> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
コメント欄
★又六さん

「扉の影に誰かいる」という映画を観に行き、パンフレットを見てみたら(子供の頃から映画館でパンフレットは必ず買っていました。買わなくなったのは最近のことです)、アンソニー・パーキンスさんについて、「サイコ」の役で強烈な印象を与えすぎたため、その後、役柄に恵まれず引退状態だったが、この映画でカムバックしたというようなことが書かれていた記憶があります。

いま検索してみたら、前年に「キャッチ22」にも出演されていたり、映画出演はされているので、主演級での出演はなかったということなのでしょうね。

「キャッチ22」は強烈な印象のある映画でしたが(あとで原作の小説を読んだ記憶があります。ちなみに映画を観たあとで原作の小説を読んだのは「卒業」「真夜中のカーボーイ」「ナチュラル」「ブラックレイン」、椿三十郎の「日日平安」「ジョゼと虎と魚たち」などがあります)、アンソニー・パーキンスさんの記憶はありません。

検索してみて、「サイコ」から「扉の影に誰かいる」までの期間が20年だと知りました。

奥さんが世界貿易センタービルに突入した旅客機に乗り合わせていたことと、アンソニー・パーキンスさんがエイズで亡くなられていたことを、検索してみて知りました。

いま(22日・月曜日・午後9時)、BSプレミアムで映画「サイコ」の放送が、冒頭、撮りなおしをするとか言っていたベッドシーンから始まりました。
明日も午前2時起床なので録画しておくことにします。


★松宮一之さん

堺の文学フリマに一緒に行ったあと、松宮さんから短歌の同人会を作りたいとのお誘いを受けているわけですが(同人誌を文学フリマで販売するのでしょうか?)、参考書としていただきました岩波ジュニア新書の「短歌をつくろう(栗木京子)を読んで、なんとかつくってみたいと思います。

しかし、短歌に感動したこともないのに、つくることができるのかな?

「週刊文春」への投稿歴はあり、川柳には興味が持てるのですが。

通天閣近くで毎年8月に畑中純さんとおふたりで作品展を開催されている山賀清春さんが、NHKテレビの取材を受けたのが15日で、放送は27日(土曜日)の午前10時5分からのようです。

取材をした近藤夏子さんは、週に一度、出勤のしたくをしながら見ている午前2時すぎからのコンサート情報紹介テレビ番組を浅越ゴエさんとやっていて、私のお気に入りの娘なので、放送が楽しみです。

山賀さんは、「EYEMASK」の神奈川の野谷真治さんとも面識があるかたなので、関西ローカルなのが残念です。

山賀清春さんが杉浦太陽さんから取材を受けている関西ローカルのテレビ番組を見たこともあります。


★長谷邦夫さん

テレビの「世にも奇妙な物語」は、かつては週に一度、15分弱のドラマの3本立てで放送されていました。

現在は、春と秋に、2時間ワクで放送されているようです。

雑誌「COM」に掲載された村野守美さんの短編マンガをキムタク主演でドラマ化されたものもありました(「言葉のない部屋」)。

「世にも奇妙な物語・映画の特別編」という4作で構成されたオムニバス映画が公開されたことがありますが、私は素晴らしい映画だと思っているのですが、あまり評判を聴かないので残念に思うことがあります。

タモリさんの解説部分の脚本担当は、三谷幸喜さんのようです。
by hitcity | 2013-04-22 21:14 | Comments(1)
Commented by 松宮一之 at 2013-04-23 19:19 x
人間って,好きなことをするよりも,興味の無いもの,あるいは関心のなかったものに取り組むと良いと高名な経営者が言っていたのを思い出しました。
なので,ボクもいままで短歌には興味も関心も無かったのですが,日常の出来事を短歌にしていきたいと思います。
短歌な生活。なんとなく粋な感じがしますね。
今日も一つできました。
朝焼けに 顔照らされて 目が覚める ホームの椅子の 電車待つとき

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル