> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
ネームノートに絵コンテ
f0151647_21053550.jpg

同人誌にマンガを描くことになったけれども、長編マンガの思いつきしかなくて、連作シリーズの1回というような形になってしまいます。

9月25日に、「球形の死角」(仮題)という連載マンガの1回目として、ネームノートで12ページにまとめてみました。

女性の超能力者が主人公のお話です。

f0151647_21084502.jpg

認知症になった父の気持ちをまぎらわせてあげようと、母が20年近く前に貰ってきた生まれてまもなかった子猫のクロちゃん、私は実家から自転車で10分ほどの場所にあるマンションで独り暮らしをしていたけれど、父が病気になってからは、毎日、家に帰って晩御飯を皆と一緒に食べるようになりました。

当時は梅田の広告会社に勤務、残業のない会社で、勤務終了後は、スポーツクラブでエアロビクスをし、毎日、外食をしていました。

クロちゃんが来てから、2年ほどして父は亡くなったと思います。

私は実家に戻り、クロちゃんと母と一緒に暮らすようになりました。

それから母が亡くなり、クロちゃんとのふたり暮らしが、7年間、続きました。

クロちゃんが9月6日に亡くなり、今日で、ちょうど1ヶ月になります。

クロちゃんのことが思い浮かんできては涙ぐむ毎日が、いまだに続いています。

クロちゃんとの思い出をブログに書いてみようかとスマートフォンで文字入力をしましたが、細かい思い出がいっぱいで、それを書こうとしても、なかなか書ききれないことになりました。
それで、ノートにメモをしてみたりもしました。

今日、その思い出を、いっそ、マンガに描いてみようかと思いつきました。
そうすれば、ペットロスの気持ちが、いくらか安らぐかもしれないと思えてきて。

勤務を終えて、帰宅後、ネームノートに、思いつくまま絵コンテをはじめてみました。

6ページほど描いてみましたが、母が猫をもらってきたあたりから、ちっとも先に進まない。

この「クロちゃんのこと」(課題)にしても、長編のうちの分割した第1回目になってしまいますが、いずれかを同人誌に描くつもりでいます。




# by hitcity | 2017-10-06 20:23 | Comments(0)
「ビーバップ・ハイヒール!」に、さいとう・たかをさん。
f0151647_19393295.jpg

いま、テレビの画面の番組表でタイマー録画の予約をしていたら、いきすぎて、明日の深夜の番組表まで見ることになりました。

明日、10月5日の木曜日の午後11時17分からのABCテレビ(朝日放送)の「ビーバップ・ハイヒール!」のゲストが、さいとう・たかをさんの回です。

この番組のレギュラー出演者の筒井康隆さんのブログで収録された日のことが書かれていたので、いつ放送なのかなと楽しみにしていました。

連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13 用件を聞こうか…」の開催に合わせてゲスト出演をされるのですね。

大阪文化館・天保山(以前のサントリー・ミュージアム)で、10月6日から11月27日まで開催されます。

この何週間かに、ジュンク堂書店のアベノ店と堂島店とナンバ店に行きましたが、どこのレジにも、1500円が1400円になる割引引換券(しおり)が置かれていましたので、まずは、お知らせまで。

f0151647_19405749.jpg

土曜と月曜の勤務の休みが月曜と火曜の休みになり、一昨日は休日出勤になりましたが、昨日の火曜日は休みで、朝から映画(僕のワンダフル・ライフ)を観たあと、ジュンク堂書店のナンバ店に行きました。

8月はじめの発売日以来、何軒もの本屋で探してみたものの見つからなかったフリースタイルの「ライク ア ローリング ストーン」(宮谷一彦)が、たくさん並んでいたので、やっと購入しました。
この店には来なかったのかな?

なんとなく、B5サイズと思い込んでいて、棚で気がつかなかったような気がします。
連載されていた雑誌「COM」で気に入っていて、何度も繰り返して読んでいたので、同じB5サイズという思い込み(あるいは希望)があったのでしょうか。

雑誌掲載時に熱中していた頃は、私は中学生で、真面目に読み込んでいましたが、いま手にしてみたら、あまりの文字の多さ(というか細かさ)に、なかなか読み進めないでいます。

講談社文芸文庫の新刊の「文芸的な、余りに文芸的な/饒舌録ほか(芥川VS谷崎論争)」(芥川龍之介・谷崎潤一郎/千葉俊二 編)のうちの「文芸的な、余りに文芸的な」(芥川龍之介)は、10代の頃に文庫本で読んでいた記憶があります。

中学の頃、兄の「芥川龍之介全集」の全巻揃いのアチコチを読んでみたりし、中学2年の時、芥川龍之介さんの短編小説「蜜柑」が課題となり、その感想文を国語の時間に提出、森本くんと私の感想文が選ばれ謄写版印刷されクラスに配布されるという自慢話もあり、そんなこんなで興味を持ち読んでみたのだと思います。

何年か前に、谷崎潤一郎さんの小説を文庫本で読み気に入り、ほかの本を何も挟まず、谷崎潤一郎さんの文庫本ばかり、25冊ほど読み続けるほど虜になり、すっかり谷崎潤一郎ファンとなった私は、「芥川VS谷崎論争」のことは気になってはいました。

月刊誌「改造」での、谷崎さんと芥川さんのやりとりが、そのまま収録されていて、ありがたい、いい企画ですね。

半分ほど読んでみましたが、私は、すっかり、谷崎派となっていますね。
芥川龍之介さんの文章は難しくて、というか、例に出されている多くの文学作品、2、3しか読んでいなくて、なんのこっちゃわからないことばかりでした。
10代の頃の私は、知ったかぶりして読んでいたのでしょうか。

新潮選書の「笑福亭鶴瓶論」(戸部田誠)は、以前、本屋で手にして興味は持ったものの買わずにいましたが、日曜日の午後4時からのニッポン放送(スマートフォンで、ラジコ・プレミアムで聴いています)の「笑福亭鶴瓶の日曜日のそれ」で、鶴瓶さんが話題にしていて(本人とは関係なく出版され本人は未読だが人から感想をよく聴かされるとか)、読んでみたくなりました。
はじめのほう、少し読んでみましたが、面白そうな気がします。

# by hitcity | 2017-10-04 18:44 | Comments(0)
「植木等とのぼせもん」と「大冒険」
f0151647_15195171.jpg

●9月29日・金曜日

今夜0時55分からNHKテレビで、ドラマ「植木等とのぼせもん」の第4回の再放送があります。
先週の土曜日の午後8時15分から放送された分です。

ドラマに映る映画の台本の表紙では「大暴走」というタイトルになっていましたが、実際は「大冒険」という映画で、私は子供の頃に観に行っていますが、好きな映画です。

小林信彦さんの「植木等と藤山寛美:喜劇人とその時代」の冒頭は、それまで大ヒット続きだった植木等主演映画の動員数が、この映画では伸びないと関係者が不安に思うというような描写だった記憶があります。うろ覚えですが。

この「大冒険」は、ミニチュア特撮を円谷英二さんが担当されていて、併映は同じ東宝の怪獣映画だったような気がします。

当時の日本映画は2本立てで公開されていて、怪獣映画と若大将(加山雄三)とか、クレージーキャッツ映画、森繁久彌の社長シリーズや駅前シリーズなど、様々な組み合わせがあったように思います。

平日の午後1時からの「BSプレミアムシネマ」、9月になってからは、月曜日は、「ニッポン無責任時代」「ニッポン無責任野郎」「日本一のホラ吹き野郎」「花のお江戸の無責任」と放送されていて、子供の頃の公開時に「ホラ吹き野郎」「花のお江戸」を観ていていました。

子供の頃に怪獣映画の併映で、クレージーキャッツや若大将の映画を観ていた人間が20歳になった頃にリバイバルブームがあって、オールナイトの5本立て上映をされて、それを観に行ったりし、クレージーキャッツや若大将映画は、ほとんどを観ることになりました。

「ニッポン無責任時代」は、単独で、名作映画としても上映され、それで観に行っていたと思います。

加山雄三さんのリサイタルショーは小学生時代に梅田コマ劇場で観ていますが、植木等さんは、ずっと後年になって、大阪厚生年金会館で観ました。

植木等さんと同じ時期に、心斎橋クラブクアトロでの谷啓さんの公演にも行きました。
いずれでもCDを購入すれば、直筆サイン入りのミニ色紙が特典として付いて、植木等さんと谷啓さんのものを入手、クレージーキャッツ全員のを揃える可能性があり、それを夢想してみたりもしました。

今夜、再放送される「植木等とのぼせもん」、植木等さんの付き人だった小松政夫さん(の役)が主人公で、「大冒険」の撮影当時が描かれているわけですが、その「大冒険」が、来週の火曜日、10月3日の火曜日の午後1時からの「BSプレミアムシネマ」で放送されるようで、親切な企画で嬉しいです。

「植木等とのぼせもん」に古澤憲吾監督も登場していますが、クレージーキャッツ映画や若大将シリーズは複数の監督によって製作されていますが、私が気に入っている作品は、リストを見てみたら、決まって古澤憲吾監督作品になっていたような記憶があり、ドラマの中の古澤監督を観るのも、このドラマの楽しみになっています。

その古澤憲吾監督作品の「日本一のホラ吹き男」のポスターを持っていました。
何十年も前、デザイン会社勤務時代、同僚と、映画ポスター専門店「シネマ自由区(フリーク)」というところへ、よく行っていました。
その当時、購入していたものです。

はじめから破れがあって、それで安くなっていたようなボンヤリとした記憶があるような、ないような。
私の場合、本の表紙やポスターなど、よく破ってしまうので、自分がやったのかもしれませんが、右上の破れが残念な気がしますね。
いっそ、植木等さんの顔写真だけを切り抜いて、フスマに貼り付けてみようかなと思ってみたりもしました。

沢野ひとしさんと並んで、植木等さんは「世界3大ひとし」のうちの独り。
モデルにされたテレビドラマと、主演をされていた映画を、毎週、鑑賞できるとは、嬉しいかぎりです。



# by hitcity | 2017-09-29 14:19 | Comments(0)
今月の「夜は千の眼を持つ」
f0151647_15294306.jpg

「月刊コミックビーム」(10月号)の「夜は千の眼を持つ」(上野顕太郎)に「海辺の叙景」(つげ義春)が出ていました。

f0151647_15412429.jpg

# by hitcity | 2017-09-27 15:39 | Comments(0)
スマートフォンでラジオ(高橋源一郎+岡林信康)
f0151647_17025782.jpg

スマートフォンでラジオを聴いています。

radikoプレミアムは、日本全国の民法のラジオ局の放送を聴くことができて、1週間以内なら、その当日の放送後に聴きなおすことができます。

NHKラジオは「らじる★らじる」というアプリで聴くことができます。

月曜日の休日の午前8時5分からは、宮沢章夫さん担当の「すっぴん!」を聴いています。

金曜日の高橋源一郎さんが担当の「すっぴん!」は、勤務時間中で聴くことができません。

先週の金曜日のゲストが岡林信康さんということで、「らじる★らじる」の「聴き逃し」で聴いてみました。

長時間の番組を分割していて、聴きたいゲストのところだけを聴くことができて、ありがたいです。

それで、高橋源一郎さんと岡林信康さんのやりとりを聴きましたが、面白かったです。

岡林信康さんのコンサートには、4度、行ったことがあり、LPレコードはほとんど持っていて、CDでもかなり再購入していて、けっこう好きなかたですが、高橋源一郎さんが質問されるまで、岡林信康さんが「日本の悪霊」という映画に出演されていることは知りませんでした。

その映画に出演した理由を高橋さんは尋ね、岡林さんは、新宿ゴールデン街で黒木和雄監督と呑んでいて、酔っていて了承、あとで断りに行ったが出なければならなくなったとかいうことでした。

岡林信康さんが出演している映画は、ドキュメンタリー映画で、中津川フォークジャンボリーの「だからここに来た」と、五つの赤い風船の解散コンサートの「ゲームは終わり」を観たことはありました。

「美代子阿佐ヶ谷気分」の映画には、原作のマンガから、安部慎一さんの絵で歌う姿が登場していたと思います。

科学者の役で主演をされている「きつね」というタイトルだったと思うのですが、公開されたことがありましたが、私は、知っていながら、なぜか観には行っていませんね。
観ると、その演技に気恥ずかしさを感じるかもと懸念したのかもしれません。

9月15日の金曜日の午後6時に配信終了とのことなので、興味がおありのかたは、お急ぎください。

スマートフォンの充電の具合が悪くなり、昨日から新しいスマートフォンになりました。

前のスマートフォンは下取りで6000ポイントになるそうですが、カメラとしては使用できるようで、動画撮影も可能なデジカメを6000円で購入することもできないし、予備として持っておくことにしました。

2台あれば、立体写真撮影用のステレオカメラになるかも?

前のスマートフォンでインターネット接続はできないので、新しいスマートフォンで「らじる★らじる」の「聴き逃し」の「すっぴん!」の岡林信康さんの画面を出し、それを古いスマートフォンで撮影、その写真を表示した古いスマートフォンを新しいスマートフォンで撮影してみました。

新しいスマートフォンでの、このブログへの初投稿です。


# by hitcity | 2017-09-13 17:03 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル