> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> 11/20=5★長谷邦夫講演会(京都国際マンガミュージアム) 11/23
長谷邦夫さんの近刊は、年内に、水声社から刊行される
「桜三月散歩道~長谷邦夫自叙伝」とのことです。

小島信夫さんの「残光」という小説、文庫本の10ページ目に、

【水声社で私の二十何年前に出した『私の作家遍歴』を
また出してくれることになった。その代り、今はやりの小説論の
ようなものを書いて、十年も前にある小出版社で出す予定だった
二百枚ほどの「書簡論」を引受けて、それに「小説論」を
つけることになった。こうした動きには、同社のヘンリイ・ミラー
の先ほどの一冊を訳した山崎さんがかかわっている。】

と、水声社が登場していました。

水声社は、そういう文芸書専門の出版社の印象があって、
長谷邦夫さんのマンガ関連の書物をよく出されるのは、なぜかな?
という思いもありましたが、水声社には、学生の頃から、ずっと、
長谷邦夫さんのファンだというかたがおられるそうです。
f0151647_8465040.jpg

午後2時から4時までの予定でしたが、4時を過ぎてから、
質疑応答コーナー。

竹熊健太郎さんから、フジオ・プロでの赤塚不二夫さんたちとの
アイディア会議のことについての質問がありました。

もうひとりのかたが、長谷邦夫さんは、フジオ・プロで
製作に関わっていたのは、どの作品までですか?という質問を
されました。

女性週刊誌に連載された「へんな子ちゃん」までとのことで、
アルコール中毒で、やる気のなくなった赤塚不二夫さんとの
決別の日のことまで語ってくださいました。

聴いていて、泣いてしまいそうになりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の「赤塚不二夫マンガ大学展」のチラシには、
藤子不二雄Aさんのトークショー、水野英子さんと竹宮恵子さんとの
対談の告知はされていますが、長谷邦夫さんの講演会については
触れられていません。

現在、フジオ・プロの社長の、赤塚不二夫さんの娘さんが、
全面的に協力をされているイベントのようで、父親と袂をわかつという
経緯のあった長谷さんのことは、無視されたかったのかな?
と思ってみたりもしました。

司馬遼太郎さんのギャグ小説「城塞」の、淀君と、赤塚りえ子さんの
イメージが重なってきたりもしました。

憶測で、そんなイメージを抱くというのも、いかがなものかと、我ながら
思いますが(汗。「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」の中では、
もっとも可愛い女性だと思いました)。

しかし、赤塚不二夫さんを語る上で、長谷邦夫さんは不可欠な存在。

この日の講演会を設けてくださった京都国際マンガミュージアムに
拍手をしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

午後4時半頃に終了。

マンガ研究家の想田四(そうだよん)さんから声をかけられる。

久しぶりにお会いしましたが、垢抜けていて、はじめ、誰なのか
わかりませんでした。

京都国際マンガミュージアムでの「COM」関連イベントにも
来られていたそうですが、そのときは、気がつきませんでした。

スクリーンに映し出されていた、資本マンガの長谷邦夫さんの
「死にたがる四番打者」は、想田四さんが所有されていた
ものらしく、開始前に、長谷邦夫さんから、想田四さん宛ての
サインをしてもらっていました。

カバンの中で、サインペンを見失い、想田さんからお借りして、
持参していたサンコミックスの「東海道戦争」へ、長谷邦夫さんに
サインをしていただきました。
f0151647_8474734.jpg

この「東海道戦争」の出版までに至る紆余曲折のお話も、
興味深く伺うことができました。

スクリーンに映し出されなかったので、京都国際マンガ
ミュージアムには存在しないのかな?

帯カバーは、引越しの際、行方不明になってしまいました。
辻真先さんが、そのコピーを担当されていたそうです。

長谷邦夫さんは、3万円の古書価格がついているのを御覧に
なられたそうです。

フジオ・プロでは、年に3日の休みしかなかったそうです。

「東海道戦争」は、そんな中、自宅に帰ってから、執筆を
されていたそうで、その情熱に、圧倒されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長谷さんに、月刊化前の「漫画雑誌 架空」(第2号)と
「EYEMASK」の第40、41、42号を手渡す。

竹熊健太郎さんが、ここで失礼しますと、長谷さんに挨拶しに来られ、
大型封筒に入れて、タイトルロゴのみ覗かせている「漫画雑誌 架空」を
何かな?という感じで見ておられました。

第2号は、西野空男さんに献本用にお願いしたところ、たくさん送って
いただいていて、この日も、長谷さん以外のかた用に持ってこようかと
思いましたが、重くなるので、やめてしまいました(汗)。
持ってくればよかったですね。
f0151647_4193164.jpg

想田四さんが、小学館クリエイティブの「源とつぐみ」
(白土三平・赤目プロ)の解説を書かれていることを
知っていましたが、高価格なので未読のまま、持参されて
いたので、見せていただきました。

ファイルをメールで送ってくださるということで、
当日の記念写真とともに届きました。

ありがとうございました。
by hitcity | 2011-11-24 04:19 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル