> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> コメント欄                2012.5.2.
★又六さん

映画を観たあとの感想で、「おもしろかったなぁ~」とか、
「つまらなかったなぁ~」とか言うのではなくて、
「たいしたことなかったなぁ~」と言うときは、その映画が
何かの賞を受賞したり、爆発的ヒットをしている場合があるかな
と思いますが、又六さんのお母さんが、「たいしたことないねぇー」
と、おっしゃったのは、たぶん、村上春樹さんが海外の文学賞を
受賞されたり、ノーベル文学賞の有力候補と言われたり、その本が
ベストセラーになっているということがあってのことなのでしょうね。

ノーベル文学賞の候補にもなるかもしれない?と思って、
この「1Q84」を読みはじめられたのでしたら、必殺仕掛人が
出てきたりして、あれっ?と思われたかもしれませんね。

タイトルから内容は想像できなくて、どのような種類の面白さが
あるのかな?と読みはじめたところ、私の好みにピッタリという
面白さのある小説で、私は嬉しくなりました。

「女必殺仕掛人と空気さなぎ」というタイトルだったら、
刊行当時、私は、すぐに購入していたと思いますが、それでは、
又六さんのお母さんは、購入されないことになったでしょうね?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょうど半分あたりまで読んだところで、このあと、どのような
展開をしていくのかわかりませんが、現在、主人公が対決を
挑むであろう相手が、とてつもない手強い存在であるらしいことが
伺えるところまできました。

何もかもがお見通しの絶対的な大きな力を持つ相手との対決を
描いた小説に、「神狩り」(山田正紀)、「エディプスの恋人」
(筒井康隆)とか、「妖星伝」(半村良)とかがありますが、
なかなか、そういう設定の小説にはめぐり合えなかったのですが、
久しぶりに遭遇、このあとの展開が楽しみでしかたがありません。

この小説の会話の描写(BOOK2・第13章)に、半村良さんの
伝奇小説の会話の描写と似た雰囲気を感じたりもしました。

「逆・わたしは真悟」みたいなところもあり、面白いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石坂洋次郎さんは、私の子供のころは、大人気作家でした。

通常の文庫本より少し小さいサイズで、全集が刊行された記憶が
あって、検索してみたら、「プチ・ブックス―石坂洋次郎文庫」
という名前だったようです。

普通の文庫本で、兄がたくさん所有していたような、私の小学生の
ころの記憶があります。

私は、太宰治さんと石坂洋次郎さんのふたりを取り上げた評論の
単行本を古本屋で購入し読んだ記憶がありますが、石坂さんの
小説は読んだ記憶はありません。

私の父が、吉永小百合さんのファンで、私が中学2年生のときに
一緒に吉永小百合さんのリサイタルショーに行ったことが
あるのですが、吉永さんが、その全国ツアーで、このまえ
東北に行った際、地震にあって、そのことを石坂洋次郎先生に
言ったら、石坂先生は、小百合ちゃんも、それで自信がついたね
とおっしゃった、ということを喋っておられた記憶があります。
現在では通用しないトークですね。

石坂洋次郎さんの文庫本は、けっこうたくさん書店で見かけた
ものですが、現在は、見かけなくなりましたね。

源氏鶏太さんも多くの文庫本が出ていましたが、現在では
見かけなくなりましたね。
けっこう読んでいました。

「1Q84」に宗教団体が登場してきますが、そういえば、
宗教団体が描かれた「邪宗門」という、文庫本で全2巻の、
高橋和巳さんの小説を、昔、読んだことがあるなぁ~とか、思って
みましたが、高橋和巳さんの文庫本も、多く書店に並んでいたように
思いますが、現在では、見かけなくなりましたね。

「邪宗門」は、大阪の地下鉄の大国町駅が建設工事中とかいう
記述があったところと、気の強い女性が出ていたことしか、
現在では記憶にありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

読んだ本の内容は、すぐに忘れてしまいます。

志賀直哉さんの「暗夜行路」は、文庫本で全2巻の、けっこう
長い小説でしたが、面白くて、いっきに読了した記憶がありますが、
この小説も、内容については、ほとんど覚えていません。

太宰治さんが、中耳炎になるだけのことを「暗夜行路」なんて
たいそうな題名をつけやがって~と、エッセイに書かれているのを
読んだ記憶はあります。

夏目漱石さんの「明暗」は、作者の逝去により未完となり、残念で
たまらないのですが(これは3度読んだので、少しは内容を
覚えています)、志賀直哉さんの「暗夜行路」と、五味康祐さんの
「柳生武芸帳」は、作者の都合で、結局は書かれなかったようで、
書いていただきたかったなぁ~と思ったものでした。

「柳生武芸帳」は、映画のフィルムが突然切れたような感じで
終わってしまいます。

山田風太郎さんが、大長編小説「大菩薩峠」(中里介山)について、
長いものを読んでも未完だと知っているので読む気がしないと
何かで書かれていた記憶があります。

私も未読で、携帯電話でインターネット接続をして、青空文庫に
収録されている「大菩薩峠」を読了するのも面白いかも?と思い
ましたが、実現不可能だと思います。

「1Q84」には、病室に「大菩薩峠」が全館揃っているという
箇所がありました。

「1Q84」には、「カラマーゾフの兄弟」(ドストエフスキー)
の中の文章が引用されている箇所もありました。

この小説は読了していますが、そんなこと書いてあったかなぁ~?
と、その引用文を読んでいました。

「カラマーゾフの兄弟」を世界最高の文学作品、「明暗」と
「暗夜行路」を日本最高の文学作品として扱われいることに、
ときどき接することがありますが、いずれも未完にも関わらず、
そうした扱いをされることを不思議に思うこともあります。
by hitcity | 2012-05-02 23:10 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル