> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> 12/30=3★「忍者武芸帳」の特製万年筆のことなど。 12.30.
f0151647_001032.jpg

きょう入手しました筑摩書房のPR雑誌「ちくま」(1月号)
で、四方田犬彦さんが、大島渚監督により映像化された
「忍者武芸帳」について触れられていますが、私は、
ロードショー公開された小学生の頃、父に、梅田で
ATG映画を上映していた北野地下劇場に連れて行って
もらいました。

併映は、同じく大島渚監督の「ユンボキの日記」で、
その映画の映像も記憶に残っています。

父が「絵が動かんな〜」と言った際、
「自分が普通のアニメだと思って観に来たと思っているの
だろうけれど、こういう映画だということは、自分は、
知っていて来ているのだ」と思っていたことも、記憶に
残っているんですね〜。
ものおぼえが、いいですね〜(汗)。

PR雑誌なので、入手困難かもしれないので、スキャナーで
取り込みましたが、私も、四方田さん同様、なんで、
林崎甚助が登場しないのか〜、と不満に思ったものでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こういうことは、よくあることで、「あしたのジョー」の
アニメ版で、特等少年院で対戦する青山のエピソードが、
スッポリとないことにも不満を抱きました。

劇場版アニメの「タッチ」では、双子のひとりが野球の試合前に
交通事故にあい、野球を何もしていない、もうひとりのほうが、
ユニホームに着替え、その代役を務め、試合に出る〜という、
原作の存在理由がなくなるようなカットの仕方で、これは
不満というよりも、あきれてしまいました。
近くの席の少女ふたりが、笑い転げていた記憶があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

映画の「忍者武芸帳」は、名画座などでも上映されることが
なく、私が購入した映画のビデオテープの2本目となりました。
1本目は、輸入版の「ブルーサンダー」で、ともに、当時、
1万円以上していました。

大島渚監督の「御法度」が公開された際、大島渚監督の特集
上映があって、高槻の映画館で上映されたるのを観に行き、
最前列の席で、映画の中、白土三平さんの原稿の中に
入り込むような気持ちで観たものでした。

時間的に無理なので、「忍者武芸帳」というよりも、
「影一族」という映画として観たらいいのだな〜と、
なんとなく、納得しました。

さて、この「ちくま」の四方田さんの文章で、この映画、
現行の132分バージョンではなく、本来は、180分あり、
そこには、林崎甚助は、最重要人物のひとりとして登場し、
その完全版フィルムは、存在しているらしいとのこと。

観たいですね〜!
f0151647_03238.jpg
f0151647_031522.jpg
f0151647_032913.jpg

by hitcity | 2009-12-31 00:03 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル