> カテゴリ
> 以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
今日はコミックフリマを案..
by 初代・松乃屋雪之丞 at 16:24
ラジオのニュースで知った..
by 浪花商人・田中屋平吉 at 16:39
今日は40年振りに大阪市..
by 浪花商人・田中屋平吉 at 20:52
了解しました。今度の日曜..
by hitcity at 16:31
せっかくのお誘いですが、..
by 田中平吉之守忠義 at 15:49
東郷青児のマンガは見たこ..
by hitcity at 21:48
東郷青児は小生も好きです..
by 田中平吉之守忠義 at 20:09
楽しかったですね。インタ..
by hitcity at 22:22
喫茶プラネは懐かしい! ..
by 田中平吉之守忠義 at 16:14
高木さんは又六さんのメー..
by 神戸鶴亀本舗 at 19:48
> メモ帳
2018年 01月 13日 ( 1 )
「どうにかなりそう」(岡藤真依)
●1月8日の月曜日の祝日の休日【2】

f0151647_14562100.jpg

f0151647_14573440.jpg

なんばパークスシネマで「勝手にふるえてろ」を観たあと、やよい軒で晩御飯を食べて、宗右衛門町のクロスオーバーの「アメコミぼんやりガイドLIVE」に向かう前に、「スタンダードブックストア心斎橋」に寄ってみることにしました。

f0151647_15492161.jpg

「スタンダードブックストア心斎橋」は、道頓堀の戎橋とか心斎橋筋商店街からだと、御堂筋を西に横断した場所にあり、アメリカ村のある、そちら方面は、私は、年に一度、行くかなという程度(シネマート心斎橋か、まんだらけグランドカオス店)で、「スタンダードブックストア心斎橋」には、2011年の12月以来に来ました。

その時、初めて、この本屋に来たのですが、隣接した喫茶店のスペースで、万城目学さんの電子書籍による「プリンセス・トヨトミ」の朗読会に参加する目的でした。

●12/16=1★万城目学さんが電子書籍で読書会
2011.12.21.
http://hitcity.exblog.jp/16978019/

から、4枠にわたって、そのイベントに関して書いていましたが、上の写真は、その時に取材に来ていた毎日放送テレビのニュース番組「VOICE」で、翌月に放送された映像からです。
この客席に私もいたわけです。

6年ぶりに「スタンダードブックストア心斎橋」に来たのは、岡藤真依さんのマンガの単行本の「どうにかなりそう」のサイン本を購入するためです。

f0151647_15013547.jpg

f0151647_15034053.jpg

岡藤真依さんのツイッターで、1月5日に、次のような告知がありました。

【岡藤真依単行本発売中@maiokafuji】さん
スタンダードブックストア心斎橋店様に📚サイン本描かせていただきました!一つ一つ心をこめて描きました!(数量限定)是非乙女たちをお家に連れて帰って下さい⭐️担当の方とどの子がいいか等話が盛り上がりミニ女子会になりました。語れる漫画「どうにかなりそう」をどうぞよろしくお願いします!!

https://t.co/Pco1rTsV4H
の添えられた写真2枚、1枚は、岡藤真依さんが(顔は写っていませんが)本にサインをされている写真で、積まれた本との合計7冊が写っています。

もう1枚の写真は、見本として、うち1冊に描かれた絵とサインを撮った写真です。
拝借させていただきますが、こういう写真です。

f0151647_13564554.jpg

私が購入した際は、パックされた表紙の上に、「サイン本」と表示された本が2冊ありました。
その表示がないのが1冊と。

サイン本を購入することができて、ひと安心しましたが、なんとっ!私が購入した本が、ツイッターで見本にされていたのと同一のものでした。

f0151647_16134758.jpg

私が、岡藤真依さんのことを知ったのは、昨年のことなのかな。
東京の画廊で作品展が開催されることを記されたツイッターによってでした。
どなたかが、それをリツィートされていて、私の目に触れたわけです。

そこに添えられた、岡藤真依さんの自作の1枚画を拝見し、しびれてしまいました。

それで、岡藤真依さんをフォローさせてもらうようになり、今回の情報に接することができた次第です。

f0151647_16152149.jpg

序章と第十話までのマンガで構成された、オールカラーの本です。

オムニバスで、それぞれ主人公が違っていますが、同じ学校内を舞台にされていて、それぞれのキャラクターに関わりがあり、映画「トリュフォーの思春期」を思い浮かべてみたりしました。

「第四話 文学少女」では、谷崎潤一郎さんの小説「富美子の足」を題材にされていて、谷崎潤一郎ファンの私は嬉しくなりました。

直接、そのままマンガ化されたものではないのですが、いくつか谷崎潤一郎作品をマンガ化されたものを見ましたが、その中で、最良のものだと思えました。

日本の短編小説のアンソロジーを翻訳してフランスで刊行されたことがあり、その日本版として、分厚い上下巻の本で、文藝春秋から刊行されたことがありますが、谷崎潤一郎さんの作品からは、この「富美子の足」が選ばれていました。

いま検索してみたら、「日本の短編(上)」だけ、Amazonにあって、中古本が、なんと、26円になっていました。
発行当時に、2冊揃えましたが、けっこう高価格だった記憶があります。
値打ち、あると思いますよ。

「どうにかなりそう」を拝見していると、どのような女性が、こんなエロいマンガを描かれているのだろう?という興味がわいてきますが、想像するのが楽しいところがありますね。

でも、もしサイン会を開催されるのならば、この「第四話 文学少女」の主人公と同じ、夏服のセーラー服で裸足という格好でしていただきたいなと思ってみたりもしました。

綺麗な線と色彩により描かれた美しいマンガです。

イースト・プレスより、12月24日に発行、税別1199円。

岡藤真依さんのツイッターで、「第一話 放課後」を読むことのできるサイトが紹介されていました。

●「どうにかなりそう」(岡藤真衣)
第一話 放課後
http://matogrosso.jp/dounikanarisou/01.html

f0151647_16173866.jpg

挟まれたシオリでは、「第四話 文学少女」の少女が、文庫本の「春琴抄」(谷崎潤一郎)を手にしていました。

f0151647_16210022.jpg

そのシオリを引っくり返せば、文庫本の「こころ」(夏目漱石)を胸に抱く少女。

マンガの中に、国語の授業で、「こころ」を教材にしている場面があり、私は夏目漱石さんも好きで、「こころ」も面白かったので、嬉しくなったりもしました。

スタンダードブックストアのブックカバーも、しゃれた感じで良いですね、

by hitcity | 2018-01-13 16:33 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル