> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> 「忍者旋風」が届きました。
スマートフォンで、Amazonの本を検索すると、次のように表示されます。

小学館クリエイティブの「忍者旋風一未復刻集成」を検索してみます。

↓アドレスは次のようになっています。

https://www.amazon.co.jp/忍者旋風―未復刻集成-白土-三平/dp/4778031474

その画面は、次のように表れます。

f0151647_16063292.jpg

内容紹介

貸本短編誌に発表された幻の傑作を初集成!『忍者武芸帳』が刊行を開始した1959年に貸本短編誌『忍者旋風』(東邦漫画出版社)に発表された短編5作を原本に沿って「風の巻」「炎の巻」の2分冊で復刻。さらに別冊付録として「富士の天兵」(58年『漫画王』付録)を収録し、ケースに収めます。 
「風の巻」には、忍者どうしの技の腕比べが楽しい「くの一の術」、妖術に立ち向かう剣士の復讐を描く「幻妖めくらましの術」の2編に、未復刻の「真田剣流」予告編漫画を収録。 
「炎の巻」には、複数の忍者が「猿飛の術」を駆使する謎をめぐる「猿飛誕生」、「武芸帳」の無風にそのモチーフがつながる原形となった「鳥人」、「土左衛門」の3編を収録。 
さらに、月刊誌「漫画王」に発表された「富士の天兵」(1958年)を別冊付録として収録。巻末にはそれぞれ、なぎら健壱、高取英各氏などのエッセイを収録します。 


この商品について

商品の情報


出版社 小学館クリエイティブ

発売日 2010/9/1

言語 日本語


新品としての価格の表示がありますが、

「新品&中古品(4) 2300円より」

というような表示が出て、それをクリックすると、扱っている店舗名と価格の一覧が表示されます。


f0151647_23173065.jpg


ひとつ前の枠で、「POPEYE」(6月号)に、川勝徳重さんと本棚が映った写真が載っていることを書きましたが、本棚の右上の端に映っているのが、小学館クリエイティブから刊行された箱入りセットの「忍者旋風一未復刻集成」らしいと思いました。


私が小学生の頃に、コダマプレスや朝日ソノラマや小学館や秋田書店から、新書判コミックスが刊行されだして、初期のその頃、コダマプレスから、全4巻で「忍者旋風」(白土三平)が刊行されました。


もとは貸本マンガとして描きおろしで刊行されたマンガです。


このマンガを久松文雄さんがリメイクして月刊誌「ぼくら」に連載されたのが「風のフジ丸」で、テレビアニメになりました。


主題歌は、「♪時は戦国、嵐の時代~」と始まって、「♪フジサワ~、フジサワ~」と終わります。


当時のテレビアニメの「鉄人28号」も、主題歌の最後は、「♪グリコ~、グリコ~」となっていて、スポンサー名が採り入れられていました。


「♪フジサワ~」は、スポンサーの藤沢薬品からで、藤沢薬品は、現在は、アステラス製薬となっていますので、現在、テレビアニメ化されていたら、タイトルは、「風のアステラ丸」になっていたかもしれませんね。


「忍者旋風」は、白土三平作品で、私が最も好きなマンガだと言ってもいいと思います。


「風のフジ丸」も好きで、何十年ぶりかで単行本化されたのも購入しました。


「忍者旋風」は、白土三平さんが月刊誌「少年ブック」に連載された「真田剣流」「風魔」と続く3部作だと何かで読んだことがあるように思いますが、このころの白土三平さんの絵が最も好みです。


「真田剣流」には、直木三十五さんの小説「南国太平記」から、かなり影響を受けているところがあると思いますが、どうなのでしょう?


小学館クリエイティブの「忍者旋風一未復刻集成」は、貸本マンガの「忍者旋風」の復刻本のように思っていたのですが、検索してみて、「忍者旋風」とは違った内容のセットだと知り、川勝さんの本棚にあるということは、それなりに見る価値がある本なのかと、気になってきました。


しかし、ほかの小学館クリエイティブの刊行物同様、高価格です。


Amazonの中古で、2300円であるけれど、それでも、現在の私の経済状況から言うと、厳しい。


今週の28日の月曜日の午後5時頃だったと思いますが、ツイッターで、ロフトプラスワン・ウエストで、当日の午後7時から、町あかりさんのバースデー・コンサートがあることを知りましたが、間に合わない!


明日の火曜日は勤務が休みなので、知っていたら行ったのに!と、残念に思いました。


まぁ、しかし、シカク歌謡祭で、町あかりさんのステージは拝見したこともあるし、入場料やドリンク代と交通費が浮いて助かったと思うこともできる。


そうだ!その浮いたお金で、「忍者旋風一未復刻集成」を購入しよう!と、スマートフォンで、前述のAmazonの中古の最安値の店の、注文確定をクリックしました。


そして、3日後の今日の31日の木曜日に到着しました。


午前3時から正午までの勤務のところ、1時間の残業があり、午後2時前に帰宅すると、郵便受けに、2つ封筒が入っていました。


「忍者旋風一未復刻集成」は、箱入りセットのはずで、配達不在票が届くと思っていたので、どういうことかなと思いながら、開封しました。


汐文社のホーム・コミックスとして全4巻で刊行された「忍者旋風」が、2冊ずつ封筒に入っていました。


f0151647_18253404.jpg


「未復刻集成」と付くのと付かないのでは、内容は違っているのだけれど、同じ「忍者旋風」というタイトルなので、勘違いをされたのだろうと思い、メールを送らせてもらいました。


Amazonで中古品を購入する際は、店舗名のみで、届くまで、どこにある店かわかりませんが、阿佐ヶ谷のネオ書房というところでした。


私が高校生時代、兄が阿佐ヶ谷のアパートで暮らしていたので、夏休みなどに、そこで滞在させてもらっていたことを思い出したりしました。


兄が通勤の際、駅前で、永島慎二さんを見かけたとか言っていましたが、永島慎二さんのマンガを手にして、登場する景色を探して歩いたりしました。


永島慎二さんのマンガによく登場する「喫茶ぽえむ」に行き、マンガに登場するマスターを見たりもしました。

マンガの人物とよく似ていました。

お客さんと、カセットテープがゆるんだ際の巻きかたの話をされていました。

永島慎二さんの絵入りのマッチ箱が売られていたので購入しました。


そんな思い出に浸っていると、返信メールが届きました。


【高木様

コンデション 説明で 汐文社版としておりますが お読みに為りませんでしたか。説明どうりだと思います。アマゾンにといあわせてみて下さい。

5月31日 ネオ書房】


スマートフォンでAmazonで、「忍者旋風一未復刻集成」を検索して現れるのは、このブログの上部、雑誌「POPEYE」のページの写真までの文章と、その本の表紙の画像だけです。


あとは、扱っている店舗名と価格の一覧だけで


ですから、私は、汐文社版だということは知りませんでした。

あくまでも、小学館クリエイティブの「忍者旋風一未復刻集成」の項目内でのことです。


汐文社の4巻揃いで、2300円だとしたら、高く感じて買おうとは思わなかったでしょう。


試しに検索してみたら、汐文社の4巻セットが、まんだらけ通販では、1200円で、査定は、それぞれ違いはあるでしょうが、私は、そんなものではないのかなと思っています。


コダマプレスの新書判サイズを持っていましたが、この汐文社版が出た際、大きくなり、貸本サイズでもあるので、4冊を購入してもいましたし、新たに買う必要はなかったのです。


しかし、メールに、こう書かれてくるということは、パソコンで見た場合は、そういう説明を見ることができるのかもしれませんね?


パソコンが故障して以来、インターネットは、スマートフォンのみで、確認することができません。


届けられた商品名は、「忍者旋風一未復刻集成」となっていて、それは、汐文社版ではないことは確かだと言えるのですが。


コダマプレスのほかにも、秋田書店から「白土三平選集」として刊行されたこともあり、「未復刻」では、ないからです。


まぁ、しかし、説明をされているということだし、あきらめることにしましょう。


コダマプレス版も汐文社版も所有はしているものの、家のどこにあるかはわからない状態だし、久しぶりに、読み返してみることにしましょう。


by hitcity | 2018-05-31 18:57 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル