> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★kazepapaさん ..
by hitcity at 18:34
ジャンプが持ち込みの掲載..
by kazepapa at 07:18
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
> メモ帳
> 「吉備大臣入唐絵巻」の空飛ぶ人間
f0151647_22194128.jpg

昨日、天王寺公園内の大阪市立美術館へ「ボストン美術館 日本美術の至宝」特別展を観に行ってきましたが、お目当ては「吉備大臣入唐絵巻」のこの場面でした。

【吉備大臣入唐絵巻(きびのおとど にっとう えまき 又は、きび だいじん にっとう えまき)とは、日本の12世紀末から13世紀初めに作られた絵巻物の一つ。
所蔵者は、アメリカのボストン美術館。
遣唐使として唐に渡った吉備真備が、現地で数々の難題を吹っかけられるも、鬼となった阿倍仲麻呂の助けを借りてこれを尽く退ける説話を生き生きと描いた、院政期文化を代表する絵巻物の名品である。】
と、ウィキべディアで説明されています。

吉備真備さんは、手塚治虫さんのマンガ「火の鳥・鳳凰編」に出演されていましたね。

今までも何度か美術館などで絵巻物の展示を観てきましたが、一部分だけを見せる形ぱかりでしたが、今回は、8メートルほどの絵巻物全部を開いて展示してあり、右から左に観ていくことができました。

絵巻物には、いくつかの場面の絵が描かれていて、それが連続したお話になっているので、現在のストーリーのあるマンガ(劇画)と同じですね。

吉備真備さんが、鬼になった阿倍仲麻呂さんとともに、試験問題の内容を盗み聴きしに行くため、空を飛んでいる場面ですが、空飛ぶ人間の描写は、どれぐらいの数、マンガで接してきたかわかりませんが、その元祖ではないのかな?と、感激しながら観ていました。

12世紀後半の平安時代に、空飛ぶ人間の着想があったのか。

腕を伸ばして人間が空を飛ぶのは、スーパーマンがはじまりなのかな?

座ったまま空を飛ぶところから、大友克洋さんのマンガのような印象も受けますね。

空を飛ぶ描写に、すでに流線の手法が用いられていることが興味深いです。

●「吉備大臣入唐絵巻」あらすじ
http://www.boston-nippon.jp/highlight/02.html
by hitcity | 2013-06-07 22:20 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル