> カテゴリ
> 以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
遅くなり申し訳ございませ..
by 黒川じょん at 11:11
そうそう、午前10時55..
by でじまる at 19:19
午前10時55分からの同..
by hitcity at 00:40
松乃屋雪之丞さん ..
by hitcity at 17:00
> メモ帳
> テレビドラマ「黒井戸殺し」
f0151647_03394752.jpg

●4月14日・土曜日

アガサ・クリスティーの「アクロイド殺し」を、三谷幸喜さんがテレビドラマに脚本化をされたと、ツイッターで知り、楽しみにしていました。

新聞のテレビ番組欄では、午後7時57分から午後11時10分までになっていて、3時間越えで、録画ではなく、放送時に観て、あとで、録画で、いくつかの場面を観かえしてみたりしました。

小説の「アクロイド殺し」と、歌野正午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」は、映像化が不可能だと思っていました。

小説の「アクロイド殺し」は、独りの人物が、事件について綴っていく手記の形態をとっています。

私は、大久保康雄さんの訳の文庫本「アクロイド殺害事件」で読みましたが、解説で、重要なことなのに触れられていない箇所があると書かれていた記憶があります。

殺害現場の椅子の移動について書かれていないとかいうことだったと思います。

そんなこともあって、このミステリー小説は、フェアかアンフェアかと話題になることがあり、私は、そうしたことについて書かれた文章を読み興味を持ち、犯人を知った上で読みました。

映画「アガサ 愛の失踪事件」では、クリスティーを主賓にしたパーティーが開催されていて、参加者が、パーティー会場で、新作の「アクロイド殺し」について、フェアかアンフェアか、語り合う場面もありました。

テレビドラマの場合、殺害現場の椅子を移動させる場合がなくても、フェアかアンフェアなど考えることもなく、あとで、探偵なり犯人なりが、回想シーンとして、椅子を移動させていた場面を入れておけば、それで済み、納得もできました。

映像化不可能だと思っていたのは、小説に忠実に、すべてを順に映像化していくと考えてのことだったのですね。

それでも、「葉桜の季節に君を想うということ」だけは、映像化は無理だと思います。
映像化する方法があったとしても、それでは、原作の面白さとは違ったものになるでしょう。

三谷幸喜さんの脚本によるクリスティー作品のテレビドラマ化は、「オリエント急行殺人事件」に次ぐものですが、「オリエント急行殺人事件」放送時は、前・後編で、前編しか観ていません。

後編は、三谷幸喜さんのオリジナルのようで、筒井康隆さんのブログで、それを観た筒井さんが、「三谷幸喜は天才じゃないのか」とか書かれていて、それを観る前に、原作の小説を読んでおこうという気になり、光文社古典新訳文庫の「オリエント急行殺人事件」を購入しましたが、未読になったままで、録画した後編も観ないままとなっています。

読まないうちに、映画で公開された「オリエント急行殺人事件」を観に行ったりもしましたが。

筒井康隆さんが、文章の修行をする際に、手本にしたと、アンケートで、大久保康雄さんの名前をあげておられたことがあり、ヘミングウェイの小説を大久保さんの訳で読んだりしていましたが、「アクロイド殺害事件」も、それで大久保さんの訳で読んでみたわけです。

気になる箇所があって、あとで、ほかの文庫本の、田村隆一さんと羽田詩津子さんの訳も購入し、何ページかを読み比べたことがありました。

昔は、そうしたヒマなことをやっていて、夢野久作さんの「ドグラ・マグラ」は、東京創元社の文庫本で読みましたが、現代教養文庫、角川文庫、三一書房の「夢野久作全集」を購入し、気になる箇所を読み比べ、現代教養文庫に、「彼女」が「彼」になっている誤植があることを発見しました。

主人公が錯乱している場面で、なかなか気がつかない箇所だと思います。

「夢野久作全集」では、×××と伏せ字になっている箇所は、文庫本では、伏せ字にはなっていませんでした。
平将門が云々とかいう箇所でした。
天皇関係で伏せ字になっていたのかな?

「ドグラ・マグラ」は、沖積舎の箱入りの復刻本を購入し、それで読もうと思ったまま、書庫部屋で行方不明になったままです。

筒井康隆さんの「ロートレック荘殺人事件」は、帯カバーに、「前代未聞の言語トリック」とあり、そのおかげで、冒頭の4ページほどを読み、この小説の趣向は、こうなんなだろうなぁ~と推測したら、その通りでした。

私が読んだ東京創元文庫の「アクロイド殺害事件」でも、本の冒頭の解説文に、そのようなことが書かれていて、私は犯人を知った上で読んでみたのですが、これで気づく人がいるのじゃないか?と思ってみたりもしました。

「アクロイド殺し」をクリスティーが発表したのが1920年ですが、トリック自体には、先行した小説が存在すると、何かの本で読んだ記憶がありましたが、ウィキペディアを見たら、1917年のスウェーデンの小説家のものがあるらしいですが、初めからトリック自体は隠されてはいないとのことで、そうなると、別物のような気がしますね。

私の好きな小説家の谷崎潤一郎さんに、「私」という短編小説があり、「アクロイド殺し」と同様の趣向で、クリスティーより先に発表されていたと何かの解説文で読みましたが、1921年のようですね(?)。

ウィキペディアには、【1921年に谷崎潤一郎が発表した『私』もこのトリックを使っており、その際、芥川龍之介から、イタリアにああいうものがあると言われたとのちに書いている(春寒)が、この作品は特定されていない。】と書かれています。

集英社文庫の「文豪のミステリー小説」に収録されている、久米正雄さんの短編小説「嫌疑」も同趣向だったという、ボンヤリとした記憶がありますが、どうだったかな?
いつの作品なのか、検索してみても、わかりませんでした。

まぁ、同趣向のトリックを思いついたとして、それを作品化する際、どう面白くするかが問題で、このテレビドラマにおける、斎藤由貴さんのキャラクター、クリスティーの場合なら、シェパード医師の姉になりますが、その面白さが重要となってきますね。

今回のテレビドラマで、クリスティーのポアロにあたる、野村萬斎さんの探偵に、初対面の刑事が、「部下が、鬼怒川の事件ではお世話になった」と話しかける場面がありました。

クリスティーなら、「ナイルに死す」にあたるのかもしれませんね。

昔、映画化された「ナイル殺人事件」を観に行きましたが、また、映画化されるようです。

この前、観た新作の「オリエント急行殺人事件」のラストシーンで、ポアロが、「これからナイルに向かう」と言っていました。

三谷幸喜さんによる、鬼怒川温泉を舞台にしたテレビドラマ版も拝見したいものです。

f0151647_03403514.jpg

f0151647_03412038.jpg

f0151647_03420263.jpg

f0151647_03431624.jpg

f0151647_03442523.jpg

f0151647_03453559.jpg

f0151647_03514781.jpg


by hitcity | 2018-04-15 07:21 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル