> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> コメント欄             2012.2.11.
このワク、最初に書き込んでから1時間後に、
けっこう、文章を追加しております。
お知らせまで。

わかりやすくて面白い小説を読みたくなって、まわりを見渡したら、
昨年購入した雑誌「野性時代」の付録の松本清張さんの短編集の
文庫本があって、ときどき手にしていて、最後の1編を残すところと
なっていました。
その『なぜ「星図」が開いていたか』を、朝、読みました。

収録作品は、「黒地の絵」「顔」「天城越え」「潜在光景」
「証明」『なぜ「星図」が開いていたか』。
いずれも面白かったです。

それで、この付録の本誌の「野性時代」を探してみました。

昨年の11月号でした。

この付録の作品を例にして、阿刀田高さんたちが、小説作法を
述べるという特集が、巻頭に、たっぷりとあります。

続いて、大沢在昌さんの誌上小説講座というのが掲載されていて、
課題に対して提出された小説6編について、大沢さんと作者が
やりとりをする様子が紹介されていました。

優秀作品が1編掲載されていて、それも読んでみましたが、
マンガでいうと、「COM」みたいな雑誌ですね。

テレビを観て過ごし、土曜日は仕事が休み(夕刊が届かないので、
さっき、きょうが祝日だということに気がつきました)、
午後2時から3時半まで、部屋の整理作業にとりかかりました。

きょうは、部屋かたづけの取っ掛かりということで、そのあと
また、テレビ観賞で過ごしています。

なるべく早く、「EYEMASK」用のステレオ写真(立体写真)を、
部屋から発掘したいと思います。
f0151647_19235068.jpg

★又六さん

「反逆の日本史」(井沢元彦)は、織田信長さん関連の文庫本の
2冊しか読んでいなくて、豊臣秀吉さんの右手六本指説は、
「週刊現代」に「あしたのジョー」が再録連載されていたとき、
同誌に連載されていた「反逆の日本史」で読んだように思います。

ブログで書いておられるかきたもおられました。
http://signboard.exblog.jp/15296770/

山上たつひこさんの「喜劇新思想大系」では、野口英世さんの
六本指説が描かれていた記憶もありますが、それは、フィクション
でした。
江戸川乱歩さんの怪人二十面相も、そのお話には絡んでいたと
記憶しています。

司馬遼太郎さんの小説「義経」の源義経さんは、「がきデカ」の
こまわりくんみたいな印象があったということも、この際、
書き留めさせてもらいます。

怪人二十面相といいますと、今朝、BSプレミアムで放送された
「週刊ブックレビュー」で、「本の雑誌」の2代目編集発行人の
浜本茂さんが、「少年少女 昭和ミステリ美術館・表紙でみる
ジュニア・ミステリの世界」という本を紹介されていましたが、
この本も欲しいですね~!
http://www.green.dti.ne.jp/ed-fuji/heibon-showa-mystery.html

逢坂 剛さんが合評用に挙げられていた
「ナチを欺いた死体 英国の奇策・ミンスミート作戦の真実 」
(ベン・マッキンタイアー著 小林朋則訳)という本も
面白そうですが、いずれも、高価格なので、残念です。
http://www.nhk.or.jp/book/review/20120211.html

豊臣秀吉さんの右手六本指説に触れられているというフロイスさんの
「日本史」は、第1巻のみ購入しました。読了はしていません。

井上ひさしさんの「フロイス」という小説も購入しましたが、
当事、構想を練っていた織田信長さんを題材にしたマンガの資料として
購入しました。

フロイスさんが風呂の中で椅子に座っているというネタだけのために、
その本を買ったりしていました。
そのような大散財が、現在の私を苦しめています(汗)。

梅田茶屋町のロフトで、風呂用の椅子で「フロイス」というのが
販売されているのを、のちに見たことがありました。

「週刊朝日」(2月17日号)の小倉千加子さんの連載エッセイ
「お代は見てのお帰りに」には、寺田ヒロオさん、滝田ゆうさん、
藤本弘さんたちの没年齢が書かれていました。

梶原一騎さんが50歳だったとは! すごい貫禄ですね。
f0151647_19242390.jpg

★野谷さん

「週刊朝日」(創刊90周年記念号)の田原総一朗さんの隣りの
ページに、谷崎潤一郎さんが、関東大震災の4日後に語った
ことの記事が紹介されていたのも、同誌を購入する理由と
なりました。

ウノ・カマキリさんが映っている写真が掲載された新聞記事を
このブログで紹介したことがありました。
http://hitcity.exblog.jp/10738122/

京都国際マンガミュージアムで、そのとき、私も、
ウノ・カマキリさんをお見かけしました。

あと、御堂筋に面したおかき屋の2階にある画廊で
「楢喜八、ウノ・カマキリ、成田一徹3人展」が開催されたとき、
ウノ・カマキリさんがおられるのもお見かけしたことが
ありました。

また大阪でも開催していただきたいですね。

野谷さんのブログで、マンガ家の山田花子さんの蔵書を購入
されたことを知りました。
蔵書が販売されるなんて珍しいことですね。
http://sohten.blog.so-net.ne.jp/2012-02-10

「週刊朝日」(創刊90周年記念号)の表紙特集にあった
まんが増刊号を購入した記憶があります。

「週刊現代」や「週刊ポスト」なども、マンガ(劇画)の増刊号を
出していたことがありますね。

「サンデー毎日」のマンガ(劇画)増刊号が、もっとも印象に残って
います。これは、まんだらけなどで、ちょくちょく見かけます。

「週刊朝日」(2月17日号)の小倉千加子さんの連載エッセイ
「お代は見てのお帰りに」のイラストを描かれている宮本ジジさんは、
新世界での畑中純さんと山賀清春さんの作品展会場で、お会いした
ことがありました。

そのときのブログに登場されています。
http://hitcity.exblog.jp/8899335/

このブログのころは、1日の閲覧者数、20人ほどだったので、
あまり気にせず、顔出しの写真を載せていました(汗)。

現在は、50人から60人という感じです。

宮本ジジさんは、のこぎり音楽家の、しょうゆさんの
お知り合いだともうかがった記憶もあります。
by hitcity | 2012-02-11 19:24 | Comments(2)
Commented by 又六 at 2012-02-11 22:19 x
今日は「谷川徹三を勉強する会」の月例会(読書会)。飛び入りで、上海生まれ上海育ちの大学院生が。日本人の中国観をテーマとしている、ということで、特に戦中の谷川徹三の、昭和10年代に6回も中国に出かけ講演したり中国政府要人と会談したりしている、知識人としての言論に 興味があるらしい。 中国人としての視角が、我々と異なるので、刺激を受ける。
Commented by 又六 at 2012-02-12 06:52 x
ひとりの会員が、絵本を持ってきた。谷川俊太郎作、三輪滋イラスト、谷川志野(徹三の孫・アメリカ在住)の英語訳が付いている。「おばあちゃん ひとり せんそうごっこ」。認知症になった、おばあちゃんは、徹三のパートナー多喜子さんを思わせる。

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル