> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> 6/30=1★映画「ほかいびと~伊那の井月~」    2012.7.9. 
f0151647_15252756.jpg
f0151647_15254837.jpg

ウィキぺディアの「井上井月(いのうえ せいげつ)」には、
「つげ義春への影響」という項目があり、次のように説明
されています。

【 漫画家のつげ義春は、漫画作品『無能の人』の最終話
である第6話「蒸発」に、井月を詳しく描いている
(初出は1986年12月、「COMIC ばく」)。

河原で石を売る主人公が、病人のふりをしながらよたよた歩く
無為徒食の古書店主人山井(病をもじったもの)からむりやり
貸し付けられた『漂泊俳人 井月全集』を読む。そして、
井月の半生をその死まで思い描きつつ、井月に自らや山井の
姿を重ね合わせ、感慨にふけるという筋書きになっている。

最後は「井月も山井も大馬鹿ものだよ……」という主人公の
セリフで締めくくられる。

「蒸発」には以下のような句が引用されている。

降るとまで 人には見せて 花曇り
落栗の 座を定めるや 窪溜り
石菖や いつの世よりの 石の肌
何処やらに 鶴の声きく かすみかな 】

その興味で、この映画、「「ほかいびと~伊那の井月~」を
観に行く気になりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週の土曜日、6月30日、九条のシネ・ヌーヴォで、この映画の
北村皆雄監督と、「月刊漫画ガロ」に、「目安箱」というコラムの
連載をされていた映画評論家の上野昂志さんとのトークショーが
あるというので、夕方からの、その回に観に行きました。

実際に井月が住んでいた場所や、ゆかりの地で撮影をされたとの
ことで、井月研究者が出演されているそうです。
監督の学生時代の教師が出ていたりもしているそうです。

井月を愛する人たちが、理想の井月像を描いたという映画で、
たとえば、どこかの屋敷を、井月役の田中泯さんが、頭を
さげて訪ねる、座敷の上から主人が笑顔で食膳の前に手招きする
という描写があります。
主人役は、井月研究家のかたであるのかもしれません。

メルヘンのような描写ですが、実際は、そんな具合に、居住を
定めず、毎日、人の家を訪ねて食事をし暮らしていくには、
もっと如才ない、口達者な男ではなかったのか?と思ってみたり
しました。

インターネットが存在しない時代、街中の情報の運搬人として、
生きているミクシィのコミュニティみたいな存在で、重宝がられて
いたところもあったのではないでしょうか?

ラジオのローカル番組で、その地域では、大人気のパーソナリティ
というような親近感を、人々から抱かれていたのかな?と
思ってみたりもしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小学生のころ、学校の講堂に、同学年の生徒が集められ、教育映画を
観たものでした。

しいきくさい、ああした映画を思い出しました。

ビデオが普及してからは、講堂で映画上映なんていうことは
なくなっているのでしょうね。

ペリーの黒船来航時の長岡藩の話であるらしく、それなら、
河井継之助と井月とを絡ませたフィクションの映画を観たかったなぁ~
と思いました。

河井継之助を描いた「峠」は、たいへん面白い小説でしたが、
司馬遼太郎さんのことなので、余話として、井月のことも
書かれていたかもしれませんね?

私は苦手なテンポのドキュメンタリー映画でした。

午後7時頃は、午前2時起床で仕事に出ている私は、毎日、
気がついたら、テレビの前で寝ているという時間帯で、映画の
終わりの、この時間帯、私は、少し眠ってしまっていました。

起きている間の映画には、芥川龍之介の名前が登場していましたが、
つげ義春さんに関しての言及はありませんでした。
f0151647_15262636.jpg
f0151647_15263692.jpg

by hitcity | 2012-07-09 15:26 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル