> カテゴリ
> 以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
遅くなり申し訳ございませ..
by 黒川じょん at 11:11
そうそう、午前10時55..
by でじまる at 19:19
午前10時55分からの同..
by hitcity at 00:40
松乃屋雪之丞さん ..
by hitcity at 17:00
> メモ帳
2012年 03月 12日 ( 1 )
コメント欄               2012.3.12.
★又六さん

10代、20代のころは、映画史に残るような映画の
上映には、よく行っていました。

家庭用のビデオが存在していなかったり、普及していなかった
ころには、映画館のほかにも、様々な会館のホールや会議室などを
使って、自主上映で、そうした映画が上映されていました。

「アンダルシアの犬」 「アタラント号」「カリガリ博士」
「イントレランス」「ナポレオン」「悪魔の発明」
「メトロポリス」「戦艦ポチョムキン」「雄呂血」等々。

「狂った一頁」や「十字路」も観たい映画でしたが、機会が
ありませんでした。

そうした映画研究の目的で映画を観に行ったのは、
「ゴダールの映画史」が最後だったかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週の木曜日、本屋の文庫本の新刊コーナーで、
ちくま学芸文庫の「ゴダール映画史(全)」を見かけましたが、
文庫本で、2400円でした。

講談社文芸文庫でも、そんな高価格なものは、出たことが
ありませんね。
もしかして、文庫本の最高価格の本?

講談社文芸文庫の新刊で、「スフィンクスは笑う」(安部ヨリミ)
という本が出ましたが、安部公房さんの母親が小説を書いていた
ということを初めて知りました。

サイトでは、「安部公房を生んだ幻の名作」と紹介されていますが、
文章として、正しいような、正しくないような?

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=290148X

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ヒューゴの不思議な発明」の新聞広告は、メリエスと、その研究者の、
ふたりの男が、映写機を挟んで立っていて、少年は、一切登場していない
ものに変わっていました。
コピーも、映画黎明期を描くとか、そういうことを押し出していて、
売りかたを変えたようです。

少年が主人公のファンタジー映画(と言えるのは、夢の中のことだけ
のような?)としては、私は、退屈きわまりないものだと思いました
(「週刊文春」の映画チャートでは、おすぎさんが同意見でした)。

駅の時計台の中の歯車の中で暮らす少年、宮崎駿さんのアニメ映画の
設定のようにも思え、歯車や階段を、速い速度で駆け巡るアニメの
映像が思い浮かんだりもしてきますが、実写の場合、どうしても
動きが遅くなるので、それで、退屈に感じたのかな?と思ってみたりも
しました。

駅の中での近所づきあいをする人々の描写、犬を連れたおばさんや
花売り娘、ちよっとずつ、各人にエピソードがありますが、
アニメの場合、少しのエピソードでも、それなりに心が暖まったりも
するのですが、実写で、ちょっとしたエピソードだけだったら、
すんなり感情移入できずに、邪魔なだけというような気持ちになったりも
しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はじめに、ビデオ普及以前は、ホールや会議室での上映会に
よく行ったことを書きましたが、2番館、3番館で、ロードショー公開から
しばらくたってから、安く2本立て公開される映画を、よく観に行った
ものでした。

ナンバでは、戎橋劇場や南街地下劇場。
梅田では、大毎地下劇場や大毎名画鑑賞会。

「ヒューゴの不思議な発明」のマーティン・スコセッシ監督作品では、
ザ・バンドというバンドの解散コンサートを描いた「ラストワルツ」という
映画が上映される度に観に行き、5回以上、観たという記憶があります。

なんせ、家庭用ビデオのない時代、映画の気に入った場面を観たく
なったら、名画座にかかる機会を逃すわけにはいきませんでした。

「ラストワルツ」は、ラストシーンが特に好きで、そこを観たいと思っては、
映画館に行ったものです。

それが、ユーチューブで、簡単に観ることのできる時代になったので、
しみじみしますねぇ~。

「ラストワルツ」の何回かは、友達を誘って観に行ったものですが、
ユーチューブだったら、そんなこともなくなりましたね。

こうして、ブログに貼り付けるのが、友達を誘ったことになるのかな?

何度目かに、大毎地下劇場で、「ラストワルツ」を観た際、バンドの
メンバーたちが思い出を語る中で、「当時、○○○という高級住宅街に
住んでいたんだ」という字幕が出る場面で、客席で、ひとり、笑う男の声。

アメリカ人のようで、冗談で言っていたことなのか~と、納得した
覚えもあります。


by hitcity | 2012-03-12 19:11 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル