」に連載されました。

なんとっ!
その続編の「プレイボール2」が、只今発売中の「グランドジャンプ」で、何十年ぶりかで連載が開始されたことを、コンビニの棚で知り、たまげました。

ちばあきおさんは自殺をされたので(好きなマンガ家だったので残念でならなかったです。追悼された雑誌も購入しました)、別のマンガ家による続編なのですが、手塚治虫さんを勝手にライバル視している主人公の傑作マンガ「チェイサー」のコージィ城倉さんが描いておられます。

「ルパン三世」や「ワイルド7」など、違うマンガ家が新作を描いていくのを見かけますが、まったく違った絵になっていて、私は、それが気にくわないところがあります。

ところが、この「プレイボール2」は、コージィ城倉さんが、ちばあきおさんの絵で描かれているのですね。
面白い趣向ですね。

今日、4月14日の金曜日(昨日、クレジットカードでのキャッシングが復帰しました)、勤務からの帰りに、まずは、このブログで紹介させてもらおうと、「グランドジャンプ」(No.9/4月19日号)を買ってきたばかりなので、まだ読んでいませんが、楽しみです。

f0151647_16075745.jpg


f0151647_16082841.jpg

by hitcity | 2017-04-14 16:10 | Comments(2)
「ステ漫5」制作日誌【3】ステレオカメラ
f0151647_21150208.jpg


f0151647_21161920.jpg


f0151647_21235739.jpg


●4月9日(日曜日)の続き

金歯を売ったあと、今度はステレオカメラ(立体写真撮影機)を売りに行くことにしました。

もう撮ることもないし、売ろうかと思っていたものの、カメラは専門分野ではなくて、売りに行くとなると、専門分野のマンガの本となっていました。

カメラを売りに行くとなると、どこがいいのか?

勤務していた広告会社のセガワ社長が創設メンバーのひとりであったという大阪手作りカメラ倶楽部に、関西ステレオ同好会にも一緒に入っていた でじまるさんと屋我さんと一緒に入っていて、月に一度の土曜日、南船場にある大阪写真会館の中にある会議室で開催される例会にも、毎月参加していました。

例会が終了後、同じビルの中にある何軒かの中古カメラ店を覗くという流れでした。

セガワ社長は、その中古カメラ店の新聞広告の注文をとっていて、私が描いたカメラを題材にした4コマ漫画を入れた広告を作ったりもしていました。
産経新聞が主でした。

中古カメラは、カメラのコレクターの夫が亡くなったあと、その奥さんが売りに出すことが多いということなので、そこに向けての広告を作ることになりました。

夫が臨終にあたり妻へ「最後に、おまえにひとつだけ言い残すことがある。集めていたカメラは、高価買い取りのカメラの○○に売ってくれ」という遺言を残し、セリフの中で色々な例をあげてそのカメラ店を讃えていて、そのセリフが広告になっているという文章の広告案を私は作り、そこの社長に提案をしに行きましたが却下されてしまいました。
自分では気に入っていたのですが。

毎日放送ラジオでの、その中古買い取りカメラ店のコマーシャルもセガワ社長がとってきたので、ラジオなら、その遺言ネタも活きるなと思いましたが、上泉アナウンサーが真面目に買い取り方法を説明するというコマーシャルになりました。

大阪手作りカメラ倶楽部の創設時に参加していたが、花屋の仕事が忙しくて何年も来なかったという人が、花屋で大儲けしたので、大阪写真会館にクラシックカメラ専門の中古カメラ店を開くということになり、セガワ社長の友人でもあるらしく、中古カメラ関係の雑誌に広告を載せるということで、私は、夕食をごちそうになり、その広告を私が作りました。

店主の似顔絵とイラストマップを会社で描いたりもしていました。

大阪手作りカメラ倶楽部の会員のデザイナーのシラカワさんが、その似顔絵を見て、作曲家の中村泰士さん(「北酒場」など)が大阪から何かの選挙に出馬した際、その選挙パンフレット用に似顔絵を描いてほしくて私に電話をかけたがつながらなかったと後で聞きましたが、電話番号が1番違いでメモされていたようでした。

描いてみたかったなぁ~と残念に思いました。
それが切っ掛けで中村泰士さんと知り合いになり、才能を見いだされて今ごろ歌手になっていたかもしれないと、ときどき夢想することがあります。

広告会社が廃業してからは大阪手作りカメラ倶楽部とも縁がなくなり、大阪写真会館に足を運ぶことはなくなりましたが、会館の正面の向かいが、貸本マンガ誌「影」を発行していた日の丸文庫が入っていた安二ビルのあった場所で、そこを見に行った際、何年ぶりかで大阪写真会館に入ってみたら、雑誌用に私が描いた似顔絵が看板になっていたので驚いたりもしました。

看板にするのなら、もっとちゃんと描くのに~。
唇の下の線は中央に描いていましたが、どういうわけだか、横にずれていました。

f0151647_21252916.jpg


安二ビルは、いつだったか近くに来たので見に行きましたが駐車場になっていました。

大阪写真会館も1階が家具屋になっていました。

そこの中古カメラ店に行くほうがいいかなと思ってみたりもしましたが、地下鉄に乗って行くのは面倒だし、日曜日は休業だったような気がしてきました。

それに、セガワ社長自身は、大阪駅にある八百富カメラに、よくカメラを売りに行っていたようだし、自分も、八百富カメラに持って行くことにしました。

大阪写真会館の中古カメラ店が、今も営業を続けているかどうかわからないところもありますが、八百富カメラの買い取りの新聞広告は、よく目にしています。

この日の2日後の4月11日の火曜日の朝日新聞の夕刊の第1面にも広告が載っていました。

f0151647_21270830.jpg


地下街のディアモールに八百富の支店があったので、そこに行くと、別の店になっていました。

JR大阪駅の八百富に行くことにしました。

大阪駅の中央改札口に近い場所にあり、大阪で一番賑わう場所にあるカメラ店とも思います。

制服を着た店員というより社員という感じの男性が6人ほどいて、客も多く、忙しそうです。

カウンターにいた年輩の男性に、ステレオカメラを見せて買い取りを頼みました。

ステレオカメラには慣れていないのか、どうやって、フィルムを入れるところを開けるのかわからない様子、私が開けようとしましたが、10年は使っていなくて開けかたがわからなくなっていました。

その店員のかたが開けてみました。

なんとっ!フィルムが入っていました!

f0151647_21300043.jpg


ダメになったかぁ~と思いましたが、10年以上は前のことで、何を撮ろうとしたのかもわかりません。

そのフィルムを取り出すのにも、店員のかたは手こずっていましたが、未使用のフィルムとのことでした。
これから撮ろうとしていたようです。

このプロビアの36枚撮りのカラーのリバーサルフィルム(スライド写真用フィルム)は、当時、1本750円していて、プラスチックのマウントにはめての現像は1本750円、合計1500円となりますが、ステレオ写真の場合は、左右2枚同時に撮影するので2倍の3000円になります。

御堂筋パレードなどには、まず、10本セット7000円ぐらいで逆輸入したフィルムを使用し、撮影の途中で足らなくなり、結局、あと10本ほど、そのあたりの写真屋で買っていくというような撮りかたを私はしていました。

1ヶ月にフィルム代と現像代に30000円使っていました。
現像は、なんばCITYのカメラのキタムラに頼んでいましたが、近所の馴染みの写真屋でもないのに、現像を頼む際、私の名前は店員に覚えられていました。

プロのモデルを個人的に撮影させる手配をする人物から声をかけられて、1日10000円で、女子大学生やブラジル女性を撮影したりもしていました。

当時は広告会社勤務でしたが、給料のほとんどをステレオ写真関係に使っていました。
マンガには、まったく関心がなくなっていました。
ステレオカメラも、20000円ぐらいで買ったものだと思います。

このステレオカメラで撮影するのは何かと面倒で、2回ぐらいしか撮ったことはありません。

ちゃんと撮れてはいて、店員のかたがシャッターを切っていましたが、問題はないと判断されたようでした。

ほかの店員のかたも、物珍しそうに、このステレオカメラを眺めていきます。

店内に、大阪駅前第3ビルに八百富のクラシックカメラ専門店があるというポスターが貼ってあり、そちらに持っていけばよかったなと思いましたが、10年以上前に、そこに一度行ったような記憶はありますが、すっかり忘れていました。

別の店員のかたがやってきて、ステレオカメラのレンズのフタのロゴを何と読むのか尋ねられました。

リアリストといってステレオカメラの代表的なものですと応えました。

奥のほうで電話をかけて、リアリストとか言い、相手に説明をしています。
大阪駅前第3ビルのクラシックカメラ専門店に問い合わせているのでしょう。

査定額は、8000円ということで、それで買い取ってもらうことにしました。

まぁ、妥当なところかなと納得しました。

金歯の1100円と、この8000円の買い取り価格、明日のキャッシング返済と電気代の不足分の8000円を入手することができました。

妥当もヘッタクレもないことでした。
助かりました。

f0151647_21351000.jpg


f0151647_21385611.jpg


f0151647_21430390.jpg

by hitcity | 2017-04-13 21:45 | Comments(1)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル