> カテゴリ
> 以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
遅くなり申し訳ございませ..
by 黒川じょん at 11:11
そうそう、午前10時55..
by でじまる at 19:19
午前10時55分からの同..
by hitcity at 00:40
松乃屋雪之丞さん ..
by hitcity at 17:00
> メモ帳
> 「ひとりカラオケ」初体験
f0151647_01500274.jpg

●5月10日・木曜日

明日の金曜日が代休になり、火曜日と日曜日の休みが、金曜日と日曜日の休みとなり、時代劇マンガを描く参考になるかと、前から行きたかった京都太秦映画村、行くなら平日のほうがいいだろうと思い、火曜日より金曜日のほうが、翌日に1日出勤しての休みでラクだろうと、11日の金曜日の休日に行くつもりにしていました。

5日の土曜日の代休に、上映時間を間違えて観ることができなかった、シネ・ヌーヴォでの「月夜釜合戦」が、5日(土)から11日(金)の1週間、午後2時20分からの上映で、今日の木曜日、午前3時から正午からの勤務を終えて帰宅後、観に行くことにしました。

家のそばのバス停から午後1時38分のバスに乗り、地下鉄・住之江公園駅から乗り換えて、シネ・ヌーヴォに向かおうとしましたが、途中で、間に合わないことに気がつきました。

南海電車と阪神なんば線を使えば間に合うので、バスと地下鉄で行っても間に合うかと、勘違いしていました。

280円の地下鉄の切符で西梅田まで行くことができるので、梅田まで行くことにしました。

梅田へ来るのは久しぶりで、大阪駅前第3ビルの地階の「もっきりや」で、「貸本マンガ史研究」の新しい号をやっと購入しました。
第2期05号(通巻27号)。
600円。

筑摩書房の「少年漫画劇場(6)時代劇」も購入。
「赤銅鈴之助」(武内つなよし)、「さいころコロ助」(益子かつみ)、「死神剣士」(白土三平)が収録。
520円。

以前は、女性店員がいましたが、男性店員になっていて、「桑田次郎の○○が○○です~!」とか、レジに座って、パチンコ屋の呼び込みのような発声をしていました。
お釣りを渡す際、「○○万円」と言っていました。

曲名など検索していて、JOYSOUNDのカラオケに、まさか、URCレコードのこんな曲まで入っているのかぁ~と、一度、行ってみたいなと思っていた、ひとりカラオケに行くことにしました。

ドン・キホーテ梅田本店のそばにある店に、午後3時10分頃に入りました。

20室ほどあるうち、満室だったようで、1室があいたところで、清掃待ちに5分ほどというところでした。

私のあとに、学生らしき男と、営業マンという感じの男が入ってきて、待つことになるようでした。
人々は、こんな時間に、気楽に歌をうたっていたのか。

JOYSOUNDかと受付の女性店員に尋ねると、それなら90分待ちになり、DAMの部屋しかないとのこと。

何を歌いますかと訊かれ、ムーンライダーズと応えると、曲名ですか?と、その若い女性店員。

世間には知られていないのだなぁ~と、しみじみとするが、女性店員が、専用のタブレットで検索してみたら、ムーンライダーズの曲もあるようで、入ってみることにしました。11号室。

JOYSOUNDで検索していて見つけて、歌いたかった、「つれなのふりや」(PANTA&HAL)、「大阪へやって来た」(友部正人)、「百合コレクション」(あがた森魚)、「腰まで泥まみれ」(中川五郎)、「夜空のロックンローラー」(斉藤哲夫)、「君の窓から」(ディラン・セカンド)などは、DAMには、ありませんでした。

JOYSOUNDには、数十曲あったのに、DAMでは、あがた森魚さんは4曲、PANTAさんは1曲だけでした。

中川五郎さん、斉藤哲夫さん、ディラン・セカンドは、検索の結果が出ませんでした。

f0151647_01514804.jpg

f0151647_01534384.jpg

個室で、ヘッドホンをつけての歌唱となります。

JOYSOUNDで検索していた時には、ひとりカラオケに行けば、最初の曲は、ムーンライダーズの「モダン・ラヴァーズ」にしようと思っていましたが、DAMには、ないようでした。

あの曲は、ムーンライダーズの代表曲のような気がしますが、見落としたのかな?
いや、ありませんでしたね。

f0151647_01555767.jpg

f0151647_01574253.jpg

ひとりカラオケの初体験の第1曲目は、ムーンライダーズの「くれない埠頭」となりました。

ムーンライダーズの収録曲を見て、引き続き歌いました。

ここに、セットリストを書いていくことにします。

●ムーンライダーズ

「くれない埠頭」

「青空のマリー」

「9月の海はクラゲの海」

f0151647_02004504.jpg

f0151647_02022118.jpg

●はちみつぱい

「塀の上で」

f0151647_02082929.jpg

f0151647_02054291.jpg

●大瀧詠一

「雨のウェンズディ」

「白い港」

「我が心のピンボール」

「恋するカレン」

f0151647_02121908.jpg

●岡林信康

「26ばんめの秋」

「申し訳ないが気分がいい」

f0151647_02152819.jpg

●あがた森魚

「キットキット!!遠く遠く!!」

f0151647_02184790.jpg

●はっぴいえんど

「朝」

「風をあつめて」

f0151647_02204314.jpg

●RCサクセション

「わかってもらえるさ」

「多摩蘭坂」

f0151647_02221581.jpg

f0151647_02234235.jpg

●友部正人

「一本道」

f0151647_02252438.jpg

●五つの赤い風船

「遠い空の彼方から」

カラオケも、風船サウンドだった。

f0151647_02270047.jpg

●ジャックス

「ラブ・ジェネレーション」

f0151647_02283708.jpg

f0151647_04063126.jpg

●山下達郎

「夏への扉」

ピートは、小説「夏への扉」(H.G.ハインライン/福島正美・訳)に登場する猫の名前ですね。

f0151647_02303554.jpg

●加山雄三

「夕陽は赤く」

f0151647_02313147.jpg

●渥美清

「泣いてたまるか」

f0151647_02322970.jpg

f0151647_02331744.jpg

●サイモン&ガーファンクル

「スカボローフェア」

カナがふってあるので、助かります。

f0151647_02340397.jpg

平日の昼、60分なら、480円で、ヘッドホン使用料が100円。
90分なら、ヘッドホン付きで、680円。

90分にする。

受付の近くにドリンクバーがあって、ソフトドリンク無料だけれど、入室の際、紙コップにカルピスウォーターを1杯のみ、部屋から出るのが面倒なので、あとは飲まなかった。

「あと10分間になると点滅します」と書かれた小さなライトボックスがあり、点滅しだしましたが、終了の際には、モニター画面が消えるのだろうと思っていましたが、緊急警報のサイレンのような音が室内を響きまわりました。

あわてて、モニター画面の電源を切りました。

ドアをノックして、受付の女性が、「時間ですよ!延長料金になりますよ!」と怒ったように言ってきました。

時間がきたら自発的に皆は出ているらしい。
延長料金は、30分、280円。

初体験の人間には、やさしくしてほしい。

しかし、90分680円で、20室ほどで、飲み物無料で、こんな1等地で、商売になるのかなと思ってしまいますね。

店を出たのは、午後4時50分で、大阪駅前第1ビルの地階で、890円のカバンを買ったあと、地下鉄とバスを使って帰宅すると、午後6時頃になっていました。

よく「ストレス解消」という言葉を聞きますが、ひとりカラオケのあと、こういう気分になることなのかなと思いました。


by hitcity | 2018-05-11 04:35 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル