> カテゴリ
> 以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
★神戸鶴亀本舗さん ..
by hitcity at 17:32
★野谷さん 執筆者..
by hitcity at 17:16
2月7日、読売新聞大阪本..
by 神戸鶴亀本舗 at 20:48
ブログ拝見。 色々思い..
by 野谷 at 09:20
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
> メモ帳
<   2013年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
4月8日(月曜日)・「ステ漫2」の1コママンガ制作
午前4時から正午まで勤務。

帰宅後、一昨日の土曜日の休みに制作していた筆ペンによる立体1コママンガ、一応、完成した気がしていましたが、更に立体化を進めることにする。

裸眼立体視の平行法で確認しながらの作業で、目がまわってくる。

「ステ漫2」には、私が撮影したステレオ写真を9組(2枚1組)を載せる予定で、それは、けっこう前に、一応の作業を終えていましたが、左右の写真の高さや明るさが揃わないといけないので、微調整の必要があると思う。

「EYEMASK」には、木曜日の休日に送らせてもらおうと思います。

遅くなりまして、どうもすいません(いつものことですが。汗)。
by hitcity | 2013-04-08 20:27 | Comments(0)
4月7日(日曜日)・「ステ漫2」の表紙イラスト
午前4時から正午まで勤務。

帰宅後、1コママンガ「EYEMASK」の次号の「ステ漫2」の表紙のイラスト部分の制作。

左右に2枚並べたステレオ写真を裸眼立体視の平行方で見ている人物の絵を左右に2枚並べて、その絵自体が立体に見えるようにしています。

筆ペンで描いた略図みたいなイラストで、デフォルメしまっくている絵なので、それを立体化してみると、前後の関係が現実とは違ってきて、エッシャーみたいになってしまう。

それも面白いと思い、ヨッシャー、これでいこうと思う。
by hitcity | 2013-04-08 20:07 | Comments(0)
4月6日(土曜日)・筆ペン立体1コママンガ制作
朝食に袋麺のラ王みそ味をゆがいて食べたあと、午前8時半から午後5時まで、途中、昼食に袋麺のチキンラーメンをゆがいて食べた以外は、ずっと「EYEMASK」の次号の「ステ漫2」の1コママンガの制作にとりかかっていました。

1コママンガ1点ですが立体視してステレオ漫画(立体漫画)として見えるように作業しなくてはなりません。

同じ絵をコピーして左右に並べて片方の絵の線を移動させる作業です。

前回はパソコンのベジェ曲線で描いた絵だったので線の移動はラクでした。

今回は筆ペンで描いたマンガの立体化に挑むことにしました。

人類にこの手法でマンガを描いた存在はないのでは?と、アホらしく思えてくるほどの手間のかかる作業でした。

果たして完成するのか?と途中で焦ってきたりもしました。

しんきくさい作業で、昔、点描だけで12ページのマンガを完成させたことがありましたが、あの時のしんきくささは楽しかったなぁ〜と思えてきたりもしました。

なんとか完成し、表紙用の筆ペンのイラストの立体化にも着手しようかと思いましたが、疲労困憊のため、明日、仕事から帰ってから着手することにします。
by hitcity | 2013-04-06 19:05 | Comments(1)
コメント欄
★又六さん

ありがとうございます!

「キャビン」という映画のことは何も知らなくて検索してみたら「クローバーフィールド」の脚本家の初監督作品とのこと。

「クローバーフィールド」は工夫に富んだ面白い映画だったので興味が沸き、どこで上映しているのか調べてみたら、心斎橋シネマートとのこと。

ホームページを見て、来週の金曜日に「恋する輪廻」というインド映画のマサラシステムでの上映があることを知りました。

昨年の6月に、この映画館で、「ラジニロボット祭」という「ロボット」の完全版の上映があり、その時は予約制だったので、主催者のかたとメールのやりとりをしたので、もしかしたら、今回の上映についての告知メールが届いているのかもしれませんが、パソコンのほうはインターネット接続できない状態でメールを見ることができないでいます。

又六さんからの「キャビン」についてのコメントがなければ、知らないままでいたかもしれません。

ラジニロボット祭は、こんな感じの楽しいものでした。↓

●ラジニロボット祭・2012年6月20日
http://mblog.excite.co.jp/user/hitcity/entry/detail/?id=17679314

「ヒッチコックマガジン」の中原弓彦編集長だった小林信彦さんが、先週号の「週刊文春」の連載エッセイで、「午前十時の映画館」の新しい回に入っているので、「サイコ」は、できれば大きなスクリーンで観て欲しいと書いておられました。

「サイコ」は映画館で観ているので、その分、「キャビン」にまわしてみようかなと思ってみたりもしています。

「午前十時の映画館」に、メル・ブルックス監督の「新サイコ」が入るといいのですが。

まずは、「ヒッチコック」を観に行くつもりでいます。
by hitcity | 2013-04-06 18:13 | Comments(0)
桜四月帰り道
午前4時から正午まで勤務。

帰り道で見かける数本の桜の木が満開で快晴、少し遠回りをして大阪護国神社の桜を携帯電話で写真撮影して今日のブログに載せてみようと思いました。

鳥居に立て掛けられた板に、明日の土曜日の午後2時から神社の中の施設で、「同期の桜を唄う会」というのが開催されるというポスターが貼られていました。

いろんな会があるのだなぁと、携帯電話で、まず、そのポスターを撮ろうとしましたが、携帯電話の充電が切れていました!

昨夜、充電器に、ちゃんとセットしないで置いていたみたいです。
なんか、接触が悪くなっているようです。

この神社の桜は綺麗なので撮影することができず残念に思いました。

検索してみたら、5年前の4月7日に、このブログで、この大阪護国神社と住吉公園の桜の写真を載せていました。

残念なので、せめて、その時の桜を見ていただきたいという気持ちになりました。

大阪護国神社では、桜の時期ではなかったと思いますが、境内に、200人以上はいたと思うのですが、全員が上下とも黒のスーツ姿という男性ばかりがズラリと整列しているところを見たことがありました。

当時はステレオ写真(立体写真)撮影に没頭していて、いつもカバンの中に、1眼レフカメラを2台、バーの上に並べたステレオカメラを入れていて、重いのに、いつも持ち歩いていました。

ズラリと整列した黒服の男たち。ステレオ写真で撮れば迫力があるものになると思いましたが、迫力がありすぎて、ためらって撮影しませんでした。

何の団体だったのでしょう?

映画「マトリックス」が制作されるより前のことで、黒服のエージェントたちのコスプレということではなかったと思います。

帰宅後、午後3時前からの生放送のテレビ番組「ちちんぷいぷい」を見ていたら、生中継で坂本冬美さんが、京都の東寺で五重塔と桜を背景にして「夜桜お七」を歌っておられましたが、そこの桜も見事でした。

5年前の桜ですが、よろしければ、御覧ください。↓

●桜四月散歩道・2008年4月7日
http://mblog.excite.co.jp/user/hitcity/entry/detail/?id=7807423
by hitcity | 2013-04-05 18:56 | Comments(1)
ここ3回の休みの日
仕事が休みで出かけた日のことは詳しく書くようにしてきましたが、このところ、詳しく書くのがしんどくなってきて何も書いていません。

忘れてしまいそうなので、行動のみ記しておきます。

個々については機会をみて書ければ書いていくようにします。


●3月28日(木曜日)

早朝より、録画していたテレビドラマ、「泣くな、はらちゃん」と「ビブリア古書堂の事件手帖」の、それぞれの最終回を続けて観る。

小雨。

近所のコインランドリーで、40分400円で洗濯物を乾燥。

コンビニで「週刊文春」を購入。

路面電車と地下鉄で、松宮一之さんの事務所へ。

「EYEMASK」の次号用の筆ペンで描いた1コママンガをパソコンに取り込み、松宮さんのパソコンのトレースソフトを使って加工。

松宮さんから、たくさんの本をいただく(詳細は後日の予定)。

「宮本むなし」で昭和のハムカツ定食。
「赤いかさ」でホットコーヒー。

地下鉄でナンバへ。

傷病手当金が残っているので、タワーレコード難波店で、ムーンライダーズの新譜の1984年の渋谷公会堂のライブ盤のCDを購入する。

前にタワーレコードで購入してから1年以上経っていて、次回の購入の際には1000ポイントになり1000円として使えるという心積もりだったポイントカードのポイントが失効していた。

ジュンク堂書店・千日前店に行くが何も買わず。

このまえ棚に1冊あった「EYEMASK」は、なくなっていた

南海電車で帰宅。


●3月30日(土曜日)

朝、「EYEMASK」のステレオ写真部分の作業。

家のそばから市バスに乗り、市営地下鉄に乗り換えて、九条駅まで。
土・日・祝の1日乗車券、600円を購入。

シネ・ヌーヴォの「追悼 映画監督・大島渚」の「太陽の墓場」を観る。

上野昴志さんのトークが、上映後40分ほどあった。

九条駅前の松屋で牛めし(並盛)を食べる。

地下鉄で梅田へ。

毎日放送本社ビルの1階ロビーで、「春満開!MBSキャラまつり」のイベントの、加藤直之さんが宇宙戦艦ヤマトを描くライブペィンティングを観る。

地下街の阪急三番街を通って地下鉄の駅に向かう途中、水上ステージで、イラストレーターの奈路道程さんが似顔絵描きをされていた。
遠めに眺める。

地下鉄と路面電車で帰宅。


●4月4日(木曜日)

朝、「EYEMASK」の1コママンガ部分の作業。

松宮さんの事務所でトレースソフトで加工した絵に手を加えていく。

野谷真治さんより、杉並区のギャラリースペース・オノマトペというところで開催される「EYEMASK&まぐま記念展覧会」の案内ハガキが届く。

5月18日(土曜日)、午後6時半からオープニングパーティがあるようです。

関西テレビの午前中の情報番組「よ〜いドン」に加山雄三さんがゲスト出演。
加山雄三さんと月亭八光さんが並んでいる画面なんて珍しい。

南海電車でナンバへ。

ナンバから阪神なんば線に乗って、九条駅へ。

シネ・ヌーヴォXで、ドキュメンタリー映画「ニッポンの、みせものやさん」を観る。

駅前の商店街の松屋で、角切りステーキ定食。

地下鉄で梅田へ。

茶屋町のギャラリー4匹の猫で、「九喜良作モビール展・ピエロ」を鑑賞。

九喜良作さんと少し話す。

テーブルに針金作品の写真が印刷された絵ハガキが3枚、無料として置かれていて、いただく。
九喜さんが封筒に3枚を入れてくださる。

針金作品には「九000円」の値札のついているものもあった。

昨夜、おばさん(母の妹)が来て、何か母が使っていた髪の毛を切る道具を探しているうちに、500円とか100円と50円の硬貨が7600円分はいった小銭入れを、おばさんが見つけ、渡してくれるという、思わぬ収入がありました。

茶屋町のタワーレコードで、ムーンライダーズの2011年の年末の中野サンプラザ公演の完全収録ライブ盤CDを購入する。

初回仕様DVD付(2011年の大晦日のファンクラブ限定ライブの映像)。

茶屋町の丸善&ジュンク堂書店で小学館クリエイティブ発行の横山光輝さんのデビュー単行本の完全復刻本「音無しの剣」を購入。

帯カバーに「特別インタビュー・つげ義春」と書かれていて、挟み込まれた小冊子に掲載されています。

購入の際、ポイントカードを作ってもらう。

紀伊國屋書店・梅田店を覗く。

ジュンク堂書店・堂島店まで歩き、「文庫手帳2013」(ちくま文庫)を購入する。

この文庫手帳が刊行された最初の年から毎年購入していましたが、今年は100円ショップで手帳を購入、しかし書きづらく(メモ程度なのですが)、やはり、慣れた文庫手帳を買うことにしました。

地下鉄と路面電車で帰宅。

ローソンに入ったところで松宮一之さんより電話があり世間話をする。

ローソンで日刊ゲンダイ(たかじんホンマの病状という見出し)を購入。

行きには、南海電車の売店で日刊スポーツ(見出しは、完全逃した あと1人ダル なんでやねん)を購入。

茶屋町に行ったら、毎日放送本社ビル1階ロビーで、加藤直之さんのライブペインティングの宇宙戦艦ヤマトの完成した絵を見るつもりだったが、ど忘れしていました!

このブログを携帯電話て文字入力をしている途中に、午後8時頃だったのでしょうか、眠ってしまい、目が醒めたら午後11時すぎ。
引き続きブログの文字入力をする。

8年続いている筒井康隆さんがレギュラー出演の木曜日の午後11時17分からの「ビーバップ!ハイヒール」、先週の新聞のテレビ番組欄に「レギュラー出演者が卒業」とか書かれていましたが、朝日放送のベテランの男性アナウンサーのことでした。

今回から朝日放送の若い女性アナウンサー、今日は「関西人が知らない関西の名桜のベスト5」と番組欄にありました。

午後11時58分からの読売テレビで放送される新番組「でたらめヒーロー」を録画する。

午前1時20分になってしまいました。

テレビは、「アメトーク」を放送しています。

午前2時まで、うたた寝して、明日は仕事に行きます。
by hitcity | 2013-04-05 03:16 | Comments(3)
4月3日(水曜日)・テレビで「UP」放送
午前4時から正午まで勤務。

朝ドラの「あまちゃん」の3回目、面白くなってきた。

荒川良々さんが出ていた。

映画「ジョゼと虎と魚たち」で本屋の店員役で、セリフが二言、一瞬という感じで登場。

映画館で3回みましたが、いつも、荒川良々さんが無愛想に「絶版。」と言う場面で、観客はドッと笑っていました。

DVDのコメンタリー(犬童一心監督+池脇千鶴さん+妻夫木聡さんによる副音声)で、その場面になった際、ここで観客が笑うと話題にもなっていました。

誰もが、そう、そう、こんな店員っているよねぇ〜、と、笑ってしまうのかな?

帰宅後、午後0時45分からの放送を観ていますが、今日は高校野球の決勝戦のため午後0時15分からの放送になっていた。

かつて派遣で勤めていた職場の昼休み、食堂のテレビは、「笑っていいとも!」から朝ドラの流れになっていたが、見逃した人、多いのでは?

いしかわじゅんさんのツイッターでは、朝ドラの「カーネーション」が毎日のように話題になっていたことがありましたが、「純と愛」は見てみたら、あまりにズサンな脚本だったので、それ以降、見なくなられたとのこと。

そのいしかわじゅんさんが、「あまちゃん」の1回目を見て、2回目も見たくなると書いておられましたが、早速、2回目の放送を見逃されたとのことでした。

私は、朝ドラは、「月曜〜土曜、午前8時から16分間」の設定で録画できるようになってからは、その時間にタイマー録画するようになりました。

「ゲゲゲの女房」「てっぱん」「カーネーション」「純と愛」は、そのように録画してきました。

今日は、その録画で観ました。

朝ドラに続く番組「あさイチ」で司会の有働由美子さんと井ノ原快彦さんが冒頭で今の朝ドラの話題をすることになっています。

今日の「あまちゃん」は、主人公が海に飛び込む場面で終了、おふたりは「てっぱん」以来ですねと言っておられましたが、私も、そのことに気づいていました。

「てっぱん」では第1回目に、主人公が海に飛び込んでいました。

「あさイチ」の冒頭のやりとり、いかにも直前まで朝ドラを見ていたという感じでやりとりをされていますが、職場の休憩時間が、朝ドラと重なった時間になったことがあって、携帯電話のワンセグで無音声の字幕モードで見ていたところ、「あさイチ」も字幕になっていました。

生放送の番組の場合、対応できず、字幕が出ないものですが、NHKの場合は、司会の自然なやりとりにみえる会話も、台本通りなのですね。

「あまちゃん」では、1回目と同様、説明箇所で、鉄拳さんのアニメーションが使われていました。

昨日と今日も、午後3時前からの生放送番組「ちちんぷいぷい」(毎日放送)が高校野球のため放送がなくて、午後4時前からの生放送番組「ten.」(読売テレビ)を見ました。

橋下徹市長が大勢のコメンテーターとともに出演、ツイッターという存在についてが特に話題になっていました。

午後6時前頃に眠ってしまい、テレビをつけたら、BSプレミアムのチャンネルになっていました。

今日の午後1時から映画「めまい」が放送されていて、中古のレーザーディスクを持っていましたが、いまはデッキを接続していないので録画することにしたのでした。

この映画は、「EYEMASK」誌のアンケートで、好きな映画10本の中に入れました(映画「ヒッチコック」の公開を楽しみにしています)。

午後9時からアニメ映画「カールじいさんの空飛ぶ家」の放送をしていました。

3D映画での上映を観に行き、こういう3等身とかにデフォルメされた絵が好きなので(写実的な描写のアニメ映画は好みません)、パンフレットを購入しました。

アメリカ版のポスターの絵がパンフレットの表紙に使われていて、原題が「UP」だと知りました。

「E.T.」より短い!
「Z」よりは長いですが。

アメリカでのダルビッシュ投手(羽曳野出身とは雰囲気的に結びつかないところがありますね)の、あとひとりで完全試合にならずという野球のニュースを見る。

残念でした。

野茂英雄投手も、アメリカでノーヒット・ノーランを達成したあと、すぐに、もう一度、達成できそうなところ、野手のエラーで達成できなかったという記憶があります(?)。

達成できるといいですね。
by hitcity | 2013-04-03 23:48 | Comments(0)
3月14日(木)着・九喜良作さんの案内ハガキ
f0151647_199910.jpg

by hitcity | 2013-04-02 19:09 | Comments(0)
4月4日(木)から「九喜良作モビール展・ピエロ」
3月14日(木曜日)の休日に映画「ジャンゴ・繋がられざる者」を観て帰宅すると郵便受けに九喜良作さんからの作品展の案内ハガキとeo光サービスから千円分のQUOカードが届いていました。

テレビ放送が地デジになる際、それまで加入していたケーブルテレビを解約、光ケーブルも解約して、eo光に加入することにしました。

その際、銀行口座からの引き落としの手続きをインターネット上でするのが面倒で、郵送で請求書が届いたらコンビニで払い込むということになりました。

支払い方法変更キャンペーンの通知が届き、郵送で手続きができるので、それで銀行口座からの引き落としに変更しました。

そのキャンペーンで、千円分のQUOカードが届いたわけです。

本屋で使うことにします。

九喜良作さんは、毎年、針金作品展を開催されていて、毎年、覗きに行っています。

今年は、4月4日(木曜日)から9日(火曜日)まで、茶屋町のギャラリー4匹の猫で開催されるようです。

詳しいことは、「九喜良作小品集」のサイトを御覧ください。
作品も拝見できるようです。

4月4日の木曜日の休日に行ってみようと思っています。

「春満開!MBSキャラまつり」の会場(毎日放送本社ビル)が近くなので、加藤直之さんのライブペインティングの宇宙戦艦ヤマトの完成作品も見に行こうかと思います。

九喜良作さんは、貸本マンガ家だったかたで、「月刊漫画ガロ」誌上で、つげ義春さんとともに、連絡を乞うと呼びかけられ、「月刊漫画ガロ」にもマンガを発表され、そののち、1コママンガも描かれたこともあるようで、現在の針金作品も1コママンガと言えないこともなくて、1コママンガ専門誌「EYEMASK」の編集発行人の野谷真治さんに紹介したいとも思い、野谷さんは、毎年8月、通天閣の近くで開催されている畑中純さんの作品展に来られているので、昨年の5月に九喜さんの作品展会場を訪ねた際、九喜さんをお誘いしたら、来られるという御返事をいただくことができました。

九喜さんと畑中純さんとの対面も楽しみでした。

6月に畑中純さんがお亡くなりになられて実現しないこととなりました。

毎年8月、通天閣近くの畑中さんの作品展会場で神奈川在住の野谷さんとお会いすることができましたが、それ以降、その機会はなくなり、大阪に行く機会を作ろうとされていることを電話で伺ったりはしているのですが、なかなか、その機会はないようです。

それで思い出したのが、2007年8月12日に、野谷さんと、このブログにコメントをいただいている入江さんと、近鉄百貨店の阿倍野店の前で撮らせてもらった写真のことでした。

その写真を載せたミクシィの日記を、このブログに2008年7月15日に再録していました(当時、ミクシィのリニューアルに私の古いパソコンが対応せず日記の更新ができなくなり、その代わりとして始めたのがこのブログで、残しておきたい出来事のミクシィの日記の移し替えをたまにしていました)。

●昨年の夏の天王寺(2)
http://mblog.excite.co.jp/user/hitcity/entry/detail/?id=8629994

の1枚目の写真です。

後ろの建物が日本一の高さのものに建て替えられると聴いていたので、完成したら、同じ場所に野谷さんと入江さんに立っていただき、また撮影させてもらおうと、じつは、この時、思っていたのでした。

定点観測写真というか、ビートルズの赤盤と青盤のアルバムジャケットの写真というか、そういう狙いがありました。

今年の夏に一部オープンし、来年の春に全部オープンするようです。

そうしたら、是非、野谷さんには来ていただきたいものです。

入江さんにも、よろしくお願い致します。

それだけのために来ていただくのもなんですし、通天閣も近くにあり、昨年の夏、通天閣の下の「のこされ島」というスペースをお借りして、マンガ・クロッキー会を開催しましたが、そこで私の歌謡ショーを、せっかくなので開催させてもらおうかなと思ってみたりもしています。
ステージとして使える場所もありましたし。

ジュンク堂書店・千日前店で「EYEMASK」の新しい号が1冊ありましたが、このまえ行ってみたらなくなっていました。

「EYEMASK・ファンの集い」というのもいいかも?
by hitcity | 2013-04-02 19:07 | Comments(0)
4月1日(月曜日)・エイプリルフール
午前4時から正午まで勤務。

帰宅すると、ちょうど、今日が第1回目のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の昼の再放送が始まるところ。

キョンキョンが主人公の母親役かぁ〜、わしも歳をとるはずやぁ〜、と、何十万の人間がクチにしたことだろう。

鉄拳のアニメーションが劇中に使われていました。

宮藤官九郎さんの脚本だけれど、どうなんだろう?

宮藤官九郎さんは原作があって、それを脚色するというのは見事だと思いますが、オリジナル脚本作品には接したことがないように思います。

今日はエイプリルフールなので、嘘ネタを考えました。

日めくりカレンダーをめくったら、3月32日になっていたというのを思いつく。

その場面を描いてみた1コママンガを想像すると、ありがちな気がしてくる。

そんな1コママンガを見たことがあるような気もしてくる。

そんな具合に、無理にマンガのアイディアを作ろうとしても、ありきたりなものになりがち、記憶をたぐるような作業になり、盗作にもなりかねない気がする。

無理をしてまでマンガを描くこともないので自然に思いつくのを待つことにしています。
自然に浮かんでも、マンガに描くことも、今ではありませんが。

年に2度、「EYEMASK」に1コママンガを数点かいていますが、前までは、1回につき1コママンガを3点か4点かいていたので無理をしていたことがありましたが、前回からステレオ写真(立体写真)と混ぜる構成にしたので、数にこだわらなくていいようになりました。

前回は3点描きましたが、今回は1点だけになりました。思いつかなくて。

昨日、テレビを観ていて、生活保護を題材にした思いつきがありました。

長めのマンガ用のアイディアのような気がしますが、説明文を加えるかたちでの1コママンガになるような気もし、「EYEMASK」の次号に使おうかと思ってみたりもしています。

立体マンガ(ステレオ漫画=ステ漫)として1コママンガを描いていますが、長めのページ物として描いてみたいと、昨年、夏に、自分がモデルとなり、参考資料にするため、ポーズをとり、でじまるさんにステレオ写真を撮っていただいたことがありました。

その後、入院生活が続き、病室で作業をしようと、その写真をプリントしたものやクロッキー帳を持参しましたが、結局、何もしませんでした。

次号の「EYEMASK」の秋の締め切りの1コママンガのほか、今年は、その長めのステレオ漫画(立体マンガ)を描いてみようかなと思っています。

それで、いろいろと考えてみた結果、昨年に描くつもりだったマンガは、またのちほどにということにして、別のマンガにしようかということになりました。

いずれにしても、昔、自然に思いついたアイディアのマンガなのですが、いま無理に新作を考えるよりは面白いような気がしています。

昔に思いついて描いていないマンガも、昔に描いたマンガで未発表のものも、新作だという考えかたをしています。

今日、その題名が、急に思いつきました。

仮題になると思いますが、「処女の泉ちゃん」です。
by hitcity | 2013-04-01 22:58 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル