> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> コメント欄                     2012.2.13.
★又六さん

「昭和文学全集3(志賀直哉/武者小路実篤/里見弴/宇野浩二)」
の志賀直哉さんの年譜の「大正12年(1923年)四十歳」に、

【七月、尾崎一雄はじめて来宅。瀧井孝作来訪中。
九月一日、関東大震災。<白樺>は八月号を以て廃刊。
細野菊、はじめて来訪。十月、京都の山科に移る。
この年、谷川徹三、竹内勝太郎はじめて来訪。】

と書かれていました。

全集などに収録されている年譜を見るのが好きなのですが、
志賀直哉さんの年譜は、誰が来訪したということが詳細に書かれていて、
それは、ちょっと珍しいのでは?と思いましたが、そうでもないので
しょうか。

大阪市立図書館の蔵書検索で「谷川俊太郎」で検索すると、
スヌーピーのマンガの訳者名としても、その中に入っているので、
800を越えるのでしょうね。

前に、大阪市立中央図書館に行った際、棚に友部正人さんの
「ちんちくりん」というエッセイ集が置かれていて、確か持っていたはず…
と、パラパラとページを繰ってみたら、谷川俊太郎さんとの対談も
収録されていました。
そういうのも含まれているのかな?

このブログに、ユーチューブの動画が貼り付けられることに気が
ついてから、しばしば、貼りつけさせてもらっていますが、もっとも
登場回数の多いのが、友部正人さんだと思います。

友部正人さんのLPレコード「どうして旅に出なかったんだ」の
ジャケットの裏面には、谷川俊太郎さんの文章が掲載されていて、
その話題から、以前、収録曲の「びっこのポーの最後」を紹介させて
もらったと思いますが(この曲が理由で、このレコードは、発売中止に
なったという記憶があります)、久しぶりに1曲、紹介させていただき
たくなりました。

画像には、アルバムジャケットの谷川俊太郎さんの文章も
登場します。

表題作の「どうして旅に出なかったんだ」です。

それでは、友部正人さん、はりきって、どうぞ~。


by hitcity | 2012-02-13 22:59 | Comments(1)
Commented by 又六 at 2012-02-14 03:49 x
志賀直哉には、資料が多い。出した手紙、貰った手紙、会えば誰彼となく日記に書かれる。谷川徹三が志賀直哉に出した手紙も日本近代文学館に、何通だったか忘れましたが、かなり在ります。研究対象が多いから、詳細に年譜を書くことが出来る。 このたび、谷川徹三の実の姉、小家素子(こいえもとこ)の作品集を、小冊子ですが、谷川徹三を勉強する会で出したのですが、この姉は、日記も書簡も蔵書もなにもかも、失われました。ので、年譜づくりに、たいへん苦労というか、まあ結局、わかりませんね。資料がないんだから。要は、資料ですね。

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル