> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> コメント欄                           2011.11.16.
★又六さん

私は監督の名前で映画を観に行くということが、なくなってしまいました。

ティム・バートン監督やテリー・ギリアム監督作品は、観に行くようには
していますが、期待はずれのこともありますし、予告編次第という感じ
でしょうか。

作品リスト一覧の全作品を映画館の上映で観ているのは、
黒澤明監督作品だけでしょうか。

黒澤明監督の「八月の狂詩曲」のワールド・プレミアと、
お別れの会には、わざわざ、東京と横浜まで行っていますし、
京都賞のワークショップの際には、終了後、ステージに
駆けあがって、灰皿から、黒澤明監督が吸っておられた
タバコの吸殻を頂戴しましたし、ちょっと、特別な存在の人ですね。

晩年の作品は、私も面白いとは思いませんが、このごろ、通勤時、
自転車に乗りながら、妙に、「赤ひげ」の、あの場面、この場面が、
よく頭に浮かんできて、しみじみとしています。

橋の上で、二木てるみさんが、加山雄三さんに抱きつき、抱えていた
茶碗が割れる場面とか。

黒澤明監督が、「赤ひげ」の次に、無事に、「暴走機関車」と
「トラ・トラ・トラ」を撮っていたパラレルワールドでは、
そのあと、どのような作品を撮られていただろうなぁ~と、
残念な気持ちになることがあります。

「暴走機関車」「トラ・トラ・トラ」の挫折については、
文春文庫の「黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ!』
その謎のすべて」(田草川弘)が、とても参考になりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

園子温監督作品は、何も観ていません。

ただ、園子温監督が、出演されている映画は観に行きました。

リリー・フランキーさんのトークショー付きで、テアトル梅田で
観ましたが、そのとき、リリーフランキーさんが、本編よりも
面白いかも?と冗談(たぶん)で言っておられた予告編にも、
登場されていたので、ユーチューブで探しましたが、見当たり
ませんでした。

次のサイトの予告編を御覧ください(何度か、このブログで
紹介させてもらったこともありますが)。

●「盲獣VS一寸法師」公式サイト・予告編
http://www.fjmovie.com/ishii/mojuvs/mojuvs.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ユーチューブには、「盲獣VS一寸法師」の次の場面のみ、
ありました。

これは、のちに、民主党の議員になる田中絵美子さんのオッパイが
出ているのを紹介するための映像なので、園子温監督の登場は
ありませんでした。
塚本晋也監督は登場されていますが。



田中絵美子さんには、2009年12月発行の「EYEMASK」(39号)の
私の1コママンガ集、「2009年衆議院総選挙結果報告」に登場して
いただいています。

それまで、ず~~~っと勝ち馬でいたのは、自民党だったので、
当時は、そういう思いはありませんでしたが、いま見ると、
勝ち馬に乗って描いたようなマンガで、風刺マンガとしては、
いかがなものか?という気がしないでもないですね。
f0151647_23352118.jpg
f0151647_23353099.jpg
f0151647_23354092.jpg

by hitcity | 2011-11-16 17:31 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル