> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
> 今日も明日も「素晴らしき日曜日」        2008.5.24.
今夜9時から、BS2で、黒澤明監督の「素晴らしき日曜日」の
放送があります。

私は、この映画は好きで、こういうことは、その時の気分によって
違ってくるものですが、今日なら、「私の好きな黒澤明作品ベスト3」
として、「七人の侍」「生きる」の次に挙げてみたい気がしています。
f0151647_16464785.jpg

「帝塚山音楽祭」について、いろいろ紹介させてもらいましたが、
いよいよ、本日からですね。
私は、明日、行くつもりにしています。

紹介していないことで、お勧めとしましては、
「ライブ・ダ・チン(チン電ライブショー)」があります。

走行する路面電車内での「吉崎ひろし&N.B.Project」による
コンサートです。

両日とも、18:30出発〜19:34着/19:39出発〜20:41着
で、「姫松駅」集合です。
乗車の申し込み場所は、万代池公園内にあります
(毎年、そうなので、こう書きましたが、公式サイトで
御確認のほど、よろしくお願いいたします〜)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

出発する駅は、会場の万代池公園のそばの「帝塚山三丁目」から
ひと駅、北にある「姫松駅」です。

加川良さんのLPレコードのジャケットに、森英二郎さんが
イラストで描かれていますが、今も変わらず、ほとんど
この絵のままという感じです。

LPレコードもCDも持っていて、気に入っているアルバムですが
(高田渡さんの息子の蓮さんの赤ちゃん当時の声が収録されています)、
いま手元にないので、インターネット検索して、画像を拝借させて
もらいます〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「帝塚山音楽祭」での、その路面電車内のコンサートに参加し、
客席に座っている私が映っているモノクロ写真が、月刊誌の
「大阪人」に載っていたこともあるのですが、いま手元にないので、
紹介できず、残念です。

そういえば、月刊誌「編集会議」に、「帝塚山音楽祭」の
運営スタッフである御夫妻の写真が載っていたことがありました。

その雑誌も、いま手元になくて(そんなこんなで、今日は、午前9時に
散髪しに行き、帰宅してからは、昼食時間を除いて、ずっと、本の
整理作業をしているんですが〜)、そういえば、ミクシィの日記で、
昨年、そのことに触れていたので、再録させてもらうことにします。

ミクシィからの再録の場合、画像が小さくなってしまいますが、
御了承を願います。

その「編集会議」も、手元にあれば、表紙とともに、スキャナーで
画像として取り込みたいものですが〜。

以下、再録です。
f0151647_16471574.jpg

【mixi日記】
2007年05月24日21:50「第21回・帝塚山音楽祭」

2002年の夏のことなので、もう残っていませんが、一度、
「帝塚山音楽祭」の公式サイトの掲示板に書き込ませてもらった
ことがありました。

上の画像は、その頃に発行された月刊誌「編集会議」の8月号から
です。

荒木経惟さんが、大阪の人間を約1000人撮影して、
「日本人ノ顔・大阪編」として3册の写真集を刊行されましたが
その第1册目が刊行された時の特集です。

写真集で1ページに1枚として収録されていた写真が、
このアラーキーのインタビュー記事の中央に、縮小して並べて
掲載されていますが、このページの下から2段目の右のおふたりが
御夫婦で、帝塚山音楽祭の実行委員をしていることを、
「日本人ノ顔(大阪3-1)」の巻末の自己紹介文に書いて
おられたのを読んで記憶していた私は、この雑誌のことを
報告したくなって、書き込んだのでした。

そして、掲示板で、お礼の御返事をいただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんで、そんな人のことまで記憶しているのか〜といいますと、じつは、
私も、この写真集に載っているのです〜(汗)。

撮影される時、その肖像権は、アラーキーの手に渡る旨の契約書に
サインをして、それで、この雑誌にも掲載されたのですが、通知が
あったわけではなくて、たまたま書店で気がついたので、実行委員の
御夫妻にも教えてあげたくなったのです。

第1册目には320人ほどが載っていましたが、この雑誌には、
そのうちの150人ほどが載っていました。
光栄なことに、私も入っていました。

私も上の画像の2ページの32人の中に入っているんですよ〜(汗)。

尚、図書館にいつまでも残り続ける本に、たまたま、その時期に
かけていたメガネで残るよりも、素の顔のままで残っておこう〜と、
その時はメガネをはずしましたが、通常は、かけています。念のため。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この写真集は、撮影モデルには、4千円で申し込めば、アラーキーの
直筆のサインとイラスト入りで届きましたが、自分の映った写真の
オリジナルプリントを額装して、サイズ別に、5万円と10万円で
販売もされていました。

掲示板の書き込みによりますと、その御夫婦は、そのオリジナル
プリントも申し込まれたとのことでした。
さすが、高級住宅街の帝塚山の住人だな〜と感心しました。

そんな高価なもの、とても私は申し込めませんでしたが、自分の顔写真を
部屋に飾るなんていう気分には、まず、ならないですしね〜(汗)。

大阪編は1册4千円でしたが、この企画は、福岡、鹿児島、石川、青森
と続いていますが、福岡以降は、写真集自体の価格が、税別で1册
2万5千円になっているようです。

最初の競争率もなく安い価格のうちで、よかったぁ〜。

………………………………………………………………………………………

以上、再録です〜。

閉鎖されたミクシィの中だったので、「編集会議」のページの私の顔も
モザイクなどの画像処理をしませんでしたが、これだけいたら、
どれなのかわからんだろうし、男前と勘違いされる可能性もあるので、
あえて、そのまま、載せさせてもらうことにしましょう〜(汗)。

尚、久しぶりに、「日本人ノ顔」で検索してみましたが、その後、
佐賀でも撮影が行なわれたようです。

http://www.j-face.info/
by hitcity | 2008-05-24 16:58 | Comments(0)

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル