> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★kazepapaさん ..
by hitcity at 18:34
ジャンプが持ち込みの掲載..
by kazepapa at 07:18
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
> メモ帳
うらたじゅんさんの追悼展と土曜日のお別れ会
f0151647_17444731.jpg

京都の「トランス・ポップギャラリー」で、8月7日(水曜日)から8月11日(日曜日)まで、「うらたじゅん追悼展/なつあきふゆはる」が開催されることを、絵葉書で知らせてくださいました。

7月27日(土曜日)に届きました。

f0151647_17454817.jpg

同時開催として、多目的カフェ「かぜのね」というところで、8月10日(土曜日)の午後4時から9時まで、お別れ会「夏のてっぺんで/うらたじゅんにまた会う」というのが開催されるとのことです。

葉書に御名前と電話番号を書かれている発起人のかたに電話をかけさせてもらったところ、午後4時開始で何かのイベントをされるというものではなく、午後4時から9時までの間、場所と飲食を提供され、そこで出会った人たちで、うらたじゅんさんの思い出を語り合ったりできればということでした。

会費は、3000円で、飲食物込みで、飲食物の持ち込みも可とのことです。

場所は、「トランス・ポップギャラリー」のすぐ近くだそうです。

混んでいる場合は入場できないこともあるかもしれませんが、空いている時に来れば入場できるので、予約をしないといけないということもないそうです。

私は有給休暇をとり、8月10日(土曜日)は、京都に向かいます。

お別れ会の開始時間の午後4時から「かぜのね」に伺うつもりにしていて、近くだということなので、その前に「トランスポップ・ギャラリー」に、午後3時すぎあたりに伺うつもりにしています。

f0151647_17463123.jpg

奥付けの発行日は、2019年7月6日になっている、北冬書房の「幻燈」(15号)を購入しました。
税別2000円です。

「追悼 うらたじゅんさん」の特集をされています。

川勝徳重さんによる追悼文「うらたじゅんさん、思い出すこと。」に、私の名前が出ていました。

f0151647_17470894.jpg

まどの一哉さんによる追悼文「京阪電車とうらたさんの思い出」の中にも、私の名前が出ていました。

f0151647_17474209.jpg

北冬書房の「幻燈」が、大阪市立中央図書館で、ズラリと並んでいる棚があって、壮観でしたが、現在は、書庫に入っていて、「書庫資料」の取り出しの請求をしなくてはならなくなりました。

図書館のパソコンで請求の用紙をプリントして係員に手渡すと、15分後あたりに、取り出してきてくださいます。

大阪市立中央図書館の「蔵書検索」を「北冬書房」でしてみたら、「幻燈」は、2/3/6/7/9/10/11/13/14号が、存在しているようです。

現在は「書庫資料」として書庫に入っているようですが、北冬書房の「丘の上でヴィンセント・ヴァン・ゴッホは」(つげ忠男初期作品集)が、かつて、棚にあった頃、手にとってみたら、直筆サイン入りだったので驚いたものでした。


# by hitcity | 2019-08-07 18:43 | Comments(0)
「RADIO SWITCH」の松本隆さんのロングインタビュー
東京のFM放送局の「JーWAVE」の「RADIO SWITCH」の松本隆さんのロングインタビューの前編と後編をradikoプレミアムのエリアフリーとタイムフリーで聴きました。

後編は、明日の朝5時まで聴くことができるようです。

ツイッターやホームページからの引用です。
面白かったので、お勧めしたいと思います。

【松本隆さんのロングインタビュー後編、聞き逃された方、もう1度聞きたいあなたは是非 #radiko のタイムフリーでお楽しみください。

7月28日(日)朝5時まで聞くことができます。】

【松本隆ロングインタビュー(後編)

カルチャーマガジン、『SWITCH』、
旅の雑誌、『Coyote』、
そして、新しい文芸誌、『MONKEY』。
3つの雑誌と緩やかに連動していく番組『RADIO SWITCH』。

7/20(土)の放送は前週に引き続き、
作詞家、松本隆のロングインタビューをお届けします。

「いつも本を読んでいるんだから、詞を書けるだろう」
細野晴臣にかけられた言葉をきっかけに
バンドで詞を書くようになったという松本隆。

東京を「風街」と表現した、あの頃。

神戸、京都での暮らし。

シューベルトの話。

これからの生き方。

作詞家、松本隆ロングインタビュー後編。

雑誌を聴く、ラジオを読む。

わたしたちの、新しい時間へ、ようこそ。

23:02 WINTERREISE / HAEFLIGER(ERNST)/EWALD DAHLER(JORG)

23:10 セレナーデ / 鈴木准、巨瀬励起

23:20 SIMPLE SONG / 南佳孝

23:35 恋に落ちる / クミコ WITH 風街レビュー

23:43 WOMAN~Wの悲劇より / 薬師丸ひろ子

23:54 風をあつめて / はっぴいえんど】




ユーミンが、松本隆が乙女と言っていることに対して、自分がオヤジだからだろう。

神戸と京都はお互いにリスペクトしあっているが、どちらも大阪が嫌い、どうしてなんだろう。

というところを、面白く聴きました。

私がナマの松本隆さんを観たのは、代々木競技場での複数の出演者たちの中で、その日、1日限りのオリジナルメンバー4人の「はっぴいえんど」の再結成をされるのを観に行った際、ドラムを担当されていた時です。

それから、「クミコ」という歌手については何も知りませんでしたが、心斎橋クラブクアトロで、ゲストに松本隆さんが出演されるというので、それを目当てに行きました。

松本隆さんは詩を朗読されました。

# by hitcity | 2019-07-27 18:40 | Comments(0)
「週刊文春」の「新・家の履歴書」
f0151647_21142208.jpg

●7月21日・日曜日

参議院選の投票に行く。

選挙権を得てから一度も棄権することなく投票をしに行っている。
今回もクリアした。

宮迫博之さんと田村亮さんの会見の中継の放送の画面を、テレビのあちこちのチャンネルで観まくったあとに投票所に向かい、投票用紙に「宮迫」と書きかけた。

f0151647_21290764.jpg

投票所は、私が通っていた小学校の講堂。

この小学校の私の後輩には、吉本新喜劇の小籔千豊さん、先輩には、小説家の武田麟太郎さんがいます。

f0151647_21355538.jpg

ただいま発売中(次の号は木曜日に発売)の「週刊文春」(7月25日号)には、私が卒業した中学校の名前が載っていました。

その学校は廃校になり、現在は存在していません。

「週刊文春」の連載の「新・家の履歴書」、今回は、2人組のマンガ家の「ゆでたまご」のうちの嶋田隆司さんで、「ゆでたまご」のおふたりとも、私の卒業した中学校の後輩になります。
それで、学校名が登場していた次第です。

「ゆでたまご」のおふたりが、私の中学校の後輩だということは、嶋田さんによる自叙伝の「生たまご」を読んで知りました。

この自叙伝を読む気持ちになったのは、古くからの付き合いのあるマンガ家の川崎ゆきおさんから、「ゆでたまご」の嶋田さんが従兄弟だということを聴いたことがあり、川崎さんが出ているかな?と読んでみた次第でした。
川崎さんは登場していませんでした。

「週刊少年ジャンプ」に「筋肉マン」の連載が始まった頃、川崎ゆきおさんが、「ゆでたまご」の独りが従兄弟で、アシスタントを探しているというので、私と岡本さんの連絡先を伝えておいたと聴かされたことがありました。

マンガ同人会を通じて川崎さんと交流を持つようになりましたが、岡本さんも、そのようにして交流のあった人でした。

岡本さんは、1年間、東京で、横山まさみちさんのアシスタント生活をおくられていたかたでした。

私は投稿した15ページのマンガが「別冊少年ジャンプ」に掲載されたことはあるものの、絵を描く技術は優れていなくて、なんで自分を推薦したのか不思議な気持ちになり、よほど人手がないのかと思ったものでしたが、「ゆでたまご」の自叙伝「生たまご」を読んで、近所だったからか!と、納得がいきました。

岡本さんも、私の近所に住んでおられました。

「週刊文春」の「新・家の履歴書」によると、住之江区の貯木場と製材工場だらけの工業地帯に住んでおられたということで、現在、私が自転車で通勤時に通っているあたりのようです。

私は肥後橋にあった夕刊新聞社でアルバイト勤務をしていた時で、帰宅すると、母親が、嶋田さんという人から電話があったと言っていたことがありました。

家の固定電話の時代で、私の友人からと思ったのか、母親は相手の電話番号を聞かず、相手から、そののち電話がかかることもありませんでした。

今にして思うと、「ゆでたまご」の嶋田さんだったようですね。

それで、それっきりの話になりましたが、もし、私がいた時に電話がかかってきたり、その後、電話でやりとりをするような機会があれば、興味本意から、その仕事場を訪ねてみたのじゃないかな?と思ってみたりもしています。

私はアシスタントになったのだろうか?

岡本さんは、どう返事をされたのか知りませんが、私が初めてのパソコンを購入する際、日本橋の電機屋街「でんでんタウン」に、何度も川崎ゆきおさんに付き添ってもらっては足を運んでいましたが、そんな折り、電機屋の店員になっている岡本さんと、川崎さんと私が遭遇したことがありました。

f0151647_21442801.jpg

川崎さんの話によると、その従兄弟が赤ちゃんの時に抱いたことがあるということでした。

川崎さんの母親が姉で、嶋田さんの母親が妹という、母親が姉妹による従兄弟とのことでした。

嶋田さんの母親が、川崎さんの母親に、「うちの子もマンガ家になりたいと言っている」と伝え、川崎さんの母親が、「マンガ家は儲からへんで」とか応えていたと、川崎さんが笑いながら言っているのを聴いたこともありました。

川崎さんは、すでに、「月刊漫画ガロ」に「猟奇王」などを発表し、活躍されていました。

かつては、日本全国の納税額の多い人間の名前が新聞などで公表されていたことがありました。

小説家やスポーツ選手など部門別に発表されていましたが、ジャンルなしで、日本全国の中で、「ゆでたまご」のおふたりが、各々、90人台に名前を連ねておられたことがあり、たまげたものでした。

「新・家の履歴書」によると、1985年度の長者番付のことで、嶋田さんの納税額は、約2億4千万円とのことでした。

私の出身中学校に「ゆでたまご」のおふたりが在籍していた時に描かれたマンガが、「近鉄漫画賞」で入賞したことが、「新・家の履歴書」にも「生たまご」にも書かれていますが、近鉄百貨店・あべの店で開催されていたマンガ展で、その入選作の生原稿が展示されていたのを見た、はっきりとした記憶があります。

あとで思えば、あれだったのか!という次第で、タイトルまでは覚えていませんでしたが、「ラーメン屋のトンちゃん」だったそうです。

# by hitcity | 2019-07-23 19:01 | Comments(0)
「鶴瓶の家族に乾杯」に「音戸町鰯沢」
f0151647_18214036.jpg

f0151647_18225660.jpg

f0151647_18240570.jpg

●7月8日(月曜日)

午後7時30分からのNHKテレビの「鶴瓶の家族に乾杯」を観ていたら、広島県呉市の「音戸町鰯沢」という地名が登場。

今から10年以上前になりますが、月刊化前の「漫画雑誌 架空」の編集発行人の西野空男さん宛に原稿を送る際に書いた住所だったなと思う。

f0151647_19050964.jpg

確認してみたら、「音戸町鰯沢三丁目」でした。

「鶴瓶の家族に乾杯」は、木曜日(実際は金曜日)の深夜0時55分から再放送をされているようなので、興味があるかたは、御覧になってくださいね。

f0151647_18252706.jpg

午前5時から午後3時か3時半までの勤務を終えての帰宅後、午後4時20分からの朝ドラの「ゲゲゲの女房」の再放送を観ることを楽しみにしていましたが、今週から大相撲中継などがあり、3週間の休止。

楽しみがなくなるところでしたが、7月8日の月曜日から木曜日、翌週の7月15日の月曜日から木曜日、合計8回、午後5時から、BSプレミアムで、「ちかえもん」が再放送をされることになり、それを観てみたら、面白かった!

「ゲゲゲの女房」も「ちかえもん」も、NHKテレビでの本放送の時に、欠かさず観てもいるのですが。

今日の7月10日の水曜日までの3日間、3回分、放送時に観ましたが、やっぱり面白いですね。
そして、楽しい。

f0151647_18263994.jpg

f0151647_18280261.jpg

f0151647_19423512.jpg

f0151647_18291944.jpg

f0151647_18302120.jpg

f0151647_18312645.jpg

f0151647_19013197.jpg

f0151647_18322791.jpg

f0151647_18332598.jpg

f0151647_18350599.jpg

# by hitcity | 2019-07-10 19:37 | Comments(0)
「ちかえもん」
「ちかえもん」の第1回目からです。

f0151647_19112923.jpg

f0151647_19124952.jpg

f0151647_19141522.jpg

f0151647_19154907.jpg

f0151647_19183546.jpg

f0151647_19191584.jpg

# by hitcity | 2019-07-10 19:00 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル