> カテゴリ
> 以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
松乃屋雪之丞さん ..
by hitcity at 17:00
ヒトシー様 よさげ..
by 松乃屋雪之丞 at 08:31
ヒトシー様 私事で..
by 松乃屋雪之丞 at 19:53
松乃屋雪之丞さま ..
by hitcity at 19:06
ヒトシー様 新宿泥..
by 松乃屋雪之丞 at 19:06
何も知らずに観て、難しい..
by hitcity at 19:13
菊とギロチンには藩祖徳川..
by むねかつ at 19:33
木曽は我が国有数の森林地..
by むねかつ at 19:28
ありがとうございます。 ..
by hitcity at 18:48
メッセージをくださりあり..
by ryo at 18:29
> メモ帳
> 「堺のオダサク展」「東郷青児展」
f0151647_13531426.jpg

●4月10日の火曜日の休日

午前10時6分に、最寄り駅、阪堺電車の細井川駅から、路面電車の新型車両に乗る。

いつもは、北向きの天王寺方面への電車に乗っていて、何年ぶりかの南向きの堺方面。

宿院駅には、午前10時22分に到着。

阪堺電車は、一律料金の210円。

「さかい利晶の杜」には初めて来ましたが、駅前にありました。

f0151647_13553224.jpg

f0151647_13571618.jpg

f0151647_15185372.jpg

f0151647_15210740.jpg

「さかい利晶の杜」は、1階の「千利休茶の湯館」(常設)、2階の企画室の「堺のオダサク」(2月24日~4月15日)、2階の「与謝野晶子記念館」(常設)と観てまわって、観覧料は、300円。

「千利休茶の湯館」で、今年観た映画「嘘八百」の撮影をされていました。

オダサクは、「定本・織田作之助全集」(全8巻)も持っている好きな小説家です。
8巻目の途中まで読んだところで見失っています。
今年は2階の書庫部屋の整理をするつもりなので、出てきたら、読了してみます。
初期の短編は繰り返し読んでいます。

「堺のオダサク」は、単行本20冊ほど、同人誌3冊ほど、ハガキ2枚、草稿3枚、家計簿2冊、日記1冊、トンビコート、ステッキとか、小規模な展示ですが、拝見できて嬉しいです。

何年か前、大阪歴史博物館で大規模な「織田作之助展」があって、何時間もかかって拝見、くらくらになった記憶があります。
その時に、たっぷりと観ていました。

f0151647_13583218.jpg

f0151647_17235490.jpg

f0151647_15401017.jpg

午前10時30分頃に入館して、午前11時頃に退館しました。

f0151647_13594674.jpg

午前11時7分、宿院駅で天王寺行きに乗りましたが、新型車両で、行きに乗った電車が、終点の浜寺公園前駅から、折り返し戻ってきたように思います。同じ電車でしょう。

f0151647_15504215.jpg

車内には、「文豪ストレイドッグス」の絵が飾られています。

f0151647_17333967.jpg

勤務していた広告会社が廃業したあと、堺市にある編集プロダクションでアルバイトをしたことがありましたが、そこが入っている建物の前を通過するので、写真撮影をしました。

最初に、この編集プロダクションを訪ねた際、玄関ドアの上に、このブログにコメントをくださっている、昔から付き合いのある田中平吉さん(松宮くん)が描いた社長の似顔絵イラストが貼られていたので、驚いたものです。

かつて発行されていた月刊誌の表紙イラストを田中平吉さんは担当されていて、バックナンバーが揃っていました。

f0151647_14041810.jpg

f0151647_14051284.jpg

f0151647_14063775.jpg

我が家の最寄り駅を通過して、そのまま、終点の天王寺駅前駅まで。

あべの地下センターの「膳や」で食事。

「あべのハルカス美術館」で、2月16日~4月15日開催、入場料1300円の「生誕120年/東郷青児/夢と現(うつつ)の女たち」を観る。

小説家の回想録や交友録に、よく登場されている画家で、その興味から、観ておきたくなりました。

絵は、貸本マンガの表紙みたいな印象で、油絵としてよりも、マンガ家やイラストレーターの絵を楽しむという印象が強いですね。

陰影をつけて立体的に描いているのに、平板な、アミ柄や格子柄のスクリーントーンを、ペタッと貼ったような絵が、いくつかあり、面白い。

絵を描かれた表紙の雑誌の展示、小説の挿し絵として描かれたモノクロのペン画、そうしたものを見るほうが、油絵よりも楽しめました。

装丁を担当された本も何冊か展示されていて、私が好きな小説家の谷崎潤一郎さんの「卍」や「アヴェ・マリア」を見ることができて、嬉しかったです。

ほかにデザインを担当された本の何冊かは、横尾忠則さんを連想させるような斬新な印象のあるものでした。

古賀春江さんと共同で制作された演劇の舞台デザインの写真や、京都会館の大きなビルの壁画の制作において、遠方から双眼鏡と無線を使って、スタッフに指示をしている写真があり、そのタレント性にも、横尾忠則さんと通じるものがあるような気がしました。

百貨店の食堂の壁画なども、いくつか描かれているようでした。

百貨店の紙袋の絵や、様々な企業の広告の絵も、多数、担当されているようでした。

下の画像は、検索して、拝借したものですが、タイル会社の広告として制作されたものも展示されていました。

そうしたものに起用されるのも、横尾忠則さんっぽいというか、人気があったかただということが伺えました。

f0151647_14384295.jpg

f0151647_14391863.jpg

午後0時15分から、午後1時5分まで、わりと、あっさりと観た展覧会でした。

どこにも寄らず、まっすぐ帰宅しました。

by hitcity | 2018-04-11 16:52 | Comments(2)
Commented by 田中平吉之守忠義 at 2018-04-11 20:09 x
東郷青児は小生も好きです。
特に初期の頃の作品が好きで、よく見てました。
東郷青児が若い頃に描いた漫画も味があって面白いですよ。
Commented by hitcity at 2018-04-11 21:48
東郷青児のマンガは見たことがありません。あべのハルカス美術館で、今度の日曜日までです。都合がつくようでしたら、予定がないので、阿倍野で会えますが。新作マンガを見ていただけましたら。

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル