> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★kazepapaさん ..
by hitcity at 18:34
ジャンプが持ち込みの掲載..
by kazepapa at 07:18
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
> メモ帳
> 3/5=1★畑中純作品展から、井上友一郎、織田作之助の話に。
f0151647_15325424.jpg
f0151647_1541292.jpg

昨日、蒼天社の野谷真治さんから、畑中純さんの個展の
案内ハガキが届きました。

一昨年の夏、蒼天社に泊めていただきました。
最寄り駅の二ノ宮駅で、1駅先の大磯駅からやってきて
くださった誘蛾灯さんと合流し、3人で、新宿のロフトプラスワンへ
自主上映の3D映画を観に行きました。
f0151647_15335360.jpg

小説家や編集者の自叙伝、回想録というのも
好みのジャンルで、「小説現代」や「群像」などの編集長だった
大村彦次郎さんの「文壇うたかた物語」を読んでいました。

その第2弾にあたる「文壇栄華物語」も、ちくま文庫の
新刊として発行されたので(今年の1月のことを
書いています)、読んでみましたが、自叙伝などを
読了したことのある小説家が、けっこう多く登場されていて、
さまざまな人の回想録によって、さまざまな視点から描かれた
幕末ものの人間関係や、トキワ荘関係、貸本マンガ関係の
回想録を読むのと同様の楽しさがありました。

この本に登場する私の未読の小説家では、「残夢」という、
発表当時、谷崎潤一郎さんの「痴人の愛」を思わせるものと
好評を博した小説を書かれたという、井上友一郎さんという
かたに興味を抱きましたが、この本の読了後すぐに覗いてみた
ブックオフで、「日本文学全集/織田作之助・井上友一郎」
(集英社)を発見し、105円で購入しました。
f0151647_15355865.jpg

いま、その本は手元に出ていなくて、題名を憶えていませんが、
井上友一郎さんの収録作品では、落語家が主人公の小説が
面白かったです。
大阪が舞台で、馴染みのある場所、玉出も登場していました。

「日本ロォレライ」という小説も、オチが決まっていて、
ミステリ小説のアンソロジーでも見かけてもいいようなもの
と思いました。

「痴人の愛」を彷佛とさせるという「残夢」ですが、主人公の
男性が、女主人公の顔をめがけて物を投げつけたりして、
ちっとも、「痴人の愛」ではありませんでした。

収録された短編小説、いずれにも、主人公の男性が、
女性の顔をぶつ場面があって、なじめないものを
感じました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その点、気弱な面のある織田作之助さんは、なじめまくっていて、
セットの全集も購入しましたし、作品集が文庫本で出る度に、
収録作が重複しまくりですが、必ず、買ってしまいます。

昔、家庭用のビデオデッキが普及していない頃、心斎橋の
ソニータワーのショールームで、土曜午後のテレビの生放送番組を
見ていたら、法善寺横丁に、「夫婦善哉」のモデルの
男性が立っていたので、思いっきり走って、その場所に
駆けつけ、中村鋭一さん(のちに国会議員)司会のその
番組のエンディングで、私も並び、モデルの男性の肩に
触れたこともありました。

富田林のお姉さんの家で、織田作之助展が開催された際にも
行ってみました。
普通の民家の一室に、織田作之助さんの背広やネクタイなども
展示されていて、触り放題でした。

「雨」「夫婦善哉」「放浪」「木の都」「蛍」「六白金星」
「アド・バルーン」「世相」「競馬」という収録作は、
ベストアルバム中のベストアルバム!といえる選曲では
ないでしょうか〜!

またしても、すべて読了してしまいました。
by hitcity | 2010-03-05 15:36 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル