> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
2015年 07月 14日 ( 1 )
7月13日(月曜日)・若尾文子映画祭「卍」
f0151647_16394334.jpg

昨日の月曜日の休日。
いよいよ時代劇マンガ、アミのグラデーションのスクリーントーンを何コマ分か貼り付ければ作業は終わりというところまできた。
すでに2枚のアミのグラデーションのスクリーントーンを、あちこちに貼ってきた。
残す数コマ分だけれど、う~ん、手持ちではない、もっと濃淡の幅がせまいグラデーションのトーンが欲しくなってきた。

九条のシネ・ヌーヴォで土曜日から「若尾文子映画祭 青春」が始まり、土曜日の休日に映画評論家のミルクマン斉藤さんのトーク付きの「卍」の上映があり、行こうかなと思ってみたが億劫になってやめていた。
日曜日の夕方からも上映があり、午前3時から正午までの勤務から帰宅後、行ってみようかとも思ったが、1時間の重労働の残業があり、帰宅後、動くことができないほど疲れたので行かなかった。
この日、午後0時50分からの上映があり、90分の映画だし、画材店のついでに観に行くには丁度いいように思え(映画は90分ぐらいがいいですね)、谷崎潤一郎ファンとしては観ておくほうがいいかなと、やっぱり行ってみることにしました。
谷崎潤一郎さんの場合、ファン心理としては、どうせ原作には叶わないのだから、小説として完璧な面白さがあるから、という理由で、あまり映画化作品を観に行く気持ちにならないところもあります。

「卍」の映画化作品は、樋口可南子さん、高瀬春菜さん、原田芳雄さんによるものをテレビ放送で観て、古本屋でパンフレットを入手したことがありました。
この若尾文子さん、岸田今日子さん、船越栄一さん、川津祐介さんの「卍」のほうが原作に忠実で、その点、谷崎潤一郎ファンの私は、より楽しめました。

露出は、それほどのことはないですが、それでも、全身となると、後ろ姿だったり、首から下だけしか映らなかったり、別の女性が担当することになっているようでした。
今の時代なら、どうということもなく、若尾文子さんも岸田今日子さんも御本人で演じられたことでしょう。

当時の大阪の映像を楽しみにしているところがありましたが、浜寺(堺)まで海水浴に行くというのはセリフだけでした。
ほとんど全部、室内の描写だけの映画でした。

こういう関西弁の映画は、イントネーションの違いなど気になる場合がありますが、それは全く気になりませんでした。

面白い映画でした。
私が観た変な映画ベスト5には入るような気がします。
新藤兼人さんの脚本もよくできていて、たとえば、このまま、AKBの誰かと誰かの共演とかでリメイクしても面白いかなと思ってみたりもしました。

岸田今日子さんが谷崎潤一郎さんらしき人物に語りかけるという設定で、無言のその作家が、しばしば映り、容貌は谷崎さんらしいところもありますが、女性に対しては、谷崎さんは、もっと陽気な対応をされるのでは?と思ってみたりもしました。

「若尾文子映画祭」として観たわけですが、岸田今日子さんが、より良い映画だったと思います。
「砂の女」や「この子の七つのお祝いに」など、「岸田今日子映画祭」も開催して欲しいと思いました。

映画の題字は谷崎潤一郎さんで、ロビーに展示されているポスターの「卍」の文字も谷崎さんによる同じものでした。
f0151647_16425963.jpg

上映開始10分ほど前に到着、整理券は25番だった。
何度か笑い声が起こり賑わっているミニシアターの印象がありました。
入場料1400円。「卍」は初デジタル化。

●若尾文子映画祭 青春
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/wakaoayako/wakaoayakosche.html
by hitcity | 2015-07-14 15:56 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル