> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> 1月18日(日)・コメント欄(岩井俊二のmovieラボ)
大河ドラマの「花燃ゆ」、今夜3回目。
2話まで観ましたが面白いです。楽しみです。

★又六さん

歌会のお題が「本」の場合、「本」という漢字の意味だったら何でもいいのですか?
書籍の意味だと限定はされていないのですね。

私が広告会社の面接を受けた時、作文のテストがあって、お題は「空」でした。

19歳の時、「少年ジャンプ」の半年に1度のギャグマンガの新人賞「赤塚賞」に応募した「空を飛べたら」というマンガのストーリーを、その作文に書きました。

「赤塚賞」の900近い応募作の中、9編の最終候補に残りましたが、うち7人は入選とか佳作とかになっているのに、私を含む2人だけが何も受賞しませんでした。

選考委員のひとりの山田洋次さんが「中には最終候補に達していないと思うものがあった」というようなことを選評に書かれていたので焦りました。
寅さんシリーズで、ずう~と笑わせてもらっている人からそう言われればしかたがありません(「男はつらいよ」のシリーズはちょうど半分を観に行っていると思います。初期の森川信さんと津坂まさあきさんが出ている頃の寅さんが好きです)。

そんなマンガではありましたが、広告会社の入社の際には役に立ったわけですね。

その出題者の社長とは後に一緒に写真の撮影会に行ったり写真倶楽部の会合に行ったりするようになりましたが、後に聴いた話では、「空」は「そら」ではなく「くう」のつもりだったとのことでした。
それでは「から」でもよかったのかと思いますが、ふつう、「そら」と思いますね。

「岩井俊二のmovieラボ」の2回目の「特撮」の回を観ました。

「空の大怪獣ラドン」の映像が紹介されていましたが、ツイッターに私は昨年の11月29日に次のようなことを書いていました。そのときの番組は何だったのかの記憶はありませんが。

【いまテレビで映画の特撮についてやっていて、ミニチュア模型の特撮で世界を驚かせたという「ハワイマレー沖海戦」を紹介していたが、円谷英二さんの特撮目当てに観に行ったことがある。特撮映画のミニチュア模型の精巧さに最も感心したのは「ラドン」。】

私も特撮には興味があって、小学生の高学年の時、8ミリフィルムの撮影機と映写機を買ってもらい、画面を2分割して撮影、同じ画面に同じ人物がふたりいるという映像を作ったりしていました(レンズの右半分を黒い紙でふさぎ撮影し、フィルムを巻き戻して、今度は左半分をふさいで撮影するという手法)。
ウルトラマンとバルタン星人のモノクロの8ミリフィルム、3分ほどのものを買ってもらったりもしていました。
家庭用のビデオテープなど存在しない時代で、映画も数分間の名場面だけ8ミリフィルムにして販売されたりしていました。
それが、今や映画1本が手の平に乗るのですねぇ。しみじみ。

●岩井俊二のmovieラボ
http://www4.nhk.or.jp/movielab/

次回のテーマは「ラブ・ストーリー」とのこと。
私が1本選ぶとすると、「小さな恋のメロディ」か「フォローミー」かな?

岩井俊二監督作品には「Love Letter」がありますね。
鈴木慶一さんと加賀まりこさんが夫婦役でした。

岩井俊二監督作品の「スワロウテイル」では、鈴木慶一さんは歌手のオーデションの審査員役で出演されていました。

ムーンライダーズ出演の岩井俊二監督による、こんな映画もありました。

●毛ぼうし - 月光下騎士団 (ムーンライダーズ

by hitcity | 2015-01-18 19:07 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル