> カテゴリ
> 以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
遅くなり申し訳ございませ..
by 黒川じょん at 11:11
そうそう、午前10時55..
by でじまる at 19:19
午前10時55分からの同..
by hitcity at 00:40
松乃屋雪之丞さん ..
by hitcity at 17:00
> メモ帳
2018年 09月 15日 ( 1 )
朝日新聞と週刊文春で「死都調布」
北海道の地震の報道のため休止になった「徹子の部屋」の岡林信康さんがゲストの回の放送は、明日9月19日の水曜日になったようです。

f0151647_22260396.jpg

●9月17日(月曜日)

右脚の膝の具合は悪いままで、今日も午前2時から(月曜以外は午前3時から)正午までの勤務をしてきましたが、右足を引きずったままです。

出勤時には、普通に階段をあがっていけますが、肉体労働を終え、帰宅時に、階段を降りる際には、両足を揃えて1段ずつではなくては降りていけなくなります。

金曜日は、帰宅後、夜の部は夕方4時から開業の整形外科医院に行き、電気療法(この前のはキツくて、しびれまくりました)とリハビリで歩行訓練と運動方法を伝授され、そのあと、両ヒザに注射を射ちます。
当初は5週ということでしたが、今後は、2週間に一度、金曜日に注射をうっていくようです。

リハビリは週に3度は来てほしいとのことですが、金曜日と、私の勤務の休みの火曜日ということにしてもらっています。

台風で、屋根と塀が壊れ、修理をしてもらうため、部屋片付けをしなくてはならなくて(庭の塀が壊れて、その修理のため、部屋をハシゴを通さなくてはならなくて、その通り道を作るために整理)、それが物置小屋周辺と、壊れた屋根の下の2階の部屋の3ヶ所となっていて、忙しくて、このところの休日は、終日、整理作業にかかっている次第です。

大工さんの手配などは、近所に住むおばさん(亡き母の妹)のお世話になっています。

おばさんは毎日新聞の販売店に勤務していて、頼まれて、昨年の9月に、長年とっていた朝日新聞をやめて、毎日新聞に変えました。

そんなに新聞に違いはないだろうと思っていましたが、朝日新聞から毎日新聞に変えて、映画や本に関する情報が、うんと減少することになりました。

私は朝日新聞に「プレイガイドジャーナル」や「ぴあ関西版」のような気分で接していたようです。

それで、土曜日(今年の4月までは日曜日)の朝日新聞の朝刊は、読書面が充実しているので、勤務からの帰りに、コンビニで購入しています。

映画やコンサートや演劇の情報が充実している朝日新聞の金曜日の夕刊は、整形外科医院からの帰り、南海電車の駅の売店で買っています。

9月8日の土曜日、勤務からの帰りに、コンビニで買った朝日新聞の朝刊の読書面の「コミック」の欄を見てみたら、斉藤潤一郎さんの新刊の「死都調布」が紹介されていました。

f0151647_21383061.jpg

「漫画雑誌 架空」の表紙、いずれも斎藤潤一郎さんの絵で、左が2010年12月号(No.11)、右がSPring.2017号(No.15)です。

と書いてみたものの、念のため、確認してみようと、左の12月号の、目次や、あらゆるページを見てみましたが、斉藤潤一郎さんの絵だとは書かれていません。
斉藤潤一郎さんの文章が載っていますが、その中に書かれてもいませんでした。
斉藤潤一郎さんの絵ですよね。

「架空」には私のマンガも載っているので、斉藤潤一郎さんとは、ツイッターでフォローをし合うようになっています。

斉藤潤一郎さんは、突拍子もないような作り話を、唐突にツイッターに書かれていて、面白いのですが、一度、テレビのニュース番組で、連続殺人犯として話題になっていた男性のことを、小学生の頃の友人じゃないのか、あの頃、彼は、どこどこで、こういうことをする少年だったね、というようなことを書かれていて、それに対して、新聞社の記者から取材の依頼をツイッターの返信で受けるということがあり、私は面白い出来事だと思ったものですが、そんなことで喜んではいけない!と怒りの抗議をツイッターで斉藤潤一郎さんに向かって行う人がいたということがありました。

斉藤潤一郎さんはコンビニに勤務されているようで、一度、別の会社のコンビニに移動したというようなことを書かれていて、それからすぐに、ヤフーニュースだったかで、その移動先のコンビニ会社が将来、コンビニ業界から撤退というような記事があり、それをリツィートしたら、斉藤さんが、その記事に「いいね!」と付けておられたことがありました。

私が何かをツイッターに書き込むと、斉藤さんは、よく「いいね!」をくださって、私にとって、最も「いいね!」の多いフォロワーのかたでもあります。

それで、たまに、斉藤さんのツイートに、何か返信をさせてもらい、やりとりをさせてもらうようになりました。

9月8日の朝日新聞の朝刊で「死都調布」が紹介されていたことを、斉藤潤一郎さんにお知らせしなければ!と、ツイッターを拝見すると、すでに、朝日新聞で紹介されたことについて、数人のかたとやりとりをされていて、斉藤潤一郎さんが、そのことを告知されているような雰囲気がありました。
朝日新聞から出版社への連絡があったように思われます。

f0151647_21433921.jpg

9月13日の木曜日、1時間の残業があって、午後1時に勤務が終了。

木曜日の帰宅時には、コンビニで「週刊文春」の新しい号を手にして、興味がある記事があれば購入することにしています(以前は、欠かさず購入していたものですが)。

目玉焼きの絵の表紙の、その新しい号(9月20日号)は購入することにしました。

「文春図書館」の「漫画の時間」のコーナーで、いしかわじゅんさんが、「死都調布」を紹介されていました。

f0151647_22370594.jpg

2003年に「叙情派ひとつ3号」というマンガ同人誌に参加させてもらったことがあり、参加者の白井弓子さんの2007年の「天顕祭」というマンガが、「週刊文春」で、同じく、いしかわじゅんさんによって紹介されているのを見て、「叙情派ひとつ」の関連の「メタ・パラダイム」というサイトの掲示板で、そのことを、お伝えしたところ、御存知ないようで、本屋に行きますというような御返事をいただいたという、ボンヤリとした記憶があり、今回も、斉藤潤一郎さんは御存知ないのでは?と、ツイッターでお知らせさせてもらうことにしました。

斉藤潤一郎さんの最新のツイッターの書き込みに対する返信というかたちで、お伝えすることにしました。

以下、そのやりとりです。

【@jsgkmdr: 『死都調布 南米紀行』は中南米のメキシコから始まり、カリブ海諸国、ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン…と、南下していく予定。 】

【@hithitcity: @jsgkmdr 本日発売の目玉焼きの絵の表紙の「週刊文春」(9月20日号)で、いしかわじゅんさんが「死都調布」を紹介されていて、「今度は、死都調布ものじゃないものが見たいな。」と締め括られていますが、「南米紀行」なら、いいでしょうね。】

【@jsgkmdr: @hithitcity うわあーーーーーー!!いしかわじゅんさん読んでくれたのか!高木さん、ありがとうございます!すぐ買ってきます】

お知らせすることができて、よかったです。

次の号は、明後日の木曜日に発行されるので、興味があるかたは、間に合うように、御覧になってください。

坪内祐三さんの連載「文庫本を狙え!」のページも気に入っています。

角川文庫の「火の鳥6望郷編」(手塚治虫)について書かれています。

f0151647_22105814.jpg

「COM」に連載された「火の鳥」は好きなのですが、「COM」が休刊したのち、「マンガ少年」や「野生時代」に連載された「火の鳥」は、どうも好きになれないところがあります。

「COM」の休刊により途絶えた「望郷編」は、その前の短編の「羽衣編」と絡み合った構成になっているように思いますが、「マンガ少年」で新規に始まった「望郷編」は、まったく「羽衣編」とも関係がなくなり、「マンガ少年」以降の「火の鳥」には、「COM」連載分の名作とは無関係なものになってしまった、「COM」が継続していたら、その後の「火の鳥」を含め、どのような名作になっただろう!という、なんだか無念な思いがあるのです。

でも、坪内さんが紹介されているのを読んでみたら、面白そうな気がしますね。


by hitcity | 2018-09-15 22:12 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル