> カテゴリ
> 以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
そういえば、笑福亭鶴瓶さ..
by hitcity at 18:21
実は『カメラを止めるな!..
by 黒川じょん at 09:41
辻本茂雄
by 成山裕治 at 22:07
あさパラ
by 辻松裕之 at 22:06
松村未央
by 国際興業バス at 22:05
radikoプレミアムが..
by hitcity at 15:25
遅くなり申し訳ございませ..
by 黒川じょん at 11:11
そうそう、午前10時55..
by でじまる at 19:19
午前10時55分からの同..
by hitcity at 00:40
松乃屋雪之丞さん ..
by hitcity at 17:00
> メモ帳
<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Deまち「伊藤尚毅・本日休演・川勝徳重」京都
f0151647_06044988.jpg

●10月14日(日曜日)

京阪電車の終点の出町柳駅に到着し、広い鴨川の上の橋を歩く。
ここが「鴨川デルタ」なのか。
出町柳駅には何度か来たが、こちら方面を歩くのは初めて。

チラシの略図を見ながら、ファミリーマートを探す。
ファミリーマートの前の横断歩道を渡り、枡形商店街に入っていく。

50メートルほど歩くと左側に「出町座」がある。
ツイッターで、しばしば話題にされているのを見る映画館ですね。

略図によると、この前を通過してから、左折すると、「Deまち」があるらしい。

イベントは午後6時からで、あと1時間近くあり、空腹なので、どこかで何かを食べるつもり。

「出町座」の中を、外からガラス越しに覗いてみたら、川勝徳重さんがいた!

スマートフォンで写真を撮ろうとしたら、川勝さんが、こちらに、気づかれた。

そのときに撮った写真です。
時刻表示は、午後5時6分になっています。

f0151647_06053235.jpg

川勝徳重さんと挨拶。
4年前に「文学フリマ大阪」に来られたときが初対面で、それ以来。

何か食べたいので、どこかの店に行きませんか?と言うと、ここでも飲食ができるとのこと。

カウンター席があって自動販売機で食券を買うことになっていて、カレーライスを注文。
おいしかった。

カウンター席には、川勝さんの関係者らしき男性が4人ほどいて、川勝さんが、伊藤尚毅さんを紹介してくださる。

「漫画雑誌 架空」の付録CDで、伊藤尚毅さんの音楽を聴いたことがあります。

「冬支度」というバンドをされているという女性が店内に来られ、伊藤さんに挨拶をされ、一緒に出ていかれる。
「冬支度」というバンド名も聞いたことがあるな。

カウンターに川勝さんを挟んで、私を含む男性3人が並んで座る。

f0151647_06375306.jpg

今日は、川勝さんが編集・発行をされている「漫画雑誌 架空」への持ち込みをさせてもらおうと思い、イベントの終了後、打ち上げに参加させてもらい、そこで、話をさせてもらうつもりでいましたが、先に、それを行うことができました。

「漫画雑誌 架空」に掲載されたマンガを拝見して私がファンであるKさん(ブログに名前を出さないでというメールをいただきましたので)と、ツイッターでやりとりをさせてもらっているうちに、一緒に同人誌を作りませんか?と誘われ、昨年の9月に亡くなった飼い猫の最初の思い出を、18ページのマンガに描き、今年の3月に送らせてもらいました。

Kさんの御都合もあり、その同人誌は発行されないことになりました。

生原稿をコピーをとったものを原稿として提出し、その際、手元の保管用にとっていたコピーを、今日は持参することにしました。

それがあるので、Kさんには、コピー原稿の返却は不要とのメールを出しましたが、Kさんのほうには、線のかすれを修正したりしていたことを思い出しました。

持参したほうは修正なしですが、筆ペンで描いたマンガで、線のかすれなど、気にしないでいいだろうと思うことにしました。

川勝さんの編集・発行による「漫画雑誌 架空」の次号は、来年に発行されるそうで、私の18ページのマンガ「クロちゃんの最初の思い出」を掲載してもらえることになりました。

その前に、来年になるけれど、「蝸牛(かぎゅう)」の第2号が発行されるとのことで、川勝さんは、その作品を何度も描きなおされているとのこと。

私も何度も描きなおすので締め切り日など考えずにやらせてもらっていた「虫侍」という32ページのマンガは、提出済みですが、ときどき、手元に置いてある原稿コピーを見ては、間違い箇所に気づき、何度も修正したコピー原稿を送らせてもらいましたが、更に、修正分を送ったページの人物の耳の穴を示す線が抜けていることに気づき、気になってしかたがなく、しかし、わざわざ修正分を郵送するのもなぁ~と思っていたページがあり、今日は、その修正分を手渡せるいい機会だなと、それも持参しました。

すでに文字入力は済ませておられるようで、やり直していただくことになり、申し訳ありません。
しかし、耳に穴がないと、聴こえませんし(汗)。

直接、川勝さんと、「蝸牛」の第2号の作品の掲載順について話し合えたりもしてよかったです。

「蝸牛」の第2号の発行と、朝ドラの「まんぷく」が、今のところ、人生における楽しみとなっています。

川勝さんが席をはずされ、川勝さんの隣にいた男性と話すことになりました。

伊藤尚毅さんもいたし、音楽関係のかたで、「本日休演」のメンバーのおひとりかなと、そんなつもりで話していました。

私が持参した「クロちゃんの最初の思い出」や「虫侍」の原稿コピーを見ていただいたりし、マンガに関する話をしていました。

「Deまち」へ移動する際、歩きながら、4年前、川勝さんが「文学フリマ大阪」に来られた際、我が家に宿泊をしにこられましたが、皿に乗った猫の食糧の上に乗ったゴキブリや、畳を歩きまわる小さな虫を見て、川勝さんが退散されたという、「虫侍」創作に関わるエピソードを話すと、大笑いをされていました。

このエピソードは、川勝さんの文章により、「蝸牛」の第2号に載ることになっていて、そういう紹介文があるほうがいいのか、ないほうがいいのか、迷うところもあったのですが、やはり、あるほうが面白いだろうなと思いました。

f0151647_09073288.jpg

f0151647_09082357.jpg

f0151647_09111118.jpg

屋我平勇さんを電話で誘い、京都で電話連絡をして、どこかで落ち合うという予定にしていましたが、午後2時に自宅を出て、京阪電車の終点の出町柳駅のひとつ手前の駅を下車したところにある「誠光社」で、「電話・睡眠・音楽」プリントアウト作品展を見たりしているうちに(こちらのイベントのことは、いずれ、また)、時間的余裕がなくなり、屋我さんとは、「Deまち」で会えばいいかと思いました。

「Deまち」で、「本日休演」のリハーサルを拝見していると、屋我さんより、スマートフォンに電話があり、目印になるファミリーマートまで迎えに行くと返事をする。

ファミリーマートまで行くが、店の前に誰もいなくて、屋我さんに電話をすると、ファミリーマートの前にいるとのこと。
みづほ銀行があるやろと言われるが、このあたりにはない、どこのファミリーマートなのか。

別のファミリーマートを見つけてくださいと、そこからの道順をお教えする。

f0151647_09130012.jpg

宇都宮で教師をされているので帰らないといけない伊藤尚毅さんの歌と演奏で始まりました。

「漫画雑誌 架空」の付録CDで、初めて聴き、細野晴臣似だなと思いましたが、大瀧詠一似で好きでCDも購入し、マイミクでもあった、いちかたいとしまささんと東京で、ジョイントコンサートをされたのは観に行きたかったです。

伊藤さんと、いちかたいさんでバンドを組み、細野さんと大瀧さんのいた「はっぴいえんど」があるので、「しあわせじまい」というバンド名にしてほしいなぁ~と、かねてより思っているのですが、ブログのネタにはいいけれど、御本人に言うほどのことでもないので、黙っていました。

f0151647_09135746.jpg

屋我平勇さんが、やって来られました。

「本日休演」の音楽を初めて聴きましたが、いいですね。

音楽に関しても、好きな感じですとしか、うまく説明はできないのですが、好きな感じです。

川勝さんが、屋我さんに、「漫画雑誌 架空」の作品の原稿依頼をされていました。

f0151647_09160989.jpg

顔出しにならない写真が奇跡的に撮れたので、ここに載せさせてもらいます。
この構図で、皆さんの顔が、はっきり映っている良い写真もあるのですが。

左から、屋我平勇さん、中川敦さん、川勝徳重さん。

「出町座」のカウンターで、川勝さんが退席している間、私と喋っていた人は、「本日休演」のかたではなくて、中川敦さんでした。

「死都調布」(斎藤潤一郎)や「電話・睡眠・音楽」(川勝徳重)の本に関わっておられて、リイド社の「コミック乱」の時代劇マンガ誌とは違った雰囲気の仕事なので、「コミック乱」の仕事もされているのかを尋ねると、されているとのことでした。

時代劇マンガ専門のような感のあるリイド社で、斎藤潤一郎さんや川勝徳重さんの本を刊行されるのは、歌謡曲のキングレコードにおける、日本のフォーク&ロックのレーベル「ベルウッド・レコード」のような印象があり、キングレコードの「鈴木」姓の社員が「ベルウッド」の由来と聞いたことがありますが、中川さんによる、斎藤潤一郎さんや川勝徳重さんの刊行リストは、「センターリバー」レーベルと言ってもいいかなと、前から思ってみたりもしていますが、ブログのネタにはいいけれど、御本人に言うほどのことでもないので、黙っていました。

f0151647_09181397.jpg

住宅街の開かれた場所なので、イベントの開催は、午後9時までとのことでした。

午後8時45分頃から、川勝さんのサイン会のようになり、自然に終了していくという感じでした。

f0151647_09185580.jpg

f0151647_09200386.jpg

f0151647_09212705.jpg

川勝さんのトークショーで、「蝸牛」の第2号の話題になった際、そこにいる高木ひとしさんの「虫侍」というマンガが載りますと紹介されたので、光栄でした。

川勝さんが、「ザ・ディラン・セカンド」の「きのうの思い出に別れをつげるんだもの」を、どれぐらい聴いたかわからないぐらいよく聴いた好きなアルバムだと言っておられましたが、高校時代、レコードで映画音楽しか聴いていなかった私が、好きな映画「小さな恋のメロディ」での多くの曲を歌っておられる、ザ・ビージーズ(「サタディ・ナイト・フィーバー」で大ヒットする以前)の、フェスティバルホールでのコンサートに行ったら、前座として、大塚まさじさんと永井ようさんの2人の「ザ・ディラン・セカンド」のステージがあり、気に入り、翌日、LPレコード「きのうの思い出に別れをつげるんだもの」を購入し、そこから、私の日本のフォーク&ロックの愛好が始まったのでした。
私も、よく聴きました。

私が持参したマンガを見ていただくのは、イベント終了後になり、遅くなるかもしれず、京都に宿泊ということも考えていましたが、イベントの開始前に、偶然によって、それは済ませることができたので、終了後、屋我さんと帰ることにしました。

スマートフォンの充電は切れてしまい、あとの写真はありません。

午後9時すぎ、京阪電車の出町柳駅から、屋我さんは、阪急電車に乗り換えるので急行に、私は終点の淀屋橋駅行きの特急に乗り、帰宅しました。

地下鉄、南海電車と乗り換えて、帰宅したのは、午後11時ちょうどでした。

月曜日は午前2時からの勤務で、午前0時30分に起床するので、翌日は有給休暇をとっていました。

京都に宿泊することはなく、自宅で、こうしてブログを書いています。

by hitcity | 2018-10-15 11:07 | Comments(0)
朝日新聞で川勝徳重さんの「電話・睡眠・音楽」
f0151647_20382646.jpg

長年、朝日新聞をとっていたけれど、おばさん(亡き母の妹)が毎日新聞の販売店に勤めていて、頼まれて昨年の9月から毎日新聞に変えてみたけれど、映画の情報の多い金曜日の夕刊の朝日新聞を駅の売店で、本の情報の多い土曜日の朝刊の朝日新聞をコンビニで購入していることを、以前、リイド社から刊行された斎藤潤一郎さんの「死都調布」が朝日新聞の土曜日の朝刊で紹介された際に、ここに書いてみました。

そんなふうに、今日、10月13日の土曜日も、午前3時から正午までの勤務を終え、帰宅する際に、コンビニで、朝日新聞の朝刊を購入しました。

今日の朝日新聞の朝刊の読書面では、リイド社から刊行された川勝徳重さんの「電話・睡眠・音楽」が、「死都調布」と同じコーナーで紹介されていました。

川勝徳重さんのトークイベントが、明日、京都で開催され、それに行きますが、ちょうどいい具合の長袖の上着がなくて、また、右膝が痛むので、それがやわらぐようにと、帰宅時にスーパーに寄り、上着やズボンや靴を購入しました。

人と会ったり、集まりに参加したりしないので、気にはならず、滅多に衣服は購入しませんね。

f0151647_18075355.jpg

明日、10月14日の日曜日は、JRで京都に向かう屋我平勇さんと、京阪電車で京都に向かう私は、京都のどこかで合流し、「誠光社」の川勝さんの作品展を拝見してから、川勝さんのトークイベントの「Deまち」に行く予定となっています。

f0151647_00235145.jpg

明後日の10月15日の月曜日は有給休暇をとったので、「Deまち」のイベントの終了後は、京都のどこかで宿泊し、川勝さんが編集発行される「蝸牛(かぎゅう)」の第2号の時代劇マンガ特集用に「虫侍」というマンガを描いた際、参考のために、そこの時代劇映画のセットを見に行きたいなと思ったままになっていた「東映太秦映画村」に、マンガは描き終えてしまいましたが、行ってみようかなと思ってみたりもしています。

f0151647_20511466.jpg

「東映太秦映画村」のホームページから画像を拝借しました。

by hitcity | 2018-10-13 21:04 | Comments(0)
10月14日、京都に、川勝徳重さん来たる!
f0151647_00235145.jpg

ツイッターで、10月4日の木曜日に、この告知を拝見しました。

翌日の10月5日の金曜日、職場で有給休暇を申請して、帰宅後、メールで申し込みました。

返信メールによりますと、整理番号6番ということでした。

川勝徳重さんが編集・発行をされている「漫画雑誌 架空」に提出させてもらおうかなと思うマンガがあって、それを持参して見ていただきたいとも思っています。

しかし、イベントの当日は、何かとお忙しいでしょうし、翌日に、ゆっくりという思いもあるのですが、終了後、川勝さんは京都で宿泊されるのでしょうか?

イベントの翌日の月曜日は、午前2時から正午までの勤務で、午前0時30分に起床するので、翌日が休みでないと、行くことができません。

年に一度、これはというイベントがある際に、有給休暇をとるぐらいです。
今年はじめての有休です。

夏休みもとらなかったので、通常の日曜日と火曜日の休日に合わせ、3連休となり、遅い夏休みという感じになるでしょうか。

4年前に、川勝さんが、「文学フリマ大阪」に来られた際、私は経済状況が苦しくて、ギリギリの所持金の中、あちこち案内をさせてもらいましたが、不本意なところがありました。

現在は、その時よりも、少しは余裕があります。

イベントの終了後、京都のどこかに宿泊しようかとも思っています。

いま、イベントに関することを、検索してみました。

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/mcsamidare/entry-12407786307.html

に詳しいことが書かれています。

10月14日の日曜日、出町柳の「Deまち」というところで、午後6時開演とのことです。

丸太町上ルの「誠光社」というところで、【川勝徳重『電話・睡眠・音楽』展】というのも開催されているようで、「Deまち」の前に行ってみようかなと思ってみたりもしています。

f0151647_18075355.jpg


by hitcity | 2018-10-08 18:22 | Comments(0)
明日の「雨上がりのフォトブラ」にタロイモ
松屋町にある「gallery&cafeタロイモ」には、何度か伺い、Gペンブレンドと丸ペンブレンドのコーヒーをいただきました。
マンガ関係の喫茶店と言えます。

明日、10月6日(土曜日)の午後6時30分からの、関西テレビの「雨上がりのフォトブラ」という30分番組に登場するようです。

フジテレビの土曜日の午後6時からの30分番組「ミュージックフェア」に続く30分番組は、何十年も、関西テレビ制作の関西ローカルの枠になっていますが、最近では、雨上がり決死隊のレギュラー番組が続いています。

以前は料理番組でしたが、最近は、何十枚かのその地域の写真を見て、この場所に行こうと、ゲストと決めて、町歩きをする番組です。

以前も、関ジャニ∞のテレビ番組に「タロイモ」は登場していたことがありました。

楽しみです。

f0151647_18145425.jpg

今週の月曜日から始まった朝ドラの「まんぷく」が気に入っています。

今日(10月5日の金曜日)で、5回目ですが、面白い。

毎回、2回か3回、笑ってしまう場面があります。

なんだか気持ちのいいエピソードが続き、また観たくなり、録画などで、各回、2度観ています。

それで、あとで、脚本がうまいなぁ~と、感心してしまいます。

主人公のキャラクターがいい。
なんだか珍奇な感じがするところ、アメリ並みだなと、私は思っているのですが。

実際は、そうでもないのですが、ブスという設定、まわりを美女でかためて、その効果を出しているところ、豪速球、豪速球、豪速球と来たところに、変化球という感じなのでしょうか。

朝ドラ開始の際、土曜日の午後1時50分からのNHKテレビの「土曜スタジオパーク」に主演俳優がゲスト出演をされるのは、半年に一度、いつも楽しみにしています。

明日は「まんぷく」の安藤サクラさんがゲストということで、楽しみですが、番組表を見たら、長居スタジアムでの、ガンバ大阪対セレッソ大阪のサッカーの試合になっています。

「土曜スタジオパーク」は、サブチャンネルでの放送とのことで、ひと安心。

サブチャンネルの録画予約を初体験しました。
サブチャンネル自体を、今まで観たことはありません。

楽しみです。

by hitcity | 2018-10-05 18:03 | Comments(0)
「発表50周年記念 ねじ式 原寸大複製原画集」予約受付開始
f0151647_19310198.jpg

新潮社の「発表50周年 ねじ式 原寸大複製原画集」の予約受付が、昨日の10月1日から始まりました。

写真をホームページから拝借しましたが、興味がおありのかたは、予約してみてください。

つげ義春さんの10月30日の81歳の誕生日に、限定81部で発行されるようです。

81000円とのことです。

かつて、文化の森から、「つげ義春初期単行本集(完全復刻版)」が刊行された際には、受付開始の日時に送金するようになっていて、デザイン会社勤務時代で、会社に向かう前、朝の郵便局から申し込みましたが、限定500部のうち、23番になりました。

それは、100000円しました。

この複製原画集も、申し込みたいところですが、今は、そんな余裕は、とてもありません。

つげ義春さんの81歳を記念して、81部で、81000円ということですが、810部で、8100円にしてほしかったです。

81×81000=6561000円

810×8100=6561000円

試しに、スマートフォンの電卓機能で計算してみたら、ピタリと同じだったので、ノーベル賞ものの発見だ!と、驚きました。


by hitcity | 2018-10-02 19:08 | Comments(0)
10月7日(日)に川勝徳重さんのトークショー
f0151647_12400510.jpg

●10月2日(火曜日)

今日は勤務の休日。

物置小屋を置いている場所の塀が、台風のため壊れてしまい、修理をしてもらうことになっています。

屋根と庭の塀の修理の後になると思います。

物置小屋以外のスペースに、硬質プラスチックケースを積み重ねていたりして、作業の妨げになるだろうと、今朝は、そのあたりの整理作業にとりかかっていました。

物置小屋から溢れた本や雑誌なども、いくらか運び出しました。

午後からは室内の整理作業にとりかかろうと思っています。

コインランドリーでの洗濯待ちの時間に、そこの椅子に座って、これを書いています。

川勝徳重さんの作品集「電話・睡眠・音楽」が、先月末に、リイド社から刊行され、その本について書いてみたいと思っているのですが、じっくりと書いてみたいので、そのままになっています。

10月7日(日曜日)の午後8時から、東京・中野の「まんだらけ海馬」というところで、川勝徳重さんのトークイベントが開催されるそうです。

画像は、ツイッターの「まんだらけ中野店 マニア館」さんの9月30日のものですが、ここでも告知させてもらいたいと思います。

残席10席ほどとのことですので、行けるかたは行ってみてください。

f0151647_12403610.jpg


by hitcity | 2018-10-02 12:47 | Comments(0)
   

高木ひとしのブログです。ツイッターもやっています(高木ひとし@ hithitcity )。連絡事項のあるかたは非公開チェックのうえコメント欄を利用していただくかツイッターでお願い致します。
by hitcity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
出会い幸せな情報
from 出会い恋愛日記
一生食べるな!
from Anything Story
MW(ムウ) (1) (..
from 尼村商会本館
菊坂ホテル (シリーズ昭..
from 忍者大好きいななさむ書房
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル