> カテゴリ
> 以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
淀川さんぽさんの訃報を知..
by 田中平吉 at 19:18
あの事件、ちらっと、大見..
by 入江 at 14:59
EYEMASK54号と展..
by 野谷 at 19:49
こんにちはペコです♡ ..
by ペコ at 17:59
EYEMASK54号分の..
by 野谷 at 09:47
すずきおうじといいますw..
by hitcity at 17:33
あかーん゜゜(´O`)°..
by ペコ at 09:31
努力は報われる~wwww..
by ペコ at 00:11
感動は届く~wwwwwwww
by ペコ at 12:32
「EYEMASK」のご紹..
by 野谷 at 04:30
> メモ帳
大発見、3100円。
5月15日の月曜日に映画「雪之丞変化」を観に行き、5月20日の土曜日にクロッキー会に行って以降、月曜日と土曜日の休日は家にこもっています。

5月の末日の給料日に計算をしてみたら、各種支払いと借金返済をすると、半月間、1日300円で過ごさなくてはならなくなりました。

それで、休日には、売りに行く本などを探す整理作業をしています。

中学時代に大阪の百貨店の漫画展のワゴンセールで、赤塚不二夫さんの「ひみつのアッコちゃん」の表紙(2分の1ページ)と「おそ松くん」の横長4分の1ページの生原稿を購入したことがあり、「ひみつのアッコちゃん」は何年か前に売ってしまいましたが、いよいよ「おそ松くん」をと思ったものの、どこに仕舞いこんだのか見当たりません。

チビ太とダヨーンのおじさんとデカパンが登場していて写植も貼られています。

大事にしていたものこそ、なかなか出てきません。

自分が描いたマンガの原稿も、ほとんど出てきません。
「高木ひとし記念館」を作るのは無理です。

そんなわけで休みの日は売りに行く本などを探しているわけですが、この前の土曜日は休日出勤になりました。

本を探す時間はとれなくなりましたが、日給分になる本となると、そうそうは出てこないので、まぁいいかと思ってみたりもしました。

札入れが出てきたので中を見てみたら、母親の写真と1000円札が3枚と100円札が1枚出てきました。

ありがとうございます。
助かりました。

f0151647_18194906.jpg




# by hitcity | 2017-06-06 18:20 | Comments(0)
明日放送のテレビ番組に「cafe・gallery タロイモ」
f0151647_16492531.jpg


明日、5月31日の水曜日の深夜0時25分から1時20分まで関西テレビで放送される「関ジャニ∞ジャニ勉」という番組に、「cafe・gallery タロイモ」が登場するとのことです。

「cafe・gallery タロイモ」で開催されている「ネーム添削道場」に昨年の9月11日、「マンガ描きさん交流会」に昨年の10月23日に参加したことがありました。

描いているマンガの1コマの人物の絵に難航していて、参考のためにそのポーズをとってもらえるかたに出会えないかなと行ってみました。

「ネーム添削道場」の際に、そこで初対面だった女性のかたにポーズをとってもらい写真撮影をさせてもらいました。

参考になりましたが、マンガの中ではデフォルメをしなくてはうまく収まらなくて、結局、自分で想像して描いたポーズになってしまいました。

その店が、明日のその番組に登場するらしいです。

関ジャニ∞の丸山隆平さんと錦戸亮さんが、松屋町(まっちゃまち)を歩くコーナーのようです。

松屋町は、手塚治虫さんが若い頃、赤本マンガを出版していた会社が多くあった場所ですね。

関西テレビの製作ですが、現在は全国20局で放送されているようです。
各地で放送日は違うかもしれませんが、まずは、お知らせまで。

●関ジャニ∞ジャニ勉
https://www.ktv.jp/janiben/

写真は、近所の住吉公園で撮ったものです。
このごろは、公園の中を鷺が飛んでいるのをよく見かけます。
放し飼いにしているのかな。

月の契約の容量の加減から、スマートフォンでのこのブログへの書き込みの際、月末になると1枚の写真を送るのに2分はかかってしまいます。

いろいろと画像を添えて書き込みたいこともあるのですが、明後日、6月になって以降にさせてもらおうと思います。
そうなると一瞬で送ることができるようになりますので。
# by hitcity | 2017-05-30 16:50 | Comments(0)
第31回・帝塚山音楽祭
f0151647_16274025.jpg


●5月28日の日曜日

前日の27日の土曜日と「帝塚山音楽祭」が開催されている。

両日とも真夏のような天候。
前日の土曜日の休日に行こうかと思っていたが、暑そうなので、家で少しだけマンガの下描きをしたり、ラジオを聴いたりしてすごしていた。

午前3時から正午までの勤務を終え、自転車で家の近くまできたが、更にこぎ続け、地下鉄・玉出駅の交差点まで。

先月、たまたま28日に、ここにあるケンタッキー・フライドチキンに買いに来たら、28日は特別な日とのことで、かなり安くなっていたので、今月は28日に勤務からの帰りに寄ることにしていた。

ここからなら、坂をあがっていけば、帝塚山も近い。

帝塚山は高級住宅地で、玉出なのに、マンション名に「帝塚山」と付けているところもある。

f0151647_16415907.jpg


f0151647_16454471.jpg



帝塚山音楽祭は、万代池公園だけではなく、周辺各地で開催されています。

f0151647_17043669.jpg


f0151647_17081944.jpg


f0151647_17104714.jpg


f0151647_17143950.jpg


万代池公園のエントランスステージとサザンテラスステージと、自転車に乗って、遠目に眺め、メインステージへ。

バレエ教室の生徒たち、バレリーナ姿の小学生の女の子たちがステージの下に並び、中学生あたりのバレリーナがステージ上で踊っている。

スマートフォンの充電が切れて写真撮影はできなかった。

路面電車(阪堺電車)の走る通りに出ると、メインステージの出演が終わって帝塚山フラメンコスタジオに戻る女性たちが歩いていた。

爺さん婆さんのカメラマンたちが、30人ほどいるだろうか、歩いてくる着飾ったフラメンコドレスの女性たちの写真を撮りまくっている。

いまのは、ちょっと地味やったな、もっと派手なほうがええなと言っている爺さんがいた。

帝塚山音楽祭の万代池公園でのステージ終了後、そのドレスのまま町中を歩く姿を写真撮影したのは、私が最初ではないかと思う。

私しか撮っている人間はいなかった。
翌年には3人ほどになっていたと記憶している。
10人ぐらいになった時にも、その撮影風景を見たことがあった。
今年で31回目だが、これだけの多くのカメラマンが被写体にするようになったのか。

町中を路面電車を背景にしてフラメンコダンサーたちが歩く光景に奇妙な面白さを感じたものだったが、こんなに大勢の爺さん婆さんが面白いと思って写真撮影をしているとなると、それは、はたして面白いものなのか?と思ってしまった。

帝塚山から自宅までは、水木しげるさんと筒井康隆さん生誕の地の東粉浜(ひがしこはま)あたりを自転車で通り、笑福亭鶴瓶さん所有の寄席小屋「無学」があるが、帝塚山フラメンコスタジオも、そのあたりにあるらしい。

以前、墓参りに向かう際、自転車で「無学」の前を通った際、改築工事をされているようだったが、そののち、radikoプレミアムで、ニッポン放送のラジオ番組「笑福亭鶴瓶の日曜日のそれ」を聴いていたら、白アリの被害があり改築工事をしているとのことだった。
改築工事は終了したようで、もとの「無学」の姿に戻っていた。

帰宅すると、午後1時40分になっていた。

午後4時からの「笑福亭鶴瓶の日曜日のそれ」を聴くが、ゲストは泉谷しげるさんだった。

泉谷しげるさんが奥尻島の地震のチャリティーで、茶屋町のロフト前で路上ライブをされていた際、箱にお金を入れると、ひとりずつの頬にキスをしていき、私もキスをされたことがあった。

北浜の三越百貨店の中にあった三越劇場で、毎月だったか隔月だったか、西岡たかしさん主催の「ニコニココンサート」というのがあり、シークレットゲストに岡林信康さんが来られた際、泉谷しげるさんも金森幸介さんたちと一緒にステージに立っていたのを観たことがあった。

複数の出演者による野外コンサートが、毎年、夏に、大阪・南港で開催されていたころ、毎年のように行っていましたが、泉谷しげるさんが出演していたこともありました。

いずみやしげるさんの応募作のマンガ「トツゼン児」が、雑誌「COM」で、つのだじろうさんの選評で、テーマが百点満点の評価だったことは有名なことだと思いますが、いずみやしげるさんの同時期に描かれたのであろう短編マンガが掲載されている、東考社から発行された「暗黒の帝王たち」も持っています。

翌日の今日の休みの5月29日の月曜日。

朝8時5分からスマートフォンのNHKラジオのアプリで、宮沢章夫さんのラジオ番組「すっぴん」を聴いていますが、今日は脚本家の佐々木守さんについて語られていました。

「月刊漫画ガロ」に小説を連載されたり、水島新司さんのマンガ「男どアホウ!甲子園」の原作を担当されたりもしていましたね。

今日は、佐々木守さん脚本のテレビドラマ「お荷物小荷物」について熱弁をふるっておられましたが、私も大好きな番組でした。

昔のテレビ番組の録画は残されていませんが、最終回のみ残っていて、東京では、上映されている会場があるとのこと。
観たいなぁ~!

●最終回で憲法第9条廃止!
今こそ見たい伝説的ドラマ『お荷物小荷物』とは何か

https://news.yahoo.co.jp/byline/tvnosukima/20170526-00071356/

radikoプレミアムでは、1週間以内なら、全国各地のラジオ番組を聴きなおすことができますが、NHKラジオのアプリでも可能になったそうです。
# by hitcity | 2017-05-29 18:13 | Comments(0)
ヌードクロッキー会への道
f0151647_04402690.jpg


●5月20日の土曜日の休日

生野区民センターで午後1時開場、午後2時開始のヌードクロッキー会に行くことにする。

正午すぎに家を出る。

昨年の夏に初めて生野区民センターでのクロッキー会に行ったのが、何年ぶりかで行ったクロッキー会でした。

家の近くの駅から路面電車(阪堺電車)で20分ほどで天王寺へ。210円。
天王寺からJR環状線で5分ほどで桃谷駅。120円。
そこから15分ほど歩いて生野区民センターへというコースで昨年は行きましたが、帰りは区民センターの前から市バスに乗りました。210円。

今回は行き帰りともバスに乗ろう、土・日・祝の市バス・地下鉄1日乗車券(600円)を使うことにしました。

市バスと地下鉄を利用すると遠回りになりますが、ナンバで食事をとっても、2時間もあれば、開始前に到着するだろうと、正午すぎに家を出ました。

家のそばのバス停からバスに乗り、地下鉄・長居駅まで。
長居公園でイベントをやっているようでした。

地下鉄・御堂筋線でナンバへ。

やよい軒で鶏のからあげ定食。650円。
セルフで御飯のおかわりをしましたが、私は早食いなので、滞在時間は15分ぐらいだったのでは。

地下鉄・千日前線でナンバから北巽駅へ。

北巽駅のバスターミナルに行きましたが、生野区民センターを通るバスがない。

地下鉄の出口のある交差点の付近には、バス停が見当たらず、歩いて向かうしかないかと、自転車に乗った小学生の男の子に生野区役所の方角を尋ねるが知らないとのこと。
小学生ではわからないか。

おばあさんに尋ねると、ここらに区役所はないとの返事だったが、区民センターを尋ねると、方角を教えてくれた。
区役所と区民センターは道路を隔てて向かいあっているのだが。

時間は、午後1時55分になっていた。

タクシーに乗って行こうかと思うが、タクシーが通らない。

7月の気候ということで暑く、ペットボトルのカルピスウォーターを買いにコンビニに入り、レジで外を見てみたらタクシーが通った。
あのまま歩いていたら、あれに乗れたのに。

もう間に合わないし、帰ろうかと思った。
従来の私だったら帰っているところなのだが、このブログに行くと書いていたので、それを見てこのクロッキー会に参加しに来たという人がいるかもしれないし、行かないわけにはいかないと思えてきた。

f0151647_04441376.jpg


f0151647_04580834.jpg


f0151647_05035731.jpg


f0151647_05005715.jpg


f0151647_06211952.jpg


生野区民センターに到着したら、午後2時29分になっていた。

ヌードクロッキーをしている部屋に入る際、ドアをノックすると、クロッキーを中断することになるし、裸の女性がいる部屋のドアをいきなり開けるのはどうかなと、そんなことも気になっていたが、ドアは完全には閉まっていなくて、指を触れたら、すんなり開き、入りやすくて助かりました。

クロッキーをしているのは、5人の男性でした。

7分ポーズ×3、5分ポーズ×4が終了するところのようで、5分間の休憩になりました。

参加費の800円を支払いました。

4分ポーズ×5
3分ポーズ×7
10分ポーズ×2

終了後、合評会を希望するかたはおられませんかとの呼び掛けがありましたが、今日は希望されるかたはいなかったようです。

助かりました。
合評会があっても、見せれるようなものは1枚もないなと思っていました。
描きかけて、途中でやめてばかりでいました。

近鉄百貨店あべの店での広田稔さんのクロッキー実演を見て、あんな描きかたができればと、それっぽい鉛筆も1本450円で買ってきたのですが、さんざんな出来です。

広田稔さんはバレリーナを描いた油絵などにクロッキーは直結しているのでしょうが、私はマンガで人物をうまく描くことができないので、クロッキーをすれば、なにかコツをつかめるのではないかと思ってみたわけなのですが、別物のような気がしてきました。
まぁ、やって、まずいということはないでしょうが。
f0151647_05084586.jpg


f0151647_05102872.jpg


次回は6月25日の日曜日の午後2時からで、前回の布施駅前のイオンの会議室でのようです。

日曜日は勤務が早く終了することがあり(21日の今日は正午までのところが午前10時に終了しました)、そうなれば行ってみたいと思います。
このブログでは事前の参加表明をしないことにします。

土曜日の休日は部屋にこもってマンガを描き、日曜日は勤務のあとクロッキー会に参加というのが望ましいようにも思えてきました。
翌日の月曜日は休日ですし。

生野区民センター前のバス停からは、地下鉄・北巽駅行きや、あべの橋行きや、ナンバ行きがあり、ナンバ行きがやってきたので、それに乗りました。

途中、地下鉄・谷町九丁目駅も通るので、そこから地下鉄と市バス経由という手もありますが、終点のナンバまで乗りました。

南海電車のナンバ駅の近くに到着しました。

地下鉄・市バスの1日乗車券を使って、ここから地下鉄で、住之江公園駅までか、長居駅まで乗り、市バスに乗り換え自宅近くのバス停までという経路では、家までは40分以上かかるでしょう。

南海電車なら、家までは20分ほどなので、それで帰ることにしました。

1日乗車券を使用しなければ、すんなり、生野区民センターにも到着することができていたのです。

「♪わずかばかりの、おかねに、ふりまわされる」という「都会の村人(ボーカルは金森幸介さん)の「明日になれば」をくちずさみながら帰途につきました。

●明日になれば 都会の村人
視聴回数89回
https://m.youtube.com/watch?v=0T4HtCb6eT4


# by hitcity | 2017-05-22 05:11 | Comments(0)
ヌードクロッキー会と帝塚山音楽祭のお知らせ
明後日の5月20日の土曜日、景帷(けい)さんが主催とモデルをされるクロッキー会が、生野区民センターで開催されるようです。

昨年の7月30日の土曜日の休日に、そこでのクロッキー会に初めて行きました。
インターネットで検索していて知りました。

●ヌードクロッキー会
http://hitcity.exblog.jp/25527090/

景帷さんのツイッターを見ていると、写真撮影可能なヌードクロッキー会になったそうで、興味がありましたが、日曜日に開催されるようになり、勤務があるので、行くことができなくなりました。

今年の1月22日の日曜日、勤務が早く終了したので行ってみることにしました。

生野区民センターが工事中とかで、布施駅前に会場が変更となっていました。

工事が終了したので、元の場所になったようです。

●写真撮影可能なヌードクロッキー会
http://hitcity.exblog.jp/27486422/

そののち、近鉄百貨店あべの店で、2月4日の土曜日に、広田稔さんのクロッキーの実演を拝見しました。

●広田稔さんのクロッキー実演
http://hitcity.exblog.jp/27527901/

その実演を拝見して、ああいうふうな描きかたをしたいなぁ~と思い、クロッキー会に行きたくなりましたが、機会がありませんでした。

今度は休日の土曜日なので行くことができます。

今さら、クロッキーをちょっとやってみても、どうにもなりませんが、まぁ、気やすめにはなるでしょう。

■5月20日(土曜日)
午後1時開場、午後2時開始、午後4時10分頃まで。
生野区民センター。
参加費800円。
写真撮影可能とのことです。

f0151647_15580254.jpg


近所で、今年の「帝塚山音楽祭」のポスターを見かけました。
もう、そんな時期になったのですね~。

■5月27日(土曜日)・28日(日曜日)
帝塚山の万代池公園を中心に開催。

天王寺から路面電車(阪堺電車)に乗って、10分かからないで到着します。
「帝塚山三丁目駅」下車すぐです(天王寺から乗って、ひとつ手前の駅が、加川良さんの「アウト・オブ・マインド」のアルバムジャケットのイラストの「姫松駅」です)。

ナンバから南海電車の高野線で「帝塚山駅」で下車しても、すぐです。

昨年のメインステージでの上田正樹さんの写真です。

f0151647_16251053.jpg


何年か前の美勇士さんのメインステージでの写真です。
近所に住んでいた桑名正博さんは、毎年、この音楽祭にやってきて、息子の美勇士さんも、中学生の頃から、ウロウロしていました。
その素人の中学生を、「この子が桑名正博とアン・ルイスの子供か」と、頼んで、写真を撮らせてもらったことがありました。
おどけたポーズをとっていました。

f0151647_17122608.jpg


今年は、27日の土曜日に、近藤房之助さんがメインステージに出演されるようで、「踊るポンポコリン」しか知りませんが、行ってみようかなと思っています。

その前に、エントランスステージで、帝塚山スタジオの皆さんのフラメンコダンスがあるようで、それも観に行きたいですね。
クロッキーをするのは、難しいかな。

f0151647_16355114.jpg


万代池公園に面して、霊感占いの田中佐和さんの邸宅があります。

f0151647_16392529.jpg


f0151647_16403571.jpg


何年か前のエントランスステージです。

f0151647_16431450.jpg


f0151647_19223477.jpg



サザンテラスステージというのもあります。

f0151647_16452280.jpg


その周辺で練習をされるのを見るのも楽しいです。

f0151647_16480244.jpg


映画「PARKS パークス」の大阪版を作るならば、この万代池公園の帝塚山音楽祭を舞台にするのがいいかもしれませんね。

5月28日の日曜日のメインステージの「ふちがみとみなと」「赤犬」、サザンテラスステージの「藤圭子伝説」というのにも興味があります。

●今年の帝塚山音楽祭
http://www.tezukayama.com/hoge/ongakusai/event.html
# by hitcity | 2017-05-18 16:58 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル